毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。

本、雑誌、コミックはアメリカ雑貨通販キャンディタワーで買う



雑誌「所ジョージの世田谷ベース」VO.29 所さんのハーレーダビッドソン パート1 アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 雑誌「所ジョージの世田谷ベース」VO.29 所さんのハーレーダビッドソン パート1 アメリカ雑貨 アメリカン雑貨

ハーレー乗り必見!所さんが手掛けた数々のカスタムハーレーが詳細で紹介されています。製作当時の秘話を読んでると「ヘーそうなんだ」ってことが色々ありますよ! 後半はエアガンのグリップのカスタムの仕方やシャーマン戦車の紹介、世田谷ベースの2Fに棚を設置した光景などなど・・・・なかなかテレビでは詳しく観ることのできない部分を写真でじっくりと見れます。 今回オマケで付いてるステッカーは「ガソリン」「ニードリペア」「オイル交換」などをテーマに世田谷ベースデザインで仕上げられたヤツなので、クルマ好きならこれだけで本を買っても得だと思いますよ!( ̄ー ̄)ニヤリ☆

雑誌「所ジョージの世田谷ベース」 VOL.35 所さんのスーパーカブ アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 雑誌「所ジョージの世田谷ベース」 VOL.35 所さんのスーパーカブ アメリカ雑貨 アメリカン雑貨

旧車イジリの好きな所さん、今回のお題はホンダが生んだ名車「スーパーカブ」です。 古いカブを手に入れるところから始まって、そのカブが所さんのセンスでカッコヨク仕上がって行くようすを詳しく特集されてます。 合わせて全国のカブファンたちの取材や、カブが誕生したその歴史など・・・・ この1冊を読めば相当なカブマニアになれちゃうという決定版になっています。 後半はいつものごとく所さんの多彩な趣味を紹介。好例となったオマケのステッカーも付属していてお得な1冊。 将来、日本をカブで旅してみたいなんて考えてた人はこの1冊でしっかりと勉強して夢の実現に一歩踏み出すキッカケにしてみてはいかが! ( ̄ー ̄)ニヤリ☆

雑誌「所ジョージの世田谷ベース」VO.31 所さんのハーレーダビッドソン パート2 アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 雑誌「所ジョージの世田谷ベース」VO.31 所さんのハーレーダビッドソン パート2 アメリカ雑貨 アメリカン雑貨

所さんのハーレーを手掛けるハーレーのスペシャルカスタムショップ、サンダンスをまるごと一冊特集したって内容です。 サンダンスのマシンは一般的なカスタムショーには展示されることがないので、なかなかじっくりと見る機会がないですが、所さんの数々の名車を交えて、サンダンスオリジナルのスーパーXRエンジンがどうやって誕生し、どれくらいスゴイのか?が詳しく紹介されています。 ハーレー好きならこの究極の世界は絶対に見ておいて損はありません。所さんがサンダンスについて語ってる話もメチャクチャ読み応えありますよ!後半はいつものノリで所さんの幅広い趣味が色々と紹介されてて◎  あと特別付録でスペシャルステッカーがオマケで付いてるのも見逃せないポイントです(o ̄∇ ̄)o

雑誌「所ジョージの世田谷ベース」VO.37 所さんのお悩み相談室 アメリカン雑貨 アメリカ雑貨 雑誌「所ジョージの世田谷ベース」VO.37 所さんのお悩み相談室 アメリカン雑貨 アメリカ雑貨

今回の号はこれまでの世田谷ベースとは全く違う切り口で「所さんのお悩み相談室」と題して、色んな悩み事を所さんならではの発想と考え方でアドバイスするって特集です。 これがなかなかステキなアドバイスで、少し考え方を変えるだけで、ずいぶんと気持ちが楽になったり、あと面倒くさいと思ってたことが逆に喜びに変わったりと・・・・ 言葉の力ってあらためてスゴイなーと感じました。 所さんが好きって人なら、きっと生涯の宝物になる言葉が見つかると思いますよ! あと、ファンには嬉しいのが、世田谷ベース内の所さんの机の上のカットなどが随所に散りばめられていて、何が置いてあるのか・・・・ じっくりと見るのも楽しいですよ! そんなわけで、所さん流の人生を思い切り楽しむための一冊がココに堂々完成です。 今回のオマケステッカーはキャブレタークラブと名付けられたキャブのデザインのステッカーです。 いつもより大きめのサイズなので、デカモノのカスタムにも使えそう ( ̄ー ̄)ニヤリ☆

