毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。

ガーデニング -> 果樹を楽天市場で買う

【送料無料】【翌日発送可】タマリュウ(玉竜)ポット 120ポット(40ポット×3ケース)【生産直売】

【送料無料】(北海道・沖縄・離島の方は別途料金が必要となりますので、送料表を参照ください。北海道の送料は\1,080です) ポットサイズ: 7.5cmポット 梱包時にタマリュウを3段に重ねてお送りしていますが、タマリュウは強い植物ですので問題ありません。 【お任せ品】写真と同等商品の発送となります [S0]タマリュウ(玉竜) 手入れがとても簡単 タマリュウ(玉竜) タマリュウは、耐陰性の地被類として、非常に丈夫で強いのがタマリュウの特徴。タマリュウは植え付けが簡単で、メンテナンスはほとんど不要。 和、又は洋テイストの庭園や駐車場のワンポイントとして広く利用されている。雑草除けにも効果的。 耐陰性、耐陽性、耐寒性、耐暑性に強い。 最近では、屋上緑化にも用いられている。 分類 植栽適地 グランドカバー 北海道〜沖縄 鑑賞ポイントと時期 通年 四季を通じて緑の美しさを楽しむことが出来る 初夏 とても小さな花が咲く 秋頃 青いとても綺麗な丸い実がなる 管理のポイント 植えつけ 日向地〜日陰で、排水性のよい土壌を好む。 乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 草花が育つところであればほとんど肥料の必要はない。葉色が悪い場合や成長が遅い場合には、緩効性化成肥料を与える。 基本の剪定 あまり必要無い。

ぐりーんぐりーん

【現品発送】シマトネリコ樹高1.8-2.1m(根鉢含まず) 株立

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【3ヶ月間お取り置き可能です】 こちらのシマトネリコは、根巻きか地中ポットとなります。地中ポットの場合は外して植えつけて下さい。ポット径は24−25cmとなります。 【現品発送】写真の商品を発送致します。 [S2]シマトネリコ 枝葉が粗で明るい印象が魅力 シマトネリコ(葉) シマトネリコ(実) シマトネリコは、小さな葉が特徴的で明るい印象があり、ガーデニングによくマッチする。最近、急激に人気が高まった樹木です。 分類 植栽適地 半常緑高木 南関東〜沖縄 鑑賞ポイントと時期 7月頃 香りのあるソフトな感じの白い花が楽しめる 9月〜10月頃 小さな実が楽しめる 管理のポイント 植えつけ 日向地で、排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 自然な樹形がよく、強い剪定はなるべく避ける。剪定する場合は、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引き程度を新芽の時期(3月頃)に行う。自然体が基本なので、毎年少しずつ樹形を整えていく。 シマトネリコの冬〜春にかけての葉の変化 冬場から春にかけてのシマトネリコは、下記の写真の様に葉が痛んでいたり、葉が少ないですが、枯れていません。 ※冬から春にかけてお届けするシマトネリコは、葉が茶色くなって痛んでいたり、落葉して葉がついていない場合もありますので、十分ご了承頂いた上でご購入頂きますようお願い申し上げます。 春頃は、古い葉を落とし、新しく新芽が芽吹いてきてくれる時期です。初夏(6月から7月頃)頃には綺麗な葉に入れ替わります。 2年目以降(定植後)は、落葉が少なくなります。 寒さで紫色に紅葉したりします 斑点模様の様に紅葉する場合もあります 黄色に紅葉したります 斑点模様の様に紅葉する場合もあります 葉が茶色く痛み、乾燥して枯れたようになったりする場合もあります 痛んだ葉はやがて落葉してしまう場合もあります

ぐりーんぐりーん

■送料無料■ 【累計12000ケース突破】リュウノヒゲ(タマリュウ) 玉竜ケース売り3ケースセット 120ポット(40ポット入り×3ケース) 【北海道、沖縄、離島不可】

玉竜 ( タマリュウ ) お届けについて 内容量 40ポット入りケース×3セット=120ポット入り 品種 葉の短い品種、美しい葉色です。法面補強やグランドカバーにおすすめ。造園向けのアイテムです! 特徴 40ポット入りの玉竜苗ケースを2ケースセットでお届けです。120ポット入っています。よく詰まっていて大変綺麗です 配送 この商品は他の商品との同梱ができません。 他の商品とのまとめ外の場合、梱包数に応じて別途送料がかかります。 お届けする状態 ※複数枚、重ねて梱包いたします。 品質には影響ありませんのでご安心ください 宅配業者から この商品は北海道、沖縄・離島への配送はお受けできません 植え方について 適応性の高い植物なので、日当たりのほか、日陰でもよく育ちます。少々踏んづけても耐えられます。植える場所は腐葉土、堆肥などを加えて耕しておきます。約20cm間隔で植えつけると良いです。1平方メートルあたり25ポットが必要ですが、広い面積の場合は1ポットを3株程度に小分けして植えても良いです。 踏み込む場所に植える場合や斜面に植える場合は、植えてから土を硬めに押さえておくようにしましょう。 よほどのやせ地で無い限り肥料はほとんど必要ありません。詰まってきて葉の色が悪い場合や生長の悪い場合のみ、緩効性の化成肥料を与えると良いです。 雑草が生えると困る場合は、隙間を開けず なるべくびっしり植えてください。それでも雑草は生えますので気になる場合は、こまめに草取りをおすすします。  専門店の 玉竜 (タマリュウ)3ケースセット 別名:リュウノヒゲ グランドカバーに最適な良質の玉竜   【新発売】姫高麗芝 3束セット送料無料のページはこちら   玉竜 ( タマリュウ ) の特徴 学名 Ophiopogon japonicus ユリ科ジャノヒゲ属の常緑多年草 原産地 日本 花言葉 不変の心、変わらない思い 魅力 【通年】葉を楽しむ  / 【初夏】小さな花が咲く / 【秋頃】青い実が成る 栽培用途 寄せ植え、グランドカバー、ボーダー、下草、花壇、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場 育てやすさ 初心者におすすめ、耐陰性強、耐暑性強、耐病性強、刈込に耐える、病害虫に強い 植栽適地 北海道〜沖縄 (日本全国で栽培、管理可能) 育てやすさ 初心者に超おすすめ: 耐暑性強、耐病性強、害虫がつきにくい、樹勢強、日陰に強い、耐乾性強、やせ地に強い、潮風に強い、刈込に耐える、踏みつけに強い

苗木部 by 花ひろばオンライン

リピア ヒメイワダレソウ 30POTセット 産地直送苗【★雑草を抑える★芝よりカンタン♪】【RCP】

お届け後、感想(レビュー)をお寄せいただくと、2個プラス! 数量1=1セット ※同圃場、同様株をお届けします。 離島・沖縄・北海道など一部地域は別途中継料がかかります。 NEW リピア誕生プリピアをチェック芝生のかわりに 地面に植えて 小花のじゅうたん 芝刈りは大変! リピアは 5cmくらいの草丈で 刈り込み不要♪ 家と外壁の間の 細い通路に、土の部分を 隠したい、 雑草を 防ぐために!いろいろ使えて 手間いらず! 踏 ん で も 大 丈 夫 ♪ こんなかわいい花を 咲かせるのに とっても強いんです♪ * とくに手入れなし。殺虫剤、殺菌剤、除草剤等 かけなくてOK! *温暖化防止に注目されている草花 お庭からエコはじめましょ♪    ◆◆ リピアは 1平米(1m×1m) = 10〜30POT ◆◆ 広がるのを待つという方は少し 少なめでOK! *** リピアの育て方 *** ◆開花期間は5月〜10月 長く咲きます ◆冬期(12月から2月)は休眠期。(場所によって変色しますが、春には緑を回復します) ◆日なた〜明るい半日陰 日陰は×です  ◆草丈は踏まないと10cm程度まで厚みが出ます。春に地際でカットすると、より美しく芽吹きます。 ◆耐寒性は非常に強い!北海道でも植栽可能ですが、春の雪解けが長いと根腐れをおこす事例があります。   植木組合はリピアを年間5万個以上生産しています 注文後 生産ハウスで箱詰め発送! ある程度の寒さにあてた、強く新鮮な苗をお届けします

