毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。

DVD、映像ソフトはケアネットDVDストアで買う



長門流 総合内科専門医試験MUST! Vol.2 長門流 総合内科専門医試験MUST! Vol.2

総合内科専門医試験に向けた全3巻の実践講座の第2巻です。年々難しくなっている総合内科専門医試験では、認定内科医試験よりもさらに踏み込んだ対策が必要になります。 この番組では、頻出ポイントの解説はもちろんですが、先生方が一番苦労するup to date問題に焦点を当て、2016年度試験後のガイドライン改訂や新薬のアップデートに対応しています。 数ある内科系試験対策の教材の中でも、最新のアップデートに対応しているのはCareNetだけ! 長年試験問題を分析している長門先生オリジナルの演習問題で、ぜひ合格を勝ち取ってください! [収録時間:104分]

Dr.長尾の胸部X線ルネッサンス Dr.長尾の胸部X線ルネッサンス

胸部X線写真、正確に読影できていますか?このDVDでは 体系的に習う機会が少なくなった胸部X線写真読影のイロハを伝授します。肺の3次元モデルや肺区域を覚えるブロンコ体操などを用いた映像ならではの解説で基礎知識をアップデート。数多くの症例写真を通して、無気肺や胸水、肺がんなどの読影に直結するポイントが学べます。読影スキルを磨くために、コモンな症例を集めた演習問題も用意しました。この1本でX線写真の読影に自信が持てるようになること間違いありません! [収録時間:141分]

総合内科専門医 試験対策 【アップデート問題はココが出る!】2016 総合内科専門医 試験対策 【アップデート問題はココが出る!】2016

日本内科学会の認定医・専門医制度が大きく変わろうとしているなか、受験者が急増しているのが総合内科専門医。今後は現行の総合内科専門医から移行する「新・内科専門医」が従来の内科認定医に代わり、すべての内科系専門医の"基礎資格"になるとみられているからです。 総合内科の中でも重要となる、循環器、消化器、呼吸器、感染症、代謝(糖尿病)の「up to date問題」対策に特化した本DVDは2016年、さらにバージョンアップ! 直近に起こった重要なトピックについての予想問題を各科目で追加しました。 各科の専門医の協力の下、作成した予想問題を“愛され指導医”こと総合内科医の志水太郎氏が次々とコンパクトに解説していきます。 試験直前の主要科目の知識確認にうってつけです。 [収録時間:180分]

認定内科医試験対策 特別セット BINGO+ベーシック <7巻セット> 認定内科医試験対策 特別セット BINGO+ベーシック <7巻セット>

■収載内容■ ◆「長門流 認定内科医試験BINGO! 総合内科専門医試験エッセンシャル」(全3巻) <Vol.1>(単巻価格:12,000円+税) 第1回 膠原病/アレルギー 第2回 感染症 第3回 呼吸器 第4回 腎臓 <Vol.2>(単巻価格:12,000円+税) 第5回 内分泌 第6回 代謝 第7回 消化器(消化管) 第8回 消化器(肝胆膵) <Vol.3>(単巻価格:12,000円+税) 第9回 血液 第10回 循環器 第11回 神経 第12回 総合内科/救急 ◆「認定内科医試験完全対策 総合内科専門医ベーシック」(全4巻) <Vol.1>(単巻価格:9,000円+税) 第1回 呼吸器 第2回 感染症 第3回 アレルギー <Vol.2>(単巻価格:9,000円+税) 第4回 膠原病 第5回 内分泌 第6回 代謝 <Vol.3>(単巻価格:9,000円+税) 第7回 腎臓 第8回 消化器(肝胆膵) 第9回 消化器(消化管) <Vol.4>(単巻価格:9,000円+税) 第10回 血液 第11回 神経 第12回 循環器 第13回 総合内科/救急

Dr.須藤のやりなおし輸液塾<上巻> Dr.須藤のやりなおし輸液塾<上巻>

輸液について今さら本を読むなんて・・・という方にお届けする、"臨床で使える輸液のコツをつかみたい"医療者のための入門講座です。講師の須藤先生が長年にわたり培ったノウハウが詰まっていて、「本で理論は理解できても、実際臨床の場ではどう使うのか」という悩みにズバリ答えてくれます。「輸液のボトルを見て体内のどこに分布するものかを推定する」「張度と浸透圧の違いを見分ける」など、一見さほど重要ではないようでも輸液を考える上では非常に役立つ基礎知識が満載!輸液治療では避けられない「水・Na代謝異常」の須藤式マトリックスも必見です。 [収録時間:110分]

