毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。

楽天市場の産直花だん屋で買う

【送料無料】春色寄せ植えイタリア製テラコッタに寄せ植えにしてお届け!

自家用はもちろんギフトとしても好評をいただいており毎年リピートするお客様も多く見えるほど人気の寄せ植えです。旬の季節の草花をお洒落なイタリア製テラコッタに寄せ植えしてお届けします。草花の背丈や開花期を理解した生産者が植え込みますので長い間綺麗に楽しんでいただけます。また長く楽しんでいただくために届いたときはあまり花が咲いておりませんが1週間もすれば次々と咲き出しナチュラルな寄せ植えになります。 切花と違い次々と変化する寄せ植えを楽しんでみてはどうですか。 品種、花色はご指定できませんが農場直送!鮮度抜群の季節の草花を6〜7品種植え込んでボリューム感あふれる寄せ植えをお届けします。   ●鉢(テラコッタ)サイズ・材質  イタリアの土でしか出せない色、きめが細かく滑らかな質感が特徴です。肉厚な上、高温で焼いてありますので、丈夫で使い込むほどシックに変化していきます。 ・陶製(イタリア製) ・直径28×高さ20cm    ●管理方法 ・ 置き場所 屋外の半日以上日が当たる場所で管理して下さい。日当たりの悪い場合は三日に一度程度、日当たりのよい場所に移動し日を当てて下さい。寒さが厳しい地域の方は夜間玄関内に取り込んで下さい。雨や霜や雪の当たらない軒下玄関がおすすめです。 ・ 水やり 間隔は2〜3日に1回。与え方は鉢の中の古い水を全部押し流し出すイメージです。ポイントとしては、花や株には直接水がかからないように与えて下さい。写真のようにジョーロの先シャワー部分を取りはずし株と株の間に差し込み与えて下さい。時間帯は晴れた日の午前中が良いです。夕方には絶対に与えないで下さい。 ・ 肥料やり 出荷時に既に与えてあります。お届けから2ヶ月ほど経った頃に付属の肥料を与えて下さい。 ポイントとしては、葉に触れないように鉢はだに置いて下さい。与える量はティースプーンすりきり2杯程度。液肥との併用はお止め下さい。 ・ お手入れ 写真のように咲き終わった花は茎ごと取り除いて下さい。放置しておくと種を付け、株が弱ってしまいます。早めに取り除いてやることがポイントです。また、株の内部にある枯れた葉も取り除いて下さい。病気の発生が抑えられます。  ※ギフト用としてお考えの方へ  ・お届け先の住所を必ずご確認下さい。  ・明細の発行はいたしませんのでご了承下さい。  ・メッセージカードは当店が用意したカード文言と   なります。注文時にお選び下さい。   お願い!1個づつの個別の発送となります。まとめ買い送料割引(10,800円以上送料無料)の対象外となります。         

花 -> 鉢花

【送料無料】旬の花苗お試しセット花苗5ポットと万能培養土14リットル1袋と万能肥料300グラム1袋

●品種特性 ●宿根草、多年草セット 寒さに強く春に満開になってくれる品種のセットです。花壇植えや鉢植えとして楽しんでいただけます。冬期はあまり成長は見られませんが春になると同時に一気に株が大きくなってくれます。味わったことが無いような本物のガーデニングが楽しめます。また普段、自分では選ばないような品が種入っていることでお客様には好評をいただいております。 ●万能培養土 あなたは今まで上手く花を育てられていましたか?過去に失敗した方!ぜひこの「万能培養土」を使ってみて下さい。「どなたでも、どんな植物でも上手く簡単に育つ!」そんな驚きの培養土なのです。水はけが良くて保水性がある不思議な培養土。是非一度使って確かめて下さい。どんな植物にでも使えることは立証済み!年間130種類以上の植物を生産している我が「産直花だん屋」が使っている物と同じだからです。 もっと詳しい情報はこちら>>GO ●万能肥料生産現場から生まれた肥料です。 全国の生産者はもちろん産直花だん屋でも年間150品種以上に使用しています。 お客様から「どんな肥料を与えたらよいのですか」「○○○専用肥料を与えたほうがよいのですか」といった質問を良く受けます。このような方にお勧めしたいのが「万能肥料」です。実際に産直花だん屋の生産温室で使用しどんな植物にも良く効くことが実証済みの肥料です。是非一度ご利用下さい。 もっと詳しい情報はこちら>>GO ●用途・性質 ・用途:鉢植え、庭植え ・性状:宿根草・多年草 ・耐寒性:強 ・耐陰性:半日程度の陽射しが必要 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所  半日程度の 陽射しが必要  ・開花期   ・肥料:鉢                 ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●苗が届いたら ●鉢植え(置き場所:半日程度の陽射しが必要) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●庭植え(半日程度の陽射しが必要) 排水の良い場所に植え込んで下さい。排水が悪い場合は市販の培養土を混ぜて下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、小さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 3日間は庭植え、鉢植えともにたっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい)   ●その後の管理 ・置き場所 鉢植えは日当たりの良い雪、霜もが避ける軒下で管理して下さい。 寒冷地の方は夜間は玄関先に取り込んで下さい。長期間、室内に取り込んだままにしないようにして下さい。 庭植えは寒冷地、積雪の多い地方の方はお勧めいたしません。 ・水やり 表面の土が白く乾かなくても1週間に一回は与えて下さい。鉢底から水が出るまで与えて下さい。イメージとして鉢の中の古い水を押し出すようなイメージで与えて下さい。 ・肥料 冬季は休眠状態ですので肥料を与えても効きません。春先に葉が少し展開し始めてから置いて下さい。休眠明けとなります。 ・開花が始まったら こまめに花ガラを取って下さい。 ・多年草類はこぼれ種で条件が良ければ来年も咲いてくれます。宿根草は花壇では植えっぱなしでOKです。鉢植えは一回り大きな鉢に植え替えて下さい。    

苗物 -> 花の苗物

【万能肥料】お徳用1kg(何にでも同梱可能)

生産現場から生まれた肥料です。 全国の生産者はもちろん産直花だん屋でも年間150品種以上に使用しています。 お客様から「どんな肥料を与えたらよいのですか」「○○○専用肥料を与えたほうがよいのですか」といった質問を良く受けます。このような方にお勧めしたいのが「万能肥料」です。実際に産直花だん屋の生産温室で使用しどんな植物にも良く効くことが実証済みの肥料です。是非一度ご利用下さい。 ●特徴 1 適度な生分解性を示す特殊樹脂と自然光による光分解促進技術を組み合わせた被覆材で被覆してあり、生分解と光分解を兼ね備えた特徴を持っています。      2 肥料成分溶出後の被覆残殻は、土中の微生物によって生分解を受けますが、急激な微生物分解を受けることはありまえん。従って施肥後に肥料の溶出が異常に多くなる「肥料焼け」を起こすことはありません。      3  また肥料成分溶出後の被覆残殻は土壌表面では自然光によって光分解を受けます。光分解は誘導期間を持たないように工夫してありますので施肥後急激に肥料成分を溶出する心配はありません。      4  この肥料のチッソは、土壌温度25℃の場合約140日間にわたり、徐々に溶出します。但し、温度の影響を受け、地温が高いほど早くなり、低いときは遅くなります。  ●肥料成分比率 主な成分  ・チッソ13 ・リンサン9 ・カリ11  微量要素  ・クド2 ・マンガン0.1 ・ほう素0.06 

花・ガーデン・DIY -> その他

【トケイソウ属】パッションフルーツ苗 3.5号鉢緑のカーテン・グリーンカーテン

●栽培のポイント 収穫が簡単にでることから以前から人気のあったパッションフルーツ!近年のグリーンカーテンブーム大ブレイク!葉が大きいことや生育が早いことからグリーンカーテンに最適の性質を持っています。 実を成らせるコツとして人工授粉を積極的に行うと実が沢山収穫できます。特に高層住宅のベランダで楽しみたい方は昆虫はあまり高いところを飛べないことから自然受粉は望めませんので人工授粉を必ず行ってください。ただし真夏は結実しにくいです。 詳しくはページ下をご覧下さい。  ●育 て 方 の 目 安   4月  5月 6月 7月 8月 9月  植付け期 下 上        収穫期             追肥           上 水やり間隔  3〜4 2〜3   毎日     ●苗が届いたら ◆グリーンカーテン 長さ50cm以上の深形プランターに1〜2株が目安。  おすすめ資材セットはこちら>>GO ◆鉢植え: 直径30cm以上の深形プランターに1株が目安。  おすすめ資材セットはこちら>>GO ◆培養土: 排水の良い市販の配合培養土。   おすすめ培養土はこちら>>GO ◆花壇・畑:必ず転地返しを行い、固くしまっている場合は培養土を混ぜる。混ぜる土はこちら>>GO ◆肥料: 一株に対し、化成なら小さじ1杯。有機なら大さじ2〜3杯が目安。与える間隔は「育て方の目安」を参考に。与えすぎに注意し、液肥との併用は禁物。 専用肥料はこちら>>GO ◆水やり:鉢植えは植え付け後、鉢底から水が出るまでたっぷり与える。その後は「育て方の目安」を参考に。花壇、庭植えは植え付け後3〜4日は毎日たっぷり与える。 その後は真夏以外はほとんど与えなくてよい。(注意、夕方は与えないで下さい) ◆日当たり: 半日以上、日のあたる屋外で管理。   グリーンカーテンに欠かせない園芸ネット! 住宅事情に合わせた色々なタイプやサイズを揃えております。(同梱できます) ベランダ専用グリーンカーテンプランター  ☆ご注意&お願い ・商品が植物という特性上、色合いや大きさに若干の違いはございます。 ・輸送中に葉が若干痛む場合がございますが成長には問題ありませんのでご了承下さい。尚、転倒事故での痛みはご連絡下さい。  (1番下の写真がお届け苗の例です)害虫名   症 状   対 策   有機減農薬品  アブラムシ 新芽や新葉に群生し植物の汁を吸う。病気を媒介する。 有機系の予防薬を定期的に散布るる。発生したら手で取り除く、または殺虫する。 黒酢殺菌 スプレー>>GO 病気名  ほとんど発生しません  ●管理レポート  ・コンテナサイズ:W39.5×D38×H35.3cm  グリーンカーテンで楽しみたい方はこちらのコンテナがおすすめです>>GO 6月5日 植え株数:1株 ・置き場所:日当たりの良い露地 「プランターで作る野菜の土」で植え込みました。元肥は入れていません。植え込みから1週間ほどたったところで「甘い野菜をつくる肥料」をカレースプーン2杯与えました。 6月16日 早くも蕾が付きました。  6月18日 実を生らせるには人口受粉が必要です。午前中(できれば朝)の内に人口受粉をします。 花の中心から5枚出ているのがおしべです。花粉は下に沢山付いてます。 指先でおしべの花粉を採ります。 全てのめしべに花粉を付けます。 花は1日花ですので次の日には落ちてしまいます。 6月22日 中にパッションフルーツの赤ちゃんができています!人口受粉成功です。 6月30日 この時期のパッションフルーツは生長が早いです。 つるを折らないよう慎重に行灯仕立てにします。 園芸用ビニールタイで、支柱とつるを固定します。 つるの生長を妨げないよう余裕をもって8の字になるよう結びます。  7月31日 こんなに大きくなりました。 8月12日 あとは紫色になるのを待つばかり・・・のはずが、自然落下してしまいました。 猛暑の年は実をささえきれず落としてしまうことがあります。 また人口受粉しても流れてしまうことがあります。 対処方法として半日程度日陰の場所に移動してください。 9月2日 若干、涼しくなると花を沢山咲かせます。 11月10日 寒さが増してきました。 パッションフルーツは気温5度を必要としますので、冬越しされる方は室内に取り込んで下さい。 ●感想 今年は長雨に見舞われ(梅雨入りしてからお盆まで)、日照時間が短く、本来花が咲いて欲しい夏にあまり咲きませんでした。秋になってからようやく花数が増えましたが、受粉作業をさぼってしまったので2個しか収穫できませんでした。収穫は果色が紫になると自然と落下します。その後1週間常温で保存し、皮にしわが出てきた頃が食べごろです。病害虫にはたいへん強いと思いました。実を沢山収穫するコツは肥料の与えすぎに注意し花が開く朝に朝受粉作業を行うとよいです。 ●越冬 耐寒性は最低約5℃です。温暖な地域は簡単な霜除で屋外越冬可能です。 寒い地域はツルをあんどん仕立て等にして室内へ移動して下さい。 冬季に葉が落葉しても、春に新芽が出るので根を腐らせないように管理して下さい。 1ヶ月に1〜2回程度を目安に潅水して下さい。 ●露地植えした場合の冬越 新葉の生育が止まる前に、室内に入れられる程度に刈り込み鉢上げをして下さい。 その後最低5℃以下にならない場所で管理して下さい。 ●美味しい食べ方  

