毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。

楽天市場の京織音で買う

ふくさ 袱紗 慶弔両用 紫 男性 女性 結婚式 葬式 両用 日本製 西陣織 綴 絹100% 無地 M (斜め差込口)

店長からひとこと 慶弔両用の定番人気。地色の紫は古代紫といわれる赤みの濃い紫です。 この商品は金封差込口を斜めに仕立てていますので、左開では差込口の形が変わります。差込口が同じ形になるこちらもございます。 名入れができる[名入れ専用]商品は→こちら 金封ふくさ ( ふくさ 袱紗 はさみ袱紗 ) 仕様 用途|慶弔両用(慶事 弔事)男性 女性 一般的な金封 一般的な金封 約18.5×10.5cm対応 色|赤みの濃い紫 ※染織時期により個体差があります。 素材|シルク100% 寸法|約20.5×12cm(M) ※手作りのため個体差があります。 仕立て|手縫い 包装|桐箱 生産国|日本製 京都産 生産者|西陣爪掻本綴織 今井つづれ 西陣織工業組合登録番号2496番 オプション|名入れ(注文ページへ) ご理解の上お買い求めください 糸のつなぎ目|綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数・長短は個体差があります。特性をご理解の上お買い求めください。 手仕事の特性|ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 Mサイズ|スーツの内ポケットサイズによってはおさまらない場合があります。 金封ふくさとは 金封を裸で持参することは礼を失することになりますので、ふくさを用いて礼を表します。金封をはさむ形のふくさを金封ふくさといい、慶事は右開き弔事は左開きの慣習があります。 慶事には華やかな金や赤・朱・臙脂など赤系の他、紫、男性は紺などの青系も使えます。弔事には黒・灰・紺・紫などの地味な色を使います。格の高い色である紫は、男女ともに慶弔両用に使える便利な色です。 地域の慣習などにより異なりますが、一般的な金封をお渡しされる場合は定番(M)の金封ふくさが使えます。スーツの内ポケットにも収まりが良い大きさです。一方、水引飾りの大きな金封、誂えの金封などを使用される場合は、大きめ(L)の金封ふくさをおすすめします。さらに大きい金封には特大(LL)の金封ふくさもご用意しています。金封ふくさでお渡しできる最大の金封まで使えます。 金封ふくさカテゴリ 慶弔両用 M L LL 慶事用 M L LL 弔事用 M L持つ人の品格を上げる袱紗 最古の歴史そのままの伝統的技法で織る本綴織は、先様に礼を表するに相応しい格の高さを誇ります。 本つづれ織 京都 西陣 爪掻本綴織 今井つづれ 最古の歴史そのままに 西織で最も歴史があり格の高さを誇る綴織(つづれ織り)。機械化により量産されるジャガード織機の綴織とは異なり、今井つづれは人の手でひと越ひと越ミリ単位に織り進む、古来より代々受け継がれてきた最古の歴史そのままの伝統的技法の本綴織です。西陣爪掻本綴織(にしじんつめかきほんつづれおり)は12種類ある西陣織のひとつ「綴」に分類され、西陣織工業組合の登録商標です。 爪掻き 爪掻き(つめかき)とはノコギリの歯のようにギザギザに刻んだ爪で、糸を1本1本掻き寄せて織る本つづれ織伝統の技です。それは織師の高い技術と経験を要し、「日に寸、五日に寸、十日に寸」と例えられるほど製作日数がかかるため、生産数も極わずかです。 一越一越 本つづれ織りは絹糸を1本また1本と手足をつかって織り進みます。織るのに時間がかかるため量産はできませんが、ひとつひとつに個性のあるひとつだけのものが生まれます。 絹の重み 一般的な絹織物よりも何倍も太い絹糸を用いた厚手の絹織物で、タテ糸よりもさらに太いヨコ糸でタテ糸を包み込むように織るため表裏ともにタテ糸は見えず、絹の重みを感じる重厚な風合いに織り上がります。 今井つづれがつくる本つづれ織の金封ふくさ。昔ながらの機で絹糸を丁寧に織り込んでいるので、しっくりと手に馴染む風合いです。 慶弔両用 一般的な金封につかえてスーツの内ポケットにもおさまりの良い大きさ。 イメージ画像は実際の商品とは異なります。 大きさの利便性 一般的な大きさの金封につかえる利便性に優れた大きさ。男性女性とわず使えます。 色の利便性 古代紫は慶事弔事の両用につかえるため、ひとつお持ちになるといざという時にお役にたちます。一番人気の色です。 スーツの内ポケットに スーツの内ポケット、フォーマルバックにも収まりのよい大きさ。※スーツの内ポケットサイズによっては収まらない場合があります。 スマートにふるまう サッと取り出してスマートにつかえます。 出し入れ楽々 この商品は金封差込口を斜めに仕立てていますので、左開では差込口の形が変わります。差込口が同じ形になるこちらもございます。 ふたうらポケット 案内状が入る大きさです。閉じたときの安定感も考慮しました。 桐箱入り 贈り物としてもお喜びいただける日本の包む形。長く大切にお使いいただきたいという思いから、保管に適した桐の箱に収めてお届けします。 糸のつなぎ目 綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差が生じます。 手仕事の特性 ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。

冠婚葬祭 -> ふくさ

【 訳あり 】 半襟 白 日本製 半衿 パールトーン加工 黄変防止加工 シルク100% 京都丹後産正絹塩瀬 男性 女性 両用【メール便可】

訳あり定番の白半襟 製織や仕上げの工程で生じたキズ・ムラ・ヨゴレなどにより規格外品となった訳あり半襟です。着用可能と判断した半襟ですが訳あり品であることをご了承ください。訳あり理由は商品により異なります。商品画像は一例です。 男性女性ともにつかえるユニセックス。礼装から普段着物まで着物の種類を問わない定番の塩瀬半襟。絽や紗など夏の着物以外なら季節も問いません。白浮きしない肌なじみの良い白、 絹の色艶を生かせる品質だから蛍光漂白していません。はっ水・防カビ効果のパールトーン加工+絹の変色を遅らせる黄変防止・防カビ効果のサニーライク加工済み。 この商品は3点までメール便でお届けできます。 ■全国一律料金 378円(消費税8%込) ■宅急便同様のお届け日数でポストに投函されます。※一部地域はお届け予定日にお届けできない場合がございます。 ■配達日時指定・代金引換決済・ラッピングはご利用頂けません。 ■投函完了後の紛失・盗難等の補償はございません。 ■配送事故(荷物の紛失・破損)に対する引受限度額は3,000円(税込)となります。 メール便ご利用上のご注意 ■この商品は「3点まで」同梱可能です。■配送希望日時を指定されても商品ページ記載の発送予定日通りの発送となります。■同梱可能な点数を超えた場合は、宅配便の配送となります。当店にて宅配便の送料に変更後、宅配便にて発送させていただきます。 京都丹後産 正絹塩瀬半襟 仕様 用途|礼装から普段着物まで 男性 女性 留袖 振袖 訪問着 紬 黒紋付羽織袴など。 着用期間目安|1-5,9-12月 6,7,8月の夏着物時期でも袷の着物なら半襟も着物に合わせます。 色|白 白浮きしない肌なじみの良い白。蛍光漂白していません。 素材|シルク100%(日本の絹)京都丹後産正絹塩瀬半襟二巾400匁 寸法|約15×110cm ※個体差があります。 加工|パールトーン(はっ水効果/防カビ効果)サニーライク(絹の変色防止/防カビ効果) 生産国|日本製 京都産 ご理解の上お買い求めください 製織時期によって色質感、寸法に個体差が生じます。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 畳み皺|半衿の加工保管上、たたみシワが生じます。襟付け前に軽くアイロンを掛けて整えてください。スチームも使えますが高温にならないよう注意して絹温度以下で当て布をしてください。 パールトーン加工|水をはじく撥水効果で絹の繊維1本1本の深部にまでパールトーンを浸透させていますので防水加工とはことなり、絹の風合いや光沢をそこなわず通気性があり、水でのお手入れも可能でカビ防止効果もあります。 半襟とは 半襟は長襦袢の襟につけることで着物の襟汚れを防ぎ、着物の印象を左右する重要な役割もあります。 第一礼装の半襟は白が基本ですが、男の着物、準礼装は紺や鼠、お茶席では紺や鼠など渋めの色が好まれます。ふだん着物は濃いめ色半襟で全体を引き締める、明るめの色半襟で若々しさを表現するなど、着物や帯の色にあわせて自由に遊べるのも半襟の魅力です。※半襟サイズは男女共通です。 女性の着物に礼装着物から普段着まで。留袖にきちんと使えます。 男性の着物に結婚式では花婿、仲人、新郎新婦の父親親族、 記念式典主賓の黒紋付羽織袴、祝賀会や結婚式の披露宴など 紋付羽織袴の半襟に大人が自信をもてる上質の半衿です。 黒紋付羽織袴にきちんと使えます。 白半衿 半襟一覧訳あり京都丹後産 正絹塩瀬半襟 製織や仕上げの工程で生じたキズ・ムラ・ヨゴレなどにより規格外品となった訳あり半襟です。着用可能と判断した半襟ですが訳あり品であることをご了承ください。訳あり理由は商品により異なります。商品画像は一例です。 男性女性ともにつかえるユニセックス。礼装から普段着物まで着物の種類を問わない定番の塩瀬半襟。絽や紗など夏の着物以外なら季節も問いません。やさしい白さは肌なじみが良い白、 絹の色艶を生かせる品質だから蛍光漂白していません。はっ水・防カビ効果のパールトーン加工+絹の変色を遅らせる黄変防止・防カビ効果のサニーライク加工済み。 凛とした衿日本の絹を京都丹後の織元が織り上げた半衿。しなやかな柔軟性で美しい凛とした衿に仕上がります。 パールトーン水をはじく撥水効果、絹の繊維1本1本の深部にまでパールトーンを浸透させていますので防水加工とはことなり、絹の風合いや光沢をそこなわず通気性があり、水でのお手入れも可能でカビ防止効果もあります。 蛍光漂白していません肌なじみの良い白、絹の自然な白にこだわり蛍光漂白していません。パキッとした蛍光の青白い白ではなく、絹の色艶を生かした蚕の繭のようなやわらかさのある自然な白、“白浮きしない肌なじみの良い白”。着物合わせしやすく、肌色を問わずなじみが良く蛍光の白のように肌がくすみません。蛍光漂白の白になれている場合は黄みを感じられかもしれません。

和装小物 -> 半衿

ふくさ 袱紗 慶 弔 両用 男性 女性 日本製 正絹 丹後ちりめん 中巾重目1070匁 絹100% パールトーン加工

京職人がつくる正絹丹後ちりめんの小さな風呂敷。気負いなく手軽につかえるふくさです。日本の絹のしなやかな風合いと優れた耐久性、深みのある色をかもし出す美しいシボ。はっ水・防カビのパールトーン加工済。名入れができる手ふくさは→こちら 仕様 各色仕様 ■古代紫(紫):慶弔両用(男性 女性) 古代紫(赤みのある濃い紫)は、慶弔 男性 女性 年齢問わず使えるため、ひとつお持ちになるといざという時にお役にたちます。一番人気の色です。 ■紅梅(赤):慶事用(女性) 結婚祝いなどのお祝いに使える女性用の色。お祝いに相応しい華やかさ、高級感を引き立てる上品な華やかさを持つ色です。 ご結婚のお支度にもおすすめ。 ■鉄紺(紺):慶弔両用(男性) 男性用の色で古代紫と同様に慶弔両用につかえます。男性に人気の色です。 ■松葉(緑):慶弔両用(男性 女性) 慶弔両用につかえます。男性向きの色ですが、女性も使えるため、会社でのお付き合い(ビジネスシーン)にも役立つ色です。 共通仕様 用途|一般的な金封 一般的な金封 約18.5×10.5cm対応 素材|シルク100%日本の絹 正絹丹後ちりめん 中巾重目1070匁 寸法|約44-45cm ※手作りのため個体差があります。 仕立て|手縫い(2辺) 包装|桐箱 生産国|日本製 京都産 ご理解の上お買い求めください 生地は小風呂敷の幅で製織したものですので、耳(織幅の両端)は裁断する必要がなく解れもないため縫いはありません。裁断した2箇所は生地を巻き込みながら縫う手巻き縫いで仕立てています。縮緬特有のシボ凸凹(生地の厚み)で手巻き縫い箇所は厚みがでます。 手仕事で製作しているため寸法に個体差が生じます。染織時期により若干色味が異なります。 お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 名入れができる手ふくさは→こちら 生産数に限りがあり品薄状態が続いております。お待たせいたして申し訳ございませんが、仕立て後お届けできる場合は「受注生産」にて、ご注文を承っております。 袱紗・風呂敷の伝統的な仕様は正方形ではなく一辺が僅かに長くなっています。古くは塵よけとした風呂敷から始まった袱紗の伝統的な形状で、丈と巾の寸法が異なるのは伸縮作用で使いやすいためともいわれています。 丹後ちりめん手ふくさカテゴリー 西陣織 綴 金封ふくさカテゴリー手ふくさ 京職人がつくる正絹丹後ちりめんの小さな風呂敷。気負いなく手軽につかえるふくさです。日本の絹のしなやかな風合いと優れた耐久性、深みのある色をかもし出す美しいシボ。はっ水・防カビのパールトーン加工済。 日本の絹100%シボがあることによりシワがよりにくく、ぽってりとした絹の手ざわり、しなやかな風合いと耐久性にも優れています。さらにシボ凸凹の乱反射による深みのある豊かな色も魅力の一つです。 丹後ちりめん丹後ちりめんは京都の丹後地方で生産されるシボを特徴とする高級絹織物で、経糸に撚りのない生糸、緯糸に1メートルあたり3,000回前後の強い撚りをかけた生糸を交互に織り込みます。その後、精練によって緯糸の撚りがもどり、丹後ちりめん最大の特徴であるシボが生まれます。ちりめんとは生地全面に細かい凸凹状のシボがある織物のことをいい、丹後ちりめんは代表的存在です。 水や油の汚れから守る撥水防汚加工のパールトーン済みパールトーンを繊維1本1本の深部にまで浸透させていますので、生地本来の風合や光沢、通気性を失わず、カビへの心配も軽減。 水を使ってのお手入れが可能です。 手縫い仕立て一針一針、職人が手縫いで仕立てています。手間はかかりますが、ひとつひとつを手仕事で作り上げるこだわりの仕様です。小風呂敷の幅で製織したものですので、織幅の両端(耳)は裁断する必要がなく解れもないため縫いはありません。裁断した天地2箇所は手巻き縫いで仕立てです。縮緬特有のシボ凸凹で手巻き縫い箇所は厚みがでます。 一般的な金封に昔ながらの正絹ちりめん手ふくさは小風呂敷とも呼ばれ、一般的な金封を包むのにちょうどよい大きさです。切手盆7寸が包めます。お手入れ簡単のパールトーン加工済。気負いなく使える手軽さも魅力。包むものの大きさに柔軟に対応できるので、少し大きめの金封も包めます。 少し大きめの金封も包めます日本独特の礼儀を重んじる儀礼から金封を裸で持参することは 先様に対する礼を失することになりますので、簡易な場合でも手ふくさには包まれることをおすすめします。 より丁寧にお渡しするには金封ふくさをお使いください。