業界騒然 幻のスクープ誌 FAMOSO3(ファモーソ3) アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 雑誌 業界騒然 幻のスクープ誌 FAMOSO3(ファモーソ3) アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 雑誌

昨年の4月1日のエイプリルフールに発売されて、各地で完売続出が話題となったビートたけし編集長、所ジョージ副編集長のスクープマガジン「ファモーソ」の第三弾が今年も発売! 日本中で、もはやこの二人にしか許されないメチャクチャぶりは今号でも健在!「究極のくだらなさ」と「強烈なブラックジョークな世界」が満載の1冊です。いやいや、くだらないなんて言葉は失礼か! 先日、たけしさんはフランス芸術の最高勲章「コマンドール章」を受賞したばかりだからね!ところがその勲章すらも、早くも笑いの小道具として登場してる素敵さ!やっぱり格が違うお二人です。 さて、我々アメ雑貨党としましては、世田谷ベースの所ジョージ最高司令官がイチオシする1冊だけに、手にしないわけにはいきません。永久コレクションにすべく、創刊号と第二号を持ってるなら、この第三号も無条件で揃えなきゃね! 今回のはタイム誌がモチーフになった表紙ってところもユニークです。 後半には本誌唯一のウソじゃないページ(笑)で、ファモーソの公式ベーゴマやTシャツ、さらには雪駄や木刀など意味不明な品々も紹介されていて、実際に通販で購入できます! サイズ:A4版雑誌

ポスターフレーム(エルヴィス・プレスリー/スピードウェイ) アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 ポスターフレーム(エルヴィス・プレスリー/スピードウェイ) アメリカ雑貨 アメリカン雑貨

ボクらの好きな「古き良きアメリカ」って言葉がしっくりと来る・・・・ そんなレトロなアドバタイジングやパッケージ、コミックシーンのワンカット、映画の名作ポスターなどなど・・・・ 古き良きアメリカが詰まったレトロなポスターたちをオリジナルの木製フレームに収めたのが、このポスターフレームです。 「あっ、良いな!」って思うデザインをインテリアとして活用する時、実はポスター自体の魅力を引き出せるフレームがとっても重要なんです。 ところが市販のフレームだと仕上がりがキレイすぎて、逆にボクらが求めてる雰囲気とは違うってことありますよね! そこでキャンディタワーがこれにしっくり来るオリジナルの木製フレームを別注しました。 オイルステイン塗装で1つ1つハンドペイントで仕上げたこだわりのフレームで、これに入れることで一気にインテリア性が増してレトロなポスターたちの魅力を120%引き出してくれちゃうの。 透明のプレート部分にはガラスではなく、高級なアクリル板を使用し、万が一の落下でも割れないという安全面にも配慮してあります。 サイズ:28.5cm×1.3cm×39.5cm(約) ・オリジナル木製フレーム付き ・ポスターサイズはB4

ファモーソダイアリー4 アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 ファモーソダイアリー4 アメリカ雑貨 アメリカン雑貨

