毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。

楽天市場の産直花だん屋で買う

【送料無料】春色寄せ植えイタリア製テラコッタに寄せ植えにしてお届け!

自家用はもちろんギフトとしても好評をいただいており毎年リピートするお客様も多く見えるほど人気の寄せ植えです。旬の季節の草花をお洒落なイタリア製テラコッタに寄せ植えしてお届けします。草花の背丈や開花期を理解した生産者が植え込みますので長い間綺麗に楽しんでいただけます。また長く楽しんでいただくために届いたときはあまり花が咲いておりませんが1週間もすれば次々と咲き出しナチュラルな寄せ植えになります。 切花と違い次々と変化する寄せ植えを楽しんでみてはどうですか。 品種、花色はご指定できませんが農場直送!鮮度抜群の季節の草花を6〜7品種植え込んでボリューム感あふれる寄せ植えをお届けします。   ●鉢(テラコッタ)サイズ・材質  イタリアの土でしか出せない色、きめが細かく滑らかな質感が特徴です。肉厚な上、高温で焼いてありますので、丈夫で使い込むほどシックに変化していきます。 ・陶製(イタリア製) ・直径28×高さ20cm    ●管理方法 ・ 置き場所 屋外の半日以上日が当たる場所で管理して下さい。日当たりの悪い場合は三日に一度程度、日当たりのよい場所に移動し日を当てて下さい。寒さが厳しい地域の方は夜間玄関内に取り込んで下さい。雨や霜や雪の当たらない軒下玄関がおすすめです。 ・ 水やり 間隔は2〜3日に1回。与え方は鉢の中の古い水を全部押し流し出すイメージです。ポイントとしては、花や株には直接水がかからないように与えて下さい。写真のようにジョーロの先シャワー部分を取りはずし株と株の間に差し込み与えて下さい。時間帯は晴れた日の午前中が良いです。夕方には絶対に与えないで下さい。 ・ 肥料やり 出荷時に既に与えてあります。お届けから2ヶ月ほど経った頃に付属の肥料を与えて下さい。 ポイントとしては、葉に触れないように鉢はだに置いて下さい。与える量はティースプーンすりきり2杯程度。液肥との併用はお止め下さい。 ・ お手入れ 写真のように咲き終わった花は茎ごと取り除いて下さい。放置しておくと種を付け、株が弱ってしまいます。早めに取り除いてやることがポイントです。また、株の内部にある枯れた葉も取り除いて下さい。病気の発生が抑えられます。  ※ギフト用としてお考えの方へ  ・お届け先の住所を必ずご確認下さい。  ・明細の発行はいたしませんのでご了承下さい。  ・メッセージカードは当店が用意したカード文言と   なります。注文時にお選び下さい。   お願い!1個づつの個別の発送となります。まとめ買い送料割引(10,800円以上送料無料)の対象外となります。         

花 -> 鉢花

【配合培養土】万能培養土14L×1袋

あなたは今まで上手く花を育てられていましたか?過去に失敗した方!ぜひこの「万能培養土」を使ってみて下さい。「どなたでも、どんな植物でも上手く簡単に育つ!」そんな驚きの培養土なのです。水はけが良くて保水性がある不思議な培養土。是非一度使って確かめて下さい。どんな植物にでも使えることは立証済み!年間130種類以上の植物を生産している我が「産直花だん屋」が使っている物と同じだからです。 ●購入の目安(14L1袋の場合) ●植える株数によって異なります。 ●全て「鉢底に敷く軽石」を入れています。    長方形プランター 約W60×H15×D17cm 約1.5〜2鉢分     ボールプランター 約W30×H15cm 約3.5〜4鉢分     小鉢プランター 約W13×H14cm 約11〜12鉢分   ★同梱について 商品の大きさ、形状、重さによってお断りする場合がございます。ご了承下さい。    あなたは今まで上手く花を育てられていましたか?過去に失敗した方!ぜひこの「万能培養土」を使ってみて下さい。「どなたでも、どんな植物でも上手く簡単に育つ!」そんな驚きの培養土なのです。水はけが良くて保水性がある不思議な培養土。是非一度使って確かめて下さい。どんな植物にでも使えることは立証済み!年間130種類以上の植物を生産している我が「産直花だん屋」が使っている物と同じだからです。 単粒構造が崩れにくいため通気性、保水性に富んでいます。また肥料を体内に蓄積し植物の生育に応じて小出ししてくれます。そして花の生育に必要なモリブデンを維持し生育を助けます。 (栃木県産赤玉土は検査済みです) 保水性に優れ、植物の生育に必要な毛管水を多く含んでくれます。また微量の要素も多く含んでいます。 そして肥料を分解し根が吸収しやすい形に変えるバクテリアの繁殖を促進してくれます。 通気性、排水性に富んでいます。そして粒自体が発砲状態になっており土中において酸素を常に保ち根に供給してくれます。また非常に軽いため扱いやすくハンギングバスケットの土としても最適です。 なぜならば水はけが良いことで根の先までしっかり水と酸素がいきわたるからなのです。そして水はけの良い土はいつまでも弾力性が持続するから根がすくすく伸びるのです。だから良い土とは左の図のように細かい粒子ひとつひとつが集まった単粒土で構成された団粒構造土です。この単粒土が崩れにくい土が排水を良くし植物を丈夫に育てガーデニングを簡単にします。 配合内容はそれぞれの素材の特徴を理解し長年の経験から配合をしています。 団粒構造を崩さないために最初は大きなショベルカーでその後、混ぜむらがないように小さなショベルカーで混ぜます。出荷時には全て成分の検査をし合格したものだけをお届けしますので安心!安全!     空気、水、養分のバランスを考えた配合。 加えて、必要な肥料を保持する「保肥性」、土中の微生物をの働きを活発にして土を肥沃にする有機質を含むこと、根が株を支えるための適度な「フォールド性」があること。   

用土 -> 基本用土

【送料無料】旬の花苗お試しセット花苗5ポットと万能培養土14リットル1袋と万能肥料300グラム1袋

●品種特性 ●宿根草、多年草セット 寒さに強く春に満開になってくれる品種のセットです。花壇植えや鉢植えとして楽しんでいただけます。冬期はあまり成長は見られませんが春になると同時に一気に株が大きくなってくれます。味わったことが無いような本物のガーデニングが楽しめます。また普段、自分では選ばないような品が種入っていることでお客様には好評をいただいております。 ●万能培養土 あなたは今まで上手く花を育てられていましたか?過去に失敗した方!ぜひこの「万能培養土」を使ってみて下さい。「どなたでも、どんな植物でも上手く簡単に育つ!」そんな驚きの培養土なのです。水はけが良くて保水性がある不思議な培養土。是非一度使って確かめて下さい。どんな植物にでも使えることは立証済み!年間130種類以上の植物を生産している我が「産直花だん屋」が使っている物と同じだからです。 もっと詳しい情報はこちら>>GO ●万能肥料生産現場から生まれた肥料です。 全国の生産者はもちろん産直花だん屋でも年間150品種以上に使用しています。 お客様から「どんな肥料を与えたらよいのですか」「○○○専用肥料を与えたほうがよいのですか」といった質問を良く受けます。このような方にお勧めしたいのが「万能肥料」です。実際に産直花だん屋の生産温室で使用しどんな植物にも良く効くことが実証済みの肥料です。是非一度ご利用下さい。 もっと詳しい情報はこちら>>GO ●用途・性質 ・用途:鉢植え、庭植え ・性状:宿根草・多年草 ・耐寒性:強 ・耐陰性:半日程度の陽射しが必要 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所  半日程度の 陽射しが必要  ・開花期   ・肥料:鉢                 ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●苗が届いたら ●鉢植え(置き場所:半日程度の陽射しが必要) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●庭植え(半日程度の陽射しが必要) 排水の良い場所に植え込んで下さい。排水が悪い場合は市販の培養土を混ぜて下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、小さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 3日間は庭植え、鉢植えともにたっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい)   ●その後の管理 ・置き場所 鉢植えは日当たりの良い雪、霜もが避ける軒下で管理して下さい。 寒冷地の方は夜間は玄関先に取り込んで下さい。長期間、室内に取り込んだままにしないようにして下さい。 庭植えは寒冷地、積雪の多い地方の方はお勧めいたしません。 ・水やり 表面の土が白く乾かなくても1週間に一回は与えて下さい。鉢底から水が出るまで与えて下さい。イメージとして鉢の中の古い水を押し出すようなイメージで与えて下さい。 ・肥料 冬季は休眠状態ですので肥料を与えても効きません。春先に葉が少し展開し始めてから置いて下さい。休眠明けとなります。 ・開花が始まったら こまめに花ガラを取って下さい。 ・多年草類はこぼれ種で条件が良ければ来年も咲いてくれます。宿根草は花壇では植えっぱなしでOKです。鉢植えは一回り大きな鉢に植え替えて下さい。    

苗物 -> 花の苗物

【万能肥料】お徳用1kg(何にでも同梱可能)

生産現場から生まれた肥料です。 全国の生産者はもちろん産直花だん屋でも年間150品種以上に使用しています。 お客様から「どんな肥料を与えたらよいのですか」「○○○専用肥料を与えたほうがよいのですか」といった質問を良く受けます。このような方にお勧めしたいのが「万能肥料」です。実際に産直花だん屋の生産温室で使用しどんな植物にも良く効くことが実証済みの肥料です。是非一度ご利用下さい。 ●特徴 1 適度な生分解性を示す特殊樹脂と自然光による光分解促進技術を組み合わせた被覆材で被覆してあり、生分解と光分解を兼ね備えた特徴を持っています。      2 肥料成分溶出後の被覆残殻は、土中の微生物によって生分解を受けますが、急激な微生物分解を受けることはありまえん。従って施肥後に肥料の溶出が異常に多くなる「肥料焼け」を起こすことはありません。      3  また肥料成分溶出後の被覆残殻は土壌表面では自然光によって光分解を受けます。光分解は誘導期間を持たないように工夫してありますので施肥後急激に肥料成分を溶出する心配はありません。      4  この肥料のチッソは、土壌温度25℃の場合約140日間にわたり、徐々に溶出します。但し、温度の影響を受け、地温が高いほど早くなり、低いときは遅くなります。  ●肥料成分比率 主な成分  ・チッソ13 ・リンサン9 ・カリ11  微量要素  ・クド2 ・マンガン0.1 ・ほう素0.06 