苗物 -> 果物の苗物

【バラ属】モッコウバラ八重咲きイエロー3号ポット苗

●品種特性 初夏の訪れとともに、いっきに株いっぱいに大量の花を咲かせるモッコウバラ。常緑の性質からフェンスなどに絡ませ通りからの目隠しに最適です。また棘(トゲ)がないことから扱いやすく、そして強健で育てやすいので手軽に楽しんでいただけます。 ●用途・性質 ・鉢植え・庭植え・フェンス・アーチに絡める ・花径:1.5〜2cm ・草丈:半ツル性下垂(地植・鉢植) ・性状:半常緑蔓性低木 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日程度の陽射しが必要 ・学名:Rosa banksiae f. lutea Rehder ・原産地:中国 ・科名:バラ科 ・属名:バラ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期 ・植え場所 半日程度の陽射しが必要 ・開花期 ・肥料・庭 ・肥料・鉢 ・剪定 置場所:半日日陰〜日向 水やり:表面の土が乾いたら与えて下さい。 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。●植え込み事例 一日中日の当たる場所に植えてありませた。 新しい感覚のモッコバラの楽しみ方です。枝垂れる性質を上手く生かしてありました。 南東の日当たりのよい場所に植えてありました。 イエローの八重とホワイトの八重が交互に植えたあり鮮やかでした。 東側のわりと日当たりの悪い場所に植えてありました。 日当たりが悪いわりには鮮やかにあいていました。 西側の西日が少し当たる程度のところに植えてありました。 植えて3年目ということでまだ小さかったですが綺麗に咲いていました 南側の玄関の扉に絡めてありました。 どのように絡めてあるかは定かではありませんが面白かったので撮影させていただきました。 ↓南西側のフェンスに絡めてありました。植え込んで5年目の株です。 毎年、夏に刈り込みを行うそうです。(八重咲きイエロー) ↓南東側の低いフェンスに絡めてありました。植え込んで3年目の株です。 ほとんど手をかけていない放任栽培だそうです。(八重咲きイエロー) ↓南側の枕木で作ったアーチに絡めてありませた。植え込んで5年目の株です。 手入れは伸びた枝を切る程度だそうです。(八重咲きイエロー) ↓西北側のブロック塀に絡めてありました。植え込んで6年目の株です。 長く伸びた枝をブロック塀に誘引したそうです。(八重咲きイエロー) ↓南側の自家製のフェンスに絡めてありました。植え込んで3年目の株です。(八重咲きイエロー) ↓東側の駐車場の屋根に這わせてありました。植え込んで7〜8年目の株です。 長く伸びた枝を適当に切る程度でまったくお手入れはしていないそうです。(八重咲きイエロー) ↓南西側の高木に絡めてありました。植え込んで5〜6年目の株です。 近所でも有名なモッコウバラです。お手入れは伸びた枝を切る程度だそうです。(八重咲きイエロー) ↓南西側のフェンスに目隠しになるように絡めてありました。植え込んで5〜6年目の株です。 お手入れは伸びた枝を切る程度だそうです。(八重咲きホワイト) ↓南西側のフェンスに絡めてありました。植え込んで5〜6年目の株です。 毎年冬に短く刈り込むそうです。 ↓北側のフェンスに絡めてありました。植え込んで4〜5年目の株です。 北側で西日しか当たらない場所ですが元気欲咲いていました。  ●購入後の管理 ・鉢植え 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズの3回り大きな鉢に植え込んで下さい。 その後、支柱を挿して下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ・庭植え 必ずしっかり転地返しを行い、土が固まっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水を浴してください。フェンスやアーチに絡めて下さい。 ・肥料 一株に対し、大さじすりきち1杯与えて下さい。液肥との併用は禁物です。おすすめ肥料はこちら>>GO ・水やり 鉢植えは植え付け後、鉢底から水が出るまでたっぷり与えて下さい。 地植えは夏場で約7日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。 ●その後の管理 ●冬場の管理について ・寒冷地の方は若苗の時は雪や霜を避けれるように養生して下さい。 ●夏場の管理について ・肥料:秋まで与えなくても良いです。与えたら与えただけツルが伸びます。大き成長させたい方は与えて下さい。ただし与えすぎには注意して下さい。目安として2ヶ月に1度、1株に対し固形肥料を大さじ1杯程度です。 おすすめ肥料はこちら>>GO ・ピンチ:お盆明けまで繰り返して下さい。お盆後はピンチを行わないようにして下さい。来年咲く花芽が減ってしまいます。 ●開花ポイント 肥料を与えすぎると株ばかりが大きくなり花付が悪くなります。 痩せ地でも十分育ちますので肥料の与えすぎに注意して下さい。

苗物 -> 花の苗物

【培養土】花壇に混ぜる土14L×1袋

なんど植えても枯れてしまう!株が大きくならない!このようになる原因は土の排水性や通気性が悪いことからおきるのです。これでは何度良い苗を植えても土を改善しない限り同じ結果になってしまいます。そもそも花壇はプランター等に比べ水やりなど日頃の世話の手間が少ないものです。しかし同じ土を繰り返し使用する為、土の質が悪いと余計に手間が掛かってしまいます。そこで定期的に「花壇に混ぜる土」を混ぜることで手間のかからない花壇へと返信します。 ●作業手順   できるだけ深く耕します。そして同時に土も細かくします。     「花壇に混ぜる土」を均等に振り分けます。     最後に均等に混ざるように良く混ぜます。終了     ★同梱について 商品の大きさ、形状、重さによってお断りする場合がございます。ご了承下さい。   日照りが続くと土の表面がひび割れてくるほど固い。 植えた植物が育たない。草もあまり生えない。 雨が続くと植物が株元からとろけるように腐ってしまう。 皆さんもこのような状態を目にしたことがありませんか?このようになる原因は土の排水性や通気性が悪いことからおきるのです。これでは何度良い苗を植えても土を改善しない限り同じ結果になってしまいます。このような現状を捉え開発したのが↓ 皆さんの花壇に何が不足して、何が必要か?それを徹底的に調査しました。 どんな花壇にも適応するように花の生産者が長年の経験を活かし配合しました。 単粒構造が崩れにくいため通気性、保水性に富んでいます。また肥料を体内に蓄積し植物の生育に応じて小出ししてくれます。そして花の生育に必要なモリブデンを維持し生育を助けます。(栃木県産赤玉土は検査済みです) 保水性に優れ、植物の生育に必要な毛管水を多く含んでくれます。また微量の要素も多く含んでいます。そして肥料を分解し根が吸収しやすい形に変えるバクテリアの繁殖を促進してくれます。 通気性、排水性に富んでいます。そして粒自体が発砲状態になっており土中において酸素を常に保ち根に供給してくれます。また非常に軽いため扱いやすくハンギングバスケットの土としても最適です。 そもそも花壇はプランター等に比べ水遣りなど日頃の世話の手間が少ないものです。しかし同じ土を繰り返し使用する為、土の質が悪いと余計に手間が掛かってしまいます。そこで定期的に「花壇に混ぜる土」を混ぜることで 購入量の目安 奥行き100cm×長さ200cm×深さ5cm÷14000=約7袋必要となります。 「花壇に混ぜる土」を使用した花壇  

用土 -> 基本用土

【ゲルセミウム属】カロライナジャスミン一重咲き3.5号ポット

●品種特性 かなりよく伸びるつる性の低木で、小さい常緑の葉は冬には紅葉します。花は濃黄色で、トランペット状の星形をしており、甘い香りがします。鉢花として広く出回っていますが、耐寒性は強く、関東以西では庭木にもなります。コンテナや吊り下げのバスケットから垂らしたり、フェンスやトレリスに這わせたりなど楽しみ方は様々です。 ●用途・性質 ・用途:鉢植え・プランター植え・庭植え ・花径:1.5〜2cm ・草丈:半ツル性下垂(地植・鉢植) ・性状:常緑蔓性低木 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐影性:半日程度の日差しが必要 ・学名:Gelsemium sempervirens ・原産地:北米南部〜中米 ・科名:マチン科 ・属名:ゲルセミウム属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期 ・置き場所 半日程度の日差しが必要 ・開花期 ・肥料・庭 ・肥料・鉢 ・剪定 ・鉢上げ ※肥料は一ヶ月に1回が目安です。 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。●植え込み事例 ↓南西側のフェンスに絡めてありました。植え込んで3年目の株です。 毎年、夏に刈り込みを行うそうです。 ↓南東側の車庫の屋根に絡めてありました。植え込んで5年目の株です。 ほとんど手をかけていない放任栽培だそうです。 北東側のちょっと高いフェンスに絡めてありました。植え込んで5年目の株です。 かなりお手入れがしっかり行われていました。 南東側のブロック塀に絡めてありました。植え込んで5年目の株です。 盛り上がるように丸く刈り込みをするそうです。 ※全て一重咲きの事例です。性質はほとんど同じですので参考にして下さい。 ●購入後の管理 ・鉢植え 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより1〜3回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ・花壇・庭植 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ・肥料 一株に対し、小さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ・水やり 鉢植えは植え付け後、鉢底から水が出るまでたっぷり与えて下さい。花壇、地植えは夏場で約7日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 夏場の管理について 肥料は秋まで与えなくても良いです。与えたら与えただけツルが伸びます。 大きくしたい方は与えて下さい。ただし与えすぎには注意して下さい。 目安として1ヶ月に1度、1株に対し固形肥料をティースプーン1杯程度です。 ピンチはお盆明けまで繰り返して下さい。 秋に花芽が形成されるため、お盆後はピンチを行わないようにして下さい。 冬場の管理について 寒冷地の方は若苗の時は雪や霜を避けれるように養生して下さい。 開花ポイント 肥料を与えすぎると株ばかりが大きくなり花付が悪くなります。 痩せ地でも十分育ちますので肥料の与えすぎに注意して下さい。

苗物 -> ハーブの苗物

【ソケイ属】ジャスミンステファネンセ(強香タイプ)3号ポット

●品種特性 ステファネンセは、中国南西部(雲南省)原産で、ジャスミンの中では珍しい桃花で香りの強い小花をたくさん咲かせます。またつぼみが濃い桃色でとても愛らしいのが特徴です。  暑さと蒸れに強く、開花期間の長いジャスミン種なので日当たりの良い場所だけでなく半日陰でも楽しめます。 つるを伸ばすことが花を長く楽しむためのコツなので、肥料切れにならないように管理して下さい。病害虫は、ほとんどつきません。 半耐寒性半常緑ツル性低木なので−5℃以上で管理して下さい。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、鉢植え行灯仕立て ・花径:1.5〜2cm ・草丈:半ツル性下垂 ・性状:常緑つる性低木 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日程度の陽射しが必要 ・学名:Jasminumum x stephanense ・原産地:中国南西部 ・科名:モクセイ科 ・属名:ソケイ属(ヤスミヌム属) ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期 ・植え場所 半日日陰〜日向 ・開花期 ・肥料・庭 ・肥料・鉢 ・剪定 ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。●購入後の管理 ●庭植(植え場所:半日日陰になる場所) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。比較的乾燥には強いですが湿気には弱いので注意して下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO 塀に絡ませることをお考えの方は園芸ネットをご利用下さい。 ●鉢植え(置き場所:日当たりのよい場所) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 ツル性ですので絡める支柱をご用意下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約7日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。夏場は午前と午後与えて下さい。 ●肥料 ※肥料は与えすぎると木ばかりが大きくなり花咲きが悪くなります。どうしても肥料を沢山与えがちですが与えれば与えるほど木は元気になりますが花咲は悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。 ・庭植、庭植えともに一株あたり約3g与えて下さい。(与える時期は育て方の目安を参考にして下さい) その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 おすすめ有機化成肥料はこちら>>GO ●剪定、切り戻し 生育旺盛ですので夏〜秋にかけて行って下さい。込み合った枝や長くなった枝を切ってください。 コレといって決まりはありませんので自由に切ってください。 ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。 ●ポイント 夏場の水切れに注意して下さい。対処方法として刈り込みをし株を小さくして下さい。蒸散作用が治まります。