植木組合

玉竜(タマリュウ)苗 3ケース(40ポットx3)【グランドカバー】【送料無料】

プロの目で見た、良質な商品を仕入れています。 137e 他の商品との同梱はできません。 120ポット入っていますからたっぷりお使いいただけます。 ぎっしり詰まっていて重いので、1個の荷物では3ケースまでが限界です。 下の写真はお届けするケースのうちの一部です。 ※北海道、船賃の要る離島、沖縄地方は送料が必要になりますのでご了承くださいませ。☆植木部門 週間ランキング1位!☆ ☆集計:12年6月25日〜7月1日☆ これも皆様方のおかげです!!ありがとうございます!!(*^▽^*)リピートされるお客様がとても多いです!! 質のよいものだけを日々入荷しております。 取引の始まる前の市場の様子です。品質や値段は様々ですがいつも最も良いと思われるものを仕入れています。 市場からの入荷に加え、近隣の生産者からの購入もしていますので、大量注文にも安心の品質でお届けできます。 【分類】 ユリ科ジャノヒゲ属 『常緑多年草』 【原産】 日本〜中国 【学名】 Ophiopogon japonicus 【別名】 ジャノヒゲ 【特徴】  竜のひげを含むヤブランの仲間は、丈夫で葉の美しいものも導入されグランドカバーや寄せ植えに広く利用されています。  リュウノヒゲには30〜40cmになる「ナガバジャノヒゲ」、10〜20cmの「リュウノヒゲ」、 最も多く利用されている5〜15cmの「タマリュウ」、さらに短い「フクダマ」、そしてそれらの中間的な性質のものもあります。  いずれもランナーで増殖しますが「ナガバジャノヒゲ」「リュウノヒゲ」の一部のものはランナーを出さずに株が大きくなるものがあります。  グランドカバーに利用されるのはランナーで増殖するタイプのものです。  花の色は白〜薄紫で、実の色はきれいなブルーです。  芝生のように一面に貼り付けて利用されることが多くなっています。  芝生のように手間がかからず、踏み圧にも良く耐えて多少の日陰でも綺麗な緑を保ちます。  込み合った場合や障害物の近くでは背丈が伸びることがありますが、早春に刈り込むと低い状態を保つことができます。  また、芝生の中に植え込むと徐々に増殖して芝を張り替えることなくタマリュウのグランドカバーに変えていくこともできます。  芝と一緒に刈り込んでも大丈夫です。 ≪タマリュウの栽培・植え方≫  大変適応性の高い植物で、日当たりのほか、多少の日陰でもよく耐えます。  植える場所は腐葉土、堆肥などを加えて耕しておきます。  約10cm間隔で植えつけますから、1平方メートルあたり100ポットが必要ですが、広い面積の場合は、1ポットを3〜5株程度に小分けして植えても良いでしょう。  踏み込む場所に植える場合や斜面に植える場合は、植えてから土を硬めに押さえておくと良いでしょう。  よほどのやせ地で無い限り肥料はほとんど必要ありません。詰まってきて葉の色が悪い場合や成長の悪い場合のみ与えるようにしてください。  びっしりと詰まってしまうと草は生えにくくなりますが、それまではこまめに草取りをすることが必要です。 タマリュウはランナーを出して増殖しますからグランドカバーを作るためにはタマリュウが向いています。

千草園芸

【送料無料】タマリュウ(玉竜)マット5枚セット【生産直売】

1マットのサイズは、60cm×30cmです。 【送料無料】(北海道・沖縄・離島の方は別途料金が必要となりますので、送料表を参照ください。北海道の送料は\1,080です) 【お任せ品】写真と同等商品の発送となります タマリュウのお届けですが、環境に配慮してタマリュウの入っているトレーは送付しておりません。 また、梱包時にタマリュウを5段に重ねてお送りしていますが品質については問題ありません。 [S0] ◆◆◆ タマリュウマット施工例 ◆◆◆ 芝生の変わりに年中緑のタマリュウマットを貼り付けてみました!! 殺風景だった庭もこんなに見ちがえりました! 施工前 施工後 施工前 施工後 施工後タマリュウ(玉竜) 手入れがとても簡単 タマリュウ(玉竜) タマリュウは、耐陰性の地被類として、非常に丈夫で強いのがタマリュウの特徴。タマリュウは植え付けが簡単で、メンテナンスはほとんど不要。 和、又は洋テイストの庭園や駐車場のワンポイントとして広く利用されている。雑草除けにも効果的。 耐陰性、耐陽性、耐寒性、耐暑性に強い。 最近では、屋上緑化にも用いられている。 分類 植栽適地 グランドカバー 北海道〜沖縄 鑑賞ポイントと時期 通年 四季を通じて緑の美しさを楽しむことが出来る 初夏 とても小さな花が咲く 秋頃 青いとても綺麗な丸い実がなる 管理のポイント 植えつけ 日向地〜日陰で、排水性のよい土壌を好む。 乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 草花が育つところであればほとんど肥料の必要はない。葉色が悪い場合や成長が遅い場合には、緩効性化成肥料を与える。 基本の剪定 あまり必要無い。

ぐりーんぐりーん

もみの木 (ウラジロモミ) 樹高1.0〜1.2m前後 (根鉢含まず) クリスマスツリー 常緑 庭木

・・・ ウラジロモミ ・・・ ウラジロモミはマツ科モミ属の常緑樹です。 葉の裏が白と緑のストライプになっているので「(葉の)裏(が)白(い)モミ」と呼ばれています。 整った狭円錐形に樹形がよく整い、シンボルツリーにも適しています。 洋風やモダンなお庭にマッチすること間違いなし! 今年は本物のもみの木でクリスマスを楽しみませんか? 商品について 分類 マツ科モミ属 特性 常緑性 用途 地植え・鉢植え(室内不可) 耐暑性 弱い〜普通 耐寒性 普通〜強い 適地 北海道中・南部から中部地方 草丈 15mくらい(環境による) 開花期 5〜6月 花色葉色 花は目立たない・緑葉 植え付け 3〜4月、10〜11月 日照 半日陰〜日なた(強い日差しや西日が当たらない) 用土 ・赤玉土7:腐葉土3の割合 ・適度に保水力がある肥沃な土壌 水やり 1日1回(夏季は朝晩2回) 肥料 基本的に不要 剪定 ・自然樹形で可 ・10〜3月(どうしても剪定が必要な場合のみ) 病気 特になし 害虫 テッポウムシなど その他 ・難易度 中〜高 ・風通しの良い場所を好む ・過湿と乾燥に注意

相馬グリーン

【送料無料】【三重県知事賞受賞】特大 オタフクナンテン(お多福南天)5本セットポットか根巻き

POT苗、又は根巻き苗で高さ25cm-30cm(根鉢含まず> 2015年に【三重県知事賞受賞】したオタフクナンテンです。 【送料無料】(北海道・沖縄・離島の方は別途料金が必要となりますので、送料表を参照ください) [S0]オタフクナンテン(お多福南天、五色ナンテン) 冬の赤い葉が綺麗☆ オタフクナンテン(お多福南天)は、「難転」で災難を転ずる“縁起”の良い木です。葉は、広く丸みがあり可愛らしい。冬の寒さに当たると葉が赤くなり、冬のさみしいお庭に暖かい明るさを与えてくれる。耐寒性があり、半日陰でも栽培可能。育てやすく、洋風、和風を問わずカラーリーフとしてお庭のワンポイントや門先などに利用出来る。 分類 植栽適地 常緑低木 南東北〜沖縄 鑑賞ポイントと時期 春〜夏頃 黄緑色の葉を楽しむことが出来る 12月〜3月頃 葉が赤く変化する様がとても綺麗!! 管理のポイント 植えつけ 日向地で、排水性のよい土壌を好む。半日陰でも良く育つ。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。日陰地や肥料が多すぎると葉の色つきが悪くなるので注意する。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 春先頃に寒肥(緩効性化成肥料)を与える。 基本の剪定 成長が遅い為、特に手を加えなくてもこんもりとした樹形になる。剪定する場合は、樹形を整える程度に行う。 四季の葉色の変化 冬 春先 冬場は、寒さで綺麗な赤色に変化します。 12月頃から赤く紅葉はじめます。 葉が入れ替わる直前の時期は、赤い葉と黄色い葉が混じった状態です。 春(新芽が展開前) 春(新芽が展開後) 出てきたばかりの新芽はやわらかく、葉色も紫がかっています。 新芽が展開後は、綺麗な新緑を楽しめます。