花・ガーデン・DIY -> その他

【バラ属】モッコウバラ八重咲きイエロー3号Lポット苗

●品種特性 初夏の訪れとともに、いっきに株いっぱいに大量の花を咲かせるモッコウバラ。常緑の性質からフェンスなどに絡ませ通りからの目隠しに最適です。また棘(トゲ)がないことから扱いやすく、そして強健で育てやすいので手軽に楽しんでいただけます。 ●用途・性質 ・鉢植え・庭植え・フェンス・アーチに絡める ・花径:1.5〜2cm ・草丈:半ツル性下垂(地植・鉢植) ・性状:半常緑蔓性低木 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日程度の陽射しが必要 ・学名:Rosa banksiae f. lutea Rehder ・原産地:中国 ・科名:バラ科 ・属名:バラ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期 ・植え場所 半日程度の陽射しが必要 ・開花期 ・肥料・庭 ・肥料・鉢 ・剪定 置場所:半日日陰〜日向 水やり:表面の土が乾いたら与えて下さい。 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。●植え込み事例 一日中日の当たる場所に植えてありませた。 新しい感覚のモッコバラの楽しみ方です。枝垂れる性質を上手く生かしてありました。 南東の日当たりのよい場所に植えてありました。 イエローの八重とホワイトの八重が交互に植えたあり鮮やかでした。 東側のわりと日当たりの悪い場所に植えてありました。 日当たりが悪いわりには鮮やかにあいていました。 西側の西日が少し当たる程度のところに植えてありました。 植えて3年目ということでまだ小さかったですが綺麗に咲いていました 南側の玄関の扉に絡めてありました。 どのように絡めてあるかは定かではありませんが面白かったので撮影させていただきました。 ↓南西側のフェンスに絡めてありました。植え込んで5年目の株です。 毎年、夏に刈り込みを行うそうです。(八重咲きイエロー) ↓南東側の低いフェンスに絡めてありました。植え込んで3年目の株です。 ほとんど手をかけていない放任栽培だそうです。(八重咲きイエロー) ↓南側の枕木で作ったアーチに絡めてありませた。植え込んで5年目の株です。 手入れは伸びた枝を切る程度だそうです。(八重咲きイエロー) ↓西北側のブロック塀に絡めてありました。植え込んで6年目の株です。 長く伸びた枝をブロック塀に誘引したそうです。(八重咲きイエロー) ↓南側の自家製のフェンスに絡めてありました。植え込んで3年目の株です。(八重咲きイエロー) ↓東側の駐車場の屋根に這わせてありました。植え込んで7〜8年目の株です。 長く伸びた枝を適当に切る程度でまったくお手入れはしていないそうです。(八重咲きイエロー) ↓南西側の高木に絡めてありました。植え込んで5〜6年目の株です。 近所でも有名なモッコウバラです。お手入れは伸びた枝を切る程度だそうです。(八重咲きイエロー) ↓南西側のフェンスに目隠しになるように絡めてありました。植え込んで5〜6年目の株です。 お手入れは伸びた枝を切る程度だそうです。(八重咲きホワイト) ↓南西側のフェンスに絡めてありました。植え込んで5〜6年目の株です。 毎年冬に短く刈り込むそうです。 ↓北側のフェンスに絡めてありました。植え込んで4〜5年目の株です。 北側で西日しか当たらない場所ですが元気欲咲いていました。  ●購入後の管理 ・鉢植え 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズの3回り大きな鉢に植え込んで下さい。 その後、支柱を挿して下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ・庭植え 必ずしっかり転地返しを行い、土が固まっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水を浴してください。フェンスやアーチに絡めて下さい。 ・肥料 一株に対し、大さじすりきち1杯与えて下さい。液肥との併用は禁物です。おすすめ肥料はこちら>>GO ・水やり 鉢植えは植え付け後、鉢底から水が出るまでたっぷり与えて下さい。 地植えは夏場で約7日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。 ●その後の管理 ●冬場の管理について ・寒冷地の方は若苗の時は雪や霜を避けれるように養生して下さい。 ●夏場の管理について ・肥料:秋まで与えなくても良いです。与えたら与えただけツルが伸びます。大き成長させたい方は与えて下さい。ただし与えすぎには注意して下さい。目安として2ヶ月に1度、1株に対し固形肥料を大さじ1杯程度です。 おすすめ肥料はこちら>>GO ・ピンチ:お盆明けまで繰り返して下さい。お盆後はピンチを行わないようにして下さい。来年咲く花芽が減ってしまいます。 ●開花ポイント 肥料を与えすぎると株ばかりが大きくなり花付が悪くなります。 痩せ地でも十分育ちますので肥料の与えすぎに注意して下さい。

苗物 -> 花の苗物

【培養土】花壇に混ぜる土14L×1袋

なんど植えても枯れてしまう!株が大きくならない!このようになる原因は土の排水性や通気性が悪いことからおきるのです。これでは何度良い苗を植えても土を改善しない限り同じ結果になってしまいます。そもそも花壇はプランター等に比べ水やりなど日頃の世話の手間が少ないものです。しかし同じ土を繰り返し使用する為、土の質が悪いと余計に手間が掛かってしまいます。そこで定期的に「花壇に混ぜる土」を混ぜることで手間のかからない花壇へと返信します。 ●作業手順   できるだけ深く耕します。そして同時に土も細かくします。     「花壇に混ぜる土」を均等に振り分けます。     最後に均等に混ざるように良く混ぜます。終了     ★同梱について 商品の大きさ、形状、重さによってお断りする場合がございます。ご了承下さい。   日照りが続くと土の表面がひび割れてくるほど固い。 植えた植物が育たない。草もあまり生えない。 雨が続くと植物が株元からとろけるように腐ってしまう。 皆さんもこのような状態を目にしたことがありませんか?このようになる原因は土の排水性や通気性が悪いことからおきるのです。これでは何度良い苗を植えても土を改善しない限り同じ結果になってしまいます。このような現状を捉え開発したのが↓ 皆さんの花壇に何が不足して、何が必要か?それを徹底的に調査しました。 どんな花壇にも適応するように花の生産者が長年の経験を活かし配合しました。 単粒構造が崩れにくいため通気性、保水性に富んでいます。また肥料を体内に蓄積し植物の生育に応じて小出ししてくれます。そして花の生育に必要なモリブデンを維持し生育を助けます。(栃木県産赤玉土は検査済みです) 保水性に優れ、植物の生育に必要な毛管水を多く含んでくれます。また微量の要素も多く含んでいます。そして肥料を分解し根が吸収しやすい形に変えるバクテリアの繁殖を促進してくれます。 通気性、排水性に富んでいます。そして粒自体が発砲状態になっており土中において酸素を常に保ち根に供給してくれます。また非常に軽いため扱いやすくハンギングバスケットの土としても最適です。 そもそも花壇はプランター等に比べ水遣りなど日頃の世話の手間が少ないものです。しかし同じ土を繰り返し使用する為、土の質が悪いと余計に手間が掛かってしまいます。そこで定期的に「花壇に混ぜる土」を混ぜることで 購入量の目安 奥行き100cm×長さ200cm×深さ5cm÷14000=約7袋必要となります。 「花壇に混ぜる土」を使用した花壇  

用土 -> 基本用土

【エリゲロン属】スパニッシュデージー(源平小菊)3.5号ポット

●品種特性 ピンク?それとも白?不思議な花色が魅力。蕾や咲きたての花はピンク系等〜咲くと白花〜しばらくするとアイボリー系へと花色が固定しないのが特徴です。大きく拡がった先に咲くその様子は、小さな天使が戯れるようです。草姿から、ちょっと背の高いコンテナやスタンドを使って垂れ拡がる雰囲気を楽しむのもおすすめ。また花壇の手前に使うと全体を優しい雰囲気に仕上げてくれます。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、鉢植え ・花径:1.5〜2cm ・草丈:10〜15cm ・性状:多年草 ・耐寒性:強(雪、霜は避ける) ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日程度の陽射しが必要 ・学名:Erigeron speciosus ・別名:源平小菊 ・原産地:北米 ・科名:キク科 ・属名:エリゲロン属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所   半日程度の陽射しが必要 ・開花期   ・肥料:鉢                ・肥料:庭                ・切戻し                 ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●植え込み事例   南側の花壇に植えてありました。 毎年、春〜秋まで開花が続き長く楽しめると喜んでみえました。 東側の朝日しか当たらないところに植えてありました。 たぶんこぼれ種で増えているとのことです。 産直花だん屋で育てたプランター植えです。 肥料を控えめに育てたので花数も多く株も蒸れずにきれいに仕上がりました。  ●苗が届いたら ●庭植(植え場所:半日程度の陽射しが必要) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。比較的乾燥には強いですが湿気には弱いので注意して下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:半日程度の陽射しが必要) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、小さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 3日間は庭植え、鉢植えともにたっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい)   ●管理レポート ・コンテナサイズ:W30×H14cm ・植え株数:3株 ・置き場所:日当たりのよい軒下 3月10日 「鉢底に敷く軽石」を鉢全体の3分の1入れ、「万能培養土」で植え込みました。元肥は入れていません。 植え込みから1週間ほどたったところで「万能肥料」をティースプーン3杯与えました。 水やり 水やりの基本は表面の土が白くなったら与えるですが、定期的に与えても問題ありません。 12月下〜3月上はほとんど乾きませんが土のなかの水を入れ替えるつもりで 約1週間に一度はたっぷり与えて下さい。 4月17日 株も充実してきました。見た目はまさにタンポポです。 5月4日 葉もコンテナからあふれ出し、開花が始まりまいた。 水やり 暖かな日が多くなるにつれ、土も乾きやすくなります。 この頃は2〜3日に1度、午前中に鉢底からたっぷりと水が流れ出すまで与えました。 5月22日 優しい薄桃色の花が咲き出しました。蕾も次から次へとあがってきます。 咲き終わった花殻は根元から切り落とし、タネをつけさせないよう手入れをすれば、 花を長く楽しむことが出来ます。 6月22日 梅雨に入り、株も乱れ開花もひと段落したので、夏越しのため切り戻します。 地際から5cmの高さ程まで切り戻しをします。 まだ蕾が付いているかもしれませんが、思い切って切り戻して下さい。 8月9日 再生してきました。蕾も付いてきました。 10月10 開花が始まり晩秋ごろまで楽しめます。 ●冬季の管理 晩秋頃に冬越しのために切戻しを行って下さい。 ・置き場所冬越しは雪、霜のあたらない軒下で管理して下さい。 気温が0℃ぐらいまでは大丈夫だと思います。それ以上氷点下になる地域の方は夜だけ室内に取り込んで下さい。 ・肥料二ヶ月に一回与えて下さい。与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。・庭植、庭植えともに一株あたり約30g与えて下さい。(与える時期は育て方の目安を参考にして下さい)  おすすめ有機肥料はこちら>>GO ・水やり一週間に一回程度、表面の土が白く乾かなくても与えて下さい。鉢の中の汚い水を全て押し出すイメージで与えて下さい。暖かくなるにつれて水やり回数は増やして下さい。  