冠婚葬祭 -> ふくさ

ふくさ 袱紗 慶弔両用 紫 男性 女性 結婚式 葬式 両用 日本製 西陣織 綴 シルク100% 無地 M

店長からひとこと 古代紫といわれる赤みの濃い紫です。織と素材を生かした究極のスタンダート。当店、定番中の定番です。結婚式葬式どちらにもつかえるので、はじめのひとつとしてもおすすめです。金封さしこみ口は、慶事の右開き弔事の左開きのどちらでも形が変わらないストレート仕様です。 金封ふくさ ( ふくさ 袱紗 はさみ袱紗 ) 仕様 用途|慶弔両用(慶事 弔事)男性 女性 一般的な金封 一般的な金封 約18.5×10.5cm対応 色|赤みの濃い紫 ※染織時期により個体差があります。 素材|シルク100% 寸法|約20.5×12cm(M) ※手作りのため個体差があります。 仕立て|手縫い 包装|桐箱 生産国|日本製 京都産 生産者|西陣爪掻本綴織 今井つづれ 西陣織工業組合登録番号2496番 オプション|名入れ(注文ページへ) ご理解の上お買い求めください 糸のつなぎ目|綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数・長短は個体差があります。特性をご理解の上お買い求めください。 手仕事の特性|ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 Mサイズ|スーツの内ポケットサイズによってはおさまらない場合があります。 金封ふくさとは 金封を裸で持参することは礼を失することになりますので、ふくさを用いて礼を表します。金封をはさむ形のふくさを金封ふくさといい、慶事は右開き弔事は左開きの慣習があります。 慶事には華やかな金や赤・朱・臙脂など赤系の他、紫、男性は紺などの青系も使えます。弔事には黒・灰・紺・紫などの地味な色を使います。格の高い色である紫は、男女ともに慶弔両用に使える便利な色です。 地域の慣習などにより異なりますが、一般的な金封をお渡しされる場合は定番(M)の金封ふくさが使えます。スーツの内ポケットにも収まりが良い大きさです。一方、水引飾りの大きな金封、誂えの金封などを使用される場合は、大きめ(L)の金封ふくさをおすすめします。さらに大きい金封には特大(LL)の金封ふくさもご用意しています。金封ふくさでお渡しできる最大の金封まで使えます。 金封ふくさカテゴリ 慶弔両用 M L LL 慶事用 M L LL 弔事用 M L持つ人の品格を上げる袱紗 最古の歴史そのままの伝統的技法で織る本綴織は、先様に礼を表するに相応しい格の高さを誇ります。 本つづれ織 京都 西陣 爪掻本綴織 今井つづれ 最古の歴史そのままに 西織で最も歴史があり格の高さを誇る綴織(つづれ織り)。機械化により量産されるジャガード織機の綴織とは異なり、今井つづれは人の手でひと越ひと越ミリ単位に織り進む、古来より代々受け継がれてきた最古の歴史そのままの伝統的技法の本綴織です。西陣爪掻本綴織(にしじんつめかきほんつづれおり)は12種類ある西陣織のひとつ「綴」に分類され西陣織工業組合の登録商標です。 爪掻き 爪掻き(つめかき)とはノコギリの歯のようにギザギザに刻んだ爪で、糸を1本1本掻き寄せて織る本つづれ織伝統の技です。それは織師の高い技術と経験を要し「日に寸、五日に寸、十日に寸」と例えられるほど製作日数がかかるため、生産数も極わずかです。 一越一越 本つづれ織りは絹糸を1本また1本と手足をつかって織り進みます。織るのに時間がかかるため量産はできませんが、ひとつひとつに個性のあるひとつだけのものが生まれます。 絹の重み 一般的な絹織物よりも何倍も太い絹糸を用いた厚手の絹織物で、タテ糸よりもさらに太いヨコ糸でタテ糸を包み込むように織るため表裏ともにタテ糸は見えず、絹の重みを感じる重厚な風合いに織り上がります。 今井つづれがつくる本つづれ織の金封ふくさ。昔ながらの機で絹糸を丁寧に織り込んでいるので、しっくりと手に馴染む風合いです。 慶弔両用 一般的な金封につかえてスーツの内ポケットにもおさまりの良い大きさ。 イメージ画像は実際の商品とは異なります。 大きさの利便性 一般的な大きさの金封につかえる利便性に優れた大きさ。男性女性とわず使えます。 色の利便性 古代紫は慶事弔事の両用につかえるため、ひとつお持ちになるといざという時にお役にたちます。一番人気の色です。 スーツの内ポケットに スーツの内ポケット、フォーマルバックにも収まりのよい大きさ。※スーツの内ポケットサイズによっては収まらない場合があります。 スマートにふるまう サッと取り出してスマートにつかえます。 出し入れ楽々 金封を出し入れしやすく水引飾りの引っかかりも防ぐ差込口、ふた裏はポケット仕立て。 ふたうらポケット 案内状が入る大きさ。閉じたときの安定感も考慮しました。 桐箱入り 贈り物としてもお喜びいただける日本の包む形。長くお使いいただきたいという思いから、保管に適した桐箱に収めてお届けします。 糸のつなぎ目 綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差が生じます。 手仕事の特性 ひとつひとつ手仕事で製作しているため色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性1点物の個性をご理解の上お買い求めください。

冠婚葬祭 -> ふくさ

大きい ふくさ 袱紗 慶弔両用 紫 男性 女性 結婚式 葬式 両用 日本製 西陣織 織 シルク100% 無地 大 L

店長からひとこと 古代紫といわれる赤みの濃い紫です。織と素材を生かした大判のスタンダードデザイン。御結婚祝いなど大きな金封がおさまる大きさ。さしこみ口は慶事の右開き弔事の左開きのどちらでも形が変わらないストレート仕様です。 大判 金封ふくさ ( ふくさ 袱紗 はさみ袱紗 ) 仕様 用途|慶弔両用 男性 女性 大きい金封 大きい金封 約21×13cm対応 色|赤みの濃い紫 ※染織時期により個体差があります。 素材|シルク100% 寸法|約22.5×14.5cm(L) ※手作りのため個体差があります。 仕立て|手縫い 包装|桐箱 生産国|日本製 京都産 生産者|西陣爪掻本綴織 今井つづれ 西陣織工業組合登録番号2496番 オプション|名入れ(注文ページへ) ご理解の上お買い求めください 糸のつなぎ目|綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数・長短は個体差があります。特性をご理解の上お買い求めください。 手仕事の特性|ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 金封ふくさとは 金封を裸で持参することは礼を失することになりますので、ふくさを用いて礼を表します。金封をはさむ形のふくさを金封ふくさといい、慶事は右開き弔事は左開きの慣習があります。 慶事には華やかな金や赤・朱・臙脂など赤系の他、紫、男性は紺などの青系も使えます。弔事には黒・灰・紺・紫などの地味な色を使います。格の高い色である紫は、男女ともに慶弔両用に使える便利な色です。 地域の慣習などにより異なりますが、一般的な金封をお渡しされる場合は定番(M)の金封ふくさが使えます。スーツの内ポケットにも収まりが良い大きさです。一方、水引飾りの大きな金封、誂えの金封などを使用される場合は、大きめ(L)の金封ふくさをおすすめします。さらに大きい金封には特大(LL)の金封ふくさもご用意しています。金封ふくさでお渡しできる最大の金封まで使えます。 金封ふくさカテゴリ 慶弔両用 M L LL 慶事用 M L LL 弔事用 M L大きい金封に役立つ大きさ 最古の歴史そのままの伝統的技法で織る本綴織は、先様に礼を表するに相応しい格の高さを誇ります。 本つづれ織 京都 西陣 爪掻本綴織 今井つづれ 最古の歴史そのままに 西織で最も歴史があり格の高さを誇る綴織(つづれ織り)。機械化により量産されるジャガード織機の綴織とは異なり、今井つづれは人の手でひと越ひと越ミリ単位に織り進む、古来より代々受け継がれてきた最古の歴史そのままの伝統的技法の本綴織です。西陣爪掻本綴織(にしじんつめかきほんつづれおり)は12種類ある西陣織のひとつ「綴」に分類され、西陣織工業組合の登録商標です。 爪掻き 爪掻き(つめかき)とはノコギリの歯のようにギザギザに刻んだ爪で、糸を1本1本掻き寄せて織る本つづれ織伝統の技です。それは織師の高い技術と経験を要し、「日に寸、五日に寸、十日に寸」と例えられるほど製作日数がかかるため、生産数も極わずかです。 一越一越 本つづれ織りは絹糸を1本また1本と手足をつかって織り進みます。織るのに時間がかかるため量産はできませんが、ひとつひとつに個性のあるひとつだけのものが生まれます。 絹の重み 一般的な絹織物よりも何倍も太い絹糸を用いた厚手の絹織物で、タテ糸よりもさらに太いヨコ糸でタテ糸を包み込むように織るため密度が高く、表裏ともにタテ糸は見えず、絹の重みを感じる重厚な風合いに織り上がります。 今井つづれがつくる本つづれ織の金封ふくさ。昔ながらの機で絹糸を丁寧に織り込んでいるので、しっくりと手に馴染む風合いです。 大きい金封に役立つ大きさ。 慶弔両用 イメージ画像は実際の商品とは異なります。 大きい金封に 一般的な金封よりも「大きい金封」が収まる大きさ。※大きい金封約21×13cm対応 役に立つ大きさ 結婚祝いなど大きな金封に重宝します。一般的な大きさの金封ふくさでは収まらない大きめの金封が包めます。 色の利便性 古代紫は慶事弔事の両用につかえるため、ひとつお持ちになるといざという時にお役にたちます。一番人気の色です。 大きくてもスマートに スーツの内ポケットに収まる大きさではありませんが、サッと取り出してスマートにふるまえる使いやすさは変わりません。 出し入れ楽々 金封を出し入れしやすく水引飾りの引っかかりも防ぐ差込口、ふた裏はポケット仕立て。 L 大きめの金封 (約21×13cm)がおさまります。 桐箱入り 贈り物としてもお喜びいただける日本の包む形。長く大切にお使いいただきたいという思いから、保管に適した桐の箱に収めてお届けします。 糸のつなぎ目 綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差が生じます。 手仕事の特性 ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。

冠婚葬祭 -> ふくさ

ふくさ 袱紗 慶弔両用 紫 男性 女性 結婚式 葬式 両用 日本製 西陣爪掻本綴織 シルク100% M

店長からひとこと 文様が地糸と同色系の場合、わかりにくいかも知れませんが、少し平面から浮き出る感じに、よりあわせた糸を爪掻きの技で織り込んでいます。 地色の紫は古代紫といわれる赤みの濃い紫です。 金封さしこみ口は、慶事の右開き弔事の左開きのどちらでも形が変わらないストレート仕様です。 金封ふくさ ( ふくさ 袱紗 はさみ袱紗 ) 仕様 用途|慶弔両用(慶事 弔事)男性 女性 一般的な金封 一般的な金封 約18.5×10.5cm対応 色|赤みの濃い紫 ※染織時期により個体差があります。 素材|シルク100% 寸法|約20.5×12cm(M) ※手作りのため個体差があります。 仕立て|手縫い 包装|桐箱 生産国|日本製 京都産 生産者|西陣爪掻本綴織 今井つづれ 西陣織工業組合登録番号2496番 オプション|名入れ(注文ページへ) ご理解の上お買い求めください 糸のつなぎ目|綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差があります。糸のつなぎ目の長さは長年の使用に耐えられるよう商品に応じた長さで残しています。特性をご理解の上お買い求めください。 手仕事の特性|ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 Mサイズ|スーツの内ポケットサイズによってはおさまらない場合があります。 金封ふくさとは 金封を裸で持参することは礼を失することになりますので、ふくさを用いて礼を表します。金封をはさむ形のふくさを金封ふくさといい、慶事は右開き弔事は左開きの慣習があります。 慶事には華やかな金や赤・朱・臙脂など赤系の他、紫、男性は紺などの青系も使えます。弔事には黒・灰・紺・紫などの地味な色を使います。格の高い色である紫は、男女ともに慶弔両用に使える便利な色です。 地域の慣習などにより異なりますが、一般的な金封をお渡しされる場合は定番(M)の金封ふくさが使えます。スーツの内ポケットにも収まりが良い大きさです。一方、水引飾りの大きな金封、誂えの金封などを使用される場合は、大きめ(L)の金封ふくさをおすすめします。さらに大きい金封には特大(LL)の金封ふくさもご用意しています。金封ふくさでお渡しできる最大の金封まで使えます。 金封ふくさカテゴリ 慶弔両用 M L LL 慶事用 M L LL 弔事用 M L持つ人の品格を上げる袱紗 最古の歴史そのままの伝統的技法で織る本綴織は、先様に礼を表するに相応しい格の高さを誇ります。 本つづれ織 京都 西陣 爪掻本綴織 今井つづれ 最古の歴史そのままに 西織で最も歴史があり格の高さを誇る綴織(つづれ織り)。機械化により量産されるジャガード織機の綴織とは異なり、今井つづれは人の手でひと越ひと越ミリ単位に織り進む、古来より代々受け継がれてきた最古の歴史そのままの伝統的技法の本綴織です。西陣爪掻本綴織(にしじんつめかきほんつづれおり)は12種類ある西陣織のひとつ「綴」に分類され、西陣織工業組合の登録商標です。 爪掻き 爪掻き(つめかき)とはノコギリの歯のようにギザギザに刻んだ爪で、糸を1本1本掻き寄せて織る本つづれ織伝統の技です。それは織師の高い技術と経験を要し、「日に寸、五日に寸、十日に寸」と例えられるほど製作日数がかかるため、生産数も極わずかです。 一越一越 本つづれ織りは絹糸を1本また1本と手足をつかって織り進みます。織るのに時間がかかるため量産はできませんが、ひとつひとつに個性のあるひとつだけのものが生まれます。 絹の重み 一般的な絹織物よりも何倍も太い絹糸を用いた厚手の絹織物で、タテ糸よりもさらに太いヨコ糸でタテ糸を包み込むように織るため表裏ともにタテ糸は見えず、絹の重みを感じる重厚な風合いに織り上がります。 今井つづれがつくる本つづれ織の金封ふくさ。昔ながらの機で絹糸を丁寧に織り込んでいるので、しっくりと手に馴染む風合いです。 慶弔両用 一般的な金封につかえてスーツの内ポケットにもおさまりの良い大きさ。 イメージ画像は実際の商品とは異なります。 大きさの利便性 一般的な大きさの金封につかえる利便性に優れた大きさ。男性女性とわず使えます。 色の利便性 古代紫は慶事弔事の両用につかえるため、ひとつお持ちになるといざという時にお役にたちます。一番人気の色です。 スーツの内ポケットに スーツの内ポケット、フォーマルバックにも収まりのよい大きさ。※スーツの内ポケットサイズによっては収まらない場合があります。 スマートにふるまう サッと取り出してスマートにつかえます。 出し入れ楽々 金封を出し入れしやすく水引飾りの引っかかりも防ぐ差込口、ふた裏はポケット仕立て。 ふたうらポケット 案内状が入る大きさです。閉じたときの安定感も考慮しました。 桐箱入り 贈り物としてもお喜びいただける日本の包む形。長く大切にお使いいただきたいという思いから、保管に適した桐の箱に収めてお届けします。 糸のつなぎ目 綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差が生じます。 手仕事の特性 ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。