ナベちゃん先生のだれでも撮れる心エコー ナベちゃん先生のだれでも撮れる心エコー

エコーは視覚的に心臓を捉えることができるとても有用な検査ですが、きちんとした像を映し出せないということが最初のハードルになっています。しかし、基本さえ身に付けていれば実はそれほど難しくありません。 本DVDでは、患者さんの姿勢コントロールから基本像の出し方、体型別の撮像方法まで、心エコー走査の基本をあますことなくお伝えします。 ナベちゃん先生こと渡辺弘之先生の親切丁寧なレクチャーを見ると、「よし、やってみよう!」という気持ちになること間違いなしです。 [収録時間:54分]

Dr.山中の攻める問診<上巻> Dr.山中の攻める問診<上巻>

「診断の8割は問診でつく」と昔から言われます。しかし、日常の診療では患者さんの話を漠然と聞いていたり、検査・画像診断データに振り回されたりと、非効率な診療に疑問を感じていませんか?そんなときは、病歴・身体所見にキーワードを見い出し診断を絞り込む、“山中流 攻める問診術”です。最初の3分間で、患者さんの話から3つ程度に鑑別を絞り込み、そして確定診断を裏付けるための積極的な問診を展開!疾患のキーワードを覚えれば、Snap Diagnosis(一発診断)もできます。推理小説のごとく、診断が愉しくなること間違いなしの問診術を伝授します! [収録時間:104分]

Dr.香坂のアカデミック・パスポート「文献の引き方」から「論文の書き方」まで Dr.香坂のアカデミック・パスポート「文献の引き方」から「論文の書き方」まで

学術的知見を臨床に、臨床の知見を研究に生かす。そんなアカデミックな医師を目指す方のために、臨床の第一線で活躍しながら、臨床研究のスペシャリストでもあるDr.香坂が道筋を指南します。 広い話題・狭い話題の調べ方、効率的な論文・研究の読み方、そして、学会発表や論文執筆のやり方をシンプルかつ明快にレクチャーします。 臨床が忙しい、現場主義という方に、見てほしい番組です。 さあ、アカデミック・ドクターへの第一歩を踏み出してください。 [収録時間:68分]

Dr.林の笑劇的救急問答12〈上巻〉 Dr.林の笑劇的救急問答12〈上巻〉

12年目突入の大人気シリーズ! エビデンスと経験に裏打ちされたDr.林の面白くてわかりやすい講義は期待を裏切りません! 爆笑症例ドラマも役者ぞろいで引き込まれること間違いなし! シーズン12上巻のテーマは「心肺蘇生ガイドライン2015」と「心電図」です。 Step Beyond ACLSでは2015年に改訂された心肺蘇生ガイドラインの変更のポイントを中心にACLSについて解説します。患者さんの予後のために、一歩先をゆくACLSを実践しましょう! そして、Advance ECGでは忘れられがちな12番目の誘導aVRの読み方と右脚ブロックの次に何を読むべきかを徹底レクチャー。仮面ライダーの法則とグリコの法則、Dr.林があみ出した笑って覚える法則で、心電図の読影力を高めていきましょう! [収録時間:99分]

〜プライマリ・ケアの疑問〜  Dr.前野のスペシャリストにQ!【循環器編】  〜プライマリ・ケアの疑問〜  Dr.前野のスペシャリストにQ!【循環器編】 

【CONTENTS】 第1回「救急外来でACSを見逃さないためには?」 第2回「拡張期血圧が高い…早朝血圧が高い…等々、どういう病態なのか?」 第3回「血圧の評価はどうすればいいのか?外来血圧?自宅で測ってもらう?」 第4回「降圧薬の選択がわからない。薬がありすぎる!」 第5回「胸痛でどこまで虚血性心疾患を疑うか?」 第6回「主訴が胸痛の患者さんにホルター心電図をつけたが症状が出ない。どうアプローチすべき?」 第7回「急性心筋梗塞のST上昇と早期再分極のST上昇の見分け方?」 第8回「これは絶対ACSという心電図所見はあるか?」 第9回「Poor r progression はどこまで精査しますか?」 第10回「小さいq波と異常Q波の鑑別は?」 第11回「虚血性心疾患例の安静時の心電図異常とは?」 第12回「ST-Tの異常は様々あるが、よく理解できない」 第13回「精査すべき脚ブロックとは?」 第14回「どこで判断する?精査に迷う心電図異常」 第15回「精査・治療の必要な心室期外収縮とは?」 第16回「抗不整脈薬使用の最近のトレンドは?」 [収録時間:102分]