苗物 -> ハーブの苗物

【メカルドニア属】イエロー3号ポット

●品種特性 初夏〜晩秋までの長い期間にわたって、黄色い小花をジュータンのように咲かせます。 また暑さはもちろん、寒さにも大変強い耐寒性のある多年草です。植えっぱなしでも毎年楽しめるのが特徴ですので草押さえとしても人気があります。また伸びすぎが気になった場合は、気になる場所で適当にカットしてください。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、鉢植え ・花径:0.5〜0.8cm ・樹高:5〜8cm ・性状:耐寒性多年草 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐光性:半日程度陽射しが必要 ・学名:Mecardonia procumbens ・原産地:北米、南米・科名:ゴマノハグサ科・属名:メカルドニア属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所   日向  半日陰  日向 ・開花期   ・肥料・庭   ・肥料・鉢                ・鉢上                ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●植え込み事例   朝日が当たるか花壇に植えてありました。 黄色のジュータンのようにひろがっていて見事でした。 産直花だん屋で育てました。直径30cmのプランターに 一株植えました 約二ヶ月でここまで大きくなりました。 産直花だん屋で育てました。直径15cmの深型のテラコッタに一株植えました。 約2ヶ月で写真のような状態になりました。 ●購入後の管理 ●庭植(半日程度陽射しが必要です) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。比較的乾燥には強いですが湿気には弱いので注意して下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:日当たりのよい場所) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより3回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 植え込んだら3日間はたっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。夏場は午前と午後与えて下さい。 ●肥料おすすめ肥料はこちら>>GO 肥料は与えすぎると株ばかりが大きくなり花咲きが悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。与える肥料は化成肥料を与えて下さい。 ・庭植は一株あたり約50g与えて下さい。鉢植えは30g与えて下さい。 与える時期は「育て方の目安」を参考にして下さい。 その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 ●切り戻し 株が乱れてきたり、花咲きが悪くなってきたら切り戻して下さい。 夏場、蒸れやすいので梅雨〜お盆ごろまでは積極的に切り戻しを行って下さい。 ●鉢上げ 強健ですので毎年鉢上げを行うか、株分けを秋に行って下さい。 ●ポイント 夏の蒸れに弱いので、お盆ごろまではを与えないで下さい。蒸れてしまったら、蒸れたところをえぐるように取り除いて下さい。もしくは株分けを行って下さい。

苗物 -> 花の苗物

【ミカン属】レモン リスボン(一年生接木苗)4号LLポット

●品種特性 プランターでも収穫が楽しめることから人気のレモン!収穫後の用途も色々!ビタミンCがいっぱいのフルーツです。特にお手入れをしなくても鉢植えでも 地植えでも毎年実を楽しめます。ある程度の低温は大丈夫ですが零下が続く屋外ではかれてしまう場合がありますので その場合は屋内や雪や霜の当たらない場所で管理して下さい。 ●用途・性質 ・用途:鉢植え ・花径:2.5〜3cm ・樹高:1〜2.5cm ・性状:常緑低木 ・耐寒性:中(寒冷地は冬季室内へ) ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日程度の陽射しが必要 ・学名:Citrus limon ・原産地:インド ・科名:ミカン科  ・属名:ミカン属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所  日当たりの良い場所 ・開花期 花 実  ・肥料・鉢                ・鉢上                ・剪定                 ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。●苗が届いたら ●置き場所(日当たりのよい場所) 雪、霜が避けれる日当たりのよい場所で管理して下さい。 ●鉢植え(置き場所:半日日陰〜日向) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO  ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 2〜3日に一回は(注意、夕方は与えないで下さい) ※鉢上げを行わなくても収穫まで楽しめます。鉢上げは収穫後に行って下さい。 ●その後の管理   ●水やり 鉢植え:表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。夏場は午前と午後与えて下さい。 ●肥料おすすめ肥料はこちら>>GO 肥料は木が生長して花が付き始める頃から、3月、7月、9月、12月初めに有機化成肥料を与えてください。 約20〜30グラム与えて下さい。その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 ●剪定(定植後、2年目以降に行う) 剪定は3月に行い切り返し剪定は控えて、込み合った部分の枝を間引く、間引き剪定を主体にして下さい。 切り口から枯れこみ恐れがありますので必ずゆ合剤をぬって下さい。    ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。 鉢で楽しむことは限界がございます。ある程度の大きさになったら庭植えしていただくことをオススメします。 ●ポイント 低温に弱いので、寒い地域では、冬場は室内で管理したほうが無難です。  ●栽培レポート   ・コンテナサイズ:W45×H30cm 深型 ・植え株数:1株 ・置き場所:日当たりの良い露地 2008年に植え込みました。下記の画像は2010年からのレポートになります。 2010年10月12日 12月初めに有機化成肥料を50g与えました。 おすすめ有機化成肥料はこちら>>GO 2011年2月4日 冬越し 鉢上げ、剪定、切り戻しは行いませんでした。 雪が積もらない程度の軒下で管理しました。 寒さもマイナス3度ぐらいまでは耐えることが出来るようです。 葉が若干黄色くなりましたが枯れるようなことは無かったです。 3月初めに有機化成肥料を50g与えました。 おすすめ有機化成肥料はこちら>>GO 2011年5月9日 蕾がつき始めました。 2011年5月31日 葉の色も戻り一気に花を咲かせ始めました。 2011年6月29日 実が形成され大きくなってきました。 摘蕾(てきらい)・摘果(てきか)作業 沢山の実を付けたままにしておくと木が弱ってしまいます。 必ず摘果作業を行って下さい。 大きそうな実を一枝にひとつの割合で残し、後は全て取り除いて下さい。 今回は10個程度実を残し全て取り除きました。 ※柑橘類は沢山実を付けたままにすると翌年収穫できないことがあります。 7月初めに有機化成肥料を50g与えました。 おすすめ有機化成肥料はこちら>>GO 2011年8月4日 真夏は水やりを欠かさないようにして下さい。 朝一と昼からも与えました。 乾きが早い場合は半日日陰に移動して下さい。 9月初めに有機化成肥料を50g与えました。 おすすめ有機化成肥料はこちら>>GO 2011年10月7日 実が黄色くなってきました。 2011年11月10日 しっかり黄色になれば収穫摘記です。 摘果時に10個、実を残しましたが最終的には6個の実が収穫できました。 鉢上げについて 収穫のことを考えると鉢上げは毎年行った方が良いと思います。 選定について プランターですとさほど大きくなりません。込み合った枝や枯れた枝を選定する程度でよいと思います。  

苗物 -> 果物の苗物

【ゴーヤ自根苗】ゴーヤブランド3号ポット

●品種特性 作りやすいことから人気のゴーヤブランドです。サラダやおひたしに最適です。 近年の夏は以上に暑い日が続きます。そのため電気代も馬鹿にならないということでブームになっているグリーンカーテン!ゴーヤは病害虫に強いことからグリーンカーテンに適した植物です。また加熱してもビタミンCが失われにくいゴーヤは最近ではダイエット効果にも注目されています。  ●育 て 方 の 目 安   4月  5月 6月 7月 8月 9月  植付け期 下  初       収穫期         初   中 追肥    中     下  水やり間隔  3〜4 2〜3   毎日     ●苗が届いたら ◆鉢植え:  直径30cm程の深形プランターに一株が目安。  ◆培養土: 排水の良い市販の配合培養土。   おすすめ培養土はこちら>>GO ◆花壇・畑: 必ず転地返しを行い、固くしまっている場合は培養土を混ぜる。混ぜる土はこちら>>GO ◆肥料:一株に対し、化成肥料なら小さじ1杯。有機肥料なら大さじ1杯が目安。専用肥料はこちら>>GO 与える間隔は「育て方の目安」を参考に。与えすぎに注意し、液肥との併用は禁物。 ◆水やり:鉢植えは植え付け後、鉢底から水が出るまでたっぷり与える。その後は「育て方の目安」を参考に。花壇、庭植えは植え付け後3〜4日は毎日たっぷり与える。 その後は真夏以外はほとんど与えなくてよい。(注意、夕方は与えないで下さい) ◆日当たり: 半日以上、日のあたる屋外で管理。    グリーンカーテンに欠かせない園芸ネット! 住宅事情に合わせた色々なタイプやサイズを揃えております。(同梱できます) ☆ご注意&お願い ・商品が植物という特性上、色合いや大きさに若干の違いはございます。 ・輸送中に葉が若干痛む場合がございますが成長には問題ありませんのでご了承下さい。尚、転倒事故での痛みはご連絡下さい。  (1番下の写真がお届け苗の例です)  ●植え込み事例 長さ30cmの深型プランターに2株植えてありました。 長さ30cmの深型プランターに2株植えてありました。 病気名 症 状 対 策 有機減農薬品 カビによる病害 ベト病 うどんこ病 葉に白いカビが発生したり多角形の黄色い斑点ができ株を枯らす。 葉や茎に白いカビが発生する。 日当たりのよい場所で育て、肥料不足に注意する。 乾燥させない。肥料を控える。 黒酢殺菌 スプレー>>GO 害虫名 症 状 対 策 有機減農薬品 オンシツコナジラミ アザミウマ類 小さい白い虫が群生し、汁を吸う 葉裏、茎に黒い粉状のものが付く。 葉、花の汁を吸い、葉はかすり状になる。 有機系の予防薬を定期的に散布るる。発生したら手で取り除く、または殺虫する。 有機系の予防薬を定期的に散布るる。発生したら手で取り除く、または殺虫する。 ニームオイル スプレー>>GO りんご有機酸 スプレー>>GO ●栽培レポート ・コンテナサイズ:W39.5×D38×H35.3cm ・植え株数:1株  ・置き場所:日当たりの良い露地 6月30日 「プランターで作る野菜の土」で植え込みました。元肥は入れていません。 ●水やり 鉢底から水がたっぷり出るまで与えました。 植え込みから1週間ほどたったところでカレースプーン2杯肥料を与えました。 7月10日、「万能肥料」をティースプーン3杯与えました。 7月22日 3週間で苗もすっかり大きくなり、蕾も付きはじめました。 ゴーヤはアサガオと同じように、「緑のカーテンにも適する植物」といわれるのが納得。 見事なツルの生育、葉が生き生きしています。 8月4日 支柱からはみ出るまでにツルも生長しました。 花が咲きました。きゅうりの花より、花弁がしっかりしています。 ゴーヤの赤ちゃんも発見です。大きくなってね。 8月12日 あんどん仕立てにしました。時計回りであっているのかな・・ ゴーヤの葉を触っていると、夕飯のにおいがします(?)、我が家の? 香ばしいというか、ご飯のおかずのにおい(?)です。 実もかなり大きくなりました。 8月18日 初めての収穫です!この日はゴーヤチャンプルにしました! 9月2日、「万能肥料」をティースプーン3杯与えました。 9月16日 まだまだ収穫できていますが、下葉が黄色くなってきました。 黄色くなった葉の根元からハサミで切り落としました。 黄色くなった葉を全部取り除きました。風通しも良くなりました。 風通しを良くすることで、病気を防ぐことができます。 お店ではこのくらい緑の果色を見かけますが、今回は黄色く熟すまで収穫を待ちます。 9月22日 上記から6日後、黄色く熟しました。 ゴーヤがこんなに黄色く熟するなんて知らなかったです。 黄色のゴーヤ・・、きれいですね〜 実を切るとこんな感じ。 タネは真っ赤で、タネの表面を舐めてみるとゴーヤとは思えないほど甘くておいしいです! ゴーヤの熟したものはジャムにできるそうです。 作っても食べるかな?っと不安だったので、私は作りませんでしたが・・ 9月に入り、花も増えてこれから収穫も増えると期待してた頃、急に寒さが強まり、 収穫も途絶えてしまいました。 10月20日 収穫の感謝の気持ちを込めて処分しました。 ●感想  5月上旬に苗を植えたのですが、病気が出てしまい処分しました。その後もう一度苗を植えなおしての観察のため、時期が遅れてしまい、そして今年は長雨にも見舞われ(梅雨入りしてからお盆まで)、日照時間、葉が乾いている時間が短く、野菜を育てる環境としては良くありませんでしたが、それでも収穫はできました。  近所の方がカーポートの横に長方形のプランター(花苗を植えている巾60cm×高さ15cm程度)でゴーヤを育てていて、緑のカーテンとしても大活躍していましたが、ツルを伸び伸びと育てていたためか収穫量がすごかったです!あんどん仕立てはどうしても日照、風通しも不足するので、ゴーヤはやはり「伸び伸び」が一番いいように思いました。しかしコンテナでも、収穫したゴーヤの行く末を案じることがない程度にしっかり収穫できました!