冠婚葬祭 -> ふくさ

訳あり ふくさ 袱紗 慶弔両用 紫 男性 女性 結婚式 葬式 両用 日本製 西陣織 綴 シルク100% 無地 M

店長からひとこと 【 訳あり 】サンプル・撮影使用品・傷・斑などの訳ありのため規格外品となった品です。使用に差し支えのないものと判断した品ですが、予めご了承の上お買い求めください。商品画像は実際の商品とは異なります。 金封ふくさ ( ふくさ 袱紗 はさみ袱紗 ) 仕様 金封さしこみ口は慶事の右開き弔事の左開きのどちらでも形が変わらないストレート仕様。 用途|慶弔両用(慶事 弔事)男性 女性 一般的な金封 一般的な金封 約18.5×10.5cm対応 色|赤みの濃い紫 ※染織時期により個体差があります。 素材|シルク100% 寸法|約20.5×12cm(M) ※手作りのため個体差があります。 仕立て|手縫い 包装|桐箱 生産国|日本製 京都産 生産者|西陣爪掻本綴織 今井つづれ 西陣織工業組合登録番号2496番 オプション|名入れ(注文ページへ) ご理解の上お買い求めください 糸のつなぎ目|綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数・長短は個体差があります。特性をご理解の上お買い求めください。 手仕事の特性|ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 Mサイズ|スーツの内ポケットサイズによってはおさまらない場合があります。 金封ふくさとは 金封を裸で持参することは礼を失することになりますので、ふくさを用いて礼を表します。金封をはさむ形のふくさを金封ふくさといい、慶事は右開き弔事は左開きの慣習があります。 慶事には華やかな金や赤・朱・臙脂など赤系の他、紫、男性は紺などの青系も使えます。弔事には黒・灰・紺・紫などの地味な色を使います。格の高い色である紫は、男女ともに慶弔両用に使える便利な色です。 地域の慣習などにより異なりますが、一般的な金封をお渡しされる場合は定番(M)の金封ふくさが使えます。スーツの内ポケットにも収まりが良い大きさです。一方、水引飾りの大きな金封、誂えの金封などを使用される場合は、大きめ(L)の金封ふくさをおすすめします。さらに大きい金封には特大(LL)の金封ふくさもご用意しています。金封ふくさでお渡しできる最大の金封まで使えます。 金封ふくさカテゴリ 慶弔両用 M L LL 慶事用 M L LL 弔事用 M L【 訳あり 】 【 訳あり 】サンプル・撮影使用品・傷・斑などの訳ありのため規格外品となった品です。使用に差し支えのないものと判断した品ですが、予めご了承の上お買い求めください。商品画像は実際の商品とは異なります。 本つづれ織 京都 西陣 爪掻本綴織 今井つづれ 最古の歴史そのままに 西織で最も歴史があり格の高さを誇る綴織(つづれ織り)。機械化により量産されるジャガード織機の綴織とは異なり、今井つづれは人の手でひと越ひと越ミリ単位に織り進む、古来より代々受け継がれてきた最古の歴史そのままの伝統的技法の本綴織です。西陣爪掻本綴織(にしじんつめかきほんつづれおり)は12種類ある西陣織のひとつ「綴」に分類され、西陣織工業組合の登録商標です。 爪掻き 爪掻き(つめかき)とはノコギリの歯のようにギザギザに刻んだ爪で、糸を1本1本掻き寄せて織る本つづれ織伝統の技です。それは織師の高い技術と経験を要し、「日に寸、五日に寸、十日に寸」と例えられるほど製作日数がかかるため、生産数も極わずかです。 一越一越 本つづれ織りは絹糸を1本また1本と手足をつかって織り進みます。織るのに時間がかかるため量産はできませんが、ひとつひとつに個性のあるひとつだけのものが生まれます。 絹の重み 一般的な絹織物よりも何倍も太い絹糸を用いた厚手の絹織物で、タテ糸よりもさらに太いヨコ糸でタテ糸を包み込むように織るため表裏ともにタテ糸は見えず、絹の重みを感じる重厚な風合いに織り上がります。 今井つづれがつくる本つづれ織の金封ふくさ。昔ながらの機で絹糸を丁寧に織り込んでいるので、しっくりと手に馴染む風合いです。 慶弔両用 一般的な金封につかえてスーツの内ポケットにもおさまりの良い大きさ。 イメージ画像は実際の商品とは異なります。 大きさの利便性 一般的な大きさの金封につかえる利便性に優れた大きさ。男性女性とわず使えます。 色の利便性 古代紫は慶事弔事の両用につかえるため、ひとつお持ちになるといざという時にお役にたちます。一番人気の色です。 スーツの内ポケットに スーツの内ポケット、フォーマルバックにも収まりのよい大きさ。※スーツの内ポケットサイズによっては収まらない場合があります。 スマートにふるまう サッと取り出してスマートにつかえます。 出し入れ楽々 金封を出し入れしやすく水引飾りの引っかかりも防ぐ差込口、ふた裏はポケット仕立て。 ふたうらポケット 案内状が入る大きさです。閉じたときの安定感も考慮しました。 桐箱入り 贈り物としてもお喜びいただける日本の包む形。長く大切にお使いいただきたいという思いから、保管に適した桐の箱に収めてお届けします。 糸のつなぎ目 綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差が生じます。 手仕事の特性 ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。

冠婚葬祭 -> ふくさ

半襟 日本製 半衿 パールトーン加工 シルク100% 京都丹後産正絹塩瀬 男性 女性【メール便可】

日本の伝統色 男性女性ともにつかえるユニセックス。着物の種類を問わない定番の塩瀬半襟。絽や紗など夏の着物以外なら季節も問いません。日本の絹を京都丹後の織元が織り上げた半衿は、しなやかな柔軟性で美しい凛とした衿に仕上がります。はっ水・防カビ加工のパールトーン加工済み。 この商品は1点に限りメール便でお届けできます。ご注文時の配送方法にメール便を指定してください。宅急便もご利用いただけます。宅急便の場合は同梱枚数に制限はありません。 ■全国一律料金 378円(消費税8%込) ■宅急便同様のお届け日数でポストに投函されます。※一部地域はお届け予定日にお届けできない場合がございます。 ■代金引換決済・配達日時指定・ラッピングはご利用頂けません。 ■投函完了後の紛失・盗難等の補償はございません。 ■配送事故(荷物の紛失・破損)に対する引受限度額は3,000円(税込)となります。 メール便ご利用上のご注意 ■この商品は「1点のみ」同梱可能です。■配送希望日時を指定されても商品ページ記載の発送予定日通りの発送となります。■同梱可能な点数を超えた場合は、宅配便の配送となります。当店にて宅配便の送料に変更後、宅配便にて発送させていただきます。 京都丹後産 正絹塩瀬半襟 仕様 色| 2薄香色(赤みの肌色) 3鳥の子色(黄みの肌色) 4若芽色(薄黄緑色) 5雫色(薄水色) 6薄藤鼠(紫みの薄鼠) 7深山納戸(濃い青) 8東納戸(紺色) 9朧鼠(濃い鼠) 10空色鼠(青鼠) 11八雲鼠(薄茶鼠) 12御召茶(金茶) 13信楽利休(茶) 14高貴茶(焦げ茶) 素材|シルク100% 日本の絹 京都丹後産正絹塩瀬半襟二巾400匁 寸法|約15×100-110cm ※個体差があります。 加工|パールトーン加工(はっ水効果/防カビ効果) 着用期間目安|1-5,9-12月 6,7,8月の夏着物時期でも袷の着物なら半襟も着物に合わせます。 包装|たとう紙 生産国|日本製 京都産 ご理解の上お買い求めください 製織時期によって色質感、寸法に個体差が生じます。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 畳み皺|半衿の加工保管上、たたみシワが生じます。襟付け前に軽くアイロンを掛けて整えてください。スチームも使えますが高温にならないよう注意して絹温度以下で当て布をしてください。 パールトーン加工|水をはじく撥水効果で絹の繊維1本1本の深部にまでパールトーンを浸透させていますので防水加工とはことなり、絹の風合いや光沢をそこなわず通気性があり、水でのお手入れも可能でカビ防止効果もあります。 半襟とは 半襟は長襦袢の襟につけることで着物の襟汚れを防ぎ、着物の印象を左右する重要な役割もあります。 第一礼装の半襟は白が基本ですが、男の着物、準礼装は紺や鼠、お茶席では紺や鼠など渋めの色が好まれます。ふだん着物は濃いめ色半襟で全体を引き締める、明るめの色半襟で若々しさを表現するなど、着物や帯の色にあわせて自由に遊べるのも半襟の魅力です。※半襟サイズは男女共通です。 白半衿 訳あり白半衿日本の伝統色 京都丹後産 正絹塩瀬半襟 男性女性ともにつかえるユニセックス。着物の種類を問わない定番の塩瀬半襟。絽や紗など夏の着物以外なら季節も問いません。日本の絹を京都丹後の織元が織り上げた半衿は、しなやかな柔軟性で美しい凛とした衿に仕上がります。はっ水・防カビ加工のパールトーン加工済み。 凛とした衿 日本の絹を京都丹後の織元が織り上げた半衿。しなやかな柔軟性で美しい凛とした衿に仕上がります。 パールトーン 水をはじく撥水効果で絹の繊維1本1本の深部にまでパールトーンを浸透させていますので防水加工とはことなり、絹の風合いや光沢をそこなわず通気性があり、水でのお手入れも可能でカビ防止効果もあります。 日本の包む形 オリジナルたとう紙にお包みしています。贈る人も贈られる人もうれしい日本の包む形でお届けします。 薄香色 鳥の子色 若芽色 雫色 薄藤鼠 深山納戸 東納戸 朧鼠 空色鼠 八雲鼠 御召茶 信楽利休 高貴茶

和装小物 -> 半衿

懐紙入れ ふくさばさみ 茶道具袋 数珠袋 日本製 西陣織 綴 シルク100% 男性 女性 M

店長からひとこと 大判の懐紙もおさまり、女性はもちろんのこと男性も使いやすい定番の大きさ。贈り物としてもちょうどよい大きさです。男性女性の茶道お稽古道具入れとしての他、御朱印帳入れ、金封ふくさ、数珠袋としてもお使いいただけます。 西陣織 綴 ふくろもの 仕様 用途|懐紙入れ ふくさばさみ他 男性 女性 ※懐紙・扇子・袱紗など茶道お稽古道具がおさまります。※御朱印帳が1冊おさまる厚みがあります。※一般的な大きさの金封と数珠がおさまります。 古代紫(赤みの濃い紫)|絹100% 黒|絹100% 金砂子(絹糸×金平糸)|絹100% 金属糸風繊維使用 銀砂子(絹糸×銀平糸)|絹100% 金属糸風繊維使用 ※染織時期により個体差があります。 寸法|約13×20.5×1.3cm ※手作りのため個体差があります。 仕立て|手縫い 包装|桐箱 生産国|日本製 京都産 生産者|西陣爪掻本綴織 今井つづれ 西陣織工業組合登録番号2496番 ご理解の上お買い求めください 糸のつなぎ目|綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差があります。糸のつなぎ目の長さは長年の使用に耐えられるよう商品に応じた長さで残しています。特性をご理解の上お買い求めください。 金銀砂子糸の素材感|金銀砂子糸は絹糸に極細金銀の平糸を撚り合わせた絹糸で、砂をまぶしたような艶感が特徴です。 手仕事の特性|ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 西陣織 綴 ふくろもの カテゴリ 懐紙入れ ふくさばさみ 懐紙入れ ふくさばさみ・SM (女性 男性) 懐紙入れ ふくさばさみ・M 定番(女性 男性) 懐紙入れ ふくさばさみ・L 大きめ(女性 男性) 懐紙入れ 懐紙入れ・S (女性) 懐紙入れ・M 定番(女性 男性) 懐紙入れ・L 大きめ(女性 男性)最古の歴史そのままの伝統的技法で織り上げました。 本つづれ織 京都 西陣 爪掻本綴織 今井つづれ 最古の歴史そのままに 西織で最も歴史があり格の高さを誇る綴織(つづれ織り)。機械化により量産されるジャガード織機の綴織とは異なり、今井つづれは人の手でひと越ひと越ミリ単位に織り進む、古来より代々受け継がれてきた最古の歴史そのままの伝統的技法の本綴織です。西陣爪掻本綴織(にしじんつめかきほんつづれおり)は12種類ある西陣織のひとつ「綴」に分類され西陣織工業組合の登録商標です。 爪掻き 爪掻き(つめかき)とはノコギリの歯のようにギザギザに刻んだ爪で、糸を1本1本掻き寄せて織る本つづれ織伝統の技です。それは織師の高い技術と経験を要し「日に寸、五日に寸、十日に寸」と例えられるほど製作日数がかかるため、生産数も極わずかです。 一越一越 本つづれ織りは絹糸を1本また1本と手足をつかって織り進みます。織るのに時間がかかるため量産はできませんが、ひとつひとつに個性のあるひとつだけのものが生まれます。 絹の重み 一般的な絹織物よりも何倍も太い絹糸を用いた厚手の絹織物で、タテ糸よりもさらに太いヨコ糸でタテ糸を包み込むように織るため表裏ともにタテ糸は見えず、絹の重みを感じる重厚な風合いに織り上がります。 今井つづれがつくる本つづれ織のふくろもの。昔ながらの機で絹糸を丁寧に織り込んでいるので、しっくりと手に馴染む風合いです。 大判の懐紙もおさまる 女性はもちろんのこと男性にも使いやすい定番の大きさ。 イメージ画像は実際の商品とは異なります。 大判の懐紙も楽々 女性もゆったりつかえる コンパクトにまとまる 懐紙・扇子5寸がゆったり 大判懐紙・扇子6寸もすっきり 大判懐紙・扇子6.5寸もおさまる 素材を生かした風合い ふたうらポケット 手縫いのマチ スッキリまとまる 大判懐紙もゆったり 定番の大きさ 御朱印帳袋として 金封ふくさ・数珠袋として 通帳入れとしても 桐箱入り 糸のつなぎ目 手仕事の特性

