毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。

本、雑誌、コミックはブックスニューヨークで買う



【ダイレクト出版】現代広告の心理技術101 (著者: ドルー・エリック・ホイットマン) 【ダイレクト出版】現代広告の心理技術101 (著者: ドルー・エリック・ホイットマン)

反応を取る広告を作るための本 広告の目的は人に行動させること この本を読めば、広告をより効果的にするため、ただ以下のことを学ぶことができる。 1. 人が何を求めているのか。 2. 人は自分の求めているものをどう思っているのか。 3. なぜ人はそういう行動をとるのか。 それがわかれば、次のことが可能になる。 1. 顧客を満足させる方法がさらにわかる。 2. より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。 3. 良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。 4. 人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる。 著者のドルー・エリック・ホイットマンは、長年の経験と広告データから 人が広告を見るときにどういう心理が働くか という広告行動心理を徹底的に研究し、それを 相手の頭の中に入る消費者心理の17原則 買わずにいられなくする41のテクニック にまとめました。 この本は、その広告の心理学を追求した一冊です。

【ダイレクト出版】脳科学マーケティング 100の心理技術(著者: ロジャー・ドゥーリー) 【ダイレクト出版】脳科学マーケティング 100の心理技術(著者: ロジャー・ドゥーリー)

広告心理学からニューロマーケティングへ 現代のニューロサイエンスは、 私たちの脳の内側を見つめ、 心理学のブラックボックスを開けるのに 役立つツールをもたらした。 今や機能的磁気共鳴画像法(fMRI)による 脳スキャンという魔法を使えば、 たとえば、高すぎる値段を見聞きしたときの 脳の反応が、つねられたときの反応 ーーつまり、痛いと感じたときの反応と 非常によく似ていることがわかる。 また、脳波計(EEG)の技術のおかげで、 ある種の脳の活動を測定するコストが下がり、 より多くの統計用サンプルデータが 得られるようになったため、広告や製品の 確実な最適化が行なわれるようになった。 (中略) ニューロマーケティングとは、 要するに脳の働きを理解し、 その知識を活用してマーケティングと 商品の両方を改善することだ。 ニューロマーケティングのテクニックが 適切に使われれば、より優れた広告、 より優れた商品が生まれ、顧客はより満足する。 誰だって気に入ったと思える商品が欲しいし、 退屈なコマーシャルは見たくない。 「賢いマーケティング」とは、 あなたの脳を使うことだけではない。 あなたの顧客の脳を使うことでもあるのだ!

クロージングの心理技術21(著者: ドルー・エリック・ホイットマン) クロージングの心理技術21(著者: ドルー・エリック・ホイットマン)

「魔術師」と言いたくなるほど、巧みなセールスで驚異的な売り上げを誇るセールスパーソンと、 日夜懸命に努力しているにもかかわらず、一向に成果の上がらないセールスパーソンとは、どこが違うのでしょうか。 著者によれば、高い収益を上げる「セールスの魔術師」たちは、 「消費者心理学」という特別な「トリック」を使っているのです。 これこそ人々にものを買わせるパワフルな原理で、 この原理は売るものが何であるかに関係なく、“あらゆる”ビジネスに有効です。 本書は、効果が実証済みの、消費者心理学に基づく強力なセールス・テクニックを 21項目に分類して解説しています。 例えば、 あなたが売るものが“ 何であれ”、相手を買う気にさせる──しかも倫理的に──方法、 あなたが相手にとって見ず知らずの人間であったとしても、 相手があなたの言うことを信用してくれる方法、 効果的な“先制攻撃” によってライバルを打ち負かす方法、、 その製品の価値に対する相手の脳の評価を変え、相手の欲求を増大させる方法、 相手の購入意欲がよどみなく流れるようにする驚くほど効果的な話し方、

【ダイレクト出版】マル秘人脈活用術(著者:ボブ・バーグ) 【ダイレクト出版】マル秘人脈活用術(著者:ボブ・バーグ)