苗物 -> 野菜の苗物

【アジサイ属】アルボレッセンスアナベルホワイト  4号ポット

●品種特性 アルボレッセンスは、春に伸びた新枝に花芽ができ開花するので、花後すぐに切り戻す必要はなく、次の年の3月までに剪定すればよいので、ドライフラワー状態になったきれいな花がらを長く楽しむことができます。 「アナベル」は、手種型の一重咲き。つぼみは緑色で徐々に花色が白になり、花が進むと緑色に変化します。根をしっかり張らすと直径20〜30cm前後の毬のような大輪の花を咲かせ、たいへん見ごたえがあります。ドライフラワーに適しています。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、鉢植え ・花径:15〜20cm ・樹高:1〜1.5cm ・性状:落葉低木 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日程度の陽射しが必要 ・学名:Hydrangea arborescens  ・和名:アメリカノリノキ、西洋アジサイ  ・別名:アメリカアジサイ  ・原産地:北米(園芸品種) ・科名:アジサイ科 ・属名:アジサイ科 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所       半日程度の陽射しが必要 ・開花期 ドライ ・肥料・庭   ・肥料・鉢                ・剪定                ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●植え込み事例 直径20cmぐらいの大きな花を咲かせます。 遠く離れた場所からでも存在感がある花です。 咲き始めはライムグリーの花色です。 ライムグリーンから徐々に白く変化して行きます。 ↓南側、半日日陰になる場所に植え込んでありました。 落葉後、毎年地際から10cmぐらいまで刈り込むそうです。 放任栽培で毎年綺麗に咲いてくれるそうです。7年目   ↓東側で朝日は当たりますが南からの日当たりは悪い場所でした。 一鉢から毎年株が大きくなり、今年で8年目、今では写真のように2mぐらいの株になったそうです。 花が重いので支柱を立てて倒れないようにすると長期間楽しめるそうです。 ↓南側で一日中日の当たる場所でした。 砂利のようなところに植えてありましたが毎年、綺麗に咲くそうです。 本来の背丈はありませんでした。 ●苗が届いたら ●庭植(植え場所:日陰〜半日日陰) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:日陰〜半日日陰) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ2杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約5日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:乾燥には強いですが、表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。 ●肥料(↑育て方の目安参照) 与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。庭植、鉢植えともに一株あたり約5〜10g与えて下さい。※肥料は与えすぎると葉ばかりが茂り花咲きが悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 おすすめ有機肥料はこちら>>GO ●剪定(落葉時に行う) 春に延びた新芽に花を付けますので、落葉後に行って下さい。地際から10cm程度の高さまで切戻して下さい。毎年行うことで株が大きくなると同時に分枝も沢山しますので花数が増えます。 ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。鉢で楽しむことは限界がございます。ある程度の大きさになったら庭植えしていただくことをオススメします。 ※花が大きく重いので枝が折れないように支柱を立てて下さい。  

苗物 -> 花の苗物

【コンウォルウルス属】コンボルブルスブルーカーペット3号ポット

●品種特性 広がるように初夏に開花するコンボルブルス日当たりのよい場所に植えれば毎年開花し年々広がってくれます。大変丈夫で育てやすい品種です。 ●用途・性質 ・用途:鉢植え、草押さえ、石垣 ・花径:3〜4cm ・草丈:10〜15cm(這性) ・性状:耐寒性多年草 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日以上の陽射しが必要 ・学名:Convolvulus sebatius ・原産地:地中海沿岸 ・科名:ヒルガオカ科 ・属名:コンウォルウルス属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所  半日以上の陽射しが必要    ・開花期   ・肥料:鉢                ・肥料:庭                ・切戻し                 ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●植え込み事例   産直花だん屋で育てました。 すくすくと育ってくれました。肥料が多いと蒸れるので注意してください。 這うように広がるので少し背の高いコンテナが似合うと思います。 南側の日当たりの良い石垣に植えてありました。 ご近所の石垣に、毎年鮮やかに這うように咲いてます。 環境がいいのか年々株が大きくなって行きます。 南西側の花壇に植えてありました。 ここも毎年、咲いてくれて年々株が大きくなるそうです。  ●苗が届いたら ●庭植(植え場所:半日以上の陽射しが必要) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。比較的乾燥には強いですが湿気には弱いので注意して下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:半日以上の陽射しが必要) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、小さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植え、鉢植えともにたっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい)   ●管理レポート ・コンテナサイズ:一辺が15cm ・植え株数:1株 ・置き場所:日当たりのよい軒下 4月15日 「鉢底に敷く軽石」を鉢全体の3分の1入れ、「万能培養土」で植え込みました。元肥は入れていません。 植え込みから1週間ほどたったところで「万能肥料」をティースプーン1杯与えました。 水やり 水やりの基本は表面の土が白くなったら与えるですが、定期的に与えても問題ありません。 与えるときは鉢底からどぼどぼ水が出るまで与えて下さい。 鉢の中の古い水を全て押し出すイメージでたっぷり与えて下さい。 5月25日 株もおおきくなり次々と花を咲かせて着ました。 ・水やり 暖かな日が多くなるにつれ、土も乾きやすくなります。 この頃は1〜2日に1度、午前中に鉢底からたっぷりと水が流れ出すまで与えました。 肥料はティースプーン1杯与えました。 肥料が多いと根腐れの原因に繋がります。少量で、すこし痩せ気味に管理して下さい。 もちろん液肥も与えないようにして下さい。 満開状態になったら大きな切戻しは行わず終わった花を茎から切る程度にして下さい。 6月25日 開花期も終わり夏越しのための切戻しをします。 あまり神経質にならず思い切ってきり戻して下さい。 風通しが良くなるようにきり戻して下さい。 コンボルブルスは夏場、蒸れやすいので気温が下がるごろまで刈り込みを続けて下さい。 ●刈り込み後の管理 ・置き場所:半日以上の日が当たる場所で管理して下さい。 水やり:切戻し後は今までのような蒸散はしませんので、 一日おきにたっぷり午前中に与えて下さい。株が大きくなるにつれ水やり回数は増やして下さい。 ・肥料は気温が下がるごろまで与えません。 9月5日 夏越しも上手くできました。鉢上げを行って下さい。 この時期鉢上げを行うことで根が増え、来年芽吹きが増え開花も増えます。 ●冬越し 切戻しを行って下さい。 置き場所:日当たりのよい場所で管理して下さい。 寒さが厳しい地域の方は夜間は玄関先に取り込んで下さい。 水やり:ほとんど乾きませんが2週間に1回は鉢底からどぼどぼ出るぐらい与えて下さい。 肥料:2ヶ月に1回ティースプーン1杯与えて下さい。 葉が枯れてしまった場合は日当たりのよい凍結しないところで管理して下さい。 春先に芽が出るまで放置しといて下さい。葉が吹いてきたら管理を開始して下さい。  

苗物 -> 花の苗物

【ミニトマト自根苗】極甘!天使のトマト3号ポット

●品種特性 必ずリピートしたくなる品種です。昨年栽培されお客様が秋には来年の予約をしてくるぐらい人気の品種です。とにかく極甘!栽培しやすいと評価をいただいております。またスーパーでは出回らない品種で一房最大21個収穫(地植え時) できます。また甘み評価が一番高かった品種です。 減農薬でいけるミニトマト  ●育 て 方 の 目 安   4月  5月 6月 7月 8月 9月  植付け期 中         収穫期      下      下 脇芽摘み     下       芯止め      中    上 追肥    下     上 支柱立て  下 水やり間隔  3〜4 2〜3   毎日     ●苗が届いたら  ◆鉢植え: 直径30cm程の深形プランターに一株が目安。トマトは実が成る向きがあります。最初の花が咲くまでは植えないで下さい。花が咲いたら花を日当たりに向け植え込んで下さい。   ◆培養土: 排水の良い市販の配合培養土。  おすすめ培養土はこちら>>GO ◆花壇・畑: 必ず転地返しを行い、固くしまっている場合は培養土を混ぜる。混ぜる土はこちら>>GO ◆肥料: 葉色が濃いようでしたら必要ありません。最初の実が付いてから次の花があまり多くないようなら一株に対して大さじ2〜3杯追肥して下さい。一株に対し、化成肥料なら小さじ1杯。専用肥料はこちら>>GO 与える間隔は「育て方の目安」を参考に。与えすぎに注意し、液肥との併用は禁物。 ◆水やり: 鉢植えは植え付け後、鉢底から水が出るまでたっぷり与える。その後は「育て方の目安」を参考に。花壇、庭植えは植え付け後3〜4日は毎日たっぷり与える。表面の土が乾いたらたっぷり与えるが基本ですが。少し乾かしぎみの方が良いです。ただし夏場は雨の日以外は毎日午前中に与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ◆日当たり:半日以上、日のあたる屋外で管理。  ◆コンパニオ ンプランツ 一緒に植えると、病害虫を防いだり、成長を促進したり、収穫量が増えたり、風味や芳香を良くしたり等、様々な良い効果を生み出すと言われています。 バジル苗はこちら>>GO   ☆ご注意&お願い ・商品が植物という特性上、色合いや大きさに若干の違いはございます。 ・輸送中に葉が若干痛む場合がございますが成長には問題ありませんのでご了承下さい。尚、転倒事故での痛みはご連絡下さい。  (1番下の写真がお届け苗の例です)  病気名 症 状 対 策 ウィルスによる病害   モザイク病  細菌による病害   斑点細菌病 カビによる病害   根腐病 葉がモザイク状になり、萎縮し黄変する。 葉に黄色に縁取られた黒い斑点が発生する。 地上部が日中しおれ、夜間になると回復する。 ウィルスを媒介するアブラムシを駆除する。葉を取る。 発祥したら殺菌剤を4〜5日おきに散布。 肥料を適量にする。固形肥料と液肥を併用しない。 害虫名 症 状 対 策 アブラムシ ハダニ類 新芽や新葉に群生し植物の汁を吸う。病気を媒介する。 植物の汁を吸い、葉が白っぽくなる。 有機系の予防薬を定期的に散布るる。発生したら手で取り除く、または殺虫する。 有機系の予防薬を定期的に散布るる。発生したら手で取り除く、または殺虫する。 ●栽培レポート 近年のミニトマトは収穫量が多くとにかく甘い 野菜なのにフルーツ感覚で食べられるから子供から大人まで大人気の夏野菜です。 また、栽培する場所も選ばすベランダで簡単に栽培できるのも人気のひとつです。 それでは栽培方法をお伝えしたいと思います。 1、培養土:市販の野菜の配合培養土でOKです。 2、コンテナサイズ:直径30〜35cmの深型(H約30cm)を必ず選んで下さい。 ※ポイント必ず排水を確保するために鉢底に軽石を敷いて下さい。 ●当店自慢の鉢底に敷く軽石はこちら>>GO こんな感じに植えます。 3、植えた後の水やり:バケツ2杯分の水を3〜4回に分けてたっぷり与えて下さい。 ※コンパニオンプランツ:バジルと一緒に植えると病害虫の駆除になると同時に甘さが益します。 ●バジルはこちらのページで販売中>>GO 4、支柱1回目:写真は支柱を立てていませんが割り箸でよいので苗が倒れないようにして下さい。 5、植えたときの肥料:肥料が配合されている培養土の場合は与えません。 入っていない場合は約5gプランターの淵に与えます。 6、その後の水やり:4月〜5月中頃までは一日おきにたっぷり午前中に与えて下さい。 7、支柱2回目:2週間もするとかなり大きくなります。支柱を立てて下さい。 茎と支柱の間で八の字ねじりで棒側に結び目がくるように結び付ける 8、わき芽取り ミニトマトを栽培するうえで重要な作業です。 ミニトマトは1本の茎を伸ばして仕立てます。 わき芽が多いと実まで栄養が行かず十分な収穫ができません。 大きくなる前に早めに取り除いて下さい。 9、追肥:ミニトマトは肥料を沢山与えると株ばかりが大きくなり収穫量が減ってしまいます。 与えすぎのサインは葉色が濃い、花が咲かないです。 ポイントは一度に大量に与えてはダメ!葉の色を見ながらこまめに少量づつ与えるのがポイントです。 間隔は2〜3週間に一度5g〜10g与えます。 注意:真夏は暑さの影響で花が咲きづらくなります。 痩せていると勘違いして与えすぎないように注意して下さい。 夏場は少し痩せぎみに管理したほうが良いです。 10、支柱強化:実がついてくると枝が折れやすくなるので支柱を強化してください。 11、芯止め:大きくなりすぎたら茎の一番高いところを切ります。 ミニトマトは生育旺盛ですのでどうしても背が高くなったり株が乱れたりします。 またベランダで栽培するうえでもコンパックとに栽培したいものです。 思い切って切ってください。 12、収穫 ミニトマトは実が裂けやすいので早めに収穫して下さい。 また、雨が当たると避けやすいので天気に注意して下さい。 その後はわき芽を大きくし収穫量を増やして下さい。 一度、挑戦してみて下さい。