ぐりーんぐりーん

お多福南天(オタフクナンテン)ポット苗 グランドカバー 低木 庭木 常緑樹

お届けする商品について 商品について 苗木はポットに仮植えしております。ポット部分も含めて高さ0.2m前後です。 ※こちらの商品は鉢植え栽培も可能です。 送料 こちらの商品の同梱可能本数は・・・ ・送料についてはこちら ・ご注文からお届けまでの流れはこちら オタフクナンテン の育て方植え付け・用土基本的に植え付けは10月〜入梅までに行います。寒冷地では真冬の植え付けは避けます。 鉢植えの場合、用土は当店の花ひろば培養土「和み」がおすすめ。 地植えの場合は、花ひろば堆肥「極み」を使って植えていただくと良いでしょう。 管理場所・剪定 日当たりを好みます。日当たりが悪いと冬のきれいな紅葉がでなかったりします。また、軒下などで冬の寒風に当たりにくい場合紅葉があまりしません。雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。 肥料・ポイントほとんど必要ありません。生育が悪い場合は、2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。病害虫について病害虫はあまり心配いりません。 冬場は苗木の場合どんどん落葉します。また、春の葉と入れ替わるように葉が落ちますので、3〜5月が最も葉が少ないです。常緑性ではありますが、季節的に葉が生え変わる時期です。5月ごろから本格的に葉が入れ替わります。オタフクナンテン |グランドカバー向け植物 当店でも人気の植物。丈夫で密集した葉が美しい常緑です。なんと紅葉も楽しめます。 お多福ナンテンはオシャレなだけで無く、「縁起の良い 魔除けの木」としても有名! お多福ナンテン。オシャレなお庭には必ずと言っていいほど植わってますね。私も数々のお庭を見て来ましたが、まさに「お庭の名脇役」!和洋問わず、下草には必ずこの木がいます。それもそのはず、お多福ナンテンは地味に思われがちなグランドカバーの中で、「紅葉の変化」があることから、季節によって景観が変わります。それと、「とにかく丈夫な常緑樹」であるということ。よほどのことが無い限り、この木が枯れてしまうなんてことはありません。花ひろばオンラインのお多福ナンテンは基本的にポット苗ですが、ボリュームが他のとは全然違います。5株ほどアプローチに平行に植えるだけでとってもオシャレ! まぁ、これは私の個人的な意見ですが、シンボルツリーの周辺の株回りにお多福ナンテンを植えることで、ご近所さんも憧れのお庭に大変身するでしょう! 成長がとても遅く高さは50〜60cm程度でおさまりあまり大きくなりません。剪定いらずでコンパクトにまとまります。日陰でも良く育つので北側のグランドカバーにもおすすめです。 3〜5月がもっとも葉が少ない時期になります。理由は古い葉が落葉することと、新芽が春風で乾燥して痛みやすいからです。 お多福ナンテンの特徴 学名 Nandina domestica cv. Otafukunanten メギ科ナンテン属 原産地 日本 花言葉 機知に富む、福をなす、良い家庭、私の愛は増すばかり 最終樹高 0.5m ※グランドカバー向け 常緑低木 成長の早さ 遅い (0.1m/年) 開花時期 6月頃 類似品種 ナンテン / ヒイラギナンテン ※その他のグランドカバー向け植物はこちら 生垣の場合 植え付け間隔は30cm程度が理想です。 植栽適地 北海道〜沖縄 魅力 新緑を楽しむ、紅葉を楽しむ、葉を楽しむ 育てやすさ 初心者に超おすすめ、耐暑性強、耐寒性強、耐病性強、害虫がつきにくい、日陰に強い、耐乾性強、やせ地に強い、潮風に強い、萌芽力強い、刈込に耐える 栽培用途 グランドカバー、鉢植え、盆栽、記念樹、花壇、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場 便利でお得な開運オーガニックセット (お多福5株と液肥のセット)はこちら

苗木部 by 花ひろばオンライン

■送料無料■ シマトネリコ 株立ち 大苗 鉢植えでも使える 極上 株立ち苗 【西濃運輸お届け】 【北海道、沖縄、離島不可】

苗木部の配送料金についてこちらの商品の送料区分は・・・通常梱包です。(160サイズ以上 ※小梱包不可) この商品の通常梱包1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・1本 まで。 2本以上 のご注文の場合、送料は 複数梱包 になります。 こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。 ※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。送料についてはこちらご注文からお届けまでの流れはこちら お届けする商品について 商品について 苗木は株立ちの根巻き大苗です。根巻き部分も含め、高さ1.5m前後くらいです。1〜4月は葉が少ない状態になります。根を覆っている麻布は外さずにそのまま植えてください。 こちらの商品は、鉢植え栽培も可能です。 シマトネリコの育て方植え付け・用土基本的に移植や植え付けは10月〜入梅までに行います。 日当たり、水はけの良い肥沃な場所に植えます。庭土に堆肥や腐葉土をすぎ混んで浅めに植え付けてああげてください。鉢植えでも大丈夫です。日当たりを好みますが、北側のお庭でも育っております。日当たりの環境と比較すると成長は遅く、葉色も濃い感じです。水やり・肥料 雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。日陰では土も乾くのが遅いので、水の与えすぎに注意してください。 2月ごろに寒肥として油かすと堆肥を株周りに穴を掘り与えます。よほど生育が悪くなければ肥料は必要ないかもしれません。 剪定姿勢を乱す枝を切り落とす程度で、自然樹形で楽しんでいただけます。病害虫について病害虫はあまり心配いりません。屋外で雨風のあたる場所でかつ、風通しの良い環境であれば病害虫はつかないと言えます。風通しが悪い場所ではイモムシに葉を食害されてしまうこともありますので、見つけ次第消毒か捕殺してください。シマトネリコ 株立ち 大苗 シマトネリコの特徴 シマトネリコは群生した枝葉が涼しげな常緑高木樹です。本種は耐寒性がある系統を選抜して育成した品種です。造園業者やハウスメーカーが密かに注目している種類で冬の落葉が少ないです。北半球の温帯に分布する常緑高木トネリコ(フラキシヌス)の仲間です。細かい葉は涼しげでやさしく暮らしを演出します。数少ない洋風に似合う常緑樹です。手ごろな価格なので、人気No.1の常緑樹です。花はあまり目立ちませんが7月頃に香りのある円錐花序の白い小さな花を咲かせます。8月〜11月につく実も白くてきれいです。光沢のある繊細な葉を持ち、涼しげでおおらかな樹形が独特の雰囲気をかもしだし人気があります。欧米ではシンボルツリーや街路樹として人気があります。庭植えでは高木になりますが、鉢植えでコンパクトに仕立てても大丈夫です。 学名 Fraxinus griffithii モクセイ科トネリコ属 花言葉 偉大、服従、威厳、高潔、荘厳、思慮分別 最終樹高 3〜7m 常緑高木樹 最終葉張り 4〜5m 成長の早さ 早い (0.4m/年) 開花時期 7月(花)8〜10月(実) 類似品種 ステレオステルマム 植栽適地 北関東〜沖縄 ※寒冷地では鉢植え栽培をおすすめします 育てやすさ 初心者におすすめ、樹勢強、耐暑性強、害虫がつきにくい 栽培用途 鉢植え、記念樹、目隠し、花壇、工場緑地帯、街路樹等

