毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。
    シングル単位の恋愛・家族論―ジェンダー・フリーな関係へ

シングル単位の恋愛・家族論―ジェンダー・フリーな関係へ

シングル単位の恋愛・家族論―ジェンダー・フリーな関係へ

シングル単位の恋愛・家族論―ジェンダー・フリーな関係へISBN:4790706990
出版社:世界思想社
Author:伊田 広行
Media:単行本(ソフトカバー)
価格:¥ 2,415


詳細情報
内容(「MARC」データベースより)
家族ではなく個人を、カップルではなくシングルを社会の単位としたとき、恋愛は、結婚は、家族は、どのように変化するのか。現代日本の家族、恋愛、性についてラディカルな視線から考察する。〈ソフトカバー〉


amazonで購入する amazonで購入する


カスタマーレビュー
独立した人が増えれば、離婚も増えるんじゃないでしょうか?
伊田広之氏は、まだ大阪経済大学の教授かしら? エセ学生として受講してみたいと思います。
 北欧を理想に近い形と考える俺には、どれも納得のいく文章でした。 シングルとして自立する人生に向けての考え方とは、こういうものなのでしょう。
 では、自分で実践できるのか?と問われれば、無精者ですので無理な面が多いのですが、セクハラやパワハラを男の特権と考えるオッサン連中には、読ませても理解不能でしょうが、世の女性たちには是非読んで頂きたい!
 実際今の社会情勢を見ると、精神的シングル生活を維持するよりも、金持ち男を見つけて、そいつとの共同生活に耐えられなかろうとなんであろうと、生きていくためには我慢を強いられるのが日の丸の国の現実なんだけどねぇ、悲しいが。

amazonで購入する amazonで購入する


類似の他の本
  シングル単位の社会論―ジェンダー・フリーな社会へ 世界思想社