日本が生んだ天才二人の休日を写真日記にした1冊の本がこのファモーソダイアリーです。 世田谷ベースに毎週遊びに来る北野監督と一緒になって所さんがあれこれ企画を提案するという感じ! それがやがてファモーソという雑誌になって日本中を騒がせたワケです。 で、この本は何がおもしろいかっていうと、二人のやり取りはもちろんなんだけど、その舞台が世田谷ベースだってこと! 雑誌世田谷ベースではなかなか見れない角度や部屋のカットがフルカラーでいっぱい掲載されているんです。 だから世田谷ベース好きなボクらにとって、お宝映像満載ってことなのね! ホント、写真の隅の方とかを見てみると色んな発見があるんです。 だから私、この本を「隠れ世田谷ベース写真集」と呼ばせて頂いてます。 所さんのデスクの上とか・・・ そういうのについつい反応しちゃう人なら絶対おもしろいと思いますよ! ヽ(^0^) サイズ:横23cm×縦29.5cm×厚さ1.5cm(約)

雑誌「所ジョージの世田谷ベース」VO.30 国産旧車時代 アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 雑誌「所ジョージの世田谷ベース」VO.30 国産旧車時代 アメリカ雑貨 アメリカン雑貨

所さんのバイクと言えばハーレーが印象的ですが今回目を付けたのはナント国産の旧車。ホンダのCB250Tを所さん流にカスタムして行く様子を詳しくリポートされてます。その他にもヤマハのトリシティや国産旧車情報などバイクのこと盛りだくさんの号です。 オマケで付いてるパスモに貼って作る世田谷ベースカードのステッカーがファンにはなんとも魅力的。

雑誌「所ジョージの世田谷ベース」 Vol.25(最新“洋服遊び 雑誌「所ジョージの世田谷ベース」 Vol.25(最新“洋服遊び"&スタイリングコレクション) アメリカ雑貨 アメリカン雑貨

所さん流のファッションをテーマに特集した洋服選びならぬ、洋服遊びって号です。 あの独特の着崩し方や、予想もしない組み合わせは、ついついマネしたくなるような着こなし術がいっぱい! そこには所さん流のファッションに対する極意がありました。それを色んなストーリーを交えて語ってくれてます。 過去5年間にわたるスナップショットもあって、ファッションだけでなく、その背景に見えてる世田谷ベースのシーンも見所満載ですよ!

雑誌「所ジョージの世田谷ベース」(VO.32 所さんがBMW!? フラットツインをどう遊ぶ?) アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 雑誌「所ジョージの世田谷ベース」(VO.32 所さんがBMW!? フラットツインをどう遊ぶ?) アメリカ雑貨 アメリカン雑貨

所さんのバイクと言えばハーレーのイメージですが、今度手を付けたのはなんとBMWのバイク。 もっさり感がいなめない昔のBMWが所さんの手に掛かればカッコイイ、スクランブラーに変身しました。そのカスタムの様子をBMWの歴史と共に詳しく紹介されてます。 雑誌後半部分は相変わらず多趣味な所さんワールドをあれこれと紹介。何冊読んでも未だに飽きませんね、トコロさん物は。 今回も付属のステッカーがちゃんと付いてますよ!デザインは特集のBMダブリュンシリーズです。

雑誌「所ジョージの世田谷ベース」(VO.21所さんが生み出した新たな自転車の遊び方) アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 雑誌「所ジョージの世田谷ベース」(VO.21所さんが生み出した新たな自転車の遊び方) アメリカ雑貨 アメリカン雑貨

ビンテージフレームをベースに最新の技術でリ・ビルトするというまるで旧車ハーレーを現代技術で蘇らせるようなカスタムを自転車でやってのけたという所さんならではの遊びが特集された号です。次々に生まれ変わっていく昔の自転車を見てるとついついマネしたくなっちゃような内容です。後半は世田谷ベース内にある照明とキャビネットを新しくする特集や、所さんの新作ハーレーやユニークなクルマの記事なども収録されています。遊びの発想がいっぱい詰まった1冊です。