日用品雑貨・文房具・手芸 -> その他

ふくさ 袱紗 結婚式 お祝い 男性 女性 日本製 西陣織 綴 シルク 金 無地 M

店長からひとこと 上品な輝きがお祝いに相応しい華やかさをそえる定番です。飽きが来ず長くつかえるシンプルデザイン。名入れができる[名入れ専用]商品は→こちら 金封ふくさ ( ふくさ 袱紗 はさみ袱紗 ) 仕様 用途|慶事 男性 女性 一般的な金封 一般的な金封 約18.5×10.5cm対応 色|金砂子(絹糸×金平糸) ※金銀糸の色質感は画像再現が特に難しく実物と差が生じます。染織時期により個体差があります。 素材|シルク100% 金属糸風繊維使用 寸法|約20.5×12cm(M) ※手作りのため個体差があります。 仕立て|手縫い 包装|桐箱 生産国|日本製 京都産 生産者|西陣爪掻本綴織 今井つづれ 西陣織工業組合登録番号2496番 オプション|名入れ(注文ページへ) ご理解の上お買い求めください 糸のつなぎ目|綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数・長短は個体差があります。特性をご理解の上お買い求めください。 手仕事の特性|ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 Mサイズ|スーツの内ポケットサイズによってはおさまらない場合があります。 金銀砂子糸|金銀砂子糸は絹糸に極細金銀の平糸を撚り合わせた絹糸で、砂をまぶしたような艶感が特徴です。金銀糸の色質感は画像再現が特に難しく実物と差が生じます。 金封ふくさとは 金封を裸で持参することは礼を失することになりますので、ふくさを用いて礼を表します。金封をはさむ形のふくさを金封ふくさといい、慶事は右開き弔事は左開きの慣習があります。 慶事には華やかな金や赤・朱・臙脂など赤系の他、紫、男性は紺などの青系も使えます。弔事には黒・灰・紺・紫などの地味な色を使います。格の高い色である紫は、男女ともに慶弔両用に使える便利な色です。 地域の慣習などにより異なりますが、一般的な金封をお渡しされる場合は定番(M)の金封ふくさが使えます。スーツの内ポケットにも収まりが良い大きさです。一方、水引飾りの大きな金封、誂えの金封などを使用される場合は、大きめ(L)の金封ふくさをおすすめします。さらに大きい金封には特大(LL)の金封ふくさもご用意しています。金封ふくさでお渡しできる最大の金封まで使えます。 金封ふくさカテゴリ 慶弔両用 M L LL 慶事用 M L LL 弔事用 M L持つ人の品格を上げる袱紗 最古の歴史そのままの伝統的技法で織る本綴織は、先様に礼を表するに相応しい格の高さを誇ります。 本つづれ織 京都 西陣 爪掻本綴織 今井つづれ 最古の歴史そのままに 西織で最も歴史があり格の高さを誇る綴織(つづれ織り)。機械化により量産されるジャガード織機の綴織とは異なり、今井つづれは人の手でひと越ひと越ミリ単位に織り進む、古来より代々受け継がれてきた最古の歴史そのままの伝統的技法の本綴織です。西陣爪掻本綴織(にしじんつめかきほんつづれおり)は12種類ある西陣織のひとつ「綴」に分類され、西陣織工業組合の登録商標です。 爪掻き 爪掻き(つめかき)とはノコギリの歯のようにギザギザに刻んだ爪で、糸を1本1本掻き寄せて織る本つづれ織伝統の技です。それは織師の高い技術と経験を要し、「日に寸、五日に寸、十日に寸」と例えられるほど製作日数がかかるため、生産数も極わずかです。 一越一越 本つづれ織りは絹糸を1本また1本と手足をつかって織り進みます。織るのに時間がかかるため量産はできませんが、ひとつひとつに個性のあるひとつだけのものが生まれます。 絹の重み 一般的な絹織物よりも何倍も太い絹糸を用いた厚手の絹織物で、タテ糸よりもさらに太いヨコ糸でタテ糸を包み込むように織るため表裏ともにタテ糸は見えず、絹の重みを感じる重厚な風合いに織り上がります。 今井つづれがつくる本つづれ織の金封ふくさ。昔ながらの機で絹糸を丁寧に織り込んでいるので、しっくりと手に馴染む風合いです。 慶事用 一般的な金封につかえてスーツの内ポケットにもおさまりの良い大きさ。 イメージ画像は実際の商品とは異なります。 大きさの利便性 一般的な大きさの金封につかえる利便性に優れた大きさ。男性女性とわず使えます。 一般的な大きさに 利用頻度の高い一般的な大きさの金封にあわせたコンパクトなスタンダード。 スーツの内ポケットに スーツの内ポケット、フォーマルバックにも収まりのよい大きさ。※スーツの内ポケットサイズによっては収まらない場合があります。 スマートにふるまう サッと取り出してスマートにつかえます。 出し入れ楽々 金封を出し入れしやすく水引飾りの引っかかりも防ぐ差込口、ふた裏はポケット仕立て。 金銀砂子糸の素材感 金銀砂子糸は絹糸に極細金銀の平糸を撚り合わせた絹糸で、砂をまぶしたような艶感が特徴です。 桐箱入り 贈り物としてもお喜びいただける日本の包む形。長く大切にお使いいただきたいという思いから、保管に適した桐の箱に収めてお届けします。 糸のつなぎ目 綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差が生じます。 手仕事の特性 ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。

冠婚葬祭 -> ふくさ

大きい ふくさ 袱紗 慶弔両用 紫 男性 女性 結婚式 葬式 両用 日本製 西陣爪掻本綴織 シルク100% 大 L

店長からひとこと 文様が地糸と同色系の場合、わかりにくいかも知れませんが、少し平面から浮き出る感じに、よりあわせた糸を爪掻きの技で織り込んでいます。ひとつひとつ手仕事で織り上げているので完全に同じ文様はふたつとありません。地色の紫は古代紫といわれる赤みの濃い紫。 金封さしこみ口は、慶事の右開き弔事の左開きのどちらでも形が変わらないストレート仕様です。 大判 金封ふくさ ( ふくさ 袱紗 はさみ袱紗 ) 仕様 用途|慶弔両用 男性 女性 大きい金封 大きい金封 約21×13cm対応 色|赤みの濃い紫 ※染織時期により個体差があります。 素材|シルク100% 寸法|約22.5×14.5cm(L) ※手作りのため個体差があります。 仕立て|手縫い 包装|桐箱 生産国|日本製 京都産 生産者|西陣爪掻本綴織 今井つづれ 西陣織工業組合登録番号2496番 オプション|名入れ(注文ページへ) ご理解の上お買い求めください 糸のつなぎ目|綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数・長短は個体差があります。特性をご理解の上お買い求めください。 手仕事の特性|ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 金封ふくさとは 金封を裸で持参することは礼を失することになりますので、ふくさを用いて礼を表します。金封をはさむ形のふくさを金封ふくさといい、慶事は右開き弔事は左開きの慣習があります。 慶事には華やかな金や赤・朱・臙脂など赤系の他、紫、男性は紺などの青系も使えます。弔事には黒・灰・紺・紫などの地味な色を使います。格の高い色である紫は、男女ともに慶弔両用に使える便利な色です。 地域の慣習などにより異なりますが、一般的な金封をお渡しされる場合は定番(M)の金封ふくさが使えます。スーツの内ポケットにも収まりが良い大きさです。一方、水引飾りの大きな金封、誂えの金封などを使用される場合は、大きめ(L)の金封ふくさをおすすめします。さらに大きい金封には特大(LL)の金封ふくさもご用意しています。金封ふくさでお渡しできる最大の金封まで使えます。 金封ふくさカテゴリ 慶弔両用 M L LL 慶事用 M L LL 弔事用 M L大きい金封に役立つ大きさ 最古の歴史そのままの伝統的技法で織る本綴織は、先様に礼を表するに相応しい格の高さを誇ります。 本つづれ織 京都 西陣 爪掻本綴織 今井つづれ 最古の歴史そのままに 西織で最も歴史があり格の高さを誇る綴織(つづれ織り)。機械化により量産されるジャガード織機の綴織とは異なり、今井つづれは人の手でひと越ひと越ミリ単位に織り進む、古来より代々受け継がれてきた最古の歴史そのままの伝統的技法の本綴織です。西陣爪掻本綴織(にしじんつめかきほんつづれおり)は12種類ある西陣織のひとつ「綴」に分類され、西陣織工業組合の登録商標です。 爪掻き 爪掻き(つめかき)とはノコギリの歯のようにギザギザに刻んだ爪で、糸を1本1本掻き寄せて織る本つづれ織伝統の技です。それは織師の高い技術と経験を要し、「日に寸、五日に寸、十日に寸」と例えられるほど製作日数がかかるため、生産数も極わずかです。 一越一越 本つづれ織りは絹糸を1本また1本と手足をつかって織り進みます。織るのに時間がかかるため量産はできませんが、ひとつひとつに個性のあるひとつだけのものが生まれます。 絹の重み 一般的な絹織物よりも何倍も太い絹糸を用いた厚手の絹織物で、タテ糸よりもさらに太いヨコ糸でタテ糸を包み込むように織るため表裏ともにタテ糸は見えず、絹の重みを感じる重厚な風合いに織り上がります。 今井つづれがつくる本つづれ織の金封ふくさ。昔ながらの機で絹糸を丁寧に織り込んでいるので、しっくりと手に馴染む風合いです。 大きい金封に役立つ大きさ。 慶弔両用 イメージ画像は実際の商品とは異なります。 大きい金封に 一般的な金封よりも「大きい金封」が収まる大きさ。※大きい金封約21×13cm対応 役に立つ大きさ 結婚祝いなど大きな金封に重宝します。一般的な大きさの金封ふくさでは収まらない大きめの金封が包めます。 色の利便性 古代紫は慶事弔事の両用につかえるため、ひとつお持ちになるといざという時にお役にたちます。一番人気の色です。 大きくてもスマートに スーツの内ポケットに収まる大きさではありませんが、サッと取り出してスマートにふるまえる使いやすさは変わりません。 出し入れ楽々 金封を出し入れしやすく水引飾りの引っかかりも防ぐ差込口、誰でも使いやすい形。ふた裏は案内状などが入るポケット仕立て。 L 大きめの金封 (約21×13cm)がおさまります。 桐箱入り 贈り物としてもお喜びいただける日本の包む形。長く大切にお使いいただきたいという思いから、保管に適した桐の箱に収めてお届けします。 糸のつなぎ目 綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差が生じます。 手仕事の特性 ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。

冠婚葬祭 -> ふくさ

ふくさ 袱紗 慶弔両用 紫 男性 女性 結婚式 葬式 両用 日本製 西陣爪掻本綴織 シルク100% M

店長からひとこと 文様が地糸と同色系の場合、わかりにくいかも知れませんが、少し平面から浮き出る感じに、よりあわせた糸を爪掻きの技で織り込んでいます。 地色の紫は古代紫といわれる赤みの濃い紫です。 金封さしこみ口は、慶事の右開き弔事の左開きのどちらでも形が変わらないストレート仕様です。 金封ふくさ ( ふくさ 袱紗 はさみ袱紗 ) 仕様 用途|慶弔両用(慶事 弔事)男性 女性 一般的な金封 一般的な金封 約18.5×10.5cm対応 色|赤みの濃い紫 ※染織時期により個体差があります。 素材|シルク100% 寸法|約20.5×12cm(M) ※手作りのため個体差があります。 仕立て|手縫い 包装|桐箱 生産国|日本製 京都産 生産者|西陣爪掻本綴織 今井つづれ 西陣織工業組合登録番号2496番 オプション|名入れ(注文ページへ) ご理解の上お買い求めください 糸のつなぎ目|綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差があります。糸のつなぎ目の長さは長年の使用に耐えられるよう商品に応じた長さで残しています。特性をご理解の上お買い求めください。 手仕事の特性|ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 Mサイズ|スーツの内ポケットサイズによってはおさまらない場合があります。 金封ふくさとは 金封を裸で持参することは礼を失することになりますので、ふくさを用いて礼を表します。金封をはさむ形のふくさを金封ふくさといい、慶事は右開き弔事は左開きの慣習があります。 慶事には華やかな金や赤・朱・臙脂など赤系の他、紫、男性は紺などの青系も使えます。弔事には黒・灰・紺・紫などの地味な色を使います。格の高い色である紫は、男女ともに慶弔両用に使える便利な色です。 地域の慣習などにより異なりますが、一般的な金封をお渡しされる場合は定番(M)の金封ふくさが使えます。スーツの内ポケットにも収まりが良い大きさです。一方、水引飾りの大きな金封、誂えの金封などを使用される場合は、大きめ(L)の金封ふくさをおすすめします。さらに大きい金封には特大(LL)の金封ふくさもご用意しています。金封ふくさでお渡しできる最大の金封まで使えます。 金封ふくさカテゴリ 慶弔両用 M L LL 慶事用 M L LL 弔事用 M L持つ人の品格を上げる袱紗 最古の歴史そのままの伝統的技法で織る本綴織は、先様に礼を表するに相応しい格の高さを誇ります。 本つづれ織 京都 西陣 爪掻本綴織 今井つづれ 最古の歴史そのままに 西織で最も歴史があり格の高さを誇る綴織(つづれ織り)。機械化により量産されるジャガード織機の綴織とは異なり、今井つづれは人の手でひと越ひと越ミリ単位に織り進む、古来より代々受け継がれてきた最古の歴史そのままの伝統的技法の本綴織です。西陣爪掻本綴織(にしじんつめかきほんつづれおり)は12種類ある西陣織のひとつ「綴」に分類され、西陣織工業組合の登録商標です。 爪掻き 爪掻き(つめかき)とはノコギリの歯のようにギザギザに刻んだ爪で、糸を1本1本掻き寄せて織る本つづれ織伝統の技です。それは織師の高い技術と経験を要し、「日に寸、五日に寸、十日に寸」と例えられるほど製作日数がかかるため、生産数も極わずかです。 一越一越 本つづれ織りは絹糸を1本また1本と手足をつかって織り進みます。織るのに時間がかかるため量産はできませんが、ひとつひとつに個性のあるひとつだけのものが生まれます。 絹の重み 一般的な絹織物よりも何倍も太い絹糸を用いた厚手の絹織物で、タテ糸よりもさらに太いヨコ糸でタテ糸を包み込むように織るため表裏ともにタテ糸は見えず、絹の重みを感じる重厚な風合いに織り上がります。 今井つづれがつくる本つづれ織の金封ふくさ。昔ながらの機で絹糸を丁寧に織り込んでいるので、しっくりと手に馴染む風合いです。 慶弔両用 一般的な金封につかえてスーツの内ポケットにもおさまりの良い大きさ。 イメージ画像は実際の商品とは異なります。 大きさの利便性 一般的な大きさの金封につかえる利便性に優れた大きさ。男性女性とわず使えます。 色の利便性 古代紫は慶事弔事の両用につかえるため、ひとつお持ちになるといざという時にお役にたちます。一番人気の色です。 スーツの内ポケットに スーツの内ポケット、フォーマルバックにも収まりのよい大きさ。※スーツの内ポケットサイズによっては収まらない場合があります。 スマートにふるまう サッと取り出してスマートにつかえます。 出し入れ楽々 金封を出し入れしやすく水引飾りの引っかかりも防ぐ差込口、ふた裏はポケット仕立て。 ふたうらポケット 案内状が入る大きさです。閉じたときの安定感も考慮しました。 桐箱入り 贈り物としてもお喜びいただける日本の包む形。長く大切にお使いいただきたいという思いから、保管に適した桐の箱に収めてお届けします。 糸のつなぎ目 綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差が生じます。 手仕事の特性 ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。