苗木部 by 花ひろばオンライン

【現品発送】アオダモ 株立樹高2.1-2.5m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】極

送料は全国一律4,500円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: AO61(2.3m) 新着! 商品番号: AO62(2.3m) 新着! 商品番号: AO63(2.2m) 新着! 商品番号: AO64(2.2m) 新着! 商品番号: AO65(2.3m) 新着! 商品番号: AO66(2.2m) 新着! 商品番号: AO67(2.3m) 新着! 商品番号: AO68(2.4m) 新着! 商品番号: AO69(2.2m) 新着! 商品番号: AO70(2.2m) [S2.0]アオダモ 強靭な材がバットの用材となる アオダモ アオダモ(花) アオダモは、枝を切って水につけると水が青くなることからアオダモと呼ばれる。4〜5月頃に枝を覆う白花が魅力的です。爽快感のあるやさしい枝葉もみどころの一つです。 分類 植栽適地 落葉高木 北海道〜沖縄 鑑賞ポイントと時期 4〜5月頃 穂状のふわふわとした白い小花をたくさん咲かせる 夏頃 トネリコ特有の羽状複葉で、涼しげな風景を作り出してくれる 秋頃 果実が熟す 11月頃 紅葉を楽しめる 管理のポイント 植えつけ 日向地で、排水性のよい土壌を好む。堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 1月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 自然な樹形がよく、強い剪定はなるべく避ける。剪定する場合は、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引き程度を落葉時期に行う。自然体が基本なので、毎年少しずつ樹形を整えていく。

ぐりーんぐりーん

シマトネリコ樹高約1.5m前後(根鉢含まず) 株立

※鉢はついていません。 樹高は、約1.5m前後です(根鉢含まず) 株立です 送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【お任せ品】写真と同等商品の発送となります シマトネリコは、直径24cmの地中ポット(8号鉢)となりますので、女性でも持ち運び・植え付けができます!植え付け時は、ポットを外して植え付けて下さい。 [S1.5]シマトネリコ 枝葉が粗で明るい印象が魅力 シマトネリコ(葉) シマトネリコ(実) シマトネリコは、小さな葉が特徴的で明るい印象があり、ガーデニングによくマッチする。最近、急激に人気が高まった樹木です。 分類 植栽適地 半常緑高木 南関東〜沖縄 鑑賞ポイントと時期 7月頃 香りのあるソフトな感じの白い花が楽しめる 9月〜10月頃 小さな実が楽しめる 管理のポイント 植えつけ 日向地で、排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 自然な樹形がよく、強い剪定はなるべく避ける。剪定する場合は、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引き程度を新芽の時期(3月頃)に行う。自然体が基本なので、毎年少しずつ樹形を整えていく。 シマトネリコの冬〜春にかけての葉の変化 冬場から春にかけてのシマトネリコは、下記の写真の様に葉が痛んでいたり、葉が少ないですが、枯れていません。 ※冬から春にかけてお届けするシマトネリコは、葉が茶色くなって痛んでいたり、落葉して葉がついていない場合もありますので、十分ご了承頂いた上でご購入頂きますようお願い申し上げます。 春頃は、古い葉を落とし、新しく新芽が芽吹いてきてくれる時期です。初夏(6月から7月頃)頃には綺麗な葉に入れ替わります。 2年目以降(定植後)は、落葉が少なくなります。 寒さで紫色に紅葉したりします 斑点模様の様に紅葉する場合もあります 黄色に紅葉したります 斑点模様の様に紅葉する場合もあります 葉が茶色く痛み、乾燥して枯れたようになったりする場合もあります 痛んだ葉はやがて落葉してしまう場合もあります

ぐりーんぐりーん

キンモクセイ 根巻き苗 シンボルツリー 生垣 目隠し 庭木 常緑樹

【お届けする商品の状態です】 ●商品は根巻き苗です。根巻きも含め高さ約1.0m前後です。根巻き苗の根を包んでいる麻布や麻紐ははずさずに植えてください。土中で自然分解されます。もしはずしてしまった場合も問題はありませんが、根を崩さないように注意してください。※たまに、秋や冬に葉が縮んでいる事がございます。ウイルス病などではないのでご安心ください。 ●この商品の同梱可能本数は・・・・ 小梱包でのお届けはできません。  >>送料についてはこちら  >>ご注文からお届けまでの流れはこちら ●商品には植え方の手引きを記載した紙を同封してお届けします。 モクセイの木の育て方 モクセイ類の育て方 植え付け時期 基本的に植え付けは4月〜入梅までか秋に行います。 寒地では春植えをおすすめします。 植え付け用土 日当たりの良い水はけの良い肥沃な土壌に植えます。 堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。 剪定方法 放任して育てても自然な樹形になりますが、こまめな剪定でコンパクトに楽しむことができます。 刈り込みにも強く、剪定は花が終わった直後か3〜4月がベスト。冬の剪定は控えめに。 肥料 2月ごろに寒肥として油粕と腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。 消毒 風通しが悪いとハダニやカイガラムシが発生するので、適度に枝葉を間引いて風通し良くしてあげてください。 生垣の作り方はこちら   Q:「花が咲かないけどなんでやろ?」   A:原因は3つ。     1.剪定が遅かった。       キンモクセイが夏に花芽をあげるので、遅くとも6月までに剪定します。     2.剪定が強すぎた。       剪定を強めにしてしまうと、枝葉が茂る反面花芽がつきにくくなります。     3.樹がまだ若い。       若木のうちは生長するために栄養を使います。       樹が充実してくると花芽をあげてくるようになります。       成木の目安は地植えでは2m、鉢植えでは1mです。金木犀 ( キンモクセイ ) 誰もが知っている香りの花木です。 秋に甘い香りが楽しめます。西に黄色を植えると金運上昇の願かけ。 ジンチョウゲ、クチナシとともにキンモクセイは三大香木です。 秋の代表的な香りの木です。もっとも香りが強いのはキンモクセイです。 キンモクセイはオレンジ色の花です。モクセイの中でもっとも濃厚な香りが楽しめます。花の咲く秋頃にはさわやかな香りが風に乗ってほのかに広がります。 生垣・庭木として馴染みの深い花木です。西に黄色を植えると金運上昇の縁起樹です。 キンモクセイの特徴 学名 Osmanthus fragrans Lour.var. aurantiacusモクセイ科モクセイ属  原産地 中国大陸原産 ※苗はすべて国産です 開花時期 9月下旬〜10月中旬頃 花言葉(誕生花) 謙遜、真実、陶酔、初恋 (10月2日、10月6日) 最終草丈 常緑中高木:2〜3m 葉張り:1〜2m ※住宅環境では樹高は3m程度で収まります。資料によっては最終樹高がもっと大きい場合もありますが、山野で放任して育った場合の大きさです。 成長の早さ やや遅い (0.3〜0.6m/年) 植栽適地 南東北〜沖縄 栽培用途 花壇、地植え、鉢植え、庭木、シンボルツリー、生垣など  

