毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。

楽器、手芸、コレクションはIIE SHOPで買う



【再入荷】 会津桐の粉人形 天神さま 木之本漆器店 日本製 福島県会津 【再入荷】 会津桐の粉人形 天神さま 木之本漆器店 日本製 福島県会津

明治創業、喜多方の木ノ本漆器店による「天神さま」の桐の粉人形です。 会津地方の男の子がいる家庭では、3月3日、桃の節句に郷土玩具「天神さま」を飾ります。 天神さまは、学問の神様である菅原道真公を祀ったもの。男の子が賢く育つようにとの願いが込められているようです。 こちらの天神さまは、張り子ではなく、会津特産の桐の粉を固めて手捻りでつくった、愛らしいお顔の人形です。 愛嬌のあるお顔は心和ませてくれそう。 大きさ:約8cm こちらのお品は手作業で作っております。大きさ、お顔等の形に多少の差がございます。 メール便・レターパック配送不可商品です。配送方法は宅配便をお選び下さい。 誕生日祝い、記念日ギフトの贈り物におすすめ

喜多方の染型紙 会津型わがみ 日本製 喜多方の染型紙 会津型わがみ 日本製

喜多方の染型紙“会津型” 〜Kitakata’s Somekatagami “AIZUKATA”〜 幻の染型紙“会津型”が、新しい形となって蘇りました。 染型紙とは型紙を使って染色し、布地に模様をつけることを「型染め」と言います。 福島県会津地方の喜多方はかつて伊勢、京都、江戸と並ぶ染型紙の生産地であり、江戸時代から昭和の始め頃まで東北一円の染屋に販売されていました。 現在、当時の染型紙は喜多方市に寄贈され、福島県と喜多方市の有形文化財に指定されています。 伝統の会津型を身近に親しんでいただけるようデザインを生かし、 手彫の味や模様の優しさを生かした配色や、ぬくもりある紙の素材にこだわったシリーズです。 「幻の型紙」と呼ばれた型紙には、会津型の特徴でもある幾何学、花鳥風月、絣、縞など日本の美意識の集大成が刻まれています。 和でモダンなデザインで、折り紙としてはもちろん、ラッピングや便箋として多様にご活用ください。 【内容】30枚入(各6柄×5枚) 【サイズ】150mm×150mm ※食品を入れたり、ラッピングする場合は、食品用のPP袋に入れるか、 クッキングシートを敷いた上でお使いください。