苗物 -> 野菜の苗物

【アブティロン属】チロリアンランプ 3.5号ポット

●品種特性 アブチロンは常緑のつる性植物です。熱帯の花木ですが温暖な地域(関東より西の太平洋側)であれば屋外越冬可能な場合が多いので、塀やフェンスに絡めて一年中楽しむこともできます。また開花期間が長く晩秋まで開花し、お手入れも簡単で丈夫な品種です。 日照不足になると、花付きが極端に悪くなるので日当たりと風通しのよい場所で管理して下さい。 ●用途・性質 ・用途:塀やフェンスに絡める、      鉢植え行灯仕立て ・花径:2.5〜3cm ・性状:常緑つる性低木 ・耐寒性:中(1〜3℃は必要) ・耐暑性:強 ・耐陰性:(半日以上の日当たりが必要) ・学名:Abutiion megapotamicum ・和名:ウキツリボク ・英名:trailing abutilon ・原産地:ブラジル ・科名:アオイ科 ・属名:アブティロン属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所   半日以上の日当たりが必要 ・開花期   ・肥料・庭   ・肥料・鉢                ・剪定                ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●植え込み事例   西側の西日しかあたらないようなところでしたが元気よく咲いていました。 ●購入後の管理 ●庭植(植え場所:半日以上日が当たる場所) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。比較的乾燥には強いですが湿気には弱いので注意して下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO 塀に絡ませることをお考えの方は園芸ネットをご利用下さい。 園芸ネットはこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:日当たりのよい場所) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより1回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約7日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。夏場は午前と午後与えて下さい。 ●肥料 秋まで開花が続きますので定期的に与えて下さい。(↑育て方の目安参照) 与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。庭植、鉢植えともに一株あたり約10〜15g与えて下さい。 おすすめ有機化成肥料はこちら>>GO ※肥料は与えすぎると葉ばかりが茂り花咲きが悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 ●剪定、切り戻し 葉、枝がうっそうとしてきたり伸びすぎて邪魔になるようでしたら枝を透くように切り戻して下さい。 時期はいつでもOKです。 ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。鉢で楽しむことは限界がございます。ある程度の大きさになったら庭植えしていただくことをオススメします。 ●ポイント 耐寒温度はいまひとつ確立されておりません。寒さにさほど強くないと言われていますが植える場所によっては越冬すると言われています。よって大きくなるまでは鉢植えで楽しみながら自分の地域では越冬する地域なのかを確かめて下さい。

苗物 -> 花の苗物

【植え込んでお届け】日々草フラワーパウチ!花色:ホワイト

 【実際の花色とは若干異なります】 真夏の太陽を浴びて花咲く日々草(ビンカ)。ひと花の寿命は短いですが名前のとおり毎日咲くと言っても良いくらいの元気な花です。暑さに強く直射日光が一日あたりぱなしでも元気欲咲いてくれます。初夏〜晩秋にかけて霜が降りる頃まで楽しめる花です。 こんもりとした草姿に株いっぱいに花を咲かせてくれますのでご近所の注目の的は間違いありません。栽培のポイントとして水をたっぷり与えること。肥料の与えすぎに注意し、枝葉が伸びすぎたら切り戻しをして下さい。長く綺麗に楽しめます。 ・ サイズ:W21.5×H54cm 注:S字フックは含まれておりません。 ・ 掛け場所 (届いてから1週間は寝かして管理して下さい) 半日程度の日当たりがある屋外に掛けて下さい。フェンスや玄関扉またS字フックを使えばお好きな場所に簡単に掛けられます。また移動も手軽にできますので色々な場所で楽しんで下さい。 注、まだ夜間の気温が5℃以下になる地域の方は夜間だけ玄関内に取り込んでください。 ・ 水やり 乾いたら袋の下から水がドボドボ出るまで与えて下さい。2から3回に分けて与えて下さい。乾いた時の重さと、水を与えた時の重さの違いを実感していただけると、水やりの失敗がなくなります。必ず晴れた日の午前中、高温期は午後にも与えて下さい。 ・春〜初夏:2日に1回 ・初夏〜秋:1日に1〜2回 注:夕方以降は与えないで下さい。 底穴から水が出続けるまでたっぷりと与えて下さい。     ・ 肥料 植え込み時に与えてあります。到着後1ヶ月後に与えて下さい。弊社万能肥料であれば付属のスプーン2杯を上部から与えて下さい。 与えすぎは枯れや腐り花咲が悪くなる原因になります。 液肥との併用は絶対にお止め下さい。 ・ 栽培ポイント 咲き終わった花は茎ごと取り除いて下さい。放置しておくと種を付け、株が弱ってしまいます。また、株の内部にある枯れた葉も取り除いて下さい。病気の発生が抑えられます。 ※ お届け予定日について 現在注文が大変込み合っております。 なるべく早く発送いたしますがご指定はご遠慮ください。 ※  同梱について 他の商品との同梱は商品形状上、お断りする場合がございます。ご了承下さい。   ※ まとめ買い送料割引(10,800円以上送料無料)の対象外となりますのでご了承下さい。  「これは どうなっているのかしら?」 と思わず近づいて見てみたくなるような不思議なアレンジ。   実は これ フラワーパウチと呼ばれている 穴の開いた丈夫な袋で仕上げてあるのです。 軽くて丈夫な袋に植え込んであるので、色々な場所に気軽に掛けて楽しめるのが特徴。 今まで場所がないからとあきらめていた方にも最適です。  掛ける場所は色々!事例紹介    殺風景なフェンスや塀を掛けるだけで華やかにしてくれます。 その他ベランダの手すりの空いた部分に!外壁などにも! お庭のフェンスや塀で道行く人にアピール!侵入防止にも役立ちます。  サッと動かせる手軽さなので、「見たい位置」「楽しみたい位置」に気軽に掛けられます。 「でも・・作るのは苦手だし 時間もないし 面倒だし・・・」 というあなたのために! 熟練のスタッフが丁寧に植え込んでお届けします。     もちろん農場直送!鮮度抜群!生産農場で沢山の苗から選び出した特選苗を、ポットである程度大きく 育ててから生産農場で植え込んでいます。よって株の揃いが良く均等に育ってくれます。 また、お客様への発送のその日まで生産農場で管理しているので鮮度は驚くほど抜群です!    何度でも再生できるから長く楽しめます。 切り戻し後は肥料を5g与えて下さい。    花色、品種は問いません!3個で送料無料! 

花 -> 鉢花

【フジウツギ属】ブッドレアアルタニフォリア3号ポット

●品種特性 勢力旺盛に育つので生垣のようになって目隠しにもなります。 湿気を嫌うので、日当たりと風通しのよい場所が最適です。秋まで咲かせるコツは剪定を繰り返すことですが大株にしすぎないために、冬は強剪定をしてください。 「アルタニフォリア」は、伸びた枝に藤色の丸状の花房を密に咲かせます。 庭植えや切花に最適です。 ●用途・性質 ・地植え・鉢植え・プランター植え・切花 ・花穂長:調査中 ・樹高:2〜3m(地植・鉢植) ・性状:落葉低木 ・学名:Buddleja   ・原産地:中国、日本 ・科名:フジウツギ科 ・属名:フジウツギ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期 ・植え場所 半日以上の陽射しが必要 ・開花期 落葉 ・肥料・庭 ・肥料・鉢 ・剪定 水やり:表面の土が乾いたら与えて下さい。 (1番下の写真がお届け例です) ☆ご注意&お願い ・商品が植物という特性上、色合いや大きさに若干の違いはございます。 ・輸送中に葉が若干痛む場合がございますが成長には問題ありませんのでご了承下さい。尚、転倒事故での痛みはご連絡下さい。●苗が届いたら ●庭植(植え場所:半日以上の陽射しが必要) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。比較的乾燥には強いですが湿気には弱いので注意して下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:半日以上の陽射しが必要) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより1回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約7日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。 夏場は午前と午後与えて下さい。落葉期はほとんど与えなくてもOKです。 ●肥料おすすめ肥料はこちら>>GO ※肥料は与えすぎると木ばかりが大きくなり花咲きが悪くなります。どうしても肥料を沢山与えがちですが与えれば与えるほど木は元気になりますが花咲は悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。一株あたり約10g与えて下さい。 その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 ●剪定 1回目の開花が終わったら切り戻して下さい。20〜30日後にまた開花が始まります。地域によって異なりますが10月中下旬ごろまで楽しめます。また秋の開花終了後、地際から10〜20cmの高さで切り戻して下さい。翌年綺麗な草姿で楽しめます。 ●鉢上げ 1〜2年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に芽吹いてきたら上げて下さい。

苗物 -> 花の苗物

【ジャノヒゲ属】玉竜 40ポットセット

●品種特性 庭作りお買い得タマリュウ企画。40ポットで畳半畳を被覆できます。 大量の株数により広い面積を被覆していただく為に御用意いたしました。植木類の保護の為の下草として、玄関や飛び石周りの緑化被覆としてご利用下さい。 ●用途・性質 ・用途:庭植え ・開花期:7月〜8月 ・草丈:約5〜10cm ・性状:耐寒性多年草 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日程度の陽射しが必要 ・学名:Ophiopogon japonicus ker.f.nanus fort ・英名:Dwarf mondo grass ・原産地:日本・中国 ・科名:キジカクシ科 ・属名:ジャノヒゲ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期 ・植え場所 半日程度の 陽射しが必要 ・開花期 ・肥料:鉢 ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●苗が届いたら ●庭植え 植える場所が排水が悪い場合は市販の培養土を混ぜて下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO その後、畳半畳分を被覆するように均等に玉竜を仮置きします。仮置き後植え込みます。 ●肥料 一株に対し、小さじ0.5杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 3日間はたっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい)   ●その後の管理 ・水やり 基本的には与える必要はございませんが真夏に葉先が茶色く焼けたようになるようでしたら水を与えて下さい。 ・肥料 春先と晩秋に与えて下さい。    

