毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。
    男が語る離婚―破局のあとさき

男が語る離婚―破局のあとさき

男が語る離婚―破局のあとさき

男が語る離婚―破局のあとさきISBN:4890369716
出版社:ネスコ
Author:中国新聞文化部
Media:単行本(ソフトカバー)
価格:¥ 1,575


詳細情報
出版社/著者からの内容紹介
妻よ、聞け。君に虐げられた俺はもうキレた。自由が欲しい!願いは実現した…そして待っていたのは天国と地獄。男の本音を徹底取材。「妻の王国」の続編


内容(「BOOK」データベースより)
ああ、自由が欲しい。サラ金妻、嫉妬妻、マザコン妻、リストラ妻、爆発妻…今、静かに広がる夫たちの反乱。妻の支配から逃亡を企てたその結末は…。男の怒りと本音を徹底取材。

内容(「MARC」データベースより)
ああ、自由が欲しい。サラ金妻、嫉妬妻、マザコン妻、爆発妻…。今、静かに広がる夫たちの反乱。妻の支配から逃亡を企てたその結果は…。男の怒りと本音を徹底取材。〈ソフトカバー〉


amazonで購入する amazonで購入する


カスタマーレビュー
なぜ結婚するのか、女性に何を求めるか。
既婚歴なしの独身中年としては、結婚、家庭とは、などについて深く考えるきっかけになった。投稿者のコメントにあったが「結婚とは、他人同士がひとつ屋根の下で お互いを思いやっていくもの。自分からの欲求だけでなく 相手の気持ちを感じ取る」簡単で なかなか難しい。男の鈍感さに たびたび触れているが自分でもよくわかる。好きな人と交際していても 彼女が発信している言葉の意味がわからなかった。なぜ言うのか、自分の考えを一方的に押しつけた。言葉の裏に隠された意味を尋ねることもしなかった。未婚、結婚、離婚した男に 今一度結婚について考えさせるよい案内書と言える。

男女の温度差
男性と女性の温度差を感じたものだった。
お互いに感謝する気持ちが足りず、すれ違いが生じ離婚まで発展する。
男性からの視点で書いてあり、自分が耳にする事できない、男性の気持ちがよくわかった。離婚って感情と感情のぶつかりあいだなと思った。

amazonで購入する amazonで購入する


類似の他の本
  離婚して幸せになる人不幸になる人 ビジネス社
  ×一(バツイチ)の男たち―彼が離婚した理由 扶桑社
  ×一(バツイチ)の女たち―彼女が離婚した理由 扶桑社
  男が「離婚」を語るとき ポプラ社