苗物 -> 花の苗物

【バラ属】モッコウバラ八重咲きホワイト3.5号ポット苗

●品種特性 初夏の訪れとともに、いっきに株いっぱいに大量の花を咲かせるモッコウバラ。常緑の性質からフェンスなどに絡ませ通りからの目隠しに最適です。また棘(トゲ)がないことから扱いやすく、そして強健で育てやすいので手軽に楽しんでいただけます。 ●用途・性質 ・鉢植え・庭植え・フェンス・アーチに絡める ・花径:1.5〜2cm ・草丈:半ツル性下垂(地植・鉢植) ・性状:常緑蔓性低木 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日程度の陽射しが必要 ・学名:Rosa banksiae f. lutea Rehder ・原産地:中国 ・科名:バラ科 ・属名:バラ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期 ・植え場所 半日程度の陽射しが必要  ・開花期 ・肥料・庭 ・肥料・鉢 ・剪定                置場所:半日日陰〜日向 水やり:表面の土が乾いたら与えて下さい。 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。●植え込み事例 ↓南西側のフェンスに目隠しになるように絡めてありました。植え込んで5〜6年目の株です。 お手入れは伸びた枝を切る程度だそうです。(八重咲きホワイト) ↓南西側のフェンスに絡めてありました。植え込んで5〜6年目の株です。 毎年冬に短く刈り込むそうです。 ↓北側のフェンスに絡めてありました。植え込んで4〜5年目の株です。 北側で西日しか当たらない場所ですが元気欲咲いていました。 一日中日の当たる場所に植えてありませた。 新しい感覚のモッコバラの楽しみ方です。枝垂れる性質を上手く生かしてありました。 南東の日当たりのよい場所に植えてありました。 イエローの八重とホワイトの八重が交互に植えたあり鮮やかでした。 東側のわりと日当たりの悪い場所に植えてありました。 日当たりが悪いわりには鮮やかにあいていました。 西側の西日が少し当たる程度のところに植えてありました。 植えて3年目ということでまだ小さかったですが綺麗に咲いていました 南側の玄関の扉に絡めてありました。 どのように絡めてあるかは定かではありませんが面白かったので撮影させていただきました。 ↓南西側のフェンスに絡めてありました。植え込んで5年目の株です。 毎年、夏に刈り込みを行うそうです。(八重咲きイエロー) ↓南東側の低いフェンスに絡めてありました。植え込んで3年目の株です。 ほとんど手をかけていない放任栽培だそうです。(八重咲きイエロー) ↓南側の枕木で作ったアーチに絡めてありませた。植え込んで5年目の株です。 手入れは伸びた枝を切る程度だそうです。(八重咲きイエロー) ↓西北側のブロック塀に絡めてありました。植え込んで6年目の株です。 長く伸びた枝をブロック塀に誘引したそうです。(八重咲きイエロー) ↓南側の自家製のフェンスに絡めてありました。植え込んで3年目の株です。(八重咲きイエロー) ↓東側の駐車場の屋根に這わせてありました。植え込んで7〜8年目の株です。 長く伸びた枝を適当に切る程度でまったくお手入れはしていないそうです。(八重咲きイエロー) ↓南西側の高木に絡めてありました。植え込んで5〜6年目の株です。 近所でも有名なモッコウバラです。お手入れは伸びた枝を切る程度だそうです。(八重咲きイエロー)  ●購入後の管理 ・鉢植え 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズの3回り大きな鉢に植え込んで下さい。 その後、支柱を挿して下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ・庭植え 必ずしっかり転地返しを行い、土が固まっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水を浴してください。フェンスやアーチに絡めて下さい。 ・肥料 一株に対し、大さじすりきち1杯与えて下さい。液肥との併用は禁物です。おすすめ肥料はこちら>>GO ・水やり 鉢植えは植え付け後、鉢底から水が出るまでたっぷり与えて下さい。 地植えは夏場で約7日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。 ●その後の管理 ●冬場の管理について ・寒冷地の方は若苗の時は雪や霜を避けれるように養生して下さい。 ●夏場の管理について ・肥料:秋まで与えなくても良いです。与えたら与えただけツルが伸びます。大き成長させたい方は与えて下さい。ただし与えすぎには注意して下さい。目安として2ヶ月に1度、1株に対し固形肥料を大さじ1杯程度です。 おすすめ肥料はこちら>>GO ・ピンチ:お盆明けまで繰り返して下さい。お盆後はピンチを行わないようにして下さい。来年咲く花芽が減ってしまいます。 ●開花ポイント 肥料を与えすぎると株ばかりが大きくなり花付が悪くなります。 痩せ地でも十分育ちますので肥料の与えすぎに注意して下さい。

苗物 -> 花の苗物

【ソケイ属】ジャスミンステファネンセ(強香タイプ)3号ポット

●品種特性 ステファネンセは、中国南西部(雲南省)原産で、ジャスミンの中では珍しい桃花で香りの強い小花をたくさん咲かせます。またつぼみが濃い桃色でとても愛らしいのが特徴です。  暑さと蒸れに強く、開花期間の長いジャスミン種なので日当たりの良い場所だけでなく半日陰でも楽しめます。 つるを伸ばすことが花を長く楽しむためのコツなので、肥料切れにならないように管理して下さい。病害虫は、ほとんどつきません。 半耐寒性半常緑ツル性低木なので−5℃以上で管理して下さい。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、鉢植え行灯仕立て ・花径:1.5〜2cm ・草丈:半ツル性下垂 ・性状:常緑つる性低木 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日程度の陽射しが必要 ・学名:Jasminumum x stephanense ・原産地:中国南西部 ・科名:モクセイ科 ・属名:ソケイ属(ヤスミヌム属) ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期 ・植え場所 半日日陰〜日向 ・開花期 ・肥料・庭 ・肥料・鉢 ・剪定 ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。●購入後の管理 ●庭植(植え場所:半日日陰になる場所) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。比較的乾燥には強いですが湿気には弱いので注意して下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO 塀に絡ませることをお考えの方は園芸ネットをご利用下さい。 ●鉢植え(置き場所:日当たりのよい場所) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 ツル性ですので絡める支柱をご用意下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約7日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。夏場は午前と午後与えて下さい。 ●肥料 ※肥料は与えすぎると木ばかりが大きくなり花咲きが悪くなります。どうしても肥料を沢山与えがちですが与えれば与えるほど木は元気になりますが花咲は悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。 ・庭植、庭植えともに一株あたり約3g与えて下さい。(与える時期は育て方の目安を参考にして下さい) その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 おすすめ有機化成肥料はこちら>>GO ●剪定、切り戻し 生育旺盛ですので夏〜秋にかけて行って下さい。込み合った枝や長くなった枝を切ってください。 コレといって決まりはありませんので自由に切ってください。 ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。 ●ポイント 夏場の水切れに注意して下さい。対処方法として刈り込みをし株を小さくして下さい。蒸散作用が治まります。

苗物 -> ハーブの苗物

【アジサイ属】アルボレッセンスアナベルホワイト  4.5号ポット

●品種特性 アルボレッセンスは、春に伸びた新枝に花芽ができ開花するので、花後すぐに切り戻す必要はなく、次の年の3月までに剪定すればよいので、ドライフラワー状態になったきれいな花がらを長く楽しむことができます。 「アナベル」は、手種型の一重咲き。つぼみは緑色で徐々に花色が白になり、花が進むと緑色に変化します。根をしっかり張らすと直径20〜30cm前後の毬のような大輪の花を咲かせ、たいへん見ごたえがあります。ドライフラワーに適しています。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、鉢植え ・花径:15〜20cm ・樹高:1〜1.5cm ・性状:落葉低木 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日程度の陽射しが必要 ・学名:Hydrangea arborescens  ・和名:アメリカノリノキ、西洋アジサイ  ・別名:アメリカアジサイ  ・原産地:北米(園芸品種) ・科名:アジサイ科 ・属名:アジサイ科 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所       半日程度の陽射しが必要 ・開花期 ドライ ・肥料・庭   ・肥料・鉢                ・剪定                ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●植え込み事例 直径20cmぐらいの大きな花を咲かせます。 遠く離れた場所からでも存在感がある花です。 咲き始めはライムグリーの花色です。 ↓南側、半日日陰になる場所に植え込んでありました。 落葉後、毎年地際から10cmぐらいまで刈り込むそうです。 放任栽培で毎年綺麗に咲いてくれるそうです。7年目   ↓南側で一日中日の当たる場所でした。 砂利のようなところに植えてありましたが毎年、綺麗に咲くそうです。 本来の背丈はありませんでした。 ●苗が届いたら ●庭植(植え場所:日陰〜半日日陰) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:日陰〜半日日陰) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ2杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約5日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:乾燥には強いですが、表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。 ●肥料(↑育て方の目安参照) 与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。庭植、鉢植えともに一株あたり約5〜10g与えて下さい。※肥料は与えすぎると葉ばかりが茂り花咲きが悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 おすすめ有機肥料はこちら>>GO ●剪定(落葉時に行う) 春に延びた新芽に花を付けますので、落葉後に行って下さい。地際から10cm程度の高さまで切戻して下さい。毎年行うことで株が大きくなると同時に分枝も沢山しますので花数が増えます。 ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。鉢で楽しむことは限界がございます。ある程度の大きさになったら庭植えしていただくことをオススメします。 ※花が大きく重いので枝が折れないように支柱を立てて下さい。  