冠婚葬祭 -> ふくさ

半襟 シルク100% 手刺繍 半衿 パールトーン加工済 塩瀬 白 矢羽根

女性たちの心を魅了する半衿へのこだわりから生まれた言葉『襟百貫』。半襟の小さな面積には、大きな魅力がいっぱい詰まった小さな世界が広がっています。お話しするときも挨拶するときも、お顔に近い半襟はもっとも印象に残ります。晴れの日の着物に華をそえる半衿、気負うことなくおしゃれを楽しむ半衿、着物に添えるだけで印象を変えるのも半襟の大きな魅力のひとつです。ひとつひとつ、ひと針ひと針、絹のやさしさに手仕事の温かみをそえたオンリーワンの価値、ふっくらぽってり正絹手刺繍半襟の小さな世界の大きな魅力をどうぞ感じてみてください。半襟から始まる貴方だけの新たな着物スタイルが生まれます。 水をはじく撥水効果で絹の繊維1本1本の深部にまでパールトーンを浸透させていますので防水加工とはことなり、絹の風合いや光沢をそこなわず通気性があり、水でのお手入れも可能でカビ防止効果もあります。 肌なじみの良い白、絹の自然な白にこだわり蛍光漂白していません。蚕の繭のようなやわらかさのある自然な白は白浮きしない肌なじみの良い白です。着物合わせしやすく、蛍光の白のように肌がくすみません。※蛍光漂白の白になれている場合は黄みを感じられかもしれません。絹の黄変を遅らせる黄変防止加工済み。 オリジナルたとう紙にお包みしています。贈る人も贈られる人もうれしい日本の包む形でお届けします。 手刺繍半襟 仕様 色|白(蛍光漂白していません) 素材|シルク100%(京都丹後産正絹塩瀬半襟400匁) 寸法|約15×100cm ※個体差があります。 加工|パールトーン加工(はっ水効果/防カビ効果) 加工|黄変防止加工(絹の変色防止) 包装|たとう紙 生産国|日本製 京都産 ご理解の上お買い求めください 手仕事で製作しているため歪みや斑、色柄寸法の個体差が生じます。手仕事の特性をご理解の上お買い求めください。 お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材ですので実物と印象が異なる場合がございます。 半襟を保管している事によってできるシワ(たたみじわ)があります。シワは襟付け前に軽くアイロンを掛けて整えてください。スチームも使えますが高温にならないよう注意して絹温度以下で当て布をしてください。 手刺繍半衿 白半衿

和装小物 -> 半衿

ふくさ 袱紗 慶弔両用 紫 男性 女性 結婚式 葬式 両用 日本製 西陣爪掻本綴織 シルク100% M

店長からひとこと 文様が地糸と同色系の場合、わかりにくいかも知れませんが、少し平面から浮き出る感じに、よりあわせた糸を爪掻きの技で織り込んでいます。 地色の紫は古代紫といわれる赤みの濃い紫です。 金封さしこみ口は、慶事の右開き弔事の左開きのどちらでも形が変わらないストレート仕様です。 金封ふくさ ( ふくさ 袱紗 はさみ袱紗 ) 仕様 用途|慶弔両用(慶事 弔事)男性 女性 一般的な金封 一般的な金封 約18.5×10.5cm対応 色|赤みの濃い紫 ※染織時期により個体差があります。 素材|シルク100% 寸法|約20.5×12cm(M) ※手作りのため個体差があります。 仕立て|手縫い 包装|桐箱 生産国|日本製 京都産 生産者|西陣爪掻本綴織 今井つづれ 西陣織工業組合登録番号2496番 オプション|名入れ(注文ページへ) ご理解の上お買い求めください 糸のつなぎ目|綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差があります。糸のつなぎ目の長さは長年の使用に耐えられるよう商品に応じた長さで残しています。特性をご理解の上お買い求めください。 手仕事の特性|ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 Mサイズ|スーツの内ポケットサイズによってはおさまらない場合があります。 金封ふくさとは 金封を裸で持参することは礼を失することになりますので、ふくさを用いて礼を表します。金封をはさむ形のふくさを金封ふくさといい、慶事は右開き弔事は左開きの慣習があります。 慶事には華やかな金や赤・朱・臙脂など赤系の他、紫、男性は紺などの青系も使えます。弔事には黒・灰・紺・紫などの地味な色を使います。格の高い色である紫は、男女ともに慶弔両用に使える便利な色です。 地域の慣習などにより異なりますが、一般的な金封をお渡しされる場合は定番(M)の金封ふくさが使えます。スーツの内ポケットにも収まりが良い大きさです。一方、水引飾りの大きな金封、誂えの金封などを使用される場合は、大きめ(L)の金封ふくさをおすすめします。さらに大きい金封には特大(LL)の金封ふくさもご用意しています。金封ふくさでお渡しできる最大の金封まで使えます。 金封ふくさカテゴリ 慶弔両用 M L LL 慶事用 M L LL 弔事用 M L持つ人の品格を上げる袱紗 最古の歴史そのままの伝統的技法で織る本綴織は、先様に礼を表するに相応しい格の高さを誇ります。 本つづれ織 京都 西陣 爪掻本綴織 今井つづれ 最古の歴史そのままに 西織で最も歴史があり格の高さを誇る綴織(つづれ織り)。機械化により量産されるジャガード織機の綴織とは異なり、今井つづれは人の手でひと越ひと越ミリ単位に織り進む、古来より代々受け継がれてきた最古の歴史そのままの伝統的技法の本綴織です。西陣爪掻本綴織(にしじんつめかきほんつづれおり)は12種類ある西陣織のひとつ「綴」に分類され、西陣織工業組合の登録商標です。 爪掻き 爪掻き(つめかき)とはノコギリの歯のようにギザギザに刻んだ爪で、糸を1本1本掻き寄せて織る本つづれ織伝統の技です。それは織師の高い技術と経験を要し、「日に寸、五日に寸、十日に寸」と例えられるほど製作日数がかかるため、生産数も極わずかです。 一越一越 本つづれ織りは絹糸を1本また1本と手足をつかって織り進みます。織るのに時間がかかるため量産はできませんが、ひとつひとつに個性のあるひとつだけのものが生まれます。 絹の重み 一般的な絹織物よりも何倍も太い絹糸を用いた厚手の絹織物で、タテ糸よりもさらに太いヨコ糸でタテ糸を包み込むように織るため表裏ともにタテ糸は見えず、絹の重みを感じる重厚な風合いに織り上がります。 今井つづれがつくる本つづれ織の金封ふくさ。昔ながらの機で絹糸を丁寧に織り込んでいるので、しっくりと手に馴染む風合いです。 慶弔両用 一般的な金封につかえてスーツの内ポケットにもおさまりの良い大きさ。 イメージ画像は実際の商品とは異なります。 大きさの利便性 一般的な大きさの金封につかえる利便性に優れた大きさ。男性女性とわず使えます。 色の利便性 古代紫は慶事弔事の両用につかえるため、ひとつお持ちになるといざという時にお役にたちます。一番人気の色です。 スーツの内ポケットに スーツの内ポケット、フォーマルバックにも収まりのよい大きさ。※スーツの内ポケットサイズによっては収まらない場合があります。 スマートにふるまう サッと取り出してスマートにつかえます。 出し入れ楽々 金封を出し入れしやすく水引飾りの引っかかりも防ぐ差込口、ふた裏はポケット仕立て。 ふたうらポケット 案内状が入る大きさです。閉じたときの安定感も考慮しました。 桐箱入り 贈り物としてもお喜びいただける日本の包む形。長く大切にお使いいただきたいという思いから、保管に適した桐の箱に収めてお届けします。 糸のつなぎ目 綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差が生じます。 手仕事の特性 ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。

冠婚葬祭 -> ふくさ

半襟 シルク100% 手刺繍 半衿 パールトーン加工済 塩瀬 白 紙風船

女性たちの心を魅了する半衿へのこだわりから生まれた言葉『襟百貫』。半襟の小さな面積には、大きな魅力がいっぱい詰まった小さな世界が広がっています。お話しするときも挨拶するときも、お顔に近い半襟はもっとも印象に残ります。晴れの日の着物に華をそえる半衿、気負うことなくおしゃれを楽しむ半衿、着物に添えるだけで印象を変えるのも半襟の大きな魅力のひとつです。ひとつひとつ、ひと針ひと針、絹のやさしさに手仕事の温かみをそえたオンリーワンの価値、ふっくらぽってり正絹手刺繍半襟の小さな世界の大きな魅力をどうぞ感じてみてください。半襟から始まる貴方だけの新たな着物スタイルが生まれます。 水をはじく撥水効果で絹の繊維1本1本の深部にまでパールトーンを浸透させていますので防水加工とはことなり、絹の風合いや光沢をそこなわず通気性があり、水でのお手入れも可能でカビ防止効果もあります。 肌なじみの良い白、絹の自然な白にこだわり蛍光漂白していません。蚕の繭のようなやわらかさのある自然な白は白浮きしない肌なじみの良い白です。着物合わせしやすく、蛍光の白のように肌がくすみません。※蛍光漂白の白になれている場合は黄みを感じられかもしれません。絹の黄変を遅らせる黄変防止加工済み。 オリジナルたとう紙にお包みしています。贈る人も贈られる人もうれしい日本の包む形でお届けします。 手刺繍半襟 仕様 色|白(蛍光漂白していません) 素材|シルク100%(京都丹後産正絹塩瀬半襟400匁) 寸法|約15×100cm ※個体差があります。 加工|パールトーン加工(はっ水効果/防カビ効果) 加工|黄変防止加工(絹の変色防止) 包装|たとう紙 生産国|日本製 京都産 ご理解の上お買い求めください 手仕事で製作しているため歪みや斑、色柄寸法の個体差が生じます。手仕事の特性をご理解の上お買い求めください。 お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材ですので実物と印象が異なる場合がございます。 半襟を保管している事によってできるシワ(たたみじわ)があります。シワは襟付け前に軽くアイロンを掛けて整えてください。スチームも使えますが高温にならないよう注意して絹温度以下で当て布をしてください。 手刺繍半衿 白半衿

和装小物 -> 半衿

手刺繍 半襟 パールトーン加工済 シルク100% 塩瀬 手刺繍 半衿 白 四季折々(刺繍糸 白×金)

手刺繍半襟シルク100% 色|白(蛍光漂白していません) 素材|シルク100%(京都丹後産正絹塩瀬半襟400匁) 寸法|約15×100cm ※個体差があります。 加工|パールトーン加工(はっ水効果/防カビ効果) 包装|たとう紙 生産国|日本製 京都産 女性たちの心を魅了する半衿へのこだわりから生まれた言葉『襟百貫』時を経てもなお私たちを魅了し続ける半襟の小さな面積には、大きな魅力がいっぱい詰まった小さな世界が広がっています。お話しするときも挨拶するときも、お顔に近い半襟はもっとも印象に残ります。晴れの日の着物に華をそえる、気負うことなくおしゃれを楽しむ半襟、着物に添えるだけで印象を変えるのも半襟の大きな魅力のひとつです。ひとつひとつ、ひと針ひと針、絹のやさしさに手仕事の温かみをそえたオンリーワンの価値、ふっくらぽってり正絹手刺繍半襟の小さな世界の大きな魅力をどうぞ感じてみてください。半襟から始まる貴方だけの新たな着物スタイルが生まれます。 水をはじく撥水効果で絹の繊維1本1本の深部にまでパールトーンを浸透させていますので防水加工とはことなり、絹の風合いや光沢をそこなわず通気性があり、水でのお手入れも可能でカビ防止効果もあります。 肌なじみの良い白、絹の自然な白にこだわり蛍光漂白していません。蚕の繭のようなやわらかさのある自然な白は肌なじみがよく、肌色を問いません。着物合わせしやすく、蛍光の白のように肌がくすみません。※黄変防止加工済み(絹の変色防止効果)※蛍光漂白の白になれている場合は黄みを感じられかもしれません。 オリジナルたとう紙にお包みしています。贈る人も贈られる人もうれしい日本の包む形でお届けします。 ご理解の上お買い求めください 色質感、寸法に個体差が生じます。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材ですので実物と印象が異なる場合がございます。 畳み皺|半襟は二つ折りにして透明袋の空気を出来るだけ抜いた状態で畳んで保管していますので、畳んで保管している事によってできる“しわ”(たたみじわ)があります。たたみじわは襟付け前に軽くアイロンを掛けて整えてください。スチームも使えますが高温にならないよう注意して絹温度以下で当て布をしてください。 手刺繍半衿 白半衿

和装小物 -> 半衿

ふくさ 慶事 金封ふくさ 日本製 西陣爪掻本綴織 今井つづれ 男性用 女性用 シルク 金 LINE M

店長からひとこと 金糸の上品な輝きがお祝いに相応しい華やかさをそえます。完全に同じ文様はふたつとありません。 金封ふくさ ( ふくさ 袱紗 はさみ袱紗 ) 仕様 用途|慶事 男性 女性 一般的な金封 一般的な金封 約18.5×10.5cm対応 色|金砂子(絹糸×金平糸)文様:金糸 ※金銀糸の色質感は画像再現が特に難しく実物と差が生じます。染織時期により個体差があります。 素材|シルク100% 金属糸風繊維使用 寸法|約20.5×12cm(M) ※手作りのため個体差があります。 仕立て|手縫い 包装|桐箱 生産国|日本製 京都産 生産者|西陣爪掻本綴織 今井つづれ 西陣織工業組合登録番号2496番 オプション|名入れ(注文ページへ) ご理解の上お買い求めください 糸のつなぎ目|綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数・長短は個体差があります。特性をご理解の上お買い求めください。 手仕事の特性|ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 Mサイズ|スーツの内ポケットサイズによってはおさまらない場合があります。 金銀砂子糸|金銀砂子糸は絹糸に極細金銀の平糸を撚り合わせた絹糸で、砂をまぶしたような艶感が特徴です。金銀糸の色質感は画像再現が特に難しく実物と差が生じます。 金封ふくさとは 金封を裸で持参することは礼を失することになりますので、ふくさを用いて礼を表します。金封をはさむ形のふくさを金封ふくさといい、慶事は右開き弔事は左開きの慣習があります。 慶事には華やかな金や赤・朱・臙脂など赤系の他、紫、男性は紺などの青系も使えます。弔事には黒・灰・紺・紫などの地味な色を使います。格の高い色である紫は、男女ともに慶弔両用に使える便利な色です。 地域の慣習などにより異なりますが、一般的な金封をお渡しされる場合は定番(M)の金封ふくさが使えます。スーツの内ポケットにも収まりが良い大きさです。一方、水引飾りの大きな金封、誂えの金封などを使用される場合は、大きめ(L)の金封ふくさをおすすめします。さらに大きい金封には特大(LL)の金封ふくさもご用意しています。金封ふくさでお渡しできる最大の金封まで使えます。 金封ふくさカテゴリ 慶弔両用 M L LL 慶事用 M L LL 弔事用 M L持つ人の品格を上げる袱紗 最古の歴史そのままの伝統的技法で織る本綴織は、先様に礼を表するに相応しい格の高さを誇ります。 本つづれ織 京都 西陣 爪掻本綴織 今井つづれ 最古の歴史そのままに 西織で最も歴史があり格の高さを誇る綴織(つづれ織り)。機械化により量産されるジャガード織機の綴織とは異なり、今井つづれは人の手でひと越ひと越ミリ単位に織り進む、古来より代々受け継がれてきた最古の歴史そのままの伝統的技法の本綴織です。西陣爪掻本綴織(にしじんつめかきほんつづれおり)は12種類ある西陣織のひとつ「綴」に分類され、西陣織工業組合の登録商標です。 爪掻き 爪掻き(つめかき)とはノコギリの歯のようにギザギザに刻んだ爪で、糸を1本1本掻き寄せて織る本つづれ織伝統の技です。それは織師の高い技術と経験を要し、「日に寸、五日に寸、十日に寸」と例えられるほど製作日数がかかるため、生産数も極わずかです。 一越一越 本つづれ織りは絹糸を1本また1本と手足をつかって織り進みます。織るのに時間がかかるため量産はできませんが、ひとつひとつに個性のあるひとつだけのものが生まれます。 絹の重み 一般的な絹織物よりも何倍も太い絹糸を用いた厚手の絹織物で、タテ糸よりもさらに太いヨコ糸でタテ糸を包み込むように織るため表裏ともにタテ糸は見えず、絹の重みを感じる重厚な風合いに織り上がります。 今井つづれがつくる本つづれ織の金封ふくさ。昔ながらの機で絹糸を丁寧に織り込んでいるので、しっくりと手に馴染む風合いです。 慶事用 一般的な金封につかえてスーツの内ポケットにもおさまりの良い大きさ。 イメージ画像は実際の商品とは異なります。 大きさの利便性 一般的な大きさの金封につかえる利便性に優れた大きさ。男性女性とわず使えます。 一般的な大きさに 利用頻度の高い一般的な大きさの金封にあわせたコンパクトなスタンダード。 スーツの内ポケットに スーツの内ポケット、フォーマルバックにも収まりのよい大きさ。※スーツの内ポケットサイズによっては収まらない場合があります。 スマートにふるまう サッと取り出してスマートにつかえます。 出し入れ楽々 金封を出し入れしやすく水引飾りの引っかかりも防ぐ差込口、ふた裏はポケット仕立て。 金銀砂子糸の素材感 金銀砂子糸は絹糸に極細金銀の平糸を撚り合わせた絹糸で、砂をまぶしたような艶感が特徴です。 桐箱入り 贈り物としてもお喜びいただける日本の包む形。長く大切にお使いいただきたいという思いから、保管に適した桐の箱に収めてお届けします。 糸のつなぎ目 綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差が生じます。 手仕事の特性 ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。