聖路加GENERAL 【Dr.石松の帰してはいけない患者症例<上巻>】 聖路加GENERAL 【Dr.石松の帰してはいけない患者症例<上巻>】

主訴が頭痛、腹痛。日常の診療でよくみかける症候です。時に患者さんを帰した後に「あの検査で良かったのか?」「帰してしまって大丈夫だろうか?」と思ったことはないでしょうか。 一般外来でも救急でも常に難しいのが緊急性の判断。ちょっとした頭痛、腹痛でも、実は緊急性の高い疾患が隠れていることもあるのです。本DVDでは一般外来や救急外来で比較的よくみられる症例をとおして、「帰してはいけない」緊急性が高い疾患をピックアップできる極意をお伝えします。 [収録時間:68分]

〜プライマリ・ケアの疑問〜  Dr.前野のスペシャリストにQ! 【呼吸器編】 〜プライマリ・ケアの疑問〜  Dr.前野のスペシャリストにQ! 【呼吸器編】

【CONTENTS】 第1回「気管支喘息治療のスタンダードは?」 第2回「吸入ステロイドを使い分けるポイントは?」 第3回「気管支喘息で経口ステロイドはどう使う?」 第4回「風邪症状から肺炎を疑うポイントは?」 第5回「呼吸器感染症の迅速診断は臨床で使える?」 第6回「肺炎のempiric therapyの考え方とは?」 第7回「COPDの薬物療法は何から始める?」 第8回「呼吸リハビリテーション、プライマリ・ケアでできることは?」 第9回「在宅酸素療法の基本的な考え方は?」 第10回「慢性咳嗽の原因疾患を鑑別する方法は?」 第11回「アトピー咳嗽と咳喘息、どう見分ける?」 第12回「成人の百日咳、鑑別と検査のポイントは?」 第13回「結核の発見と対応のポイントは?」 第14回「肺塞栓を疑うポイントは?」 第15回「肺の聴診のコツは?」 [収録時間:115分]

さわやま流 音楽的聴診術<下巻> さわやま流 音楽的聴診術<下巻>

心音・心雑音のリズムや強弱を、楽譜のようにグラフィック化。 目と耳で学べるので、聴診があまり得意でない方にも楽しんで理解して頂けます。 下巻で取り上げるのは収縮期と拡張期の雑音です。 駆出性雑音と逆流性雑音の伝播方向の違い、大動脈駆出音と肺動脈駆出音の見分け方、収縮期と拡張期を行き来するブランコ雑音の正体、機関車の走行音に聴こえる雑音など、ポイントを分かりやすく解説します。 [収録時間:57分]

Dr.香坂の循環器診療 最前線<第4巻> Dr.香坂の循環器診療 最前線<第4巻>

循環器領域の診断・治療法について、最新の研究結果をカバーしながら疾患概念の本質(コア)を押さえる大好評の循環器シリーズ。最終巻では、3つのテーマについて解説します。「心膜疾患」では、心タンポナーデを中心に血行動態のしくみを身体所見に絡めて解説します。「周術期管理」では、術前評価のポイントやカテーテル手技の考え方を大きく変えた臨床試験(CARP試験)の本質と循環器内科医としての考え方や心構えについて、鋭く迫ります。そして「心エコー」では、原理を復習し、様々な評価などの基本を動画を活かして解説します。 [収録時間:86分]

聖路加GENERAL 【Dr.石松の帰してはいけない患者症例<下巻>】 聖路加GENERAL 【Dr.石松の帰してはいけない患者症例<下巻>】

下巻では、腰痛と腹痛の症例を取り上げます。まず高齢者に多い腰痛。歩けなくなるほどの腰痛で救急受診した76歳女性の診断結果は圧迫骨折。圧迫骨折は骨粗鬆症が原因であることが多く、寝たきりになる恐れもあり、早めのスクリーニングと予防が重要です。次は痛みの性質や症状も様々な腹痛。心窩部痛で救急受診した37歳男性の痛みのスケールはNRSで10とこれ以上ない痛み。多量の飲酒歴から、急性膵炎の疑いで検査を進め、最終的に腹部造影CTにより急性膵炎と診断。腹部の疾患で「帰してはいけない」緊急性の高い疾患を疑ったときは、腹部CTの実施を考えましょう。 [収録時間:75分]