雑誌「所ジョージの世田谷ベース」 VOL.34 アメリカン雑貨 アメリカ雑貨 雑誌「所ジョージの世田谷ベース」 VOL.34 アメリカン雑貨 アメリカ雑貨

今回の号は「所さんとホットロッド」と題して丸ごと1冊ホットロッドがテーマになってます。 ムーンアイズのイベントに行くと必ず耳にするホットロッドですが、イマイチそのカルチャーを理解できていないって人、少なくないと思います。そこで所さんのマシンをきっかけに、日本の様々なホットロッダーたちも取材し、わかりやすくホットロッドカルチャーを紹介してます。 後半はいつもの所さんの趣味をあれこれ紹介。近頃定番になりつつあるステッカーのオマケも今回もしっかりと付属してました。 ホットロッドの世界を知ると今後のインテリアの演出にも新しい自分が見つかるかもしれませんよ!( ̄ー ̄)ニヤリ☆

所ジョージの世田谷ベース VO.18 世田谷ベース日曜学校 アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 所ジョージの世田谷ベース VO.18 世田谷ベース日曜学校 アメリカ雑貨 アメリカン雑貨

世田谷ベース日曜学校なんて今すぐにでも通いたくなるようなタイトルの号です。 実は毎週日曜日はたけしさんが世田谷ベースに遊びに来る日!午前中になんとなく約束して、お昼ご飯食べて、クルマの話、バイクの話、仕事の話などなど・・・・天才二人が集まって大盛り上がりしてます。そんな週末行事の「世田谷ベース日曜学校」を完全密着した内容です。 今号も所さんの多趣味な世界がいっぱい繰り広げられているので、世田谷ベース好きならしっかり楽しめる1冊です。 特に戦車の塗装はその方法をかなり詳しく紹介されてますので、やってみたかった人はこの本が所さん流戦車塗装のバイブルになると思いますよ!o(^∇^o)

雑誌「所ジョージの世田谷ベース」Vo.13 アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 雑誌「所ジョージの世田谷ベース」Vo.13 アメリカ雑貨 アメリカン雑貨

「所さん的バイク遊びの極意」と題して数々のマシンが紹介されています。リドリーを始め、所さんが10年前にカスタムしたとされるスズキGSX-R750も大公開!さらにビンテージモトクロスやイタリアンクラシックなどなど・・・幅広い記事で世田谷ベース好きのボクらを楽しませてくれます。 中盤には近頃たけしさんと一緒になって凝ってるフェラーリやランボルギーニ、ポルシェ、SLRなどの超高級車が世田谷ベースにやってきた時の模様を紹介!乗り物好きにはたまらない1冊になっています。

雑誌「所ジョージの世田谷ベース」(Vol.7/所さん御用達の店2) アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 雑誌「所ジョージの世田谷ベース」(Vol.7/所さん御用達の店2) アメリカ雑貨 アメリカン雑貨

所さんの御用達のお店を紹介する特集の第二弾!なみなみならぬ所さんのこだわりを、実際に形にしていく職人さんやお店が所さんの解説の元で紹介されています。 実際に私たちも買うことができるので、なんだかそれを知るだけで、所さんと近づける気がして嬉しい気分に!色んな角度から所さんの趣味を見れて楽しい特集です。

365日たまごかけごはんの本 アメリカン雑貨 アメリカ雑貨 365日たまごかけごはんの本 アメリカン雑貨 アメリカ雑貨

いやー思わず本屋さんで手にとってしまいました!365日たまごかけごはんの本です。その名のとおり、365種類のたまごかけごはんが紹介されているオモシロ本です。これだけのメニュー、よくぞ考えてくれました!しかもフルカラーだから、見やすくて読み物としても楽しいの!ありとあらゆる具材で作られたたまごかけごはんの他に、おいしいご飯の炊き方や、玉子に関する豆知識、たまごごはんを出す名店の店長さんの話から、おいしいたまごの見分け方などなど・・・・たまごごはんに対する半端ない思い入れが伝わってきます!最後には、世界一臭い食べ物として知られるスウェーデンの缶詰「シュールストレミング」を載せてのたまごかけごはんを編集部のメンバーでチャレンジするというコーナーもあって、読み応え満載!これまで出会えなかったたまごかけごはんに出会うことで、今後の人生が相当幸せになること間違いなしだね!(〃 ̄▽ ̄〃)あーイケるなーこの味! 文庫本サイズ