冠婚葬祭 -> ふくさ

手刺繍 半襟 パールトーン加工済 シルク100% 塩瀬 手刺繍 半衿 鳥の子色 むすび

手刺繍半襟シルク100% 色|鳥の子色(ほんのり黄みの肌色) 素材|シルク100%(京都丹後産正絹塩瀬半襟400匁) 寸法|約15×100cm ※個体差があります。 加工|パールトーン加工(はっ水効果/防カビ効果) 包装|たとう紙 生産国|日本製 京都産 女性たちの心を魅了する半衿へのこだわりから生まれた言葉『襟百貫』時を経てもなお私たちを魅了し続ける半襟の小さな面積には、大きな魅力がいっぱい詰まった小さな世界が広がっています。お話しするときも挨拶するときも、お顔に近い半襟はもっとも印象に残ります。晴れの日の着物に華をそえる、気負うことなくおしゃれを楽しむ半襟、着物に添えるだけで印象を変えるのも半襟の大きな魅力のひとつです。ひとつひとつ、ひと針ひと針、絹のやさしさに手仕事の温かみをそえたオンリーワンの価値、ふっくらぽってり正絹手刺繍半襟の小さな世界の大きな魅力をどうぞ感じてみてください。半襟から始まる貴方だけの新たな着物スタイルが生まれます。 水をはじく撥水効果で絹の繊維1本1本の深部にまでパールトーンを浸透させていますので防水加工とはことなり、絹の風合いや光沢をそこなわず通気性があり、水でのお手入れも可能でカビ防止効果もあります。 京都丹後の織元が日本の絹100%で織り上げた正絹塩瀬半襟400匁を日本の伝統色に染めました。シルク100%のしなやかな風合いは襟付けもしやすく凛とした衿に仕上がります。 オリジナルたとう紙にお包みしています。贈る人も贈られる人もうれしい日本の包む形でお届けします。 ご理解の上お買い求めください 色質感、寸法に個体差が生じます。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材ですので実物と印象が異なる場合がございます。 畳み皺|半襟は二つ折りにして透明袋の空気を出来るだけ抜いた状態で畳んで保管していますので、畳んで保管している事によってできる“しわ”(たたみじわ)があります。たたみじわは襟付け前に軽くアイロンを掛けて整えてください。スチームも使えますが高温にならないよう注意して絹温度以下で当て布をしてください。 手刺繍半衿 白半衿

和装小物 -> 半衿

手刺繍 半襟 パールトーン加工済 シルク100% 塩瀬 手刺繍 半衿 薄香色 薔薇

手刺繍半襟シルク100% 色|薄香色(ほんのり赤みの肌色) 素材|シルク100%(京都丹後産正絹塩瀬半襟400匁) 寸法|約15×100cm ※個体差があります。 加工|パールトーン加工(はっ水効果/防カビ効果) 包装|たとう紙 生産国|日本製 京都産 女性たちの心を魅了する半衿へのこだわりから生まれた言葉『襟百貫』時を経てもなお私たちを魅了し続ける半襟の小さな面積には、大きな魅力がいっぱい詰まった小さな世界が広がっています。お話しするときも挨拶するときも、お顔に近い半襟はもっとも印象に残ります。晴れの日の着物に華をそえる、気負うことなくおしゃれを楽しむ半襟、着物に添えるだけで印象を変えるのも半襟の大きな魅力のひとつです。ひとつひとつ、ひと針ひと針、絹のやさしさに手仕事の温かみをそえたオンリーワンの価値、ふっくらぽってり正絹手刺繍半襟の小さな世界の大きな魅力をどうぞ感じてみてください。半襟から始まる貴方だけの新たな着物スタイルが生まれます。 水をはじく撥水効果で絹の繊維1本1本の深部にまでパールトーンを浸透させていますので防水加工とはことなり、絹の風合いや光沢をそこなわず通気性があり、水でのお手入れも可能でカビ防止効果もあります。 京都丹後の織元が日本の絹100%で織り上げた正絹塩瀬半襟400匁を日本の伝統色に染めました。シルク100%のしなやかな風合いは襟付けもしやすく凛とした衿に仕上がります。 オリジナルたとう紙にお包みしています。贈る人も贈られる人もうれしい日本の包む形でお届けします。 ご理解の上お買い求めください 色質感、寸法に個体差が生じます。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材ですので実物と印象が異なる場合がございます。 畳み皺|半襟は二つ折りにして透明袋の空気を出来るだけ抜いた状態で畳んで保管していますので、畳んで保管している事によってできる“しわ”(たたみじわ)があります。たたみじわは襟付け前に軽くアイロンを掛けて整えてください。スチームも使えますが高温にならないよう注意して絹温度以下で当て布をしてください。 手刺繍半衿 白半衿

和装小物 -> 半衿

大きい 懐紙入れ ふくさばさみ 日本製 西陣織 綴 シルク100% 男性 女性 黒×多色L

店長からひとこと 彩り豊かに織り上げた文様。完全に同じ文様はふたつとありません。大判の懐紙もゆったりの男性にもおすすめの定番より大きめサイズ。定番よりも横幅を少し広くすることで、長い扇子がより収めやすくなっています。 西陣織 綴 ふくろもの 仕様 用途|懐紙入れ ふくさばさみ他 男性 女性 ※懐紙・扇子・袱紗など茶道お稽古道具がおさまります。※御朱印帳が1冊おさまる厚みがあります。※一般的な大きさの金封と数珠がおさまります。 色|黒×多色 ※染織時期により個体差があります。 素材|絹100% 寸法|約13×22.5×1.5cm ※手作りのため個体差があります。 仕立て|手縫い 包装|桐箱 生産国|日本製 京都産 生産者|西陣爪掻本綴織 今井つづれ 西陣織工業組合登録番号2496番 ご理解の上お買い求めください 糸のつなぎ目|綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差があります。糸のつなぎ目の長さは長年の使用に耐えられるよう商品に応じた長さで残しています。特性をご理解の上お買い求めください。 金銀砂子糸の素材感|金銀砂子糸は絹糸に極細金銀の平糸を撚り合わせた絹糸で、砂をまぶしたような艶感が特徴です。 手仕事の特性|ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 西陣織 綴 ふくろもの カテゴリ 懐紙入れ ふくさばさみ 懐紙入れ ふくさばさみ・SM (女性 男性) 懐紙入れ ふくさばさみ・M 定番(女性 男性) 懐紙入れ ふくさばさみ・L 大きめ(女性 男性) 懐紙入れ 懐紙入れ・S (女性) 懐紙入れ・M 定番(女性 男性) 懐紙入れ・L 大きめ(女性 男性)最古の歴史そのままの伝統的技法で織り上げました。 本つづれ織 京都 西陣 爪掻本綴織 今井つづれ 最古の歴史そのままに 西織で最も歴史があり格の高さを誇る綴織(つづれ織り)。機械化により量産されるジャガード織機の綴織とは異なり、今井つづれは人の手でひと越ひと越ミリ単位に織り進む、古来より代々受け継がれてきた最古の歴史そのままの伝統的技法の本綴織です。西陣爪掻本綴織(にしじんつめかきほんつづれおり)は12種類ある西陣織のひとつ「綴」に分類され西陣織工業組合の登録商標です。 爪掻き 爪掻き(つめかき)とはノコギリの歯のようにギザギザに刻んだ爪で、糸を1本1本掻き寄せて織る本つづれ織伝統の技です。それは織師の高い技術と経験を要し「日に寸、五日に寸、十日に寸」と例えられるほど製作日数がかかるため、生産数も極わずかです。 一越一越 本つづれ織りは絹糸を1本また1本と手足をつかって織り進みます。織るのに時間がかかるため量産はできませんが、ひとつひとつに個性のあるひとつだけのものが生まれます。 絹の重み 一般的な絹織物よりも何倍も太い絹糸を用いた厚手の絹織物で、タテ糸よりもさらに太いヨコ糸でタテ糸を包み込むように織るため表裏ともにタテ糸は見えず、絹の重みを感じる重厚な風合いに織り上がります。 今井つづれがつくる本つづれ織のふくろもの。昔ながらの機で絹糸を丁寧に織り込んでいるので、しっくりと手に馴染む風合いです。 大判の懐紙もゆったり 定番より大きめ。男性にもおすすめの大きさ。 イメージ画像は実際の商品とは異なります。 大判の懐紙もゆったり 女性もゆったりつかえる コンパクトにまとまる 懐紙・扇子5寸がゆったり 大判懐紙・扇子6寸も楽々 大判懐紙・扇子6.5寸もスッキリ ふたうらポケット 手縫いのマチ 金封ふくさ・数珠袋としても 桐箱入り 糸のつなぎ目 手仕事の特性

日用品雑貨・文房具・手芸 -> その他

半襟 シルク100% 手刺繍 半衿 パールトーン加工済 塩瀬 白 晩秋

女性たちの心を魅了する半衿へのこだわりから生まれた言葉『襟百貫』。半襟の小さな面積には、大きな魅力がいっぱい詰まった小さな世界が広がっています。お話しするときも挨拶するときも、お顔に近い半襟はもっとも印象に残ります。晴れの日の着物に華をそえる半衿、気負うことなくおしゃれを楽しむ半衿、着物に添えるだけで印象を変えるのも半襟の大きな魅力のひとつです。ひとつひとつ、ひと針ひと針、絹のやさしさに手仕事の温かみをそえたオンリーワンの価値、ふっくらぽってり正絹手刺繍半襟の小さな世界の大きな魅力をどうぞ感じてみてください。半襟から始まる貴方だけの新たな着物スタイルが生まれます。 水をはじく撥水効果で絹の繊維1本1本の深部にまでパールトーンを浸透させていますので防水加工とはことなり、絹の風合いや光沢をそこなわず通気性があり、水でのお手入れも可能でカビ防止効果もあります。 肌なじみの良い白、絹の自然な白にこだわり蛍光漂白していません。蚕の繭のようなやわらかさのある自然な白は白浮きしない肌なじみの良い白です。着物合わせしやすく、蛍光の白のように肌がくすみません。※蛍光漂白の白になれている場合は黄みを感じられかもしれません。絹の黄変を遅らせる黄変防止加工済み。 オリジナルたとう紙にお包みしています。贈る人も贈られる人もうれしい日本の包む形でお届けします。 手刺繍半襟 仕様 色|白(蛍光漂白していません) 素材|シルク100%(京都丹後産正絹塩瀬半襟400匁) 寸法|約15×100cm ※個体差があります。 加工|パールトーン加工(はっ水効果/防カビ効果) 加工|黄変防止加工(絹の変色防止) 包装|たとう紙 生産国|日本製 京都産 ご理解の上お買い求めください 手仕事で製作しているため歪みや斑、色柄寸法の個体差が生じます。手仕事の特性をご理解の上お買い求めください。 お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材ですので実物と印象が異なる場合がございます。 半襟を保管している事によってできるシワ(たたみじわ)があります。シワは襟付け前に軽くアイロンを掛けて整えてください。スチームも使えますが高温にならないよう注意して絹温度以下で当て布をしてください。 手刺繍半衿 白半衿

