毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。
    ホントは教えたくない 儲かるネット通販の成功術

ホントは教えたくない 儲かるネット通販の成功術

ホントは教えたくない 儲かるネット通販の成功術

ホントは教えたくない 儲かるネット通販の成功術ISBN:483991494X
出版社:毎日コミュニケーションズ
Author:関西ECワークショップ
Media:単行本
価格:¥ 1,764


詳細情報
出版社/著者からの内容紹介
ネットショップのベテランたちがネットショップ黎明期から蓄えてきたノウハウを一気に公開。サイト作りはもちろんのこと、配送や決済、経営方針までやっていいこと悪いことをズバリと提言。
安売りスパイラルに陥らず、長期的に安定してネットショップを運営したい店主、これからネットショップを始めたい人は必読。



内容(「BOOK」データベースより)
関西の仕事人達が語るホンマもんの商いのノウハウ。

内容(「MARC」データベースより)
最近の懸賞企画とかメルマガの乱発って、なんかやり方おかしいんちゃうか? 他店との情報交換の機会を持てないネットショップ事業者に向け、関西の仕事人たちが語る、ホンマもんの商いのノウハウ。

著者について
●関西ECワークショップ
一浦 靖博(祇園藤村屋)
大植 亜矢子(押し花ギフト専門店 花十彩)
奥井 力也(宝塚アン)
岸本 栄司(イージー)
桜井 博司(e刃物.com)
高井 啓介(シルクの部屋)
中塚 麿美(スタジオキューブ)
野崎 朋子(神戸元町辰屋)
三木 敏夫(みきや海苔店)
森山 典顕(ザ・テディベアズ・ピクニック)

関西EC ワークショップ
OSMC(オンラインショップマスターズクラブ)の関西在住のメンバー10名にて2002年に構成されたグループ。他のOSMCメンバーからは、単なる飲み会団体と揶揄されながらも、活発に飲み会を月1回ペース(お泊り要)でひたすら続ける超濃いメンバー。しかし、現状の電子商店業界の行く末を一番憂慮し、また一番真剣に考える団体でもある。安売り競争に走らない、メルマガ読者獲得だけの懸賞企画を極力行わない、メルマガ販売ではなくWEB販売重視をポリシーとする。

●著者:一浦靖博
ショップ名:京のおばんざい祇園藤村屋
京都のうまいもんをお届けします
京都一の歓楽街に江戸後期より店を構える。平成不況の波をもろにかぶって売上大幅減少、店舗閉鎖の危機を向かえるも、1998年から始めたオンラインショップにて活路を見い出し京の伝統的な食材を全国に販売、好評を得る。「リアルもネットもお客様との相互コミュニケーションが大事」が信条。著書に「インターネットショップ成功の法則」(エーアイ出版・共著)がある。京都商工会議所主催HPコンテスト優秀賞受賞、2002年度関西IT中小企業百撰、AllAbout Japan「スーパーおすすめオンラインショップ2003」で審査員特別賞を受賞。

●著者:大植亜矢子
ショップ名:押し花ギフト専門店 花十彩(はなといろ)
ギフトに最適な押し花額の制作販売専門店
大手電機メーカーで働きながら、「10年計画」で花の道で独立することを目標に、雨の日も風の日もスキルアップに励み、理解ある夫の応援もあり念願叶って2002年開店。押し花商品=ブライダルという枠にとらわれず、ニッチ市場に目を向け、ギフト全般に対応できる商品を企画し、幅広い客層から好評を得る。不安になりがちなオーダーメイドの期間を楽しみながら安心してお待ちいただけるよう、独自サービスに力を入れ、お客様との厚い信頼関係を築くことをとても大切にしている。SOHO ホームページ大賞2003審査員奨励賞受賞。

●著者:奥井力也
ショップ名:宝塚歌劇グッズの専門店~宝塚アン
夢と魔法の宝箱~宝塚・劇団四季の専門店
大手旅行会社のトップセールスマン兼添乗員を経て、株式会社アンに転職。PCが一台もない環境から全国トップレベルの電子商店を構築、好評を得る。2002年度日本オンラインショッピング大賞中規模部門最優秀賞受賞、2002年度関西IT百撰優秀賞受賞、All About Japan「スーパーおすすめオンラインショップ2003」など数々の賞を受賞、また全国各地で講演を行う。現在、うりうり教習所常任講師を務める。著書として、「インターネットショップ成功の法則」(エーアイ出版・共著)や「宝塚アン・ドゥ・トロワ」(青弓社)がある。

●著者:岸本栄司
ショップ名:京都イージー
オンライン熱血Tシャツ屋
1995年8月家業衣料店内にてネット通販開始、97年米国Tシャツネット通販専業会社として独立。商品とは力、販売前に全商品必ずテストし、自信をもっておすすめできる良品だけを販売することにこだわって商売する。2003年7000万円年商。現在スタッフなし、運営自分ひとりで1億円が2004年年商目標である。モットーは「楽しく仕事するねん。」高知e商人養成塾塾長、大阪うりうり教習所常任講師も務める。著書に「インターネット通販のはじめ方儲け方」(光文社)、「オンライン商人成功への道」(翔泳社がある。