苗物 -> 花の苗物

【ハシドイ属】姫ライラックミスキム 4号ポット

●品種特性 ライラックはイギリスの五月祭に使われる花で、別名リラと呼ばれています。 寒さに強いのでヨーロッパでも人気があります。また本来は暑さに弱かったのですが、最近の園芸種は耐暑性にも優れていますので、ほぼ全国で栽培可能です。和、洋どちらの庭にも似合う花は甘い香りを漂わせます。 庭木として初夏のシンボルツリーとして楽しんでいただけます。 日当たりが良く、肥沃で排水のよい場所を好みます。 姫ライラック「ミスキムは」、ライラックの中でも小型種で、花付きよく小苗から花を咲かせていくれます。 コンパクトな樹形なので鉢仕立てでも楽しめ、花は淡いラベンダーピンクで芳香を楽しめる強健品種です。 少ないスペースでもライラックの香りと花を十分楽しめます。 日なた向きの植物となります。 ●用途・性質 ・庭植え・鉢植え ・花長:約5〜8cm ・樹高:1〜2m ・性状:耐寒性落葉低木 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:弱(半日以上日が当たる場所)) ・学名:Syringa vulgaris ・原産地:ヨーロッパ南部 ・科名:モクセイ科 ・属名:ハシドイ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所  半日以上〜日向  ・開花期 ・花芽分化                ・剪定                ・肥料・庭 ・肥料・庭                3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。    植え込み事例 南側の日当たりの良い場所に植えてありました。 パープル系 一日中、日の当たる場所に植えてありました。 北側の西日しか当たらない場所に植えてありました。 姫ライラックミスキムだと思いますが見事に咲いていました。 南側の庭に植え込んでありました。お手入れもしっかり行われてありました。 毎年、開花後に軽く剪定をするそうです。肥料は与えたことが無いといって見えました。   南西側に植え込んでありました。管理や剪定がわからないということで放任しているとのことでした。 このように葉が落ち、上の方でしか開花しない株になってしまったら。 思い切って開花後に切り詰めると下の方から新しい芽が吹いてきます。 購入後の管理 ●植え場所 ・庭植:必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:日向) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 夏場で約7日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。その後は与えなくてもよいです。 (注意、夕方は与えないで下さい) ・注意 若い苗時は枝が折れやすいので注意して下さい。積雪がある地域の方は養生して下さい。 ●その後の管理 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:乾燥には強いですが、表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。 ●剪定について ライラックは夏に花芽分化しますので開花終了後すぐに行って下さい。購入後2〜3年は行わなくてもよいです。枝が込み合ってきたりあまり背を高くしたくない場合に行って下さい。 ●肥料(育て方の目安を参照) どうしても肥料を沢山与えがちですが与えれば与えるほど木は元気になりますが花咲は悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。 ・庭植、庭植えともに一株あたり約10g与えて下さい。(与える時期は育て方の目安を参考にして下さい) その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。おすすめの有機化成肥料はこちら>>GO ●注意 寒冷地の方は若苗の時は雪や霜を避けれるように養生して下さい。  

苗物 -> 花の苗物

【コンウォルウルス属】コンボルブルスブルーカーペット3.5号ポット

●品種特性 広がるように初夏に開花するコンボルブルス日当たりのよい場所に植えれば毎年開花し年々広がってくれます。大変丈夫で育てやすい品種です。 ●用途・性質 ・用途:鉢植え、草押さえ、石垣 ・花径:3〜4cm ・草丈:10〜15cm(這性) ・性状:耐寒性多年草 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日以上の陽射しが必要 ・学名:Convolvulus sebatius ・原産地:地中海沿岸 ・科名:ヒルガオカ科 ・属名:コンウォルウルス属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所  半日以上の陽射しが必要    ・開花期   ・肥料:鉢                ・肥料:庭                ・切戻し                 ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●植え込み事例   産直花だん屋で育てました。 すくすくと育ってくれました。肥料が多いと蒸れるので注意してください。 這うように広がるので少し背の高いコンテナが似合うと思います。 南側の日当たりの良い石垣に植えてありました。 ご近所の石垣に、毎年鮮やかに這うように咲いてます。 環境がいいのか年々株が大きくなって行きます。 南西側の花壇に植えてありました。 ここも毎年、咲いてくれて年々株が大きくなるそうです。  ●苗が届いたら ●庭植(植え場所:半日以上の陽射しが必要) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。比較的乾燥には強いですが湿気には弱いので注意して下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:半日以上の陽射しが必要) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、小さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植え、鉢植えともにたっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい)   ●管理レポート ・コンテナサイズ:一辺が15cm ・植え株数:1株 ・置き場所:日当たりのよい軒下 4月15日 「鉢底に敷く軽石」を鉢全体の3分の1入れ、「万能培養土」で植え込みました。元肥は入れていません。 植え込みから1週間ほどたったところで「万能肥料」をティースプーン1杯与えました。 水やり 水やりの基本は表面の土が白くなったら与えるですが、定期的に与えても問題ありません。 与えるときは鉢底からどぼどぼ水が出るまで与えて下さい。 鉢の中の古い水を全て押し出すイメージでたっぷり与えて下さい。 5月25日 株もおおきくなり次々と花を咲かせて着ました。 ・水やり 暖かな日が多くなるにつれ、土も乾きやすくなります。 この頃は1〜2日に1度、午前中に鉢底からたっぷりと水が流れ出すまで与えました。 肥料はティースプーン1杯与えました。 肥料が多いと根腐れの原因に繋がります。少量で、すこし痩せ気味に管理して下さい。 もちろん液肥も与えないようにして下さい。 満開状態になったら大きな切戻しは行わず終わった花を茎から切る程度にして下さい。 6月25日 開花期も終わり夏越しのための切戻しをします。 あまり神経質にならず思い切ってきり戻して下さい。 風通しが良くなるようにきり戻して下さい。 コンボルブルスは夏場、蒸れやすいので気温が下がるごろまで刈り込みを続けて下さい。 ●刈り込み後の管理 ・置き場所:半日以上の日が当たる場所で管理して下さい。 水やり:切戻し後は今までのような蒸散はしませんので、 一日おきにたっぷり午前中に与えて下さい。株が大きくなるにつれ水やり回数は増やして下さい。 ・肥料は気温が下がるごろまで与えません。 9月5日 夏越しも上手くできました。鉢上げを行って下さい。 この時期鉢上げを行うことで根が増え、来年芽吹きが増え開花も増えます。 ●冬越し 切戻しを行って下さい。 置き場所:日当たりのよい場所で管理して下さい。 寒さが厳しい地域の方は夜間は玄関先に取り込んで下さい。 水やり:ほとんど乾きませんが2週間に1回は鉢底からどぼどぼ出るぐらい与えて下さい。 肥料:2ヶ月に1回ティースプーン1杯与えて下さい。 葉が枯れてしまった場合は日当たりのよい凍結しないところで管理して下さい。 春先に芽が出るまで放置しといて下さい。葉が吹いてきたら管理を開始して下さい。  

苗物 -> 花の苗物

【アスパラガス属】グリーンアスパラガス3号ポット

●品種特性 家庭菜園で手軽に収穫できるアスパラガズ。一度植えれば何年も収穫できることから人気の野菜苗です。植え付けた翌年から収穫が徐々にできます。本格的な収穫は3年目からとなります。さほど手間もかからず植えておけば収穫できるので忙しい方でも楽しめます。 ●用途・性質 ・性状:落葉多年草 ・耐寒性:強(3〜5℃は必要) ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日以上陽射しが必要 ・学名:Asparagus officinalis var.altilis ・英名:edible asparagus ・原産地:欧州 ・科名:キジカクシ科(ユリ科) ・属名:アスパラガス属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所   半日以上陽射しが必要 ・一年目   育苗期間 ・二年収穫                ・肥料・庭   ・肥料・鉢                ・鉢上                ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。●購入後の管理 ●庭植(植え場所:半日以上の陽射しがある場所) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。比較的乾燥には強いですが湿気には弱いので注意して下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:日当たりのよい場所) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより4回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約4日間、冬場で約2日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●一年目は育苗期間となります。収穫を行わず根を大きくすることに専念します。 根が大きくなればなるほど翌年の収穫量が増えます。 左中写真:アスパラガズ生えても収穫行わないで下さい。やがて葉が展開してきます。 右写真:茎が倒れないように支柱を立て縛ってください。 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。夏場は午前と午後与えて下さい。 ●肥料 夏〜秋にかけて毎月1回与えます。 ・庭植:一株あたり約50g与えて下さい。おすすめ化成肥料はこちら>>GO ・鉢植:一株あたり約30g与えて下さい。鉢植えの場合は有機肥料も与えて下さい。おすすめ有機肥料は>>GO ●休眠期の管理 葉が枯れてきたら休眠期のサインです。葉が枯れてきたら刈り取ってください。 水、肥料は与えないで下さい。(鉢植えは雨があたる場所で管理して下さい) 後は来春の芽吹きを楽しみにして下さい。 ●鉢上げ 2〜3年は行わなくても大丈夫です。 ●2年目以降 二年目以降は収穫が終わるころに出てきたアスパラガスを収穫せず放置し一年目のようにして下さい。

苗物 -> 野菜の苗物

【アジサイ属】ノリウツギバニラストロベリー4号Lポット

●品種特性 日本原産のアジサイ属のなかで唯一、円錐形の花序をもつ落葉低木です。和名の「ノリウツギ(糊空木)」は、樹皮に含まれる粘液を和紙を漉く際の糊料として使用したことと、茎が中空であることに由来しています。 「ピラミッドアジサイ」という流通名で出回ることもあります。花序の形がカシワバアジサイに似ていますが、ノリウツギの葉には切れ込みが入りません。茎は直径3cmほどにもなり、放任するとかなり大きく育つので、アジサイとは雰囲気が異なります。 花後すぐに切り戻す必要はなく、次の年の3月までに剪定すればよいので、ドライフラワー状態になったきれいな花がらを長く楽しむことができます。 「バニラフレーズ」は、軸色が赤く、花色とのコントラストが美しく、花色は白からピンクへと変化します。また花が咲きそろう感じが特徴です。 ●用途・性質 ・用途:庭植え・鉢植え ・花序:長さ:約20〜30cm       幅:約20cm ・樹高:1.2〜1.8m(地植・鉢植) ・性状:落葉低木 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:中 ・学名:Hydrangea paniculata     'Magical Moonlight' ・原産地:日本、中国、台湾 ・科名:アジサイ科 ・属名:アジサイ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・日当たり   半日程度の陽射しが必要 ・観賞期 花 花 落葉 ・花芽分化 ・剪定                肥料・庭 肥料・鉢 ※肥料は一ヶ月に1回が目安です。 (1番下の写真がお届け例です) ☆ご注意&お願い ・商品が植物という特性上、色合いや大きさに若干の違いはございます。 ・輸送中に葉が若干痛む場合がございますが成長には問題ありませんのでご了承下さい。尚、転倒事故での痛みはご連絡下さい。●苗が届いたら ●庭植(日当たり:半日日陰〜日向) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(日当たり:半日日陰〜日向) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約5日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:乾燥には強いですが、表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。 ●肥料(↑育て方の目安参照:オレンジに塗りつぶした季節に与えて下さい) 与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。庭植、鉢植えともに一株あたり約10〜15g与えて下さい。※肥料は与えすぎると葉ばかりが茂り花咲きが悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 おすすめ有機肥料はこちら>>GO ●剪定(落葉時に行う) ノリウツギはアジサイ属ですが花芽分化は春先に行われるため落葉期に行います。混み合った枝、背が高くなりすぎた枝を枝分かれしている位置で切って下さい。枝の途中で切ってしまうと樹形が不自然になりバランスが悪くなります。 ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。鉢で楽しむことは限界がございます。ある程度の大きさになったら庭植えしていただくことをオススメします。