和装小物 -> 半衿

大きい ふくさ 袱紗 慶弔両用 紫 男性 女性 結婚式 葬式 両用 日本製 西陣爪掻本綴織 シルク100% 大 L

店長からひとこと 文様が地糸と同色系の場合、わかりにくいかも知れませんが、少し平面から浮き出る感じに、よりあわせた糸を爪掻きの技で織り込んでいます。ひとつひとつ手仕事で織り上げているので完全に同じ文様はふたつとありません。 地色の紫は古代紫といわれる赤みの濃い紫です。 金封さしこみ口は、慶事の右開き弔事の左開きのどちらでも形が変わらないストレート仕様です。 大判 金封ふくさ ( ふくさ 袱紗 はさみ袱紗 ) 仕様 用途|慶弔両用 男性 女性 大きい金封 大きい金封 約21×13cm対応 色|赤みの濃い紫 ※染織時期により個体差があります。 素材|シルク100% 寸法|約22.5×14.5cm(L) ※手作りのため個体差があります。 仕立て|手縫い 包装|桐箱 生産国|日本製 京都産 生産者|西陣爪掻本綴織 今井つづれ 西陣織工業組合登録番号2496番 オプション|名入れ(注文ページへ) ご理解の上お買い求めください 糸のつなぎ目|綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数・長短は個体差があります。特性をご理解の上お買い求めください。 手仕事の特性|ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 金封ふくさとは 金封を裸で持参することは礼を失することになりますので、ふくさを用いて礼を表します。金封をはさむ形のふくさを金封ふくさといい、慶事は右開き弔事は左開きの慣習があります。 慶事には華やかな金や赤・朱・臙脂など赤系の他、紫、男性は紺などの青系も使えます。弔事には黒・灰・紺・紫などの地味な色を使います。格の高い色である紫は、男女ともに慶弔両用に使える便利な色です。 地域の慣習などにより異なりますが、一般的な金封をお渡しされる場合は定番(M)の金封ふくさが使えます。スーツの内ポケットにも収まりが良い大きさです。一方、水引飾りの大きな金封、誂えの金封などを使用される場合は、大きめ(L)の金封ふくさをおすすめします。さらに大きい金封には特大(LL)の金封ふくさもご用意しています。金封ふくさでお渡しできる最大の金封まで使えます。 金封ふくさカテゴリ 慶弔両用 M L LL 慶事用 M L LL 弔事用 M L大きい金封に役立つ大きさ 最古の歴史そのままの伝統的技法で織る本綴織は、先様に礼を表するに相応しい格の高さを誇ります。 本つづれ織 京都 西陣 爪掻本綴織 今井つづれ 最古の歴史そのままに 西織で最も歴史があり格の高さを誇る綴織(つづれ織り)。機械化により量産されるジャガード織機の綴織とは異なり、今井つづれは人の手でひと越ひと越ミリ単位に織り進む、古来より代々受け継がれてきた最古の歴史そのままの伝統的技法の本綴織です。西陣爪掻本綴織(にしじんつめかきほんつづれおり)は12種類ある西陣織のひとつ「綴」に分類され、西陣織工業組合の登録商標です。 爪掻き 爪掻き(つめかき)とはノコギリの歯のようにギザギザに刻んだ爪で、糸を1本1本掻き寄せて織る本つづれ織伝統の技です。それは織師の高い技術と経験を要し、「日に寸、五日に寸、十日に寸」と例えられるほど製作日数がかかるため、生産数も極わずかです。 一越一越 本つづれ織りは絹糸を1本また1本と手足をつかって織り進みます。織るのに時間がかかるため量産はできませんが、ひとつひとつに個性のあるひとつだけのものが生まれます。 絹の重み 一般的な絹織物よりも何倍も太い絹糸を用いた厚手の絹織物で、タテ糸よりもさらに太いヨコ糸でタテ糸を包み込むように織るため表裏ともにタテ糸は見えず、絹の重みを感じる重厚な風合いに織り上がります。 今井つづれがつくる本つづれ織の金封ふくさ。昔ながらの機で絹糸を丁寧に織り込んでいるので、しっくりと手に馴染む風合いです。 大きい金封に役立つ大きさ。 慶弔両用 イメージ画像は実際の商品とは異なります。 大きい金封に 一般的な金封よりも「大きい金封」が収まる大きさ。※大きい金封約21×13cm対応 役に立つ大きさ 結婚祝いなど大きな金封に重宝します。一般的な大きさの金封ふくさでは収まらない大きめの金封が包めます。 色の利便性 古代紫は慶事弔事の両用につかえるため、ひとつお持ちになるといざという時にお役にたちます。一番人気の色です。 大きくてもスマートに スーツの内ポケットに収まる大きさではありませんが、サッと取り出してスマートにふるまえる使いやすさは変わりません。 出し入れ楽々 金封を出し入れしやすく水引飾りの引っかかりも防ぐ差込口、誰でも使いやすい形。ふた裏は案内状などが入るポケット仕立て。 L 大きめの金封 (約21×13cm)がおさまります。 桐箱入り 贈り物としてもお喜びいただける日本の包む形。長く大切にお使いいただきたいという思いから、保管に適した桐の箱に収めてお届けします。 糸のつなぎ目 綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差が生じます。 手仕事の特性 ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。

冠婚葬祭 -> ふくさ

ふくさ 慶事 金封ふくさ 日本製 西陣爪掻本綴織 今井つづれ 男性用 女性用 シルク 金 束ね熨斗 M

店長からひとこと 吉祥文様の束ね熨斗を爪掻きの技で織り込んだ贅沢な金封ふくさ。男性女性ともにつかいやすい配色です。 金封ふくさ ( ふくさ 袱紗 はさみ袱紗 ) 仕様 用途|慶事 男性 女性 一般的な金封 一般的な金封 約18.5×10.5cm対応 色|金砂子(絹糸×金平糸)文様:多色 ※金銀糸の色質感は画像再現が特に難しく実物と差が生じます。染織時期により個体差があります。 素材|シルク100% 金属糸風繊維使用 寸法|約20.5×12cm(M) ※手作りのため個体差があります。 仕立て|手縫い 包装|桐箱 生産国|日本製 京都産 生産者|西陣爪掻本綴織 今井つづれ 西陣織工業組合登録番号2496番 オプション|名入れ(注文ページへ) ご理解の上お買い求めください 糸のつなぎ目|綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数・長短は個体差があります。特性をご理解の上お買い求めください。 手仕事の特性|ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 Mサイズ|スーツの内ポケットサイズによってはおさまらない場合があります。 金銀砂子糸|金銀砂子糸は絹糸に極細金銀の平糸を撚り合わせた絹糸で、砂をまぶしたような艶感が特徴です。金銀糸の色質感は画像再現が特に難しく実物と差が生じます。 金封ふくさとは 金封を裸で持参することは礼を失することになりますので、ふくさを用いて礼を表します。金封をはさむ形のふくさを金封ふくさといい、慶事は右開き弔事は左開きの慣習があります。 慶事には華やかな金や赤・朱・臙脂など赤系の他、紫、男性は紺などの青系も使えます。弔事には黒・灰・紺・紫などの地味な色を使います。格の高い色である紫は、男女ともに慶弔両用に使える便利な色です。 地域の慣習などにより異なりますが、一般的な金封をお渡しされる場合は定番(M)の金封ふくさが使えます。スーツの内ポケットにも収まりが良い大きさです。一方、水引飾りの大きな金封、誂えの金封などを使用される場合は、大きめ(L)の金封ふくさをおすすめします。さらに大きい金封には特大(LL)の金封ふくさもご用意しています。金封ふくさでお渡しできる最大の金封まで使えます。 金封ふくさカテゴリ 慶弔両用 M L LL 慶事用 M L LL 弔事用 M L持つ人の品格を上げる袱紗 最古の歴史そのままの伝統的技法で織る本綴織は、先様に礼を表するに相応しい格の高さを誇ります。 本つづれ織 京都 西陣 爪掻本綴織 今井つづれ 最古の歴史そのままに 西織で最も歴史があり格の高さを誇る綴織(つづれ織り)。機械化により量産されるジャガード織機の綴織とは異なり、今井つづれは人の手でひと越ひと越ミリ単位に織り進む、古来より代々受け継がれてきた最古の歴史そのままの伝統的技法の本綴織です。西陣爪掻本綴織(にしじんつめかきほんつづれおり)は12種類ある西陣織のひとつ「綴」に分類され、西陣織工業組合の登録商標です。 爪掻き 爪掻き(つめかき)とはノコギリの歯のようにギザギザに刻んだ爪で、糸を1本1本掻き寄せて織る本つづれ織伝統の技です。それは織師の高い技術と経験を要し、「日に寸、五日に寸、十日に寸」と例えられるほど製作日数がかかるため、生産数も極わずかです。 一越一越 本つづれ織りは絹糸を1本また1本と手足をつかって織り進みます。織るのに時間がかかるため量産はできませんが、ひとつひとつに個性のあるひとつだけのものが生まれます。 絹の重み 一般的な絹織物よりも何倍も太い絹糸を用いた厚手の絹織物で、タテ糸よりもさらに太いヨコ糸でタテ糸を包み込むように織るため表裏ともにタテ糸は見えず、絹の重みを感じる重厚な風合いに織り上がります。 今井つづれがつくる本つづれ織の金封ふくさ。昔ながらの機で絹糸を丁寧に織り込んでいるので、しっくりと手に馴染む風合いです。 慶事用 一般的な金封につかえてスーツの内ポケットにもおさまりの良い大きさ。 イメージ画像は実際の商品とは異なります。 大きさの利便性 一般的な大きさの金封につかえる利便性に優れた大きさ。男性女性とわず使えます。 一般的な大きさに 利用頻度の高い一般的な大きさの金封にあわせたコンパクトなスタンダード。 スーツの内ポケットに スーツの内ポケット、フォーマルバックにも収まりのよい大きさ。※スーツの内ポケットサイズによっては収まらない場合があります。 スマートにふるまう サッと取り出してスマートにつかえます。 出し入れ楽々 金封を出し入れしやすく水引飾りの引っかかりも防ぐ差込口、ふた裏はポケット仕立て。 金銀砂子糸の素材感 金銀砂子糸は絹糸に極細金銀の平糸を撚り合わせた絹糸で、砂をまぶしたような艶感が特徴です。 桐箱入り 贈り物としてもお喜びいただける日本の包む形。長く大切にお使いいただきたいという思いから、保管に適した桐の箱に収めてお届けします。 糸のつなぎ目 綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差が生じます。 手仕事の特性 ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。

冠婚葬祭 -> ふくさ

手刺繍 半襟 パールトーン加工済 シルク100% 塩瀬 手刺繍 半衿 訳あり 白 羽子板

   訳あり 生地全体にヤケがありますが醜いヤケではありません。黄味を感じるオフホワイトのような色味ですので、生地色をオフホワイトと思っていただければ着用に支障はありません。 着用時は手刺繍部分が目を引きますので生地部分の難はさほど気にならないと思います。 手刺繍半襟シルク100% 色|白(蛍光漂白していません) 素材|シルク100%(京都丹後産正絹塩瀬半襟400匁) 寸法|約15×100cm ※個体差があります。 加工|パールトーン加工(はっ水効果/防カビ効果) 包装|たとう紙 生産国|日本製 京都産 女性たちの心を魅了する半衿へのこだわりから生まれた言葉『襟百貫』時を経てもなお私たちを魅了し続ける半襟の小さな面積には、大きな魅力がいっぱい詰まった小さな世界が広がっています。お話しするときも挨拶するときも、お顔に近い半襟はもっとも印象に残ります。晴れの日の着物に華をそえる、気負うことなくおしゃれを楽しむ半襟、着物に添えるだけで印象を変えるのも半襟の大きな魅力のひとつです。ひとつひとつ、ひと針ひと針、絹のやさしさに手仕事の温かみをそえたオンリーワンの価値、ふっくらぽってり正絹手刺繍半襟の小さな世界の大きな魅力をどうぞ感じてみてください。半襟から始まる貴方だけの新たな着物スタイルが生まれます。 水をはじく撥水効果で絹の繊維1本1本の深部にまでパールトーンを浸透させていますので防水加工とはことなり、絹の風合いや光沢をそこなわず通気性があり、水でのお手入れも可能でカビ防止効果もあります。 肌なじみの良い白、絹の自然な白にこだわり蛍光漂白していません。蚕の繭のようなやわらかさのある自然な白は肌なじみがよく、肌色を問いません。着物合わせしやすく、蛍光の白のように肌がくすみません。※黄変防止加工済み(絹の変色防止効果)※蛍光漂白の白になれている場合は黄みを感じられかもしれません。 オリジナルたとう紙にお包みしています。贈る人も贈られる人もうれしい日本の包む形でお届けします。 ご理解の上お買い求めください 色質感、寸法に個体差が生じます。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材ですので実物と印象が異なる場合がございます。 畳み皺|半襟は二つ折りにして透明袋の空気を出来るだけ抜いた状態で畳んで保管していますので、畳んで保管している事によってできる“しわ”(たたみじわ)があります。たたみじわは襟付け前に軽くアイロンを掛けて整えてください。スチームも使えますが高温にならないよう注意して絹温度以下で当て布をしてください。 手刺繍半衿 白半衿

和装小物 -> 半衿

懐紙入れ 茶道具 日本製 西陣織 綴 絹100% 茶×黒M

店長からひとこと 大判の懐紙もおさまり、女性はゆったり、男性の大きな懐紙にちょうど良い大きさです。 西陣織 綴 ふくろもの 仕様 用途|懐紙入れ 他 男性 女性 ※一般的な大きさの懐紙・大きな懐紙がおさまります。 色|茶×黒 ※染織時期により個体差があります。 素材|絹100% 寸法|約11×18.5×1cm ※手作りのため個体差があります。 仕立て|手縫い 包装|桐箱 生産国|日本製 京都産 生産者|西陣爪掻本綴織 今井つづれ 西陣織工業組合登録番号2496番 ご理解の上お買い求めください 糸のつなぎ目|綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差があります。糸のつなぎ目の長さは長年の使用に耐えられるよう商品に応じた長さで残しています。特性をご理解の上お買い求めください。 金銀砂子糸の素材感|金銀砂子糸は絹糸に極細金銀の平糸を撚り合わせた絹糸で、砂をまぶしたような艶感が特徴です。 手仕事の特性|ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 西陣織 綴 ふくろもの カテゴリ 懐紙入れ ふくさばさみ 懐紙入れ ふくさばさみ・SM (女性 男性) 懐紙入れ ふくさばさみ・M 定番(女性 男性) 懐紙入れ ふくさばさみ・L 大きめ(女性 男性) 懐紙入れ 懐紙入れ・S (女性) 懐紙入れ・M 定番(女性 男性) 懐紙入れ・L 大きめ(女性 男性)最古の歴史そのままの伝統的技法で織り上げました。 本つづれ織 京都 西陣 爪掻本綴織 今井つづれ 最古の歴史そのままに 西織で最も歴史があり格の高さを誇る綴織(つづれ織り)。機械化により量産されるジャガード織機の綴織とは異なり、今井つづれは人の手でひと越ひと越ミリ単位に織り進む、古来より代々受け継がれてきた最古の歴史そのままの伝統的技法の本綴織です。西陣爪掻本綴織(にしじんつめかきほんつづれおり)は12種類ある西陣織のひとつ「綴」に分類され西陣織工業組合の登録商標です。 爪掻き 爪掻き(つめかき)とはノコギリの歯のようにギザギザに刻んだ爪で、糸を1本1本掻き寄せて織る本つづれ織伝統の技です。それは織師の高い技術と経験を要し「日に寸、五日に寸、十日に寸」と例えられるほど製作日数がかかるため、生産数も極わずかです。 一越一越 本つづれ織りは絹糸を1本また1本と手足をつかって織り進みます。織るのに時間がかかるため量産はできませんが、ひとつひとつに個性のあるひとつだけのものが生まれます。 絹の重み 一般的な絹織物よりも何倍も太い絹糸を用いた厚手の絹織物で、タテ糸よりもさらに太いヨコ糸でタテ糸を包み込むように織るため表裏ともにタテ糸は見えず、絹の重みを感じる重厚な風合いに織り上がります。 今井つづれがつくる本つづれ織のふくろもの。昔ながらの機で絹糸を丁寧に織り込んでいるので、しっくりと手に馴染む風合いです。 大判の懐紙にちょうど良い大きさ 女性はゆったり、男性の大きな懐紙にちょうど良い大きさ。 イメージ画像は実際の商品とは異なります。 懐紙がゆったり入る 大判懐紙にちょうど良い大きさ ふたうらポケット 手になじみ 取り出しやすい 手縫いのマチ 桐箱入り 糸のつなぎ目 手仕事の特性

日用品雑貨・文房具・手芸 -> その他

半襟 シルク100% 手刺繍 半衿 パールトーン加工済 塩瀬 白 羽子板

【訳あり】生地全体にヤケがありますがオフホワイトのような色味で醜いヤケではありません。着用時は手刺繍部分が目を引きますので難は気にならないと思います。 水をはじく撥水効果で絹の繊維1本1本の深部にまでパールトーンを浸透させていますので防水加工とはことなり、絹の風合いや光沢をそこなわず通気性があり、水でのお手入れも可能でカビ防止効果もあります。 肌なじみの良い白、絹の自然な白にこだわり蛍光漂白していません。蚕の繭のようなやわらかさのある自然な白は白浮きしない肌なじみの良い白です。着物合わせしやすく、蛍光の白のように肌がくすみません。※蛍光漂白の白になれている場合は黄みを感じられかもしれません。絹の黄変を遅らせる黄変防止加工済み。 オリジナルたとう紙にお包みしています。贈る人も贈られる人もうれしい日本の包む形でお届けします。 手刺繍半襟 仕様 色|白(蛍光漂白していません) 素材|シルク100%(京都丹後産正絹塩瀬半襟400匁) 寸法|約15×100cm ※個体差があります。 加工|パールトーン加工(はっ水効果/防カビ効果) 加工|黄変防止加工(絹の変色防止) 包装|たとう紙 生産国|日本製 京都産 ご理解の上お買い求めください 手仕事で製作しているため歪みや斑、色柄寸法の個体差が生じます。手仕事の特性をご理解の上お買い求めください。 お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材ですので実物と印象が異なる場合がございます。 半襟を保管している事によってできるシワ(たたみじわ)があります。シワは襟付け前に軽くアイロンを掛けて整えてください。スチームも使えますが高温にならないよう注意して絹温度以下で当て布をしてください。 手刺繍半衿 白半衿