●著者:桜井博司
ショップ名:e刃物.com
本物のみを厳選して販売する刃物の専門店
22歳の時に父の死去に伴い、家業の刃物研磨機販売業を継ぎ、同時に「明石機工有限会社」設立。それまでの研磨機販売から、食品加工機器の販売など、事業の多角化に着手、業績を伸ばす。1998年、インターネットを使っての研磨機の販売を開始、2000年5月「e刃物.com」としてネットでの刃物通販に本格的に参入。従来プロ用として作られていた包丁や伝統の和式ナイフなど、手に入りにくい名品・逸品などを多数取り揃え、その品揃えが消費者に認められ、評判を得る。現在全社売上げのうち、4割以上をネット通販で売上げるまでに成長。

●著者:中塚麿美
ショップ名:名刺デザイン・スタジオキューブ
群れを抜け出す・カスタムメイドの名刺店
外資系商社OL、ジャズシンガー、通信教育赤ペン先生などの経歴を経て、1999年スタジオキューブを立ち上げる。競合他社が多い中、名前をデザインするというコンセプトでカスタムメイド名刺という流れの草分けとなる。また既存の名刺ショップの枠にとらわれないサイトデザインや2種類のデザインが選べるハーフ&ハーフという独自のサービスにより、若い世代にも好評を得る。ネット通販後発組でも斬新なウリがあれば参入可能であることを実感。現在、うりうり教習所常任講師(大阪産業創造館)。講演など多数。

●著者:高井啓介
ショップ名:シルクの部屋
絹のプロが運営している絹製品専門店
当社の基本的な仕事は絹糸を織物メーカーさんに供給することです。ですので絹のことについてはちょいと自信があります。今では取扱品目も200種類を越え日本一の絹製品専門店へと成長してきました。1998年に開設した「シルクの部屋」は6年が経過し、この間に培ってきた沢山のお客様のご意見やご要望等のノウハウが当店の財産です。今後も絹のことを皆様にもっと知っていただき、少しでも絹の発展・開拓につとめていきたいと思っております。

●著者:野崎朋子
ショップ名:神戸ビーフ専門店 神戸元町辰屋
鉄道貨物時代から宅配を手がける肉屋
神戸ビーフの老舗辰屋で事務、ネットショップを担当。2001年秋、BSEの影響を見て自分も店の経営の力になれないかと、片手間運営から本格的な運営に乗り出し、初めて商売の面白さを知る。店長や職人の商品に対する愛情をお客様に伝え、またお客様の声を店内に伝える窓口となることで、自身の商品知識も深まり、今のお客様が求めるものは何か、ネットショップに限らず店の経営についても考えるように。「おいしかった」「家族が喜んでくれた」そう、お客様にご満足いただける店であり続けることに力を注ぐ。現在では店を支える一つの柱に。

●著者:三木敏夫
ショップ名:工場直売、自社製造みきや海苔店
ローカル海苔屋のオンラインショップ
姫路の小さな海苔屋ながら、地方百貨店のPB商品の加工、市内寿司屋等の業務販売を営みつつも、バブル崩壊後売り上げの低迷に歯止めをきかすため、98年よりインターネットオンラインショップみきや海苔店を立ち上げ、好評を得る。高いと思われている進物用、寿司屋業務用の海苔をいろんなコストを省き、「毎日食べて頂ける美味しさ、価格をお届けする」を、もっとうに今日に至る。今や、田舎の名もない小さな海苔屋が、日本全国のみならず、海外にローカル海苔屋のこだわり商品を発送中。

●著者:森山典顕
ショップ名:ザ・テディベアズ・ピクニック
テディベアと雑貨の専門店
大阪アメリカ村の古着屋に勤務しながら、結婚式のご祝儀40万円を元手にわずか20体の在庫でテディベア専門店を1998年ネット上にオープン。睡眠時間を削り働き続けること2年半、やりくり上手な妻のおかげもあり、着実に商品数、売り上げを増やし完全な独立を果たす。新聞雑誌、白書などにも多数紹介、大阪産業創造館でのトークセッションセミナー講師、対マスコミセミナーの講師なども務め、2003年には「関西IT百撰」に選ばれる。現在ネットショップである最大の利点「どこにでも住める」を活かすべく計画を実行中。



amazonで購入する amazonで購入する


カスタマーレビュー
何だろう?
本のタイトルやキャチなどは、引きつけられましたが書かれている内容がまったく参考になりませんでした。

内容的には面白いのだが・・・。
まず始めに、誤字脱字が非常に多いです。
今まで読んだ書籍の中で一番ひどいです。

内容としては参考になる事柄がちらほらあったので星3つにしました。

ただしかなり偏った意見が目立ち、複数の方が執筆されているのでノウハウとしての一貫性もなく、これからECサイトを始めようと思われている方には混乱を招く恐れがあるのでお勧めできません。

逆にすでにサイトを運営していて、売り上げが行き詰っておられる方にとっては役立つヒントが多数ありますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

この本を読んで得られたこと。
別格ですばらしい一品です。
実際にショップを運営されている下記10名の方が執筆者となり、さまざまな事例について、具体的に、かつ詳細に解説があります。
大変、すばらしいです。

この本から発見した「ネット通販における三大問題点」として、下記を挙げておきます。
1.顧客対応(受注時のメールから~クレーム対応まで)
2.配送時の問題(宅配業者がミスってもお店の責任になる。)
3.後払い時の集金の問題(お金を振り込んでもらえない場合がある)

執筆者同士で意見が異なっている場合は、両論が併記してあり、あとは読者判断に任せています。なぜ、そう考えるのか、その思考の流れが分かり大変役に立ちます。
ネット通販を開いている方、または、開く予定のある方は、是非読んで欲しい一冊です。

amazonで購入する amazonで購入する


類似の他の本
  小さな会社が通販で売上をぐんぐん伸ばす法 日本実業出版社