苗木部 by 花ひろばオンライン

玉竜(タマリュウ)苗 1ケース (40ポット)【グランドカバー】

大変お買い得なケース売りです。たくさんご入用の場合には3ケースまで1個の荷物でお送りできます。 お届けするのは下のようなタマリュウです。3〜5株に分けて植えることもできます。ありがとうございます! 楽天リアルタイムランキングでも 堂々のランクイン! リピートされるお客様が大変多いです!! 質のよいものだけを日々入荷しております。 取引の始まる前の市場の様子です。品質や値段は様々ですがいつも最も良いと思われるものを仕入れています。 市場からの入荷に加え、近隣の生産者からの購入もしていますので、大量注文にも安心の品質でお届けできます。 玉竜(タマリュウ) 【分類】 ユリ科ジャノヒゲ属 『常緑多年草』 【原産】 日本〜中国 【学名】 Ophiopogon japonicus 【別名】 ジャノヒゲ 【特徴】  竜のひげを含むヤブランの仲間は、丈夫で葉の美しいものも導入されグランドカバーや寄せ植えに広く利用されています。  リュウノヒゲには30〜40cmになる「ナガバジャノヒゲ」、10〜20cmの「リュウノヒゲ」、 最も多く利用されている5〜15cmの「タマリュウ」、さらに短い「フクダマ」、そしてそれらの中間的な性質のものもあります。  いずれもランナーで増殖しますが「ナガバジャノヒゲ」「リュウノヒゲ」の一部のものはランナーを出さずに株が大きくなるものがあります。  グランドカバーに利用されるのはランナーで増殖するタイプのものです。  花の色は白〜薄紫で、実の色はきれいなブルーです。  芝生のように一面に貼り付けて利用されることが多くなっています。  芝生のように手間がかからず、踏み圧にも良く耐えて多少の日陰でも綺麗な緑を保ちます。  込み合った場合や障害物の近くでは背丈が伸びることがありますが、早春に刈り込むと低い状態を保つことができます。  また、芝生の中に植え込むと徐々に増殖して芝を張り替えることなくタマリュウのグランドカバーに変えていくこともできます。  芝と一緒に刈り込んでも大丈夫です。 ≪タマリュウの栽培・植え方≫  大変適応性の高い植物で、日当たりのほか、多少の日陰でもよく耐えます。  植える場所は腐葉土、堆肥などを加えて耕しておきます。  約10cm間隔で植えつけますから、1平方メートルあたり100ポットが必要ですが、広い面積の場合は、1ポットを3〜5株程度に小分けして植えても良いでしょう。  踏み込む場所に植える場合や斜面に植える場合は、植えてから土を硬めに押さえておくと良いでしょう。  よほどのやせ地で無い限り肥料はほとんど必要ありません。詰まってきて葉の色が悪い場合や生長の悪い場合のみ与えるようにしてください。  びっしりと詰まってしまうと草は生えにくくなりますが、それまではこまめに草取りをすることが必要です。 タマリュウはランナーを出して増殖しますからグランドカバーを作るためにはタマリュウが向いています。

千草園芸

シマトネリコ 株立 2.4〜2.5m程度 (根鉢含まず)

※写真撮影日(2018年12月14日) ※木の状態は季節により変化いたします。 ※根鉢直径約30cm×深さ30cm 不織布ポットに入っています。 お届けについて必ずお読み下さい ※沖縄、離島は別途料金がかかります。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど余裕を持った配送指定をお願いいたします。 その他の現在販売中のシマトネリコはこちら シマトネリコは最近とても人気が高くなっている常緑樹です。 ある有名なランドスケープデザイナーが設計で使用したことから話題になり、洋風に合うその独特のたたずまいが広く認知され飛躍的に人気を博したといわれています。 ライムグリーン色にキラキラと光る小さな葉がとてもさわやかな印象を与える為、洋風の住まいにピッタリとマッチし、また、その爽やかさは和風の住まいもモダンな雰囲気を醸してくれます。 とにかくどんな場面でも素敵に演出してくれるシマトネリコ。 オールマイティな活躍をしてくれるシマトネリコだけに、当店のシマトネリコの特徴は、端正で素直な樹形のものだけを厳選している点です。 通常のシマトネリコと耐寒性のシマトネリコの違い 普通のシマトネリコ 耐寒性のシマトネリコ 茨城県当社圃場で養生した時の様子です。 右の耐寒性のものは、周りのシマトネリコが葉を落としていることから分かるように、葉が茂り一定の強さが見られます。これは夜間マイナス5度程度の様子です。 寒風によって葉を落とすことがありますので、一定の葉のつきを保障するものではありません。 シマトネリコの冬から春の様子 シマトネリコは、冬の寒さによっては葉を落とすことがあります。 まず紅葉する。耐寒性の強いものほど紅葉期間が長い。耐寒性の弱いものは紅葉はほとんどありません。 葉の縁から枯れたように乾燥してきます。 乾燥がだんだんと全体に広がり・・・ やがて落葉します。 シマトネリコは常緑樹ですが暖かい地方原産の木であるため、環境によっては冬の寒さで葉を落とすことがあります。 目安としては北関東の冬の気温で、冬にはほとんどの葉が落ちます。 これは根の成長とともにその症状は見られなくなっていきます。 シマトネリコは萌芽力が強いため、落葉しても6月頃には葉が芽吹いて前の状態に戻ります。 冬の出荷の場合、葉がついていないままお送りすることもありますが、十分ご了承いただいた上でご購入いただきますようお願い申し上げます。 また、耐寒性と名のつく品種でも従来のものより耐寒性が認められるだけで寒冷地で育つものではありません。 商品詳細 属性Fraxinus griffithii モクセイ科トネリコ属 植栽環境関東〜沖縄難易度初心者向き タイプ常緑高木鑑賞時期花:5月 日照条件日向〜半日陰葉張り約3〜4m 最終樹高(成長の早さ)約6m(0.4m/年)※最終樹高は環境により異なります。鉢植えや養分豊富でない環境では成長が遅くなります。 特徴シマトネリコは最近とても人気が高くなっている木ですが、実は昔から九州地区などで生産されていました。 それまではあまり注目されていなかったのですが、ある有名なランドスケープデザイナーが設計で使用したことから話題になり、洋風にあうその独特のたたずまいが広く認知され飛躍的に人気を博したといわれています。 落葉樹は常緑樹に比べて葉がうすく優しい雰囲気を持っています。落葉樹のように優しい雰囲気を持つシマトネリコは寒さに弱く、冬に葉を落とすことがあります。 詳細は「シマトネリコの冬〜春の様子」ご覧ください。 シンボルツリーや目隠しとして常緑樹を選ぶ方が多いようですが、常緑樹は1年中葉をつけている特徴から、少し強いごつごつした雰囲気のものが多いのです。 その点、シマトネリコは常緑樹らしからぬ軽やかな雰囲気とキラキラと光る小さな葉が洋風の建物にとてもマッチします。 シマトネリコの育て方 植え付け環境 水はけのよい肥沃な土壌に植えます。 土壌が心配な場合は、掘り上げた土に対して5割〜9割程度、黒土か赤玉土を混ぜ込み、合わせて腐葉土かバークたい肥を1割程度をすきこみます。 また、なるべく日当たりが良く、北および北西の風が直接当たらないところに植えるのが好ましいです。 北関東程度の冬の気温の環境では、葉を半分からすべて落とし、上が少し枯れる場合があります。 成長意欲旺盛なので、枯れた部分の脇から上にまた伸びていきますので、あまり気になりません。 肥料 定植後に緩効性有機肥料の鶏糞や油粕などを与えると良いでしょう。 その後は生育に合わせて与えるようにします。 植え付け時期 植え付け適期は10月〜梅雨前ですが、それ以外の時期でも可能です。 寒い時期に出荷するものは、最初葉がついていても定植時にその環境に慣れるために葉を落とすことがあります。 害虫・消毒など 害虫はほとんどつきませんが、たまに葉を食いつくす虫がつくことがあります。 美観を損なったり、成長の妨げになりますので見つけ次第殺虫剤などで駆除します。 剪定方法 自然と樹形が整います。 大きくなりすぎた場合には、一度幹の途中から切ると、その先から葉が吹き1年で樹形が整います。 一度コンパクトにしたい方にはお勧めです。 あまり大胆に切り戻すと、枯れる心配がありますので気をつけましょう。シマトネリコ

グリーンロケット

【現品発送】ハイノキ 株立樹高1.5-1.8m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】極

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 [S1.5,2.0]ハイノキ(灰の木) ハイノキ花(灰の木) ハイノキ(灰の木) ハイノキ(灰の木)は、樹を燃やすと灰が厚く残り、染物の媒染剤に用いたことより名づけられた。株全体が花に覆われたように白い花が咲く様は見所の一つです。最近、とても人気が出てきた木です。 分類 植栽適地 常緑高木 南関東以南 鑑賞ポイントと時期 5月頃 白い小花が枝先に群がって咲く 管理のポイント 植えつけ 半日陰〜日向地で、排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。強い西日の場所を嫌う為、西日を避ける場所に植え付けを行う。植えつけた年は、防寒に注意する。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 12月〜2月頃に、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引きを行いながら樹形を整える。自然体が基本で、成長も遅い為、あまり剪定の必要は無い。