苗物 -> 花の苗物

【ヤブラン属】斑入り葉ヤブラン 3.5号Lポット

●品種特性 斑入り葉と紫の花のコントラストが美しいヤブランです。ヤブランは日本の樹林の下草として自生している植物なので、日本の日陰になりがちな家回りや庭でも花が咲き葉が鮮やかです。開花期は初秋の頃、高さ30cmほどの細い花茎が立ち、お洒落な花を多数付けます。コンテナ植えももちろん楽しんでいただけます。 また、大変強健で生育旺盛ですので一度根付いてしまえば放任栽培でOKです。 増やしたい場合には春か秋に株分けをして下さい。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、鉢植え(日陰の草押さえ) ・花径:約1〜1.5cm ・草丈:30〜40cm ・性状:常緑多年草 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:強 ・学名:Liriope muscari(=L.platyphylla) ・別名:セイヨウキランソウ(西洋綺欄草) ・原産地:日本〜中国 ・科名:スズラン科(ユリ科) ・属名:ヤブラン属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期 ・植え場所 日陰〜半日日陰 ・開花期 ・肥料・庭 ・肥料・鉢 ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。●植え込み事例 日当たりがさほど良くないところでしたが綺麗に咲いていました。 群集させることでブルーの花が際立っていました。 前中に少し日が当たるアプローチに斑入りヤブランが植えてありました。 セトクレアセアと寄せて植えてありこじゃれたシェードガーデンになっていました。 玄関のモニメントの下に斑入りヤブランが植えてありました。 洋風の玄関によく似合っていました。 夏の葉の様子です。鮮やかな斑入りでお庭のアクセントになっていました。 日当たりの良いアプローチにロイヤルパープルが植えてありました。 高低差のあるアプローチになりお洒落な感じになっていました。 花木の木陰にロイヤルパープルが植えてありました。 花木の下の方が枯れ上がってしまい寂しくなっていたので植えたそうです。 ●購入後の管理 ●庭植(植え場所:明るい日陰〜半日日陰になる場所) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:明るい日陰〜半日日陰になる場所) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより3回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約5日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ※真夏、真冬ともに葉焼けしたとしても、枯れることはありません。 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。夏場は午前と午後与えて下さい。 ●肥料 あまり必要としません。年間に1回で十分です。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。 与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。 ・庭植、鉢植え:春に一株あたり約5g与えて下さい。おすすめ有機化成肥料はこちら>>GO  ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。鉢で楽しむことは限界がございます。ある程度の大きさになったら株分けか庭植えにしていただくことをオススメします。 ●ポイント 株が小さい時は雑草に負けてしまう場合がございます。ある程度の大きさになるまで草取りを行って下さい。

苗物 -> 花の苗物

【ミニトマト自根苗】極甘!こころ 3号ポット

●品種特性 昨年デビューで大人気!口当たりが大変良く、皮が残るのが苦手なお子様や年配の方にオススメ!甘味も強く、育てやすい品種です。  ●育 て 方 の 目 安   4月  5月 6月 7月 8月 9月  植付け期 中         収穫期      下      下 脇芽摘み     下       芯止め      中    上 追肥    下     上 支柱立て  下 水やり間隔  3〜4 2〜3   毎日     ●苗が届いたら  ◆鉢植え: 直径30cm程の深形プランターに一株が目安。トマトは実が成る向きがあります。最初の花が咲くまでは植えないで下さい。花が咲いたら花を日当たりに向け植え込んで下さい。   ◆培養土: 排水の良い市販の配合培養土。  おすすめ培養土はこちら>>GO ◆花壇・畑: 必ず転地返しを行い、固くしまっている場合は培養土を混ぜる。混ぜる土はこちら>>GO ◆肥料: 葉色が濃いようでしたら必要ありません。最初の実が付いてから次の花があまり多くないようなら一株に対して大さじ2〜3杯追肥して下さい。一株に対し、化成肥料なら小さじ1杯。専用肥料はこちら>>GO 与える間隔は「育て方の目安」を参考に。与えすぎに注意し、液肥との併用は禁物。 ◆水やり: 鉢植えは植え付け後、鉢底から水が出るまでたっぷり与える。その後は「育て方の目安」を参考に。花壇、庭植えは植え付け後3〜4日は毎日たっぷり与える。表面の土が乾いたらたっぷり与えるが基本ですが。少し乾かしぎみの方が良いです。ただし夏場は雨の日以外は毎日午前中に与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ◆日当たり:半日以上、日のあたる屋外で管理。  ◆コンパニオ ンプランツ 一緒に植えると、病害虫を防いだり、成長を促進したり、収穫量が増えたり、風味や芳香を良くしたり等、様々な良い効果を生み出すと言われています。 バジル苗はこちら>>GO   ☆ご注意&お願い ・商品が植物という特性上、色合いや大きさに若干の違いはございます。 ・輸送中に葉が若干痛む場合がございますが成長には問題ありませんのでご了承下さい。尚、転倒事故での痛みはご連絡下さい。  (1番下の写真がお届け苗の例です)  病気名 症 状 対 策 ウィルスによる病害   モザイク病  細菌による病害   斑点細菌病 カビによる病害   根腐病 葉がモザイク状になり、萎縮し黄変する。 葉に黄色に縁取られた黒い斑点が発生する。 地上部が日中しおれ、夜間になると回復する。 ウィルスを媒介するアブラムシを駆除する。葉を取る。 発祥したら殺菌剤を4〜5日おきに散布。 肥料を適量にする。固形肥料と液肥を併用しない。 害虫名 症 状 対 策 アブラムシ ハダニ類 新芽や新葉に群生し植物の汁を吸う。病気を媒介する。 植物の汁を吸い、葉が白っぽくなる。 有機系の予防薬を定期的に散布るる。発生したら手で取り除く、または殺虫する。 有機系の予防薬を定期的に散布るる。発生したら手で取り除く、または殺虫する。 ●栽培レポート 近年のミニトマトは収穫量が多くとにかく甘い 野菜なのにフルーツ感覚で食べられるから子供から大人まで大人気の夏野菜です。 また、栽培する場所も選ばすベランダで簡単に栽培できるのも人気のひとつです。 それでは栽培方法をお伝えしたいと思います。 1、培養土:市販の野菜の配合培養土でOKです。 ●当店の自慢のプランター栽培専用野菜の土を一度お試しください>>GO 2、コンテナサイズ:直径30〜35cmの深型(H約30cm)を必ず選んで下さい。 ※ポイント必ず排水を確保するために鉢底に軽石を敷いて下さい。 ●当店自慢の鉢底に敷く軽石はこちら>>GO こんな感じに植えます。 ●全て揃った栽培セットはこちら>>GO 3、植えた後の水やり:バケツ2杯分の水を3〜4回に分けてたっぷり与えて下さい。 ※コンパニオンプランツ:バジルと一緒に植えると病害虫の駆除になると同時に甘さが益します。 ●バジルはこちらのページで販売中>>GO 4、支柱1回目:写真は支柱を立てていませんが割り箸でよいので苗が倒れないようにして下さい。 5、植えたときの肥料:肥料が配合されている培養土の場合は与えません。 入っていない場合は約5gプランターの淵に与えます。 6、その後の水やり:4月〜5月中頃までは一日おきにたっぷり午前中に与えて下さい。 7、支柱2回目:2週間もするとかなり大きくなります。支柱を立てて下さい。 茎と支柱の間で八の字ねじりで棒側に結び目がくるように結び付ける 8、わき芽取り ミニトマトを栽培するうえで重要な作業です。 ミニトマトは1本の茎を伸ばして仕立てます。 わき芽が多いと実まで栄養が行かず十分な収穫ができません。 大きくなる前に早めに取り除いて下さい。 9、追肥:ミニトマトは肥料を沢山与えると株ばかりが大きくなり収穫量が減ってしまいます。 与えすぎのサインは葉色が濃い、花が咲かないです。 ポイントは一度に大量に与えてはダメ!葉の色を見ながらこまめに少量づつ与えるのがポイントです。 間隔は2〜3週間に一度5g〜10g与えます。 注意:真夏は暑さの影響で花が咲きづらくなります。 痩せていると勘違いして与えすぎないように注意して下さい。 夏場は少し痩せぎみに管理したほうが良いです。 10、支柱強化:実がついてくると枝が折れやすくなるので支柱を強化してください。 11、芯止め:大きくなりすぎたら茎の一番高いところを切ります。 ミニトマトは生育旺盛ですのでどうしても背が高くなったり株が乱れたりします。 またベランダで栽培するうえでもコンパックとに栽培したいものです。 思い切って切ってください。 12、収穫 ミニトマトは実が裂けやすいので早めに収穫して下さい。 また、雨が当たると避けやすいので天気に注意して下さい。 その後はわき芽を大きくし収穫量を増やして下さい。 一度、挑戦してみて下さい。

苗物 -> 野菜の苗物

【キンポウゲ属】ラナンキュラスゴールドコイン 3号ポット

●品種特性 4〜6月にかけてまるで黄金のじゅうたんのようにツヤのあるラナンキュラスに似た直径1〜1.5cm位の小さな八重咲きの可愛い小花を一面に咲かせます。 1度植えれば、ほふく枝を伸ばし茎葉を出して年々広がりますので丈夫なグラウンドカバーとしても最適です。 排水の良い場所で日陰〜半日陰になるような所が最適です。 名前の由来はラナンキュラスのような花を咲かせるところから来ています。本来はキンポウゲ属の仲間です。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、鉢植え行灯仕立て ・花径:1〜1.5cm ・樹高:15〜20cm ・性状:耐寒性多年草 ・耐寒性:強(-5℃) ・耐暑性:強 ・耐陰性:強 ・学名:Ranunculus repens cv. Gold coin ・別名:ヤエキンポウゲ(八重金鳳花)、      ハイキンポウゲ(這い金鳳花)、 ・原産地:ヨーロッパから中近東 ・科名:キンポウゲ科 ・属名:キンポウゲ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所   日陰〜半日日陰 ・開花期   ・肥料・庭     ・肥料・鉢                ・切り戻し                ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●植え込み事例 ほとんど日の当たらない庭に植えてありました。 ヒューケラ、ギボシなどお手本のようなシェード(日陰)ガーデンでした   木陰になるところに植えてありました。 一株植えたら3年でここまで広がったそうです。 日陰の草押さえに良いと喜んでみえました。 ●購入後の管理 ●庭植(植え場所:日陰〜半日日陰になる場所) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:日当たりのよい場所) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより3回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、小さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約5日間、冬場で約2日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。夏場は午前と午後与えて下さい。 ●肥料 少し痩せ気味の方が病気にもかかりにくく良いです。与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。 ・庭植:定期的に一株あたり約3g与えて下さい。 ・鉢植:定期的に一株あたり約3g与えて下さい。 その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 おすすめ有機化成肥料はこちら>>GO ●切り戻し 夏〜秋にかけて切り戻して下さい。適当でOKです。 ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。鉢で楽しむことは限界がございます。ある程度の大きさになったら株分けか庭植えにしていただくことをオススメします。 ●ポイント 大変強健な品種ですので与えすぎに注意して下さい。

苗物 -> 花の苗物

送料無料!【ガマズミ属】オオデマリ白花6号ポット

●品種特性 アジサイを小型にしたようなボール型の花を株いっぱいに咲かせるオオデマリは庭木として人気の品種です。花色が変化するのも特徴です。清楚で純白な豪華な花を咲かせ、秋には紅葉も楽しめます。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、鉢植え ・花径:5〜6cm ・樹高:2〜3m ・性状:落葉性低木 ・学名:Viburnum dilatatum ・別名:手まり花 ・原産地:日本、北アジア ・科名:スイカズラ科 ・属名:ガマズミ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所    日当たりの良い場所   ・開花期   ・剪定                ・花芽分化                ・肥料・庭   ・肥料・鉢                ・鉢上                 ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。   ●植え込み事例   南側の日当たりの良い玄関先に植えてありました。 開花が始まったばかりでまだ花がライムグリーンで鮮やかでした。 放任で育てているとのことでした。毎年沢山花を咲かせてくれるとのことでした。 樹高約2mぐらいでした。 南側の日当たりの良い花壇に植えてありました。 株全体にびっしり花が咲いていて見事でした。 放任で育てているとのことでした。毎年沢山花を咲かせてくれるとのことでした。 樹高約3.5mぐらいでした。 産直花だん屋で鉢植え栽培したものです。 鉢植えだから花(花径)が小さくなるかと思いましたが意外と小さくなりませんでした。 苗から育てて約1年でこのような状態になりました。 剪定はほとんど行っておりません。 乾燥を嫌うので夏場は午前と午後に与えました。 樹高約1m ●購入後の管理 ●庭植(植え場所:日当たり良い場所) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:日当たりの良い場所) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ2杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 夏場で約7日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●水やり ・庭植:基本与える必要はありませんが、夏場に日照りが続き葉先が焼けるようでしたら与えて下さい。 ・鉢植:表面の土が白く乾いたら当てて下さい。夏場は午前と午後2回与えて下さい。 ●肥料 ・庭植:冬場に1回、与えて下さい。 ・鉢植え:開花終了後と冬場の2回与えて下さい。 ●剪定 落葉時に行いますが、強剪定は行わないで下さい。花付が悪くなります。伸びた枝や内向きの枝を軽く剪定するだけにして下さい。 ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。鉢で楽しむことは限界がございます。ある程度の大きさになったら庭植えしていただくことをオススメします。

