毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。
    結魂論―なぜ人は結婚するのか

結魂論―なぜ人は結婚するのか

結魂論―なぜ人は結婚するのか

結魂論―なぜ人は結婚するのかISBN:4880861588
出版社:成甲書房
Author:一条 真也
Media:単行本
価格:¥ 1,470


詳細情報
内容(「BOOK」データベースより)
「結婚とは、結魂である」かつて哲学者プラトンは、元来一個の球体であった男女が、離れて半球体になりつつも、元のもう半分を求めて結婚するものだという「人間球体説」を唱えました。また、敬愛する思想家スウェデンボルグは、「真の結婚は神的なものであり、霊的なものであり、聖いものであり、純潔なものである」と述べています。プラトンとスウェデンボルグの思想に深く共感する著者は、結婚とは不完全な魂同士が完全になるべく結びつく「結魂」であると信じています。男と女と結婚を、見つめつづけた集大成がここにある。

内容(「MARC」データベースより)
真の結婚は神的なものであり、霊的なものであり、聖いものであり、純潔なものである…。結婚を「結魂」と捉え、今どきの結婚事情から結婚までの過程、人が結婚をする理由などを解説。男と女の不思議、愛の秘密にとことん迫る!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
一条 真也
1963年北九州市生まれ。早稲田大学政経学部卒。卒業後、大手広告代理店を経て企画会社を設立し、プランナーとして各種マーケティングやイベント・リゾートの企画プロデュースを数多く手掛ける。日本全国でホテル・結婚式場を展開する大手冠婚葬祭会社(株)サンレーに1990年に入社、2001年に代表取締役社長に就任。「ザ・ブリティッシュクラブ」「グラン・フローラ」「フェリーチェ」などの新世紀ウェディング空間を成功させ、話題を呼ぶ。1988年に処女作『ハートフルに遊ぶ』を出版、ベストセラーとなり、「ハートフル」は流行語となった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


amazonで購入する amazonで購入する


カスタマーレビュー
予言…?当たってる!!
結婚は結魂である----気合の入ったタイトルが気になり購入してみました。最近、「結婚(入籍をすること)自体が軽くなってきてるよな…」なんて思っていたものですから…。本の中で「結婚式自体のカジュアル化(軽さ)に問題がある。カジュアルな結婚式は、離婚へ繋がる危険性が高い」と書かれていました。そう言えば…最近、IT系社長と別れた芸能人が結婚式を行ったのも某ハウスウエディング式場でしたね。
ズバリ的を得ているな~と感心してしまいました!これから結婚を考えている人、そして結婚する子供を抱えている親にもお薦めの一冊です。

amazonで購入する amazonで購入する