苗物 -> 花の苗物

【ジャノヒゲ属】玉竜 40ポットセット

●品種特性 庭作りお買い得タマリュウ企画。40ポットで畳半畳を被覆できます。 大量の株数により広い面積を被覆していただく為に御用意いたしました。植木類の保護の為の下草として、玄関や飛び石周りの緑化被覆としてご利用下さい。 ●用途・性質 ・用途:庭植え ・開花期:7月〜8月 ・草丈:約5〜10cm ・性状:耐寒性多年草 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日程度の陽射しが必要 ・学名:Ophiopogon japonicus ker.f.nanus fort ・英名:Dwarf mondo grass ・原産地:日本・中国 ・科名:キジカクシ科 ・属名:ジャノヒゲ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期 ・植え場所 半日程度の 陽射しが必要 ・開花期 ・肥料:鉢 ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●苗が届いたら ●庭植え 植える場所が排水が悪い場合は市販の培養土を混ぜて下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO その後、畳半畳分を被覆するように均等に玉竜を仮置きします。仮置き後植え込みます。 ●肥料 一株に対し、小さじ0.5杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 3日間はたっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい)   ●その後の管理 ・水やり 基本的には与える必要はございませんが真夏に葉先が茶色く焼けたようになるようでしたら水を与えて下さい。 ・肥料 春先と晩秋に与えて下さい。    

苗物 -> 花の苗物

【ヤブラン属】斑入り葉ヤブラン 3.5号ポット

●品種特性 斑入り葉と紫の花のコントラストが美しいヤブランです。ヤブランは日本の樹林の下草として自生している植物なので、日本の日陰になりがちな家回りや庭でも花が咲き葉が鮮やかです。開花期は初秋の頃、高さ30cmほどの細い花茎が立ち、お洒落な花を多数付けます。コンテナ植えももちろん楽しんでいただけます。 また、大変強健で生育旺盛ですので一度根付いてしまえば放任栽培でOKです。 増やしたい場合には春か秋に株分けをして下さい。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、鉢植え(日陰の草押さえ) ・花径:約1〜1.5cm ・草丈:30〜40cm ・性状:常緑多年草 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:強 ・学名:Liriope muscari(=L.platyphylla) ・別名:セイヨウキランソウ(西洋綺欄草) ・原産地:日本〜中国 ・科名:スズラン科(ユリ科) ・属名:ヤブラン属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期 ・植え場所 日陰〜半日日陰 ・開花期 ・肥料・庭 ・肥料・鉢 ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。●植え込み事例 日当たりがさほど良くないところでしたが綺麗に咲いていました。 群集させることでブルーの花が際立っていました。 前中に少し日が当たるアプローチに斑入りヤブランが植えてありました。 セトクレアセアと寄せて植えてありこじゃれたシェードガーデンになっていました。 玄関のモニメントの下に斑入りヤブランが植えてありました。 洋風の玄関によく似合っていました。 夏の葉の様子です。鮮やかな斑入りでお庭のアクセントになっていました。 日当たりの良いアプローチにロイヤルパープルが植えてありました。 高低差のあるアプローチになりお洒落な感じになっていました。 花木の木陰にロイヤルパープルが植えてありました。 花木の下の方が枯れ上がってしまい寂しくなっていたので植えたそうです。 ●購入後の管理 ●庭植(植え場所:明るい日陰〜半日日陰になる場所) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:明るい日陰〜半日日陰になる場所) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより3回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約5日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ※真夏、真冬ともに葉焼けしたとしても、枯れることはありません。 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。夏場は午前と午後与えて下さい。 ●肥料 あまり必要としません。年間に1回で十分です。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。 与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。 ・庭植、鉢植え:春に一株あたり約5g与えて下さい。おすすめ有機化成肥料はこちら>>GO  ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。鉢で楽しむことは限界がございます。ある程度の大きさになったら株分けか庭植えにしていただくことをオススメします。 ●ポイント 株が小さい時は雑草に負けてしまう場合がございます。ある程度の大きさになるまで草取りを行って下さい。

苗物 -> 花の苗物

【ダリア属】皇帝ダリア一重咲き 3.5号ポット

●品種特性 初夏から秋にかけてものすごいスピードで生育して秋の深まりとともに大きくて鮮やかな花を咲かせる皇帝ダリア。球根性の植物ですので年々大きくなり何本か茎が立ってきます。秋のシンボルツリーとして人気です。 開花条件が陽が短くなることで開花しますので電灯の近くには植えないようにして下さい。 また、寒さに弱いところがありますので冬が早い地域の方は花が咲く前に枯れてしまいます。 ●用途・性質 ・用途:庭植え ・花長:15〜20cm ・草丈:3〜4m ・性状:球根多年草 ・耐寒性:中 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日以上の日差しが必要 ・学名:Dahlia imperialis ・英名:belltree,treedahlia ・和名:コダチダリア、タラノハダリア ・流通名:皇帝ダリア ・原産地:グラテマラ〜コロンビア ・科名:キク科 ・属名:ダーリア属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所   半日程度の陽射しが必要   ・開花期       ・肥料・庭    ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●植え込み事例   南向きの日当たりのよい場所に植わっていました。 畝が立ててあり水はけを良くしてありました。毎年、株が大きくなり自慢のダリアだそうです。 一日中、陽があたる場所に植えてありました。 毎年、株が大きくなり見事に咲いていました。ほとんど手を掛けず育てているとのことでした。 ●苗が届いたら ●庭植(植え場所:半日以上の日当たりが必要) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。比較的乾燥には強いですが湿気には弱いので注意して下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●水やり 基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 ●肥料おすすめ肥料はこちら>>GO 一ヶ月に1回、一株に対し10g程度与えて下さい。 ※肥料は与えすぎると木ばかりが大きくなり花咲きが悪くなります。どうしても肥料を沢山与えがちですが与えれば与えるほど木は元気になりますが花咲は悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。 その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 ●ポイント ある程度背丈が伸びたら支柱を立てて下さい。その後どんどん大きくなるので根元から折れないように茎を束ねて縛って下さい。  ●小さく育てるポイント 8月の上中ごろにお好みの高さの節まで切り戻して下さい。切り戻したら茎が空洞になっていますので水が入らないようにビニール等で養生して下さい。そのご節から新しい芽が出てその先に花を咲かせます。 ●開花が終わったら ダリアは球根性の植物ですので花が終わったら茎を切り倒して下さい。その後切り倒した上にビニールシートなどをかけ保温をして下さい。冬場、気温が氷点下にあまりならない地域の方はそのままでOKです。

苗物 -> 花の苗物

【ソケイ属】アラビヤジャスミンマツリカ一重咲き3.5号ポット

●品種特性 アラビアからインドに分布する低木です。 初夏〜夏に咲く白い小さな花は、とても香りが強く、ジャスミンティー(茉莉花茶)などに使われる品種です。 大きく成長してくると支柱が必要となる半つる性であること、丈夫で育てやすく耐暑性は強いですが、耐寒性がないため 冬季は室内に取り込まないといけないので鉢植えにして楽しむことをおすすめいたします。 ●用途・性質 ・用途:鉢植え 行灯仕立てがおすすめ ・花径:2〜3cm ・草丈:半ツル性下垂 ・性状:常緑半つる性低木 ・耐寒性:弱(冬期室内) ・耐暑性:強 ・耐陰性:強(冬季は日向) ・耐光性:夏場は半日陰 ・学名:Jasminum sambac ・和名:茉莉花 、アラビアジャスミン ・英名:Arabian jasmine ・原産地:インド ・科名:モクセイ科 ・属名:ソケイ属(ヤスミヌム属) ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所  日向   半日陰 日向  ・開花期   室 内 ・肥料・庭   ・肥料・鉢                ・剪定               ※肥料は一ヶ月に1回が目安です。   ●難易度 中級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。●購入後の管理 ●鉢植え(置き場所:半日程度日が当たる場所、夏場は直射日光を避けて下さい。) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 半ツル性ですので支柱などに枝を巻き付けることをおすすめします。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、小さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約7日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●水やり 鉢植え:表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。夏場は午前と午後与えて下さい。 ●肥料 ※肥料は与えすぎると木ばかりが大きくなり花咲きが悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。与える肥料は化成を一株あたり約2〜3g与えて下さい。 (与える時期は育て方の目安を参考にして下さい) その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 おすすめ有機肥料はこちら>>GO ●切り戻し 秋に込み合った枝を切ってください。コレといって決まりはありませんので自由に切ってください。 ●鉢上げ 1〜2年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。 ●冬場の管理(室内に取り込んで下さい) ・置き場所:日当たりの良い場所。(10℃程度温度が確保できる室内) ・水やり:表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下し。 ・4週に1回程度、化成肥料を一株あたり2〜3g与えて下さい。

苗物 -> ハーブの苗物

【バンマツリ属】ニイオイバンマツリ3号ポット

●品種特性 夜になるとよい香りがします。花色は咲き初めが紫色で、数日たつと次第に白く変化するので二色の花が咲いているように見えます。寒さには強くないので鉢植えをおすすめします。鉢植えでも株いっぱいに花を咲かせます。枝が少し柔らかいので支柱に枝を絡ませて下さい。 ●用途・性質 ・用途:鉢植え ・花径:4〜5cm ・樹高:50〜60cm ・性状:常緑低木(半耐寒性) ・耐寒性:弱(5℃以上) ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日程度の陽射しが必要 ・学名:Brunfelsia australis ・原産地:南米 ・科名:ナス科 ・属名:バンマツリ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所  日向    半日陰   室内 ・開花期     ・肥料・鉢                ・剪定                ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。●購入後の管理 ●鉢植え(置き場所:日当たりのよい場所) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ※枝がやわらかいので支柱を立て枝を縛ってください。 ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 鉢底からドボドボ出るまでたっぷり与えて下さい。 ●開花後の管理 ●置き場所 ・夏季:直射日光が苦手ですので風通しの良い半日程度日が当たる場所で管理して下さい。 ●水やり 表面の土が白く乾く前に与えて下さい。夏場は毎朝与えて下さい。 ●肥料(↑育て方の目安参照) 与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。一株あたり約2〜3g与えて下さい。 おすすめ有機肥料はこちら>>GO 少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。 ●剪定:本年はを行わず支柱に絡めながら大きくして下さい。 ※越冬の管理 ●置き場所:暖かい地域の方は屋外で越冬可能ですが、寒さの厳しい地域の方は 室内の窓辺または夜間だけ玄関先に取り込んで下さい。越冬には最低3〜5℃は必要です。 (写真のように葉が寒さで痛んできたら越冬の準備) ●水やり 冬季は乾かないので表面の土が白く乾いたらたっぷり午前中に与えて下さい。 ●肥料(↑育て方の目安参照) 与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。一株あたり約2〜3g与えて下さい。 おすすめ有機肥料はこちら>>GO   おすすめ化成肥料はこちら>>GO 少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。 寒さで葉色が黄色くなったり落葉しますが春になると芽が吹いてきます。 ※屋外に出すタイミングは外気温が10℃以上になったら屋外で管理して下さい。 ●ポイント 冬季に土を凍結させないように注意して下さい。 また冬季に肥料を与えすぎると春の花咲が悪くなります。液肥との併用は禁物です。