ぐりーんぐりーん

南天(ナンテン)  Mサイズ 苗木

写真は見本品です。 ■樹高は50〜60cm、株立ちは2本〜3本程度です。 通常、冬季には実が付きますが、このサイズは実が付いていない事が多いです。 実付きをご希望の場合は、Lサイズの南天をお求めの上、備考欄に実付き希望と記載をお願いいたします。 ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 他のサイズ商品はこちら ※各1袋ずつでしたら、同梱できます。 3〜5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。 【正月】ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月〜7月 【結実】10月〜1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが、春には新たに芽を出して元気に生育します。 ●剪定と病害虫対策● 葉や枝が込み合ってきたら剪定します。枝の途中から切っても切り口から芽を出しますが、剪定は込み合った枝を根元から間引くように切ります。季節はいつでも可能です。 剪定は、背丈の伸びすぎたものや曲がって見苦しいものを切り取り、全体のバランスがよくなるようにしてください。 病気はほとんどありませんがすす病の発生が見られます。原因はカイガラムシの排泄物にカビが生えることで葉や周りが黒くなる現象です。 カイガラムシはナンテンでよく見られる害虫でカイガラ虫用の殺虫剤を散布、または冬の石灰硫黄合剤の散布が効果的です。 新芽が針金のように細い軸と葉が出て、病気のように見えることがありますが、そのまま育ていると自然に良くなります。 原因はわかりませんが、生理現象ではないかと思われます。    赤ナンテンの花                       白ナンテンの花 →コンパクトな樹形の南天はこちら

千草園芸

【現品発送】ジューンベリー (ラマルキー)株立樹高2.0-2.2m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

ジューンベリーの品種は、ラマルキーです ★花・紅葉・実どれをとっても楽しめます★ 送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: JA51(2.0m) 新着! 商品番号: JA52(2.0m) 新着! 商品番号: JA53(2.1m) 新着! 商品番号: JA54(2.0m) 新着! 商品番号: JA55(2.0m) 新着! 商品番号: JA56(2.0m) 新着! 商品番号: JA57(2.0m) 新着! 商品番号: JA58(2.1m) 新着! 商品番号: JA59(2.0m) 新着! 商品番号: JA60(2.0m) 新着! 商品番号: JA61(2.0m) 新着! 商品番号: JA62(2.0m) [S2.0]ジューンベリー 花・果実・紅葉が美しい ジューンベリーの花 ジューンベリーの実 ジューンベリーの花(全景) ジューンベリーの実(全景) ジューンベリー(ロビンヒル)の花 ジューンベリーは、果実は紅色から紅紫色に変わり、甘く、生食でき、ジャムや果実酒として利用できます!!花は純白で樹冠を覆うように咲きます。実も楽しめるシンボルツリーとして人気上昇中です。 分類 植栽適地 落葉高木 南北海道〜沖縄 鑑賞ポイントと時期 4月頃 白い可憐な花が枝を埋めるように咲く様を楽しめる 6月頃 生食できる!!果実が熟す 11月頃 紅葉が美しい 管理のポイント 植えつけ 日向地〜半日陰で、排水性のよい土壌を好む。堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 強い西日の場所を嫌う為、西日を避ける場所に植え付けを行う。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 2月頃に寒肥(緩効性化成肥料)を与える。 基本の剪定 比較的成長が遅い為、強い剪定は必要ない。剪定する場合は、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引き程度を落葉時期に行う。

ぐりーんぐりーん

ヒメシャリンバイ超特価苗 生垣 目隠し 低木 【殿堂入り】 庭木 常緑樹

【販売時期について】 この規格の苗木は掘り出しもの限定入荷商品になります。 生産者からの入荷が無くなり次第、終了となります。 【お届けする商品の状態です】 ●商品は地中ポット苗です。ポット部分を含め高さ約0.5〜0.6m前後くらいです。  冬の終わりから春は葉の生え変わる時期なので下の葉が黄色くなり葉が全体に少なくなっています。 ●この商品の同梱可能本数は・・・・  >>送料についてはこちら  >>ご注文からお届けまでの流れはこちら ●商品には植え方の手引きを記載した紙を同封してお届けします。 ヒメシャリンバイの育て方 冬の北風と西日を嫌います。関東以南の地域なら植えつけても寒さの問題はありません。 植え付け時期 基本的に移植や植え付けは11月〜入梅までに行います。適期は2月上旬〜4月ごろか9月上旬〜10月ごろです。 植え付け用土 水はけの良い、肥沃な土壌に植えます。 鹿沼土とバーク堆肥を配合した土に植えましょう。 日当たりを好みます。日当たりが悪くなるにつれ、花付や葉色が本来の美しさを発揮できなくなります。 剪定方法 自然に樹形が整いますので、剪定は特に必要ありません。 肥料は2月ごろに寒肥として油かすと堆肥を株周りに埋め込みます。 消毒 病害虫はほとんど見られません。夏にハマキ虫が時々ついていれば、消毒や駆除してください。  ヒメシャリンバイ 「ロゼア」 花もこのとおり美しく、生け垣に仕立てれば抜群の景観が実現! ツヤツヤの葉っぱは生け垣には欠かせない要素です。 太陽の光に反射し、お庭をさらに華やかにしてくれます。   ヒメシャリンバイ の特徴 シャリンバイの矮性品種で、葉も花も小さいです。新芽は派手に赤くなります。ロゼアはピンク色という意味で、白地にうっすらとピンクの花です。梅のような花が房咲きに車輪のように咲くことからシャリンバイ。5月頃枝先にたくさんの花をつけ、11月には果実が紫から紫黒色に成熟します。葉は濃緑で光沢のある革質葉です。 近年は街路樹などに植栽されることが多くなりました。 大気汚染や潮風、刈り込みにも強いので、生垣に大変向いています。また、生育が遅いのでメンテナンスの手間がかかりません。 大島紬の染色に使用されることでも有名です 学名 Rhaphiolepis umbellata バラ科シャリンバイ属 花言葉 純心 開花時期 5〜6月頃 / 果実11月 最終樹高 1.5m前後 耐寒性常緑低木樹 育てやすさ 初心者に超おすすめ: 耐暑性強、耐病性強、日陰に強い、刈込に耐える 潮風に強い、大気汚染に強い、耐乾性強、 最終葉張り 1m前後 植栽適地 東北南部〜沖縄 成長の早さ やや遅い (0.1m/年) 類似品種 シャリンバイ 栽培用途 鉢植え、街路樹、生け垣、切り花、地植え

苗木部 by 花ひろばオンライン

【現品発送】アオダモ 株立樹高2.4-2.6m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

送料は全国一律4,500円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) [現品発送]写真の商品を発送致します。アオダモ 強靭な材がバットの用材となる アオダモ アオダモ(花) アオダモは、枝を切って水につけると水が青くなることからアオダモと呼ばれる。4〜5月頃に枝を覆う白花が魅力的です。爽快感のあるやさしい枝葉もみどころの一つです。 分類 植栽適地 落葉高木 北海道〜沖縄 鑑賞ポイントと時期 4〜5月頃 穂状のふわふわとした白い小花をたくさん咲かせる 夏頃 トネリコ特有の羽状複葉で、涼しげな風景を作り出してくれる 秋頃 果実が熟す 11月頃 紅葉を楽しめる 管理のポイント 植えつけ 日向地で、排水性のよい土壌を好む。堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 1月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 自然な樹形がよく、強い剪定はなるべく避ける。剪定する場合は、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引き程度を落葉時期に行う。自然体が基本なので、毎年少しずつ樹形を整えていく。