あなたは、自分の商品やサービスをどのように 売り込んでいるでしょうか。 次から次へと新しい顧客に営業をかけることに苦痛を感じているかもしれません。 また、新しい見込み客を見つけるために、必死になって走り回っている人もいるでしょう。 中には、営業先を探せずに、ただ売上の見通しが立たない戦慄の日々を過ごしている人もいます。 本書を読めば、そういった苦痛の日々から抜け出すことができます。 自分から営業するのではなく、向こうから勝手に見込み客が列を作ってやって来るようになるのです。 それこそが、“紹介の連鎖”。 有望な見込み客が勝手に集まってくる最強の人脈ネットワーク・システムであり、 日々の出会いが売上に直結する人脈活用術なのです。 セールスの世界は、急速に変化しています。 成功を収めるためには、非常に高度なメソッド、アプローチが必要です。 最大の変化は、以前よりもはるかに“つながり”を重視するようになったこと。 ツイッターやフェイスブック、 インスタグラムなどの SNS が世の中に広がったことで、 ますます“つながり”が重要視されるようになりました。

億万長者の不況に強いビジネス戦略(著者:ダン・ケネディ) 億万長者の不況に強いビジネス戦略(著者:ダン・ケネディ)

新・経営の教科書 全ての成功は個人的な決断から生まれる。 この本、億万長者のビジネス戦略の中で ダンケネディはこう言っています。 ビジネスの成否というのは ビジネスそのものの優劣よりも 経営者の決断力で決まります。 商品が売れるかどうか見極めるのも雇っていい従業員かどうかを判断するのも全ては経営者だからです。 従って、ビジネスで成功するには 儲かるビジネスを探すことよりも まず経営者として決断力を磨くことが大事です。 いい儲け話を見つけることができれば 短期的には儲かるかもしれません。しかし、経営者としての実力がないとそれは儲け話で終わってしまいます。 なので、長期的に成功することはできません。 では、どうすればいいのでしょうか? それがこの本の中で語られているテーマです 。 例えば、ダン・ケネディはこの本で 友人を変えろ、と言っています。 不思議なことに私たちは生活の中で 一番長時間関わるアイデアの通りに なっていきます。 そして、そのアイデアの元は、 読む本や雑誌、視聴する番組、 一緒に時間を過ごす人からです。

「右腕採用力」養成講座(著者: ジェフ・スマート/ランディー・ストリート) 「右腕採用力」養成講座(著者: ジェフ・スマート/ランディー・ストリート)

「人材」問題とはどんな問題だろう? 『アイ・ラブ・ルーシー(訳注:1950年代に放送されたアメリカの人気テレビドラマ)』で 主人公ルーシーと親友エセルがお菓子工場で 働くエピソードを覚えているだろうか? ベルトコンベアの上を流れるチョコレートを 包装する仕事を任された2人だが、 そのスピードについていけない。 困った2人はチョコレートを 素通りさせる代わりに、それらを口に服にと、 ところかまわず詰め込んでいく。 そこへやってきた現場監督が、 空のベルトコンベアを見て 2人の働きぶりを褒め讃える。 そして隣の部屋に向かって叫ぶのだ。 「(ベルトコンベアの)スピードをもっと上げて!」。 そこからだ。本当の混乱が始まるのは。 これでは生産性を上げようと どれだけ時間を費やしたとしても無駄だろう。 現場監督が抱える問題はベルトコンベアではない。 問題はルーシーだからだ。 ルーシーの問題、 それはつまり「人材」の問題である。 (中略) この本に書かれているテクニックの数々は、 役員会であれ、どんな階層の採用担当者であれ、 もしくはベビーシッターを探している親であれ、 誰にとっても役立つものだ。

大富豪の仕事術(著者:マイケル・マスターソン) 大富豪の仕事術(著者:マイケル・マスターソン)

目次 はじめに 今日から始まる充実した人生の送り方 PART1 充実した人生のためのマスタープラン PART2 一番の夢を現実のものに変えるには PART3 毎日を実りあるものにするために PART4 より豊かな、より楽しい人生をつくりだす PART5 成功するために必要な努力 PART6 成功者のスキル PART7 成功への障害―とそれを克服する方法 PART8 富を築く 結論