苗物 -> ハーブの苗物

【ジンチョウゲ属】沈丁花夏坊主3.5号ポット

●品種特性 春に可愛い鮮やかな黄色の花を咲かせる落葉小低木です。従来の沈丁花とは違い夏に落葉する珍しい品種から坊主と名付けられました。秋には再び新芽を出して、11月頃から蕾をつけ、そのまま越冬、そして3〜4月に花を咲かせるという珍しいサイクルです。鉢植えに最適ですが、大きく育てれば切り花でも楽しめます。 ※こちらの品種のみ性質が異なります。ご注意ください。 ●用途・性質 ・用途:鉢植え・庭植え ・樹高草丈:50〜100cm(地植・鉢植) ・性状:落葉小低木 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日程度の日差しが必要 ・香り:強 ・学名:Daphne pseudo-mezereum ・別名:鬼縛(おにしばり) ・原産地:中国、台湾、朝鮮半島 ・科名:ジンチョウゲ科 ・属名:ジンチョウゲ属 ●育て方の目安 初春 春   初夏 夏   秋 晩秋  冬  ・購入期                ・置場所 半日程度の日差しが必要  ・開花期        落葉        ・肥料・庭             ・肥料・鉢             ・剪定                 ●難易度  初級者 (1番下の写真がお届け例です) ☆ご注意&お願い ・商品が植物という特性上、色合いや大きさに若干の違いはございます。 ・輸送中に葉が若干痛む場合がございますが成長には問題ありませんのでご了承下さい。尚、転倒事故での痛みはご連絡下さい。●購入後の管理 ●鉢植え(置き場所:半日程度の日差しが必要) 排水の良い市販の配合培養土お届けポットサイズより3回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●花壇・庭植(置き場所:半日程度の日差しが必要) 必ずしっかり転地返しを行い。土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対して大さじ1杯程度与えて下さい。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 鉢植え:は植え付け後、鉢底から水がたっぷり出るまで与えて下さい。 庭植え:植え付け後6〜7日は毎日たっぷり与えて下さい。 ●その後の管理 ●置き場 半日程度の日差しが必要 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。夏場は午前と午後与えて下さい。 夏場、落葉しますが水やりは続けて下さい。 ●肥料 ※肥料は与えすぎると木ばかりが大きくなり花咲きが悪くなります。どうしても肥料を沢山与えがちですが与えれば与えるほど木は元気になりますが花咲は悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。与えるタイミングは育て方の目安を参照して下さい。↑ その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。おすすめ肥料はこちら>>GO ●剪定 2〜3年は剪定は必要ありません。開花終了後すぐに行って下さい。ある程度大きくなったら込み合った枝や内向きの枝を選定しするぐらいにして下さい。 ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。 ●ポイント 冬場、雪の重みで枝が折れやすいので支柱などで補助してください。

苗物 -> 花の苗物

【キンポウゲ属】ラナンキュラスゴールドコイン 3号ポット

●品種特性 4〜6月にかけてまるで黄金のじゅうたんのようにツヤのあるラナンキュラスに似た直径1〜1.5cm位の小さな八重咲きの可愛い小花を一面に咲かせます。 1度植えれば、ほふく枝を伸ばし茎葉を出して年々広がりますので丈夫なグラウンドカバーとしても最適です。 排水の良い場所で日陰〜半日陰になるような所が最適です。 名前の由来はラナンキュラスのような花を咲かせるところから来ています。本来はキンポウゲ属の仲間です。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、鉢植え行灯仕立て ・花径:1〜1.5cm ・樹高:15〜20cm ・性状:耐寒性多年草 ・耐寒性:強(-5℃) ・耐暑性:強 ・耐陰性:強 ・学名:Ranunculus repens cv. Gold coin ・別名:ヤエキンポウゲ(八重金鳳花)、      ハイキンポウゲ(這い金鳳花)、 ・原産地:ヨーロッパから中近東 ・科名:キンポウゲ科 ・属名:キンポウゲ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所   日陰〜半日日陰 ・開花期   ・肥料・庭     ・肥料・鉢                ・切り戻し                ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●植え込み事例 ほとんど日の当たらない庭に植えてありました。 ヒューケラ、ギボシなどお手本のようなシェード(日陰)ガーデンでした   木陰になるところに植えてありました。 一株植えたら3年でここまで広がったそうです。 日陰の草押さえに良いと喜んでみえました。 ●購入後の管理 ●庭植(植え場所:日陰〜半日日陰になる場所) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:日当たりのよい場所) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより3回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、小さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約5日間、冬場で約2日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。夏場は午前と午後与えて下さい。 ●肥料 少し痩せ気味の方が病気にもかかりにくく良いです。与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。 ・庭植:定期的に一株あたり約3g与えて下さい。 ・鉢植:定期的に一株あたり約3g与えて下さい。 その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 おすすめ有機化成肥料はこちら>>GO ●切り戻し 夏〜秋にかけて切り戻して下さい。適当でOKです。 ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。鉢で楽しむことは限界がございます。ある程度の大きさになったら株分けか庭植えにしていただくことをオススメします。 ●ポイント 大変強健な品種ですので与えすぎに注意して下さい。

苗物 -> 花の苗物

【ノウゼンカズラ属】 オレンジ 3.5号ポット

●品種特性 ノウゼンカズラは中国原産の落葉ツル植物です。幹から気根を出して樹木等に登る、這い登り型のツル植物であるため地植えにすると見事なパフォーマンスが楽しめます。梅雨の6月の中頃から咲き始め夏を告げるかのように8月まで赤朱色の花を次々と咲かせます。ダイナミックな草姿は見とれてしまう豪華さを持ちながら、落ち着きのある花色で夏の庭を毎年彩ります。また家の南側に植えると厳しい夏の日差しを遮ってくれるので便利です。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、シンボルツリー ・花径:約10cm ・樹高:2〜3m(単独の場合) ・性状:落葉ツル性木本草 ・耐寒性:強(−5℃が限界) ・耐暑性:強 ・耐陰性:弱 ・学名:Campsis grandifora ・英名:trumpet creeper ・流通名:ノウゼンカズラ ・原産地:中国 ・科名:ノウゼンカズラ科 ・属名:ノウゼンカズラ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・日当たり  半日以上の陽射しが必要 ・開花期   ・花芽分化                ・剪定                ・肥料・庭    ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●植え込み事例   北東向きに咲いていましたが障害物がないため見事に咲いていました。 支柱や寄生木も無く単独で立っていました。 花色:オレンジ系 北向きに咲いていましたが障害物が無いため綺麗に咲いていました。 支柱や寄生木も無く単独で立っていました。 花色:オレンジ系 南向きの日当たりのよい場所に植えてありました。 テラスの柱に登らせてありました。夏は室内に直射日光が入らないから重宝しているとのことでした。 花色:オレンジ系 南側の日当たりのよい場所に植えてありました。支柱や寄生木も無く単独で立っていました。 花色:オレンジ系 南側の日当たりのよい場所に植えてありました。 フェンスにもたれかかるように咲いていました。 花色:オレンジ系 南側の日当たりのよい場所に植えてありました。 支柱に巻きつけてありました。 花色:マダムカレン 北西向きですが障害物が無いため日当たりが良いので沢山咲いていました。 高さ約3mほどのフェンスに絡めてありました。 花色:アメリカノーゼンカズラ 南側の日当たりのよい場所に植えてありました。 公共の公園でしたのでアーチに絡めてありました。花色:アメリカノーゼンカズラ 南側の日当たりのよい場所に植えてありました。 高さ約2mほど支柱や寄生木も無く単独で立っていました。花色:アメリカノーゼンカズラ 南向きの日当たりの良い場所に植えてありました。 高さ約4m、支柱に絡ませてありシンボルツリーのように仕立ててありました。 花色:マダムカレン 南東向きの日当たりの良い場所に植えてありました。 支柱らしきものは無く独立して立っていました。 花色:マダムカレン ●苗が届いたら ●庭植(日当たり:半日以上陽の当たる場所) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ツルを巻き付ける支柱やアーチをご用意下さい。(植え込み事例を参考にして下さい。) ●肥料 一株に対し、大さじ2杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約5日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 ●肥料(↑育て方の目安参照) 一株あたり約20〜30g与えて下さい。 ※肥料は与えすぎると葉ばかりが茂り花咲きが悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 ●剪定(植え付け後1〜2年は必要ありません) 花芽分化は開花する年に芽吹いた芽に花を付けるので落葉期に短く切り戻してください。大きくしたくない場合は思い切ってきり戻しても問題ありません。剪定方法は適当でOKです。

苗物 -> 花の苗物

送料無料【サクラ属】花桃 枝垂れ源平八重咲き(接木苗)6号Lポット同梱はご相談下さい。

●品種特性 八重咲きの紅白花弁の花桃です。鮮やか!そして見事に咲き誇るので近所の注目の季節を感じるシンボルツシーになること間違いなしです。また花色は気象条件によって毎年違う花色を見せてくれます。ピンクが多い年であたりホワイトが多い年であったりと毎年違う源平が楽しめます。本種は花弁が源平咲きになりやすい蘇州源平桃です。入手困難品種です。 ※源平桃のような咲き分け品種は樹齢が若いと咲き方が安定しません。ある程度樹齢を重ねてくると品種本来の源平咲きなってきます。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、(シンボルツリー) ・花径:4〜5cm ・樹高:5〜8m ・性状:落葉高木 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日程度の陽射しが必要 ・学名:Prunus Persica ・別名:クロユリ ・原産地:中国、イラン、アフガニスタン ・科名:バラ科 ・属名:サクラ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所     半日程度の陽射しが必要 ・開花期   ・花芽分化                ・肥料・庭   ・肥料・庭                ・剪定                ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●植え込み事例   南側の日当たりの良い庭に植えてありました。 毎年見事に咲き誇ってくれるということで、自慢の花桃だといってみえました。 かなり古い木みたいで背丈も低く花色も薄かったです。 ●苗が届いたら ●庭植 (植え場所:日向〜半日日陰) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO 注意、本商品は接木苗ですので、接いである部分を土の中に埋め込まないように注意して下さい。 ●鉢植 (置き場所:日向〜半日日陰) お届けした鉢サイズより2〜3回り大きな鉢に配合培養土を用いて必ず植え替えて下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ2杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 夏場で約7日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。 ●その後の管理 ●剪定 大きくしたくない場合は剪定を行って下さい。ただし定植後1〜2年は行わず、樹形がある程度整ったところで行って下さい。剪定は花後すぐに新梢が伸び始める前に行ないます。花の咲いた枝の2〜3芽を残して剪定し、複数の新梢を伸ばすようにします。落葉後は枯れた枝や込み合った枝を剪定するぐらいにして下さい。 ●肥料おすすめ肥料はこちら>>GO ※肥料は与えすぎると木ばかりが大きくなり花咲き(実付き)が悪くなります。どうしても肥料を沢山与えがちですが与えれば与えるほど木は元気になりますが花咲(実付き)は悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が良いです。与える肥料は化成ですと効きが強いのでゆっくりやんわり効く有機肥料をおすすめします。 ・庭植:秋と冬の2回、有機肥料を約100〜150g与えて下さい。 ・鉢植え:花後のお礼肥えと秋と冬場の寒肥の3回、有機肥料を約10〜20g与えて下さい。 その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 ●鉢植えで楽しまれる方へ 夏場の水やりは1日二回は与えて下さい。また鉢植えは限界がありますのである程度大きくなったら地植えして下さい。