ぐりーんぐりーん

【送料無料】【翌日発送可】タマリュウ(玉竜)ポット 80ポット(40ポット×2ケース)【生産直売】

【送料無料】(北海道・沖縄・離島の方は別途料金が必要となりますので、送料表を参照ください。北海道の送料は\1,080です) ポットサイズ: 7.5cmポット 梱包時にタマリュウを2段に重ねてお送りしていますが、タマリュウは強い植物ですので問題ありません。 【お任せ品】写真と同等商品の発送となります [S0]タマリュウ(玉竜) 手入れがとても簡単 タマリュウ(玉竜) タマリュウは、耐陰性の地被類として、非常に丈夫で強いのがタマリュウの特徴。タマリュウは植え付けが簡単で、メンテナンスはほとんど不要。 和、又は洋テイストの庭園や駐車場のワンポイントとして広く利用されている。雑草除けにも効果的。 耐陰性、耐陽性、耐寒性、耐暑性に強い。 最近では、屋上緑化にも用いられている。 分類 植栽適地 グランドカバー 北海道〜沖縄 鑑賞ポイントと時期 通年 四季を通じて緑の美しさを楽しむことが出来る 初夏 とても小さな花が咲く 秋頃 青いとても綺麗な丸い実がなる 管理のポイント 植えつけ 日向地〜日陰で、排水性のよい土壌を好む。 乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 草花が育つところであればほとんど肥料の必要はない。葉色が悪い場合や成長が遅い場合には、緩効性化成肥料を与える。 基本の剪定 あまり必要無い。

ぐりーんぐりーん

【現品発送】ヤマボウシ 株立 樹高2.1m-2.3m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: YM01(2.3m) 新着!商品番号: YM02(2.2m) 新着!商品番号: YM03(2.3m) 新着! 商品番号: YM04(2.3m) 新着! 商品番号: YM05(2.1m) 新着! 商品番号: YM06(2.2m) [S2]ヤマボウシ 四季を通して楽しめる! ヤマボウシ ヤマボウシ(ベニフジ、紅富士) ヤマボウシ(サトミ、里美) ヤマボウシ(紅葉) ヤマボウシは、葉が出たあとの6月頃に枝先に花を咲かせます。真夏は、つやのある葉が木漏れ日とともに明るく涼しげな緑陰をつくりだしてくれます。秋には実が熟し、紅葉の時期を迎えます。季節ごとに違う魅力をかねそなえた樹種はそう多くはありません。剪定しなくても整った樹形は、和風、洋風、自然風とどの様式の庭にも似合います。 分類 植栽適地 落葉高木 南北海道〜沖縄 種類 ベニフジ(紅富士) 紅色の端正な花が樹冠を覆うように咲きます。 サトミ(里美) 紅色丸弁の花を綺麗に咲かせる。 鑑賞ポイントと時期 5月下旬〜6月頃 先端がとがった端正な表情で樹幹を埋めるように綺麗な花が咲きます。上向きの花は上からの鑑賞にも向きます。 7〜8月頃 つやのある葉が木漏れ日とともに明るく涼しげな緑陰を作り出してくれます 9月頃 赤い2cmぐらいの実をつけ、熟すと甘味があります 11月頃 紅葉を楽しめます 管理のポイント 植えつけ 日向地〜半日陰で、強い西日を避けた排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。“紅富士”は、日当たりの良い所の方が発色がよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは あまり肥料の必要はない。やせた土壌であれば、12月〜1月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 自然な樹形がよく、強い剪定はなるべく避ける。剪定する場合は、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引き程度を落葉時期に行う。自然体が基本なので、毎年少しずつ樹形を整えていく。

ぐりーんぐりーん

【送料無料】ヒメリュウ(姫竜)ポット 120ポット(40ポット×3ケース)

【送料無料】(北海道・沖縄・離島の方は別途料金が必要となりますので、送料表を参照ください。北海道の送料は\1,080です) ポットサイズ: 7.5cmポット 梱包時にヒメリュウを3段に重ねてお送りしていますが、ヒメリュウは強い植物ですので問題ありません。 【お任せ品】 【お任せ品】写真と同等商品の発送となります [S0]ヒメリュウ(姫竜) 高級感のあるグランドカバー ヒメリュウ(姫竜) ヒメリュウ(姫竜)は、タマリュウ(玉竜)よりもコンパクトな品種で高級感があります。ヒメリュウのマットはとても希少です。 芝生の変わりに使用してみてはいかがでしょうか。刈り込みの必要も無く、1年を通して緑を楽しんでいただけます。 和、又は洋テイストの庭園や駐車場のワンポイントとして利用されている。 分類 植栽適地 グランドカバー 北海道〜沖縄 鑑賞ポイントと時期 通年 四季を通じて緑の美しさを楽しむことが出来る 管理のポイント 植えつけ 日向地〜日陰で、排水性のよい土壌を好む。 乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 草花が育つところであればほとんど肥料の必要はない。葉色が悪い場合や成長が遅い場合には、緩効性化成肥料を与える。 基本の剪定 必要無い。

ぐりーんぐりーん

沈丁花(ジンチョウゲ) M

写真は見本品です。18年10月2日に再入荷しました 季節によって状態は変化します。189e-u 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 斑入り沈丁花 赤はこちら↓↓ 他のサイズ商品はこちらからジンチョウゲ(沈丁花) 【分類】ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木(雌雄異株) 【学名】Daphne odora Thumb 【原産】中国中部から雲南省、ヒマラヤにかけて 【用途】庭木等 【栽培適地】関東以南 【開花】2月〜4月 【成木の高さ】約1m 排水のよい土壌と日当たりを好み大きくなると自然に樹形が球型に整います。大きくなってからの移植は嫌いますのでよく考えてから植える場所を決めましょう。 春か秋に移植することが望ましいのですが、一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、冬や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 植えおえた後は支柱を立てて固定してください。 沈香と丁字の香りを合わせたような香りのよい花として名づけられたジンチョウゲ。中国からは室町時代に日本に入ったものとされています。  雌雄異株で、日本に導入されたものはすべて雄木で、実をつけることはありません。しかしたまに赤い実をつけるものがあるそうです。それは、この木はもともと両性花だったものが単性花へと分化したのですが、中には分化が不完全なものがあり、そのような株が結実することがあると言う説と、明治以降に導入された数少ない雌株が結実しているとする説があります。  花の色の基本花は赤(花弁ではなくガク)で外側が赤紫色で、花が開くと内面は白色です。そのほか、白花や斑入り葉などの園芸種があります。 ジンチョウゲはあまり寿命の長い木ではありませんので、大きくなると枯れるのは仕方ありません。 人でも老人になると様々な病気になりやすくなるように木でも寿命の短いものは病気などに侵されて枯れてしまうのです。 大きくなったジンチョウゲが枯れたのは仕方ありませんが、小さいのに枯れるのは困りものです。 小さいのに突然枯れることがありますが原因ははっきりしません。 直射日光が根元に当たると地温が上昇して根を弱らせたり、微生物の働きを活性化させることなどが原因として考えられます。 地温を上昇しないようにすることが大切です。枯れたものは根が病原菌に侵されたものがよくありますので、新たな苗を同じ場所に植えるのはよくありません。 多少の用土を変えても病原菌が残っていることが考えられますので2〜3年あけて病原菌がいなくなってから植えなおすことで大丈夫な場合もあります。 できるなら別な場所に植えられると良いと思います。 ■栽培方法  日当たり、排水のよい肥沃地を好みます。半日陰でも育ちます。またやや湿潤した弱酸性土が適しています。 根の温度上昇は枯れる原因になりますので、根元に直射の当たる場所では必ず敷き藁などを敷いて地温の上昇防止を行ってください。 肥料も好みますので、葉の色が悪くならないように与えるようにします。自然に樹形は整いますので剪定はあまり必要ありませんが、若いうちは枝が良く伸びますので、不要枝は枝元から切り取り、枝は去年の伸びた半分ほどの長さで剪定しましょう。剪定は、開花後の4、5月頃が適しています。  大きくなってからの移植は嫌いますのでよく考えてから植える場所を決めましょう。 ■植木鉢で育てる 根詰まりをおこさないように毎年植え替えることと、地温の上昇を防げは植木鉢での栽培は可能です。 水は切らさないように与え、施肥も春と秋には1ヶ月に一度は油粕の固形肥料を与えるようにします。 ジンチョウゲを鉢植えで育てると夏に枯れることが多いものです。最大の原因は夏場の根の温度上昇です。植木鉢ではどうしても外気と同じか、直射の当たるところではそれ以上になりますので、高温で根が弱ってしまい、必要な水分を吸収できずに枯れてしまうのです。 水はけの良い用土(赤玉土などを主にした土)を使い、寒冷紗などで直射を避けるか、夏場だけ植木鉢に直射が当たらないようにする、土に鉢ごと埋めてやるなどして根の温度上昇をさける世話が必要です。 肥料は好みますので、春と秋は月1回くらい油粕の固形肥料を与えます。 赤 白 黄金斑入り「前島」 斑入り白 信濃錦