ガーデニング -> 植木

【アジュガ属】斑入葉アジュガバーガンディーグロ(青花)2.5号ポット

●品種特性 斑入りで中心部がきれいなブロンズ色。 常緑で、日向から半日陰で元気に育ちます。 病虫害もほとんどないので、一度植えれば手間要らずです。建物の陰などの日のあまり当たらない場所でも育つのでビルの下の植え込みなどにもおすすめです。 やせた土地でも増えるのも魅力で、春には地面が覆われるほどたくさん美しい花を咲かせます。 ランナーと呼ばれる細長い茎を地面に這うように伸ばし節から根を下ろしてゆっくりと横に広がって増えていきますのでグラウンドカバーとして最適です。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、鉢植え(日陰の草押さえ) ・花径:2.5〜3cm ・草丈:5〜10cm ・性状:常緑多年草 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:強 ・学名:Ajuga reptans ・別名:セイヨウキランソウ(西洋綺欄草) ・原産地:ヨーロッパ ・科名:シソ科 ・属名:アジュガ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所   日陰〜半日日陰 ・開花期   ・肥料・庭   ・肥料・鉢                 ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●植え込み事例  花色は違いますが性質は同じです。参考にして下さい 西日しか当たらないところでしたが群集で咲いていました。 午前中に少し日が当たるアプローチに植えてありました。 色々な品種と同居して咲いていました。 午前中に少し日が当たるアプローチに植えてありました。 ムスカリやイワダレ草などと一緒に植えてありました。 日が当たらない花木の間にシェードガーデンが作ってありました。ギボシと混植してありました。 花木の木陰になるところに植えてありました。年々広がり、手間がかからないからと喜んでみえました。 ●購入後の管理 ●庭植(植え場所:明るい日陰〜半日日陰になる場所) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:明るい日陰〜半日日陰になる場所) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより1回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約5日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ※真夏、真冬ともに葉焼けしたとしても、枯れることはありません。 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。夏場は午前と午後与えて下さい。 ●肥料 ※肥料は与えすぎると株ばかりが大きくなり花咲きが悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。 ・庭植:初夏に一株あたり約5g与えて下さい。 ・鉢植え:定期的に3g与えて下さい。   おすすめ有機肥料はこちら>>GO その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。鉢で楽しむことは限界がございます。ある程度の大きさになったら株分けか庭植えにしていただくことをオススメします。 ●ポイント 株が小さい時は雑草に負けてしまう場合がございます。ある程度の大きさになるまで草取りを行って下さい。

苗物 -> 花の苗物

送料無料!【バンマツリ属】ニイオイバンマツリ5号鉢

●品種特性 夜になるとよい香りがします。花色は咲き初めが紫色で、数日たつと次第に白く変化するので二色の花が咲いているように見えます。寒さには強くないので鉢植えをおすすめします。鉢植えでも株いっぱいに花を咲かせます。枝が少し柔らかいので支柱に枝を絡ませて下さい。 ●用途・性質 ・用途:鉢植え ・花径:4〜5cm ・樹高:50〜60cm ・性状:常緑低木(半耐寒性) ・耐寒性:弱(5℃以上) ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日程度の陽射しが必要 ・学名:Brunfelsia australis ・原産地:南米 ・科名:ナス科 ・属名:バンマツリ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所  日向    半日陰   室内 ・開花期     ・肥料・鉢                ・剪定                ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。●購入後の管理 ●鉢植え(置き場所:日当たりのよい場所) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ※枝がやわらかいので支柱を立て枝を縛ってください。 ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 鉢底からドボドボ出るまでたっぷり与えて下さい。 ●開花後の管理 ●置き場所 ・夏季:直射日光が苦手ですので風通しの良い半日程度日が当たる場所で管理して下さい。 ●水やり 表面の土が白く乾く前に与えて下さい。夏場は毎朝与えて下さい。 ●肥料(↑育て方の目安参照) 与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。一株あたり約2〜3g与えて下さい。 おすすめ有機肥料はこちら>>GO 少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。 ●剪定:本年はを行わず支柱に絡めながら大きくして下さい。 ※越冬の管理 ●置き場所:暖かい地域の方は屋外で越冬可能ですが、寒さの厳しい地域の方は 室内の窓辺または夜間だけ玄関先に取り込んで下さい。越冬には最低3〜5℃は必要です。 (写真のように葉が寒さで痛んできたら越冬の準備) ●水やり 冬季は乾かないので表面の土が白く乾いたらたっぷり午前中に与えて下さい。 ●肥料(↑育て方の目安参照) 与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。一株あたり約2〜3g与えて下さい。 おすすめ有機肥料はこちら>>GO   おすすめ化成肥料はこちら>>GO 少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。 寒さで葉色が黄色くなったり落葉しますが春になると芽が吹いてきます。 ※屋外に出すタイミングは外気温が10℃以上になったら屋外で管理して下さい。 ●ポイント 冬季に土を凍結させないように注意して下さい。 また冬季に肥料を与えすぎると春の花咲が悪くなります。液肥との併用は禁物です。

苗物 -> ハーブの苗物

【バーベナ属】宿根バーベナ テネラ3号ポット

●品種特性 株いっぱいに開花する宿根バーベナ。暑さ寒さ乾燥に強いからグランドカバーんい最適です。花色も豊富ですので花色組み合わせればオリジナルなグランドカバーが楽しめます。また開花期が長いことも人気のひとつです。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、鉢植え ・花径:3〜5cm ・草丈:10〜15cm(這性) ・性状:宿根草 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日程度の陽射しが必要 ・学名:Verbena hybrida ・原産地:南アメリカ ・科名:クマツヅラ科 ・属名:バーベナ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所   半日程度の陽射しが必要 ・開花期   ・肥料:鉢                ・肥料:庭                ・切戻し                 ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●植え込み事例   南側の砂利の上に生えていました まったくの放任栽培です。適度な乾燥が良いみたいです。 南東の日当たりのよい場所に植えてありました。 サルビヤやポーチュラカと一緒に花壇が作ってありました。 高低差を生かした植え込みの場合、最前列に植え込むと這性の性質が発揮できます。 南側の日当たりのよい場所に植えてありました。 アスファルトの上まで伸びてきていました。 西側のアプローチに植てありました。 ヤブランとの組み合わせがお洒落でした。 南側の薔薇の足元に植えてありました。 薔薇の足元がどうしても淋しくなるということで植えられたそうです。  ●苗が届いたら ●庭植(植え場所:半日程度の陽射しが必要) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。比較的乾燥には強いですが湿気には弱いので注意して下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:半日程度の陽射しが必要) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、小さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 3日間は庭植え、鉢植えともにたっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい)   ●管理レポート ・コンテナサイズ:W30×H14cm ・植え株数:3株 ※色彩バーベナは一株でOKです ・置き場所:日当たりのよい軒下 3月10日 「鉢底に敷く軽石」を鉢全体の3分の1入れ、「万能培養土」で植え込みました。元肥は入れていません。 植え込みから1週間ほどたったところで「万能肥料」をティースプーン3杯与えました。 水やり 水やりの基本は表面の土が白くなったら与えるですが、定期的に与えても問題ありません。 与えるときは鉢底からどぼどぼ水が出るまで与えて下さい。 鉢の中の古い水を全て押し出すイメージでたっぷり与えて下さい。 4月17日 株も充実してきました。見た目はまさにタンポポです。 5月11日 葉もコンテナからあふれ出し、満開です。 水やり 暖かな日が多くなるにつれ、土も乾きやすくなります。 この頃は1〜2日に1度、午前中に鉢底からたっぷりと水が流れ出すまで与えました。 6月22日 梅雨に入り、株も乱れ開花もひと段落したので、夏越しのため切り戻します。 地際から3cmの高さ程まで切り戻しをします。 まだ蕾が付いているかもしれませんが、思い切って切り戻して下さい。 肥料はティースプーン1杯与えました。 夏場は肥料が多いと根腐れの原因に繋がります。少量ですこし痩せ気味に管理して下さい。 もちろん液肥も与えないようにして下さい。 7月9日 再生してきました。開花が始まりました。 夏場は蒸れやすいので早めにきり戻してください。 ●冬季の管理 晩秋頃に冬越しのために切戻しを行って下さい。 ・置き場所冬越しは雪、霜のあたらない軒下で管理して下さい。 気温が0℃ぐらいまでは大丈夫だと思います。それ以上氷点下になる地域の方は夜だけ室内に取り込んで下さい。 ・肥料二ヶ月に一回与えて下さい。与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。・庭植、庭植えともに一株あたり約30g与えて下さい。(与える時期は育て方の目安を参考にして下さい)  おすすめ有機肥料はこちら>>GO ・水やり一週間に一回程度、表面の土が白く乾かなくても与えて下さい。鉢の中の汚い水を全て押し出すイメージで与えて下さい。暖かくなるにつれて水やり回数は増やして下さい。  

苗物 -> 花の苗物

【植え込んでお届け】日々草フラワーパウチ!花色:ポルカドット

 【実際の花色とは若干異なります】 真夏の太陽を浴びて花咲く日々草(ビンカ)。ひと花の寿命は短いですが名前のとおり毎日咲くと言っても良いくらいの元気な花です。暑さに強く直射日光が一日あたりぱなしでも元気欲咲いてくれます。初夏〜晩秋にかけて霜が降りる頃まで楽しめる花です。 こんもりとした草姿に株いっぱいに花を咲かせてくれますのでご近所の注目の的は間違いありません。栽培のポイントとして水をたっぷり与えること。肥料の与えすぎに注意し、枝葉が伸びすぎたら切り戻しをして下さい。長く綺麗に楽しめます。 ・ サイズ:W21.5×H54cm 注:S字フックは含まれておりません。 ・ 掛け場所 (届いてから1週間は寝かして管理して下さい) 半日程度の日当たりがある屋外に掛けて下さい。フェンスや玄関扉またS字フックを使えばお好きな場所に簡単に掛けられます。また移動も手軽にできますので色々な場所で楽しんで下さい。 注、まだ夜間の気温が5℃以下になる地域の方は夜間だけ玄関内に取り込んでください。 ・ 水やり 乾いたら袋の下から水がドボドボ出るまで与えて下さい。2から3回に分けて与えて下さい。乾いた時の重さと、水を与えた時の重さの違いを実感していただけると、水やりの失敗がなくなります。必ず晴れた日の午前中、高温期は午後にも与えて下さい。 ・春〜初夏:2日に1回 ・初夏〜秋:1日に1〜2回 注:夕方以降は与えないで下さい。 底穴から水が出続けるまでたっぷりと与えて下さい。     ・ 肥料 植え込み時に与えてあります。到着後1ヶ月後に与えて下さい。弊社万能肥料であれば付属のスプーン2杯を上部から与えて下さい。 与えすぎは枯れや腐り花咲が悪くなる原因になります。 液肥との併用は絶対にお止め下さい。 ・ 栽培ポイント 咲き終わった花は茎ごと取り除いて下さい。放置しておくと種を付け、株が弱ってしまいます。また、株の内部にある枯れた葉も取り除いて下さい。病気の発生が抑えられます。 ※ お届け予定日について 現在注文が大変込み合っております。 なるべく早く発送いたしますがご指定はご遠慮ください。 ※  同梱について 他の商品との同梱は商品形状上、お断りする場合がございます。ご了承下さい。   ※ まとめ買い送料割引(10,800円以上送料無料)の対象外となりますのでご了承下さい。  「これは どうなっているのかしら?」 と思わず近づいて見てみたくなるような不思議なアレンジ。   実は これ フラワーパウチと呼ばれている 穴の開いた丈夫な袋で仕上げてあるのです。 軽くて丈夫な袋に植え込んであるので、色々な場所に気軽に掛けて楽しめるのが特徴。 今まで場所がないからとあきらめていた方にも最適です。  掛ける場所は色々!事例紹介    殺風景なフェンスや塀を掛けるだけで華やかにしてくれます。 その他ベランダの手すりの空いた部分に!外壁などにも! お庭のフェンスや塀で道行く人にアピール!侵入防止にも役立ちます。  サッと動かせる手軽さなので、「見たい位置」「楽しみたい位置」に気軽に掛けられます。 「でも・・作るのは苦手だし 時間もないし 面倒だし・・・」 というあなたのために! 熟練のスタッフが丁寧に植え込んでお届けします。     もちろん農場直送!鮮度抜群!生産農場で沢山の苗から選び出した特選苗を、ポットである程度大きく 育ててから生産農場で植え込んでいます。よって株の揃いが良く均等に育ってくれます。 また、お客様への発送のその日まで生産農場で管理しているので鮮度は驚くほど抜群です!    何度でも再生できるから長く楽しめます。 切り戻し後は肥料を5g与えて下さい。    花色、品種は問いません!3個で送料無料! 