Dr.岡田のアレルギー疾患大原則<第3巻> Dr.岡田のアレルギー疾患大原則<第3巻>

「アレルギーのグローバル・スタンダードがよくわかる」と大好評のシリーズ第3弾。喘息では、外来ですぐに役立つ6つの質問、処方の効果が得られやすい患者群、吸入ステロイドを使うべき患者の特徴などを解説します。また敬遠されがちな吸入ステロイドを医師も患者も納得して使えるように詳しく説明します。アトピー性皮膚炎治療にかかせないステロイド外用剤については、分類が日本と欧米とで全く違う点や、効果的な使用法を紹介します。最終回はアレルギー大原則の総仕上げとして、じん麻疹のすべての原因をひとつにまとめた岡田式図解法で徹底解説します。 [収録時間:153分]

プライマリ・ケアの疑問 Dr.前野のスペシャリストにQ!【整形外科編】 プライマリ・ケアの疑問 Dr.前野のスペシャリストにQ!【整形外科編】

「五十肩と言われたときどう診察する?」「専門医に紹介すべき腰痛は?」「膝関節穿刺のコツは?」などの整形外科領域の診療に関する疑問を、プライマリケア医視点で前野哲博氏が厳選。 整形外科のスペシャリスト斉藤究氏が、日常診療に役立つノウハウを交えてそれらの疑問に答えます! [収録時間:146分]

感染症コンサルタント岸田が教える どこまでやるの!?感染対策 感染症コンサルタント岸田が教える どこまでやるの!?感染対策

感染対策の理想を言うことは簡単です。でも、実際の医療の現場において、理想的な対策をとることは非常に困難です。 また、どんなに感染対策を講じても、感染を“ゼロ”にすることはできません。感染が起こったときに問われることは「どこまでの対策をやったか」ということ。 アウトブレイクを防ぐためにも、また、医療訴訟に負けないためにも、理想論ではなく、置かれている医療機関の現状を踏まえ、実際にやるべき感染対策について、感染症コンサルタント岸田が明確にお教えします。 [収録時間:194分]

ひと・身体をみる認知症医療 ひと・身体をみる認知症医療

薬剤比較、症例と着目点、家族への確認ポイントなどをエキスパートが解説! 認知症医療の第一線で活躍する6人の医師が、地域で認知症医療を実践するうえで備えておきたい考え方と手法を解説します。 [収録時間:191分]

USA発!関節X線ASBCD<下巻> USA発!関節X線ASBCD<下巻>

ASBCDによるシステマティックな読影を下半身に応用していきます。まずは腰痛の中でも前方や側方の痛みを訴える場合が多い、股関節と仙腸関節疾患について解説します。そして、腰痛の本丸「椎体」のX線写真読影術に挑みます。多くの腰痛は自然治癒するためX線は不要ですが、レッドフラッグのある腰痛は要注意!椎体によく見られる変形性関節疾患や圧迫骨折は、X線写真をザックリと見ただけでは見逃すこともあるためしっかりとチェックポイントを確認しましょう。また、仙腸関節や脊椎のX線と併せて読影すれば、関節リウマチや血清反応陰性脊椎関節症などの診断を絞り込めることも体感していただけます。ASBCDで、さらに診断の幅が広がります! [収録時間:93分]

骨太!Dr.仲田のダイナミック整形外科(下巻) 骨太!Dr.仲田のダイナミック整形外科(下巻)

大規模災害が多発する昨今、もはや救急医療はどこに住んでいても決して無縁ではいられません。適切な判断と処置が患者さんの命を救うかどうか。そんな緊迫した現場で慌てることがないよう、最低限の知識と技術を持っておくことはとても大切なことです。あなたはいざという時、医療者として自信をもって現場にあたれますか?下巻では、トリアージや具体的な重症損傷の対処法が学習できます。「仲田式暗記法」の極意を、からだ全部を使って覚えましょう! [収録時間:178分]