苗物 -> 花の苗物

【クコ属】クコの実の苗木 4.5号ポット

●品種特性 クコの実とはみなさん一度は見たことがあると思います。杏仁豆腐の上に乗っている赤い実のことです。 近年健康食品として注目されており2月29日の「ホンマでっか!?TV」で海外ゴシップ評論家大柳葵理絵さん情報によると、今セレブのあいだで若返り効果があると大変話題になっているのだとか!ゲストのモデル藤井リナさんも子供の頃からクコの実が好きで食べていると語っていました。美人がこぞって食べているクコの実……。しかも栽培が簡単ですのでガーデニングが始めての方でも育てることができます。 効能・効果は、老化防止や強弱体質改善のほかに、女性の美肌・肌の老化防止・コラーゲン効果・肌のつや改善など美肌に対しての効果効能があるようです。 食べ方はヨーグルトに入れたり、お酒に漬け込んだり乾燥させてた実を入れクッキーにしたりパンにしたりと色々な料理に使えます。クックパッドにもいくつかのレシピが掲載されています。 観賞用としても楽しめ夏ごろに淡紫色の花を咲かせます。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、鉢植え ・花径:1〜2cm ・果実:2〜4cm ・樹高:1〜2cm ・性状:耐寒性半落葉低木 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日以上の陽射しが必要 ・学名:Solanaceae Lycium ・別名:ママッコ・ヨメノナミダ(嫁の涙) ・原産地:中国 ・科名:ナス科 ・属名:クコ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期 ・植え場所 半日以上の陽射しが必要 ・開花期 花 実 ・肥料・庭 ・肥料・鉢 ・剪定 ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。●苗が届いたら ●庭植(植え場所:半日以上の陽射しが必要) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:日陰〜半日日陰)おすすめプランターセットはこちら>>GO 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ2杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約5日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:乾燥には強いですが、表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。 ●肥料(↑育て方の目安参照) 与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。庭植、鉢植えともに一株あたり約10〜20g与えて下さい。※肥料は与えすぎると葉ばかりが茂り花咲きが悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 おすすめ有機化成肥料はこちら>>GO ●剪定(落葉時に行う) ある程度大きくなったら行って下さい。1〜2年は行う必要ないです。 大きくなったら2月頃に行って下さい。秋に花芽が付いていますので切り過ぎると実がならなくなるので、込み合った枝や徒長した枝を切る程度にして下さい。剪定の基本は木の中心に日が当たるようにすることです。 ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。鉢で楽しむことは限界がございます。ある程度の大きさになったら庭植えしていただくことをオススメします。

苗物 -> 果物の苗物

【イブキジャコウ属】ロンギカウリスクリーピングタイム3号ポット

●品種特性 可愛らしい小花と香りが楽しめるタイム。大変強健な品種で茎を地面に這うように広がり毎年株が大きくなりますので草押さえとしての利用価値は高いです。もちろん料理にも使用できます。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、鉢植え ・花径:2.5〜3cm ・草丈:2〜4cm(這性) ・性状:常緑耐寒性多年草 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日程度の日差しが必要 ・学名:Thymus ・英名:thyme ・別名:ジャコウソウ ・原産地:地中海沿岸 ・科名:シソ科 ・属名:イブキジャコウソウ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期 ・植え場所 半日程度の日差しが必要 ・開花期 ・肥料・庭 ・肥料・鉢 "> ・鉢上 ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●植え込み事例   3時間程度の日差しですが綺麗に咲いていました。 玄関アプローチに植えてありました。日差しはあまりよくないですが綺麗に咲いていました。 ●購入後の管理 ●庭植(植え場所:日当たりのよい場所) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。比較的乾燥には強いですが湿気には弱いので注意して下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:日当たりのよい場所) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは春で約5日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。夏場は午前と午後与えて下さい。 ●肥料おすすめ肥料はこちら>>GO ※肥料は与えすぎると蒸れる恐れがあります。注意してください。 庭植え鉢植えともに一株当たり化成肥料を約3〜5g与えて下さい。 その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 ●鉢上げ 毎年、鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。2〜3年に一回秋に株分けして下さい。 ●ポイント さほど神経質になる必要はありませんが、肥料の与えすぎには注意して下さい。

苗物 -> ハーブの苗物

【ソケイ属】アラビヤジャスミンマツリカ八重咲き3.5号ポット

●品種特性 アラビアからインドに分布する低木です。 初夏〜夏に咲く白い小さな花は、とても香りが強く、ジャスミンティー(茉莉花茶)などに使われる品種です。 大きく成長してくると支柱が必要となる半つる性であること、丈夫で育てやすく耐暑性は強いですが、耐寒性がないため 冬季は室内に取り込まないといけないので鉢植えにして楽しむことをおすすめいたします。 ●用途・性質 ・用途:鉢植え 行灯仕立てがおすすめ ・花径:2〜3cm ・草丈:半ツル性下垂 ・性状:常緑半つる性低木 ・耐寒性:弱(冬期室内) ・耐暑性:強 ・耐陰性:強(冬季は日向) ・耐光性:夏場は半日陰 ・学名:Jasminum sambac ・和名:マツリカ ・英名:Arabian jasmine ・原産地:インド ・科名:モクセイ科 ・属名:ソケイ属(ヤスミヌム属) ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所  日向   半日陰 日向  ・開花期   室 内 ・肥料・庭   ・肥料・鉢                ・剪定                ●難易度 中級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。●購入後の管理 ●鉢植え(置き場所:半日程度日が当たる場所、夏場は直射日光を避けて下さい。) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 半ツル性ですので支柱などに枝を巻き付けることをおすすめします。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、小さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約7日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●水やり 鉢植え:表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。夏場は午前と午後与えて下さい。 ●肥料 ※肥料は与えすぎると木ばかりが大きくなり花咲きが悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。与える肥料は化成を一株あたり約2〜3g与えて下さい。 (与える時期は育て方の目安を参考にして下さい) その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 おすすめ有機肥料はこちら>>GO ●切り戻し 秋に込み合った枝を切ってください。コレといって決まりはありませんので自由に切ってください。 ●鉢上げ 1〜2年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。 ●冬場の管理(室内に取り込んで下さい) ・置き場所:日当たりの良い場所。(10℃程度温度が確保できる室内) ・水やり:表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下し。 ・4週に1回程度、化成肥料を一株あたり2〜3g与えて下さい。

苗物 -> ハーブの苗物

【培養土】プランター栽培専用野菜の土14L ×1袋

畑が無くても大丈夫!プランター栽培用に開発した専用培養土です。どんな野菜でも栽培可能!安心してお使いいただけます。今回より、素材、配合割合等を見直し、今まで以上に使いやすい培養土に仕上げました。一度お試し下さい。 ●購入の目安(14L1袋の場合) ●植える株数によって異なります。 ●全て「鉢底に敷く軽石」を入れています。    長方形プランター 約W60×H15×D17cm 約1.5〜2鉢分     ボールプランター 約W30×H15cm 約3.5〜4鉢分     小鉢プランター 約W13×H14cm 約11〜12鉢分   ★同梱について 商品の大きさ、形状、重さによってお断りする場合がございます。ご了承下さい。 畑が無くても大丈夫!プランター栽培用に開発した専用培養土です。 どんな野菜でも栽培可能!安心してお使いいただけます。 今回より、素材、配合割合等を見直し、今まで以上に使いやすい培養土に仕上げました。一度お試し下さい。   なぜならば水はけが良いことで根の先までしっかり水と酸素がいきわたるからなのです。そして水はけの良い土はいつまでも弾力性が持続するから根がすくすく伸びるのです。だから良い土とは左の図のように細かい粒子ひとつひとつが集まった単粒土で構成された団粒構造土です。この単粒土が崩れにくい土が排水を良くし植物を丈夫に育てガーデニングを簡単にします。 配合内容はそれぞれの素材の特徴を理解し長年の経験から配合をしています。 new 粗めピートモス ヨーロッパ産 ピートモスのほとんどは価格の安いカナダ産(繊維が細かく通気性が悪い)を使用することが多いのですが、このヨーロッパ産ピートモスは毛足が長く団粒構造が崩れにくいため、排水性、保水性に優れています。 new 頁岩玉  岐阜県産 頁岩を一定の大きさに固めたものです。よって粉状になりにくいため団粒構造がくずれにくいので、いつまでも排水が確保できます。また生育に必要な微量要素を含んでおりますので微量要素欠乏を防いでくれます。 バーク堆肥 和歌山県産 通常バーク堆肥は1〜2年物の未完熟な物が多く出回っていますが、このバーク堆肥は5年間かけて熟成させた国内産完熟タイプを使用。土を肥沃にする有機質を多く含み、保水性と排水性と保肥性に優れています。  バーミキュライト 三重県で加工 バーミキュライトとはヒル石を高温で膨張加工したものです。土中の余分な肥料成分を抱えてくれます。よって肥料成分の流亡を防いでくれます。 真珠岩パーライト 中国産 通気性、排水性に富んでいます。そして粒自体が発砲状態になっており土中において酸素を常に保ち根に供給してくれます。  new マグアンプ2 「植え込み時、小さな苗にどのくらい肥料を与えてよいのか?」という質問が大変多かったので今回より添加しました。植え込み後2〜3週間掛けて溶け出し、肥料成分が切れるころには大きくなっているので安心して肥料を与えることができます。 new 撥水防止剤 1ヶ月程たつと浸透性が悪くなっていることに気づいたことはありませんか?この症状は水を与えたつもりでも鉢底まで水が浸透していないことが多く、結果生育が悪くなります。土の表面の撥水を防止し、水の浸透性を促します。  団粒構造を崩さないために最初は大きなショベルカーでその後、混ぜむらがないように小さなショベルカーで混ぜます。出荷時には全て成分の検査をし合格したものだけをお届けしますので安心!安全! 空気、水、養分のバランスを考えた配合。 加えて、必要な肥料を保持する「保肥性」、土中の微生物をの働きを活発にして土を肥沃にする有機質を 含むこと、根が株を支えるための適度な「フォールド性」があること。  

