毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。
    パラサイト・シングル

パラサイト・シングル

パラサイト・シングル

パラサイト・シングルISBN:4872900456
出版社:出版
Author:さらだ たまこ
Media:単行本(ソフトカバー)
価格:¥ 1,470


詳細情報
内容(「BOOK」データベースより)
やどりぎ非婚族たちの本音と理由。30歳独身。実家で両親と同居中。今のところ結婚の予定なし。仕事にやりがいを感じているし、実のところ、お母さんがお嫁さん。このままじゃ、いけないってヤバイ感はあるけれど、ついつい居心地よくって…。それってやっぱりヘンですか。

内容(「MARC」データベースより)
30歳独身。実家で両親と同居中。今のところ結婚の予定なし。仕事にやりがいを感じているし、実のところお母さんがお嫁さん…。それってやっぱりヘンですか? やどりぎ非婚族の本音と理由を探る。〈ソフトカバー〉


amazonで購入する amazonで購入する


カスタマーレビュー
人生総取っ替え症候群
思い当たるふしがあり、「読みたいリスト」にずっとあった本です。具体例が多く(ちょっと自虐的に)楽しめました。
当書によると、パラサイトという言葉は、「子が親に依存している」だけではなく「親が子に依存している」という時に使われるようです。確かに。
「ハメを外した行動ができない子ども」「親とコミュニケーションができていない子ども」がパラサイト・シングルになりやすいと書いてあります。後者については私には該当しないなあ…と思って読み進めているうちに、ああ、そういうことね、と納得してきました。でも親は意外とわかってくれるものだ、とも書かれていました。
パラサイト脱出には「環境を変えること」が一番、とあります。でも、当書に書いてある「週末にジムに行ったりいろいろ出かけてみたり」といった変わり方では、個人的に生ぬるいと思います。
新しい発見をした本でした。

気持ちはわかるが、理解はできない。
社会現象として認識されつつある、パラサイトシングルを題材にしたエッセイです。
私自身はこの本に、パラサイトシングルの解決方法を求めて、読み始めましたが、期待はずれでした。

著者自身が、パラサイトシングルであるがために、この本を読めば、パラサイトシングルの考え方は分かるのですが、どうすれば解決できるのかという著者の意見などはあまりありませんでした。
しかも、パラサイトシングルである著者自身が現状を良しとさえ思っているように取れてしまいます。

自身がパラサイトシングルであると自覚されている方にとっては、読めば「そうそう」的な納得がいくでしょうが、解決策を求めて読まれる方には、あまり意味がないかもしれません。
ただ、パラサイトシングルは、当人だけの問題ではなく、周りの人間にも原因はあることだけはわかりました。

amazonで購入する amazonで購入する