毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。

家具、インテリアはEI-Trade Storeで買う



砂張風鈴(中)(小田原鋳物研究所) 砂張風鈴(中)(小田原鋳物研究所)

音のプロが1000種の中から選んだ、砂張風鈴(さはりふうりん) この風鈴は小田原鋳物研究所で一つ一つ手作りされています。 長く余韻のある音色が特徴で、響きが良いので広いお部屋でも音色を楽しめます。音色の視聴は、下部の「視聴ページへ」をクリックしてください。 この風鈴の人気のポイントは音だけでなく、見た目の美しさ! グラデーションがかかったような奥深い色合いも魅力的です。 この色合いは、10種類以上の自然釉薬を高温で焼付けることで生まれる技術の賜物です。 ■テレビでも注目!小田原鋳物研究所の砂張風鈴 --------------------------------------------------- マツコ・デラックスさん司会の「マツコの知らない世界」(2016年6月14日放送)で小田原鋳物研究所の砂張風鈴(大)が紹介されました! 「1000種類から厳選!最新オススメ風鈴7選」で2位に選ばれました! 選定者は、大学教授として20年以上音を研究され、1万種類以上の音を聞き分けることが出来るという土田義郎さんです。

砂張風鈴(小)(小田原鋳物研究所) 砂張風鈴(小)(小田原鋳物研究所)

音のプロが1000種の中から選んだ、砂張風鈴(さはりふうりん) この風鈴は小田原鋳物研究所で一つ一つ手作りされています。 長く余韻のある音色が特徴で、響きが良いので広いお部屋でも音色を楽しめます。音色の視聴は、下部の「視聴ページへ」をクリックしてください。 この風鈴の人気のポイントは音だけでなく、見た目の美しさ! グラデーションがかかったような奥深い色合いも魅力的です。 この色合いは、10種類以上の自然釉薬を高温で焼付けることで生まれる技術の賜物です。 ■テレビでも注目!小田原鋳物研究所の砂張風鈴 --------------------------------------------------- マツコ・デラックスさん司会の「マツコの知らない世界」(2016年6月14日放送)で小田原鋳物研究所の砂張風鈴(大)が紹介されました! 「1000種類から厳選!最新オススメ風鈴7選」で2位に選ばれました! 選定者は、大学教授として20年以上音を研究され、1万種類以上の音を聞き分けることが出来るという土田義郎さんです。

砂張風鈴用掛台(薇)(中野竹藝) 砂張風鈴用掛台(薇)(中野竹藝)

見た目にも美しく、奥深い色合いの砂張風鈴。 その風鈴を、床の間や玄関等に飾るのに最適なのがこの掛台です。薇をモチーフに、シンプルでありながら躍動感のある作品です。 「丸竹加工」と言われる竹を曲げる技術を使った和洋を問わない洗練された掛台は、歴代の天皇陛下にも竹細工を献上している老舗「中野竹藝」が制作しています。 砂張風鈴(大、中、小)が掛けられます。 ■本品に風鈴は含まれません。

砂張風鈴用掛台(梯子)(中野竹藝) 砂張風鈴用掛台(梯子)(中野竹藝)

見た目にも美しく、奥深い色合いの砂張風鈴。 その風鈴を、床の間や玄関等に飾るのに最適なのがこの掛台です。梯子をモチーフに、シンプルでありながら迫力ある作品です。 「丸竹加工」と言われる竹を曲げる技術を使った和洋を問わない洗練された掛台は、歴代の天皇陛下にも竹細工を献上している老舗「中野竹藝」が制作しています。 砂張風鈴(大、中、小)が掛けられます。 ■本品に風鈴は含まれません。

砂張風鈴と掛台(月夜)(中野竹藝) 砂張風鈴と掛台(月夜)(中野竹藝)

見た目にも美しく、奥深い色合いの砂張風鈴。 その風鈴を、床の間や玄関等に飾るのに最適なのがこの掛台です。月夜の涼しい風をイメージした、日本の侘寂を感じさせる作品です。 「丸竹加工」と言われる竹を曲げる技術を使った和洋を問わない洗練された掛台は、歴代の天皇陛下にも竹細工を献上している老舗「中野竹藝」が制作しています。 本品には、風鈴大特選品(作者が音色を厳選)が同梱されています。

砂張仏鈴(おりん)(小田原鋳物研究所) 砂張仏鈴(おりん)(小田原鋳物研究所)

砂張風鈴と同じ製法で制作された、砂張仏鈴(さはりおりん) この仏鈴は小田原鋳物研究所で一つ一つ手作りされ、軸の部分も一体でできています。 長く余韻のある音色が特徴で、その音色は煩悩を払い、清浄な心にしてくれる響きだとも言われています。癒し効果も抜群です。 視聴は、下部の「視聴ページへ」をクリックしてください。 この仏鈴の人気のポイントは音だけでなく、見た目の美しさ! グラデーションがかかったような奥深い色合いも魅力的です。この色合いは、10種類以上の自然釉薬を高温で焼付けることで生まれる技術の賜物です。 また、鈴台も、煤竹を細かく割り1本1本台座に貼り付けた大変手の込んだ逸品です。渋い光沢をもち、落ち着いた日本の伝統美を感じさせるもので、竹細工の老舗、中野竹藝作です。 ■テレビでも注目! マツコ・デラックスさん司会の「マツコの知らない世界」(2016年6月14日放送)で小田原鋳物研究所の砂張風鈴(大)が紹介されました! 「1000種類から厳選!最新オススメ風鈴7選」で2位に選ばれました! 選定者は、大学教授として20年以上音を研究され、1万種類以上の音を聞き分けることが出来るという土田義郎さんです。