千草園芸

南天(ナンテン)  Lサイズ 苗木

写真は見本品です。 できるだけ実つきのものをお送りいたしますが年明けからお届けする商品には鳥に食べられてしまいますので実つきのものはお送りできなくなると思います。 ※送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 他のサイズ商品はこちら ※各1袋ずつでしたら、同梱できます。 3〜5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。 【正月】ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月〜7月 【結実】10月〜1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが、春には新たに芽を出して元気に生育します。 ●剪定と病害虫対策● 葉や枝が込み合ってきたら剪定します。枝の途中から切っても切り口から芽を出しますが、剪定は込み合った枝を根元から間引くように切ります。季節はいつでも可能です。 剪定は、背丈の伸びすぎたものや曲がって見苦しいものを切り取り、全体のバランスがよくなるようにしてください。 病気はほとんどありませんがすす病の発生が見られます。原因はカイガラムシの排泄物にカビが生えることで葉や周りが黒くなる現象です。 カイガラムシはナンテンでよく見られる害虫でカイガラ虫用の殺虫剤を散布、または冬の石灰硫黄合剤の散布が効果的です。 新芽が針金のように細い軸と葉が出て、病気のように見えることがありますが、そのまま育ていると自然に良くなります。 原因はわかりませんが、生理現象ではないかと思われます。    赤ナンテンの花                       白ナンテンの花 →コンパクトな樹形の南天はこちら

千草園芸

ジンチョウゲ 赤 生垣 目隠し グランドカバー 低木 庭木 常緑樹

【販売時期について】 この規格の苗木は毎年9〜11月ごろから販売開始します。それ以降は順次補充を繰り返し、翌春3〜6月頃までで、売切れ次第終了です。 【お届けする商品の状態です】 ●商品はポット苗、もしくは根巻き苗です。ポット部分を含め高さ約0.4m前後くらいです。根を包んでいる麻布や麻紐ははずさずに植えてください。土中で分解されて自然に帰ります。ポット苗の場合は、ビニールポットを外して植えてください。花芽の有無多少は季節により異なります。期待しないようお願いします。 ●商品には簡単な植え付け方法を書いたプリントを同封しております。 ●この商品の同梱可能本数は・・・・  >>送料についてはこちら >>ご注文からお届けまでの流れはこちら ジンチョウゲの育て方 ジンチョウゲの育て方 植え付け時期 基本的に植え付けは10月〜入梅までに行います。 植え付け用土 水はけの良い、肥沃な土壌に植えます。寒さにも強いです。日当たりを好みますが、2〜3時間の日光で大丈夫。成木の移植は枯れやすいので、できるだけ植え替えの必要のない場所に植えてください。堆肥を良く混ぜた土に植えてください。根腐れしやすい性質があるので、パーライトなどを混ぜて水はけ改善をすると安心です。 水管理 雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。 剪定方法 自然と球形に枝がそろいます。剪定はほとんど行いませんが、刈り込んで樹形をコンパクトにする場合は花後に行います。一気に小さくしようと太い枝を切り詰めても不定芽が出ますが、樹勢が衰えやすいので、枝抜き剪定で樹冠外部の枝と内部の枝を交代させるようにしながら、行ってください。 肥料 花後は等配合の化成肥料を株元にまきます。窒素分を控えめにしたほうが良いと本に書いてあるのも見かけましたが、肥料配合は適当でも良さそうです。 病害虫について アブラムシが出るので、マラソン乳剤で消毒します。特に気になる病害虫はあまりでません。 冬の落葉について 緑葉品種は秋の終わり〜初春にかけて、ゆっくりゆっくり葉が減っていきます。葉色が薄くなったり、黄色くなりつつ容易にハラハラと葉が落ちます。常緑性ではありますが、春は季節的に葉が生え変わる時期です。5月ごろから本格的に葉が入れ替わります。  赤花沈丁花(ジンチョウゲ) 爽快な香りを放つ花を咲かせる常緑樹 満開のジンチョウゲ すばらしい香りが漂ってきそうです。 (福岡県糟屋郡志免町のお客様からお写真をいただきました。) 魅力その1・・・花の香りがすばらしい。 魅力その2・・・花がきれい。 魅力その3・・・葉が落ちない! 魅力その4・・・高さは1m位まで生長します。 生垣の下を花で飾ります。   ●品種の特徴 人気のある常緑低木です。花の香りがすばらしく庭木・生垣に、より存在感をかもし出します。主幹はなく枝が密生し、樹形は自然に半球形になります。葉は長楕円形で革質、全縁で光沢があります。3〜4月、強い芳香のある花を枝先に塊状につけます。赤花品種は蕾が赤、開くと薄いピンク交じりの白になります。 肥沃で適湿な土壌を好みます。日当たりでも育ちますがどちらかというと半日陰のほうが得意です。萌芽力が強く、挿し木でもよく増やせるのですが、反面移植を嫌うので、地植えの場合は2〜3年したら移動は控えてください。成長は遅いです。 雌雄異株ですが流通する苗木のほとんどが雌株と言われています。有毒の果実をつけますが、日本で栽培されている株はほとんど結実しませんし、今まで見たことがありません。当店の苗木は雌雄の特定ができておりません。 学名 Daphne odora Thunb. ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属 原産地 中国・ヒマラヤ 花言葉 良い兆候、栄光、不死、不滅 誕生花 2月23日 最終樹高 最終葉張り 成長の早さ 開花期 類似品種 植栽適地 常緑低木 0.5〜1.0m 0.6〜1.0m 遅い (0.1m/年) 3〜4月 ミツマタ 長寿桜 北関東〜沖縄 ※苗木は全て国産苗です。 ※開花期は3〜4月ですが近年は2月下旬から咲いて来るものが増えました。 魅力  魅力多い: 【春】花が美しい、花の香りを楽しむ 【通年】葉色を楽しむ。 育てやすさ  初心者におすすめ: 耐暑性強、耐病性強、害虫がつきにくい、日陰に強い、刈込に耐える、排気ガスに強い 用途  グランドカバー、ボーダー、鉢植え、盆栽、記念樹、生垣、目隠し、花壇、工場緑地帯、学校、公園、ゴルフ場 ●肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。  

苗木部 by 花ひろばオンライン

【送料無料】1本あたり665円&お試し送料無料おためしコニファーグランドカバーミックス6本セット【コニファー 北欧スタイル グランドカバー 庭木 低木 常緑樹 寄せ植え コニファー販売 コニファーグランドカバー 針葉樹 ガーデニング】

商品内容 15cmポットのグランドカバー6本セット 商品説明 『結局のところ種類が多くてよくわか らなくなってしまった』という声もよく聞きますので。その時期良い状態の物を店長セレクトでミックスいたします。 ★1本あたり665円【おためし送料無料♪】★ 通常単品価格の18%+送料分オフプライスとなります。 特徴 ●植え付け 適期は最適期から春・秋・冬・夏の順ですが、販売商品は根鉢状態を調整済みですので 年中植え付け可能です。 ●剪定方法 基本的には長く伸びた枝を元からカットします。 それぞれ単体で大きくしても面白いかも! その他 撮影時期:2月

ファインガーデン



1  2  3  4  5  


当画面は、楽天ウェブサービスを利用して作成しています。