花 -> 鉢花

送料無料【サクラ属】花桃 枝垂れ源平八重咲き(接木苗)6号Lポット同梱はご相談下さい。

●品種特性 八重咲きの紅白花弁の花桃です。鮮やか!そして見事に咲き誇るので近所の注目の季節を感じるシンボルツシーになること間違いなしです。また花色は気象条件によって毎年違う花色を見せてくれます。ピンクが多い年であたりホワイトが多い年であったりと毎年違う源平が楽しめます。本種は花弁が源平咲きになりやすい蘇州源平桃です。入手困難品種です。 ※源平桃のような咲き分け品種は樹齢が若いと咲き方が安定しません。ある程度樹齢を重ねてくると品種本来の源平咲きなってきます。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、(シンボルツリー) ・花径:4〜5cm ・樹高:5〜8m ・性状:落葉高木 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日程度の陽射しが必要 ・学名:Prunus Persica ・別名:クロユリ ・原産地:中国、イラン、アフガニスタン ・科名:バラ科 ・属名:サクラ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所     半日程度の陽射しが必要 ・開花期   ・花芽分化                ・肥料・庭   ・肥料・庭                ・剪定                ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●植え込み事例   南側の日当たりの良い庭に植えてありました。 毎年見事に咲き誇ってくれるということで、自慢の花桃だといってみえました。 かなり古い木みたいで背丈も低く花色も薄かったです。 ●苗が届いたら ●庭植 (植え場所:日向〜半日日陰) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO 注意、本商品は接木苗ですので、接いである部分を土の中に埋め込まないように注意して下さい。 ●鉢植 (置き場所:日向〜半日日陰) お届けした鉢サイズより2〜3回り大きな鉢に配合培養土を用いて必ず植え替えて下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ2杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 夏場で約7日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。 ●その後の管理 ●剪定 大きくしたくない場合は剪定を行って下さい。ただし定植後1〜2年は行わず、樹形がある程度整ったところで行って下さい。剪定は花後すぐに新梢が伸び始める前に行ないます。花の咲いた枝の2〜3芽を残して剪定し、複数の新梢を伸ばすようにします。落葉後は枯れた枝や込み合った枝を剪定するぐらいにして下さい。 ●肥料おすすめ肥料はこちら>>GO ※肥料は与えすぎると木ばかりが大きくなり花咲き(実付き)が悪くなります。どうしても肥料を沢山与えがちですが与えれば与えるほど木は元気になりますが花咲(実付き)は悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が良いです。与える肥料は化成ですと効きが強いのでゆっくりやんわり効く有機肥料をおすすめします。 ・庭植:秋と冬の2回、有機肥料を約100〜150g与えて下さい。 ・鉢植え:花後のお礼肥えと秋と冬場の寒肥の3回、有機肥料を約10〜20g与えて下さい。 その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 ●鉢植えで楽しまれる方へ 夏場の水やりは1日二回は与えて下さい。また鉢植えは限界がありますのである程度大きくなったら地植えして下さい。

苗物 -> 花の苗物

【クコ属】クコの実の苗木 4号ポット

●品種特性 クコの実とはみなさん一度は見たことがあると思います。杏仁豆腐の上に乗っている赤い実のことです。 近年健康食品として注目されており2月29日の「ホンマでっか!?TV」で海外ゴシップ評論家大柳葵理絵さん情報によると、今セレブのあいだで若返り効果があると大変話題になっているのだとか!ゲストのモデル藤井リナさんも子供の頃からクコの実が好きで食べていると語っていました。美人がこぞって食べているクコの実……。しかも栽培が簡単ですのでガーデニングが始めての方でも育てることができます。 効能・効果は、老化防止や強弱体質改善のほかに、女性の美肌・肌の老化防止・コラーゲン効果・肌のつや改善など美肌に対しての効果効能があるようです。 食べ方はヨーグルトに入れたり、お酒に漬け込んだり乾燥させてた実を入れクッキーにしたりパンにしたりと色々な料理に使えます。クックパッドにもいくつかのレシピが掲載されています。 観賞用としても楽しめ夏ごろに淡紫色の花を咲かせます。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、鉢植え ・花径:1〜2cm ・果実:2〜4cm ・樹高:1〜2cm ・性状:耐寒性半落葉低木 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日以上の陽射しが必要 ・学名:Solanaceae Lycium ・別名:ママッコ・ヨメノナミダ(嫁の涙) ・原産地:中国 ・科名:ナス科 ・属名:クコ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期 ・植え場所 半日以上の陽射しが必要 ・開花期 花 実 ・肥料・庭 ・肥料・鉢 ・剪定 ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。●苗が届いたら ●庭植(植え場所:半日以上の陽射しが必要) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:日陰〜半日日陰)おすすめプランターセットはこちら>>GO 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ2杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約5日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:乾燥には強いですが、表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。 ●肥料(↑育て方の目安参照) 与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。庭植、鉢植えともに一株あたり約10〜20g与えて下さい。※肥料は与えすぎると葉ばかりが茂り花咲きが悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 おすすめ有機化成肥料はこちら>>GO ●剪定(落葉時に行う) ある程度大きくなったら行って下さい。1〜2年は行う必要ないです。 大きくなったら2月頃に行って下さい。秋に花芽が付いていますので切り過ぎると実がならなくなるので、込み合った枝や徒長した枝を切る程度にして下さい。剪定の基本は木の中心に日が当たるようにすることです。 ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。鉢で楽しむことは限界がございます。ある程度の大きさになったら庭植えしていただくことをオススメします。

苗物 -> 果物の苗物

【シモツケ属】桜でまり・ピンクアイス(コデマリ斑入り葉)4号ポット

●品種特性 コデマリは庭園樹や切り花として馴染み深い植物です。細い枝を垂れ下げながら、花が散房状にかたまって連ながるように咲くのでコテマリ(小手鞠)という名がついたのでしょう。 桜てまりピンクアイスは斑入り葉が珍しいコデマリです。花は一般的なコデマリより少し小さく桜色した可愛らしい花を咲かせます。樹高は80〜1.2mぐらいとコンパクトな樹高ですので鉢植えにおすすめです。各花は連続して咲き、株全体が花で覆われるようになるので、たいへんに美しいのが特徴です。性質は強健で日陰でも育てることが出来ます。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、鉢植え ・花径:2.5〜3cm ・樹高:0.8〜1.2m ・性状:落葉低木 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日程度の陽射しが必要 ・学名:Spirraea cantoniensis ・別名:桜てまり ・原産地:中国 ・属名:シモツケ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所       半日日陰〜日向 ・開花期   ・剪定               ・花芽分化               ・肥料・庭   ・肥料・鉢                ・鉢上                 ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●植え込み事例 南向きの日当たりのよい場所に植えてありました。 開花終了後に短く切り詰める程度でほとんど放任栽培だそうです。 毎年株が大きくなり4年目だそうです。 産直花だん屋でコンテナ栽培しました。 ほとんど放任栽培で育ちました。従来のコデマリに比べかなり低木です。   ●購入後の管理 ●庭植(植え場所:半日日陰〜日向) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。比較的乾燥には強いですが湿気には弱いので注意して下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:半日日陰〜日向) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約7日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。夏場は午前と午後与えて下さい。 ●肥料 ・庭植:落葉期に化成肥料又は有機肥料を与えて下さい。 ・鉢植え:開花後と落葉期に化成肥料又は有機肥料を与えて下さい。 ●剪定 6月頃から花芽分化が始まりますので、開花終了後すぐに、半分から1/3程度きり戻しして下さい。夏(6月)以降は花芽を切り取ることになるので開花終了と同時に行って下さい。 ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。鉢で楽しむことは限界がございます。ある程度の大きさになったら庭植えしていただくことをオススメします。

苗物 -> 花の苗物

【ラバンドゥラ属】ラベンダーイングリッシュ系ドワーフブルー3号ポット

●品種特性 花穂が長く、甘く強い香りのある紫色の花を、6〜8月にかけて咲かせます。 耐暑性・耐寒性ともありますが、梅雨の高温多湿を嫌うので株元の枯葉や枯れ枝などはこまめに取り除く事をおすすめします。 香料やドライフラワー向きの品種です。 花茎が長いのでラベンダースティックに最適です。 ドライフラワーの作り方 開花直前の花を茎を含めて切り取ります。切り口を上にして風通しの良い日陰に2〜3日週間干すと出来上がりです。 また花穂に精油が一番溜まるタイミングは花穂が半分しぼんだ頃となり、この時期に収穫しドライフラワーにすると、花色は暗くなりますが香りが持続します。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、鉢植え ・花穂:8〜10cm ・草丈:40〜50cm ・性状:常緑低木 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日以上の陽射しが必要 ・学名:Lavandula angustifolia ・英名:English lavender ・原産地:地中海沿岸 ・科名:シソ科 ・属名:ラウァンドゥラ(ラバンデュラ)属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期 ・植え場所 日向 半日陰 日向 ・開花期 ・肥料・庭 ・肥料・鉢 ・刈り込み ●難易度 中級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。●購入後の管理 ●庭植(植え場所:半日以上の陽射しが必要) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。比較的乾燥には強いですが湿気には弱いので注意して下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:半日以上の陽射しが必要) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、小さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 鉢植え、庭植えともに3日間はたっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理品種は違いますが参考にして下さい。 ・品種名:イングリッシュ系ラベンダー  ・コンテナサイズ:W27×H20cm・植え株数:3株 ・置き場所:日当たりの良い軒下(半日以上の陽射しが必要です) 3月8日 「鉢底に敷く軽石」を鉢全体の3分の1入れ、「万能培養土」で植え込みました。元肥は入れていません。 一株植えの場合は排水の良い市販の配合培養土を使用して、 お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 ●水やり よく乾かしてから鉢底からどぼどぼ水が出るまで与えて下さい。 イメージとして鉢の中の古い水を全部押し出すイメージです。 ●肥料 植え込みから1週間ほどたったところで「万能肥料」をティースプーン2杯与えました。 3月24日 株も大きくなりつぼみも沢山ついてきました。 肥料は一ヶ月に1度「万能肥料」をティースプーン2杯与えました。 4月8日 花も紫に色付き始めました。株の勢いも良好です。 5月3日 満開。つぼみもまだまだあります。 6月30日 梅雨に入り、花も終わりました。 そのままにすると蒸れて夏越しが上手くできません。 切り戻しを必ず行って下さい。 また、気温が下がる秋まで肥料は与えないで下さい。 置き場所は半日程度日陰になる場所が良いです。 刈り込みを行わないと 株の真ん中が蒸れて腐ってしまいます。 その他の要因として 排水が悪い土に植えたり、肥料が多かったり、水が多いことも蒸れる原因に繋がります。 8月18日 写真のように伸びてきたら刈り込みを晩秋まで行って下さい。 11月16日 根元から5cm程度残し、切り戻しをして冬越させます。 ●ポイント イングリッシュ系のラベンダーは開花条件として低温(−10〜5℃)に 約60日あてないと春に開花しません。 室内には絶対に入れないで下さい。 5月26日 戸外で冬越しをし、2月に 「万能肥料」をティースプーン2杯与え、ご覧の通りきれいに咲きました。

苗物 -> ハーブの苗物



1  2  3  4  5  


当画面は、楽天ウェブサービスを利用して作成しています。