用土 -> 基本用土

【アジュガ属】アジュガダークマフォガニー3号ポット

●品種特性 常緑で、日向から半日陰で元気に育ちます。 病虫害もほとんどないので、一度植えれば手間要らずです。建物の陰などの日のあまり当たらない場所でも育つのでビルの下の植え込みなどにもおすすめです。 やせた土地でも増えるのも魅力で、春には地面が覆われるほどたくさん美しい花を咲かせます。 ランナーと呼ばれる細長い茎を地面に這うように伸ばし節から根を下ろしてゆっくりと横に広がって増えていきますのでグラウンドカバーとして最適です。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、鉢植え(日陰の草押さえ) ・花径:2.5〜3cm ・草丈:5〜10cm ・性状:常緑多年草 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:強 ・学名:Ajuga reptans ・別名:セイヨウキランソウ(西洋綺欄草) ・原産地:ヨーロッパ ・科名:シソ科 ・属名:アジュガ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・植え場所   日陰〜半日日陰 ・開花期   ・肥料・庭   ・肥料・鉢                 ●難易度 初級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。 ●植え込み事例  花色は違いますが性質は同じです。参考にして下さい 西日しか当たらないところでしたが群集で咲いていました。 午前中に少し日が当たるアプローチに植えてありました。 色々な品種と同居して咲いていました。 午前中に少し日が当たるアプローチに植えてありました。 ムスカリやイワダレ草などと一緒に植えてありました。 日が当たらない花木の間にシェードガーデンが作ってありました。ギボシと混植してありました。 花木の木陰になるところに植えてありました。年々広がり、手間がかからないからと喜んでみえました。 ●購入後の管理 ●庭植(植え場所:明るい日陰〜半日日陰になる場所) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:明るい日陰〜半日日陰になる場所) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより1回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約5日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ※真夏、真冬ともに葉焼けしたとしても、枯れることはありません。 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。夏場は午前と午後与えて下さい。 ●肥料 ※肥料は与えすぎると株ばかりが大きくなり花咲きが悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。 ・庭植:初夏に一株あたり約5g与えて下さい。 ・鉢植え:定期的に3g与えて下さい。 おすすめ有機化成肥料はこちら>>GO その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。鉢で楽しむことは限界がございます。ある程度の大きさになったら株分けか庭植えにしていただくことをオススメします。 ●ポイント 株が小さい時は雑草に負けてしまう場合がございます。ある程度の大きさになるまで草取りを行って下さい。

苗物 -> 花の苗物

【ラバンドゥラ属】ラベンダーイングリッシュ系ドワーフブルー3号ポット

●品種特性 花穂が長く、甘く強い香りのある紫色の花を、6〜8月にかけて咲かせます。 耐暑性・耐寒性ともありますが、梅雨の高温多湿を嫌うので株元の枯葉や枯れ枝などはこまめに取り除く事をおすすめします。 香料やドライフラワー向きの品種です。 花茎が長いのでラベンダースティックに最適です。 ドライフラワーの作り方 開花直前の花を茎を含めて切り取ります。切り口を上にして風通しの良い日陰に2〜3日週間干すと出来上がりです。 また花穂に精油が一番溜まるタイミングは花穂が半分しぼんだ頃となり、この時期に収穫しドライフラワーにすると、花色は暗くなりますが香りが持続します。 ●用途・性質 ・用途:庭植え、鉢植え ・花穂:8〜10cm ・草丈:40〜50cm ・性状:常緑低木 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:半日以上の陽射しが必要 ・学名:Lavandula angustifolia ・英名:English lavender ・原産地:地中海沿岸 ・科名:シソ科 ・属名:ラウァンドゥラ(ラバンデュラ)属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期 ・植え場所 日向 半日陰 日向 ・開花期 ・肥料・庭 ・肥料・鉢 ・刈り込み ●難易度 中級者 3枚目の写真がお届け苗例です。 商品が植物という特性上、季節によって大きさや色合いが違う場合がございます。 輸送中に若干葉痛みする場合がございますが成長には問題ありません。 以上ご了承下さい。 なお、輸送中の転倒事故はご連絡下さい。●購入後の管理 ●庭植(植え場所:半日以上の陽射しが必要) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。比較的乾燥には強いですが湿気には弱いので注意して下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(置き場所:半日以上の陽射しが必要) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、小さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 鉢植え、庭植えともに3日間はたっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理品種は違いますが参考にして下さい。 ・品種名:イングリッシュ系ラベンダー  ・コンテナサイズ:W27×H20cm・植え株数:3株 ・置き場所:日当たりの良い軒下(半日以上の陽射しが必要です) 3月8日 「鉢底に敷く軽石」を鉢全体の3分の1入れ、「万能培養土」で植え込みました。元肥は入れていません。 一株植えの場合は排水の良い市販の配合培養土を使用して、 お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 ●水やり よく乾かしてから鉢底からどぼどぼ水が出るまで与えて下さい。 イメージとして鉢の中の古い水を全部押し出すイメージです。 ●肥料 植え込みから1週間ほどたったところで「万能肥料」をティースプーン2杯与えました。 3月24日 株も大きくなりつぼみも沢山ついてきました。 肥料は一ヶ月に1度「万能肥料」をティースプーン2杯与えました。 4月8日 花も紫に色付き始めました。株の勢いも良好です。 5月3日 満開。つぼみもまだまだあります。 6月30日 梅雨に入り、花も終わりました。 そのままにすると蒸れて夏越しが上手くできません。 切り戻しを必ず行って下さい。 また、気温が下がる秋まで肥料は与えないで下さい。 置き場所は半日程度日陰になる場所が良いです。 刈り込みを行わないと 株の真ん中が蒸れて腐ってしまいます。 その他の要因として 排水が悪い土に植えたり、肥料が多かったり、水が多いことも蒸れる原因に繋がります。 8月18日 写真のように伸びてきたら刈り込みを晩秋まで行って下さい。 11月16日 根元から5cm程度残し、切り戻しをして冬越させます。 ●ポイント イングリッシュ系のラベンダーは開花条件として低温(−10〜5℃)に 約60日あてないと春に開花しません。 室内には絶対に入れないで下さい。 5月26日 戸外で冬越しをし、2月に 「万能肥料」をティースプーン2杯与え、ご覧の通りきれいに咲きました。

苗物 -> ハーブの苗物

【アジサイ属】ノリウツギピンクファンタジー4号ポット

●品種特性 日本原産のアジサイ属のなかで唯一、円錐形の花序をもつ落葉低木です。和名の「ノリウツギ(糊空木)」は、樹皮に含まれる粘液を和紙を漉く際の糊料として使用したことと、茎が中空であることに由来しています。 「ピラミッドアジサイ」という流通名で出回ることもあります。花序の形がカシワバアジサイに似ていますが、ノリウツギの葉には切れ込みが入りません。茎は直径3cmほどにもなり、放任するとかなり大きく育つので、アジサイとは雰囲気が異なります。 花後すぐに切り戻す必要はなく、次の年の3月までに剪定すればよいので、ドライフラワー状態になったきれいな花がらを長く楽しむことができます。 「ピンクファンタジー」は、大きな円錐花穂がすばらしい品種です。花色は白から咲き進むにつれてピンクに変化します。バニラフレーズに比べて 花が順番にパラパラと咲く感じです。 ●用途・性質 ・用途:庭植え・鉢植え ・花序:長さ:約20〜30cm       幅:約20cm ・樹高:1.2〜1.8m(地植・鉢植) ・性状:落葉低木 ・耐寒性:強 ・耐暑性:強 ・耐陰性:中 ・学名:Hydrangea paniculata     'Magical Candle' ・原産地:日本、中国、台湾 ・科名:アジサイ科 ・属名:アジサイ属 ●育て方の目安 初春 春 初夏 夏 秋 晩秋 冬 ・購入期                ・日当たり   半日程度の陽射しが必要 ・観賞期 花 花 落葉 ・花芽分化 ・剪定                肥料・庭 肥料・鉢 ※肥料は一ヶ月に1回が目安です。 (1番下の写真がお届け例です) ☆ご注意&お願い ・商品が植物という特性上、色合いや大きさに若干の違いはございます。 ・輸送中に葉が若干痛む場合がございますが成長には問題ありませんのでご了承下さい。尚、転倒事故での痛みはご連絡下さい。●苗が届いたら ●庭植(日当たり:半日日陰〜日向) 必ずしっかり転地返しを行い、土が固くしまっている場合は培養土を混ぜて下さい。排水が悪い場合は、うねを立てるか溝を掘り排水をよくして下さい。おすすめ培養土はこちら>>GO ●鉢植え(日当たり:半日日陰〜日向) 排水の良い市販の配合培養土を使用して、お届けポットサイズより2回り大きな鉢に植え込んで下さい。 おすすめ培養土はこちら>>GO ●肥料 一株に対し、大さじ1杯が目安です。液肥との併用は禁物。おすすめ肥料はこちら>>GO ●水やり 庭植えは夏場で約5日間、冬場で約3日間たっぷり与えて下さい。(注意、夕方は与えないで下さい) ●その後の管理 ●水やり 庭植:基本的には与える必要はありません。夏場日照りが続く場合は与えて下さい。 鉢植え:乾燥には強いですが、表面の土が白く乾いたらたっぷり与えて下さい。 ●肥料(↑育て方の目安参照:オレンジに塗りつぶした季節に与えて下さい) 与える肥料は化成と有機肥料を交互に与えて下さい。庭植、鉢植えともに一株あたり約10〜15g与えて下さい。※肥料は与えすぎると葉ばかりが茂り花咲きが悪くなります。少し痩せてるぐらいの方が病気にもかかりにくく良いです。その後の肥料の量は皆さんの経験をもとに検討して下さい。 おすすめ有機肥料はこちら>>GO ●剪定(落葉時に行う) ノリウツギはアジサイ属ですが花芽分化は春先に行われるため落葉期に行います。混み合った枝、背が高くなりすぎた枝を枝分かれしている位置で切って下さい。枝の途中で切ってしまうと樹形が不自然になりバランスが悪くなります。 ●鉢上げ 2〜3年に一度は鉢上げを行って下さい。2〜3回り大きな鉢に上げて下さい。鉢で楽しむことは限界がございます。ある程度の大きさになったら庭植えしていただくことをオススメします。

苗物 -> 花の苗物



1  2  3  4  5  


当画面は、楽天ウェブサービスを利用して作成しています。