和装小物 -> 半衿

名入れ 仕立て済み品 ネーム入れ 金封ふくさ 懐紙入れ 帛紗ばさみ等 同時注文専用

仕立て済み品に[名入れ]をご希望の方へ 仕立てを解き、名入れ加工をした後、仕立て直します。(同時注文専用) 細心の注意を払い加工をいたしますが、万が一、加工中にトラブルが生じた場合、1点物には代替品がございませんので、ご注文をキャンセルさせていただきます。仕立て直しのリスクも予めご了承ください。 名入れ希望の綴織の商品と同時にご注文ください。綴織の商品(金封ふくさ,懐紙入れ,帛紗ばさみ等)が対象です。ネーム刺繍3文字まで。14日以内に発送します。 ■詳細 ・3文字(漢字ひらがなカタカナ)まで。 ・ミシン刺繍(行書体縦書き)です。 ・刺繍糸の色はお任せください。 ・受注生産14日以内に発送します。 ■ご注意 ・刺繍加工の特性上、生地に若干のゆがみが生じる場合があります。 ・複雑な文字は特に糸密度が高くなり厚みがでます。 ・基本の書体を変更する場合があります。 ・刺繍データにない文字はご注文をキャンセルさせて頂きます。 ■注文方法 ・ご注文時に備考欄へご希望のネーム3文字までをご記入ください。 ・複数注文でネームが異なる場合はご希望を明記してください。

冠婚葬祭 -> ふくさ

ふくさ 袱紗 男性 女性 弔事 日本製 西陣織 綴 シルク100% 黒灰

店長からひとこと グレーとブラックのツートンカラー。飽きの来ないシンプルなデザインです。 金封ふくさ ( ふくさ 袱紗 はさみ袱紗 ) 仕様 用途|弔事 男性 女性 一般的な金封 一般的な金封 約18.5×10.5cm対応 色|ブラック・グレー ※染織時期により個体差があります。 素材|シルク100% 寸法|約20.5×12cm(M) ※手作りのため個体差があります。 仕立て|手縫い 包装|桐箱 生産国|日本製 京都産 生産者|西陣爪掻本綴織 今井つづれ 西陣織工業組合登録番号2496番 オプション|名入れ(注文ページへ) ご理解の上お買い求めください 糸のつなぎ目|綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数・長短は個体差があります。特性をご理解の上お買い求めください。 手仕事の特性|ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 Mサイズ|スーツの内ポケットサイズによってはおさまらない場合があります。 金封ふくさとは 金封を裸で持参することは礼を失することになりますので、ふくさを用いて礼を表します。金封をはさむ形のふくさを金封ふくさといい、慶事は右開き弔事は左開きの慣習があります。 慶事には華やかな金や赤・朱・臙脂など赤系の他、紫、男性は紺などの青系も使えます。弔事には黒・灰・紺・紫などの地味な色を使います。格の高い色である紫は、男女ともに慶弔両用に使える便利な色です。 地域の慣習などにより異なりますが、一般的な金封をお渡しされる場合は定番(M)の金封ふくさが使えます。スーツの内ポケットにも収まりが良い大きさです。一方、水引飾りの大きな金封、誂えの金封などを使用される場合は、大きめ(L)の金封ふくさをおすすめします。さらに大きい金封には特大(LL)の金封ふくさもご用意しています。金封ふくさでお渡しできる最大の金封まで使えます。 金封ふくさカテゴリ 慶弔両用 M L LL 慶事用 M L LL 弔事用 M L持つ人の品格を上げる袱紗 最古の歴史そのままの伝統的技法で織る本綴織は、先様に礼を表するに相応しい格の高さを誇ります。 本つづれ織 京都 西陣 爪掻本綴織 今井つづれ 最古の歴史そのままに 西織で最も歴史があり格の高さを誇る綴織(つづれ織り)。機械化により量産されるジャガード織機の綴織とは異なり、今井つづれは人の手でひと越ひと越ミリ単位に織り進む、古来より代々受け継がれてきた最古の歴史そのままの伝統的技法の本綴織です。西陣爪掻本綴織(にしじんつめかきほんつづれおり)は12種類ある西陣織のひとつ「綴」に分類され、西陣織工業組合の登録商標です。 爪掻き 爪掻き(つめかき)とはノコギリの歯のようにギザギザに刻んだ爪で、糸を1本1本掻き寄せて織る本つづれ織伝統の技です。それは織師の高い技術と経験を要し、「日に寸、五日に寸、十日に寸」と例えられるほど製作日数がかかるため、生産数も極わずかです。 一越一越 本つづれ織りは絹糸を1本また1本と手足をつかって織り進みます。織るのに時間がかかるため量産はできませんが、ひとつひとつに個性のあるひとつだけのものが生まれます。 絹の重み 一般的な絹織物よりも何倍も太い絹糸を用いた厚手の絹織物で、タテ糸よりもさらに太いヨコ糸でタテ糸を包み込むように織るため表裏ともにタテ糸は見えず、絹の重みを感じる重厚な風合いに織り上がります。 今井つづれがつくる本つづれ織の金封ふくさ。昔ながらの機で絹糸を丁寧に織り込んでいるので、しっくりと手に馴染む風合いです。 弔事用 一般的な金封につかえてスーツの内ポケットにもおさまりの良い大きさ。 イメージ画像は実際の商品とは異なります。 大きさの利便性 一般的な大きさの金封につかえる利便性に優れた大きさ。男性女性とわず使えます。 一般的な金封に 利用頻度の高い一般的な大きさの金封にあわせたコンパクトなスタンダード。 スーツの内ポケットに スーツの内ポケット、フォーマルバックにも収まりのよい大きさ。※スーツの内ポケットサイズによっては収まらない場合があります。 スマートにふるまう サッと取り出してスマートにつかえます。 出し入れ楽々 金封を出し入れしやすく水引飾りの引っかかりも防ぐ差込口、ふた裏はポケット仕立て。 ふたうらポケット 案内状が入る大きさです。閉じたときの安定感も考慮しました。 桐箱入り 贈り物としてもお喜びいただける日本の包む形。長く大切にお使いいただきたいという思いから、保管に適した桐の箱に収めてお届けします。 糸のつなぎ目 綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差が生じます。 手仕事の特性 ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。

冠婚葬祭 -> ふくさ

大きめ 大判懐紙入れ ふくさばさみ 袱紗ばさみ 帛紗ばさみ 日本製 西陣織 綴 西陣爪掻本綴織 絹100% 古代紫L

店長からひとこと 大判の懐紙もゆったりの男性にもおすすめの定番より大きめサイズ。文様は爪掻きの技で織り込んでいます。完全に同じ文様はふたつとありません。文様が地糸と同色系の場合、わかりにくいかも知れませんが、少し平面から浮き出る感じによりあわせた糸を爪掻きの技で織り込んでいます。 地色の紫は古代紫といわれる赤みの濃い紫です。定番よりも横幅を少し広くすることで、長い扇子がより収めやすくなっています。 西陣織 綴 ふくろもの 仕様 用途|懐紙入れ ふくさばさみ他 男性 女性 ※懐紙・扇子・袱紗など茶道お稽古道具がおさまります。※御朱印帳が1冊おさまる厚みがあります。※一般的な大きさの金封と数珠がおさまります。 色|紫(赤みの濃い紫) ※染織時期により個体差があります。 素材|絹100% 寸法|約13×22.5×1.5cm ※手作りのため個体差があります。 仕立て|手縫い 包装|桐箱 生産国|日本製 京都産 生産者|西陣爪掻本綴織 今井つづれ 西陣織工業組合登録番号2496番 ご理解の上お買い求めください 糸のつなぎ目|綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差があります。糸のつなぎ目の長さは長年の使用に耐えられるよう商品に応じた長さで残しています。特性をご理解の上お買い求めください。 金銀砂子糸の素材感|金銀砂子糸は絹糸に極細金銀の平糸を撚り合わせた絹糸で、砂をまぶしたような艶感が特徴です。 手仕事の特性|ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 西陣織 綴 ふくろもの カテゴリ 懐紙入れ ふくさばさみ 懐紙入れ ふくさばさみ・SM (女性 男性) 懐紙入れ ふくさばさみ・M 定番(女性 男性) 懐紙入れ ふくさばさみ・L 大きめ(女性 男性) 懐紙入れ 懐紙入れ・S (女性) 懐紙入れ・M 定番(女性 男性) 懐紙入れ・L 大きめ(女性 男性)最古の歴史そのままの伝統的技法で織り上げました。 本つづれ織 京都 西陣 爪掻本綴織 今井つづれ 最古の歴史そのままに 西織で最も歴史があり格の高さを誇る綴織(つづれ織り)。機械化により量産されるジャガード織機の綴織とは異なり、今井つづれは人の手でひと越ひと越ミリ単位に織り進む、古来より代々受け継がれてきた最古の歴史そのままの伝統的技法の本綴織です。西陣爪掻本綴織(にしじんつめかきほんつづれおり)は12種類ある西陣織のひとつ「綴」に分類され西陣織工業組合の登録商標です。 爪掻き 爪掻き(つめかき)とはノコギリの歯のようにギザギザに刻んだ爪で、糸を1本1本掻き寄せて織る本つづれ織伝統の技です。それは織師の高い技術と経験を要し「日に寸、五日に寸、十日に寸」と例えられるほど製作日数がかかるため、生産数も極わずかです。 一越一越 本つづれ織りは絹糸を1本また1本と手足をつかって織り進みます。織るのに時間がかかるため量産はできませんが、ひとつひとつに個性のあるひとつだけのものが生まれます。 絹の重み 一般的な絹織物よりも何倍も太い絹糸を用いた厚手の絹織物で、タテ糸よりもさらに太いヨコ糸でタテ糸を包み込むように織るため表裏ともにタテ糸は見えず、絹の重みを感じる重厚な風合いに織り上がります。 今井つづれがつくる本つづれ織のふくろもの。昔ながらの機で絹糸を丁寧に織り込んでいるので、しっくりと手に馴染む風合いです。 大判の懐紙もゆったり 定番より大きめ。男性にもおすすめの大きさ。 イメージ画像は実際の商品とは異なります。 大判の懐紙もゆったり 女性もゆったりつかえる コンパクトにまとまる 懐紙・扇子5寸がゆったり 大判懐紙・扇子6寸も楽々 大判懐紙・扇子6.5寸もスッキリ ふたうらポケット 手縫いのマチ 金封ふくさ・数珠袋としても 桐箱入り 糸のつなぎ目 手仕事の特性

日用品雑貨・文房具・手芸 -> その他

懐紙入れ ふくさばさみ 日本製 西陣織 綴 絹100% 節織SM

店長からひとこと 大判の懐紙もおさまり、女性におすすめのコンパクトサイズ。「節織とは」糸1本1本を手で結び、結び目である「節」を特徴とした糸を作り、織り上げたものです。ヒゲ紬のように「節」がみせる表情、風情をお楽しみください。色文様の出方はひとつひとつ異なり完全に同じものはふたつとありません。 西陣織 綴 ふくろもの 仕様 用途|懐紙入れ ふくさばさみ他 女性(大判懐紙 男性) ※懐紙・扇子・袱紗など女性の茶道お稽古道具がおさまります。 色|多色 ※染織時期により個体差があります。 素材|絹100% 寸法| 約13×19×1.3cm ※手作りのため個体差があります。 仕立て|手縫い 包装|桐箱 生産国|日本製 京都産 生産者|西陣爪掻本綴織 今井つづれ 西陣織工業組合登録番号2496番 ご理解の上お買い求めください 糸のつなぎ目|綴地のみで仕立てているため生地裏には糸のつなぎ目が見えます。糸のつなぎ目は本綴織の特性として必ず生じます。本綴織の証としてご了承ください。糸のつなぎ目の位置・数の多少・長短は個体差があります。糸のつなぎ目の長さは長年の使用に耐えられるよう商品に応じた長さで残しています。特性をご理解の上お買い求めください。 金銀砂子糸の素材感|金銀砂子糸は絹糸に極細金銀の平糸を撚り合わせた絹糸で、砂をまぶしたような艶感が特徴です。 手仕事の特性|ひとつひとつ手仕事で製作しているため、色柄寸法の個体差、歪や斑が生じます。手仕事の特性、1点物の個性をご理解の上お買い求めください。 画像|お使いのモニターにより色の見え方が異なります。色や質感の再現が難しい素材と織ですので実物と印象が異なる場合がございます。 西陣織 綴 ふくろもの カテゴリ 懐紙入れ ふくさばさみ 懐紙入れ ふくさばさみ・SM (女性 男性) 懐紙入れ ふくさばさみ・M 定番(女性 男性) 懐紙入れ ふくさばさみ・L 大きめ(女性 男性) 懐紙入れ 懐紙入れ・S (女性) 懐紙入れ・M 定番(女性 男性) 懐紙入れ・L 大きめ(女性 男性)最古の歴史そのままの伝統的技法で織り上げました。 本つづれ織 京都 西陣 爪掻本綴織 今井つづれ 最古の歴史そのままに 西織で最も歴史があり格の高さを誇る綴織(つづれ織り)。機械化により量産されるジャガード織機の綴織とは異なり、今井つづれは人の手でひと越ひと越ミリ単位に織り進む、古来より代々受け継がれてきた最古の歴史そのままの伝統的技法の本綴織です。西陣爪掻本綴織(にしじんつめかきほんつづれおり)は12種類ある西陣織のひとつ「綴」に分類され西陣織工業組合の登録商標です。 爪掻き 爪掻き(つめかき)とはノコギリの歯のようにギザギザに刻んだ爪で、糸を1本1本掻き寄せて織る本つづれ織伝統の技です。それは織師の高い技術と経験を要し「日に寸、五日に寸、十日に寸」と例えられるほど製作日数がかかるため、生産数も極わずかです。 一越一越 本つづれ織りは絹糸を1本また1本と手足をつかって織り進みます。織るのに時間がかかるため量産はできませんが、ひとつひとつに個性のあるひとつだけのものが生まれます。 絹の重み 一般的な絹織物よりも何倍も太い絹糸を用いた厚手の絹織物で、タテ糸よりもさらに太いヨコ糸でタテ糸を包み込むように織るため表裏ともにタテ糸は見えず、絹の重みを感じる重厚な風合いに織り上がります。 今井つづれがつくる本つづれ織のふくろもの。昔ながらの機で絹糸を丁寧に織り込んでいるので、しっくりと手に馴染む風合いです。 大判の懐紙もおさまる 女性におすすめ、コンパクトサイズ。 桐箱入り 糸のつなぎ目 手仕事の特性

日用品雑貨・文房具・手芸 -> その他



1  2  3  4  5  


当画面は、楽天ウェブサービスを利用して作成しています。