毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。
    通販勝ち組が教える! 売れるしくみはこうつくれ

通販勝ち組が教える! 売れるしくみはこうつくれ

通販勝ち組が教える! 売れるしくみはこうつくれ

通販勝ち組が教える! 売れるしくみはこうつくれISBN:4757301707
出版社:オーエス出版
Author:亀田 武嗣
Media:単行本
価格:¥ 1,470


詳細情報
Amazon.co.jp
   24歳のときに単品通販の業界に飛び込み、企画から広告宣伝、受注システムまでをすべて新規でつくり上げ、のちに月商1億円を達成したという著者。本書では、そのヒット作であるダイエット食品「いちごミルクダイエット」の成功を振り返りながら、自ら練り上げたマーケティング術やビジネスの心構えを語っている。

   披露するノウハウは、商品開発、広告宣伝、テストマーケティング、販売開始、コールセンターでの受注、商品発送、代金回収…と、通販ビジネスの業務全般に及んでいる。「商品原価は30%以内を死守せよ」などと、アドバイスは歯切れがよく具体的だ。販売を開始したら「この瞬間からすべての迷いを捨て去る」ようにという細かい指摘から、「送料全国一律500円」という大胆な秘策まで、内容も多彩で充実している。

   本書のなかで著者が頻繁に口にする言葉に「想い」がある。とくに通販では、なぜこの商品なのか、顧客にとってそれがどれだけ素晴らしい商品なのかといった売り手の「想い」を顧客に伝えられるかが成功のカギだと強調している。そのために、広告制作にはみずから全面的にかかわるべきだとし、文章表現からレイアウトにいたるまで、「想い」を伝えるノウハウを徹底してアドバイスしている。これは、あらゆるビジネスに通じるマーケティング術として示唆的である。

   実際に起業を考えるなら、小資本から始めたという著者のシステム投資や人件費などの節約戦術が参考になる。また、「成功の鉄則」をまとめた9か条もビジネスマインドを鼓舞してくれる。独立して自分の力を試したいと思っている人には刺激的な1冊だ。(棚上 勉)

内容(「BOOK」データベースより)
知識なし、経験なし、資金なし…さて何から始めようか。現場たたき上げから生まれた連戦連勝のマーケティング。

内容(「MARC」データベースより)
知恵と努力と情熱さえあれば、誰だって成功という果実をもぎ取れるのです。通信販売でゼロから月商1億円を達成した著者が生みだした連戦連勝のマーケティング術、成功するために必要な心構えや姿勢を紹介。

出版社 酒井 圭子, 2003/05/23
マーケティングの新星カリスマ、誕生!
知識ゼロ、経験ゼロ、資金ゼロ……
ビジネスを始めるには絶望的ともいえる三重苦。
だけど、「岡崎太郎」は負けません。
知恵と努力と情熱を300%発揮して、
大きな成功の果実をもぎとったのです。
これぞまさに、
現場たたき上げから生まれた、
連戦連勝のマーケティング!
これからビジネスを立ち上げようと考えている方、
いまの人生で起死回生を狙う方、
てっとりばやく元気が欲しい方、
どうか本書で、
太郎パワーのシャワーを存分に浴びてください。
あなたの未来を変える1冊です。


著者 岡崎太郎, 2003/05/08
ダイエット食品の通信販売で馬鹿うけ!
■売れないって誰が決めた。
だいたいダイエット食品が、甘くてどうするんだ!
そんな効き目の無いような名前つけて?
だいたい1980円で通販して利益があがるわけない!
お前が考えるほど、世の中そんなに甘くないんだよ!
1994年当時、通販でダイエット食品の価格といえば14000円があたりまえ、
そんな中発売された「いちごミルクダイエット」は女性週刊誌アンアンに
1980円で広告デビューしました。
[いちごミルクダイエット]あまくておいしくて、みんなが大好きな味。
そんなおいしいダイエット食品が1980円であってもいいだろうと考えての企画。
それまでのダイエットサプリメントといえば、
インド秘境のハーブ、中国の漢方伝来のなんとか、
植物由来の体に優しい処方でヨーロッパでは病院で使われているなんて
ハードで苦い製品ばかり。
でも「おいしいダイエット食品があってもいいんじゃないか?」
そう考えてみたのです。
 開発アイデアは、東京で業界新聞の記者をしている
同級生・波木井さんが、アメリカで開催された健康食品の展示会から
帰ってきた直後、土産話の中で今現地で爆発的にヒット
している注目の成分があるんだけどと聞いたのがきっかけ。
「その成分、ガルシニアカンボジアって言うんだけど知ってます?」
「なに?カンボジアで取れた食品ですか?」
「いや、なかなか理論のしっかりしているダイエット食品用素材なんですよ。
どうせなら早めに新製品作ってみたら?」
「いいっすね、やっちゃいますか。でもどうせだったら、効き目は抜群で、
おいしいダイエット食品作ってみたいな。たとえば、いちごミルク味とかね」
「それは面白い!、いままで味付きの商品無いですから」
「じゃあ作りますか」
こんな会話から始まって月商1億円の大ヒットが生れたのです。
こんにちは、博多在住の岡崎太郎です。
泥臭い実践通販入門本だとお考えください。
中小零細ですぐに活用できるように章立てされています。
なにせ、高校卒業でサラ金に悪徳訪販会社をへて
24歳で未経験の通販事業の立ち上げ体験!
ここまで書いちゃっていいの?
ってな具合ギリギリまで書いたつもりです。
これから通販をはじめる方はもとより、
まったく通販を事業として考えていなくてもかならず、
ビジネスのヒントになると思います。
ぜひ感想をお聞かせください。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
岡崎 太郎
(株)ピクトシステム代表取締役、(株)ジモス取締役、ダイレクトマーケティング・ワークショップ九州五代目会長。1970年生まれ。1988年、福岡県立直方高校普通科卒業後、いくつかの職業を経て、24歳のときに通信販売事業の立ち上げに従事。知識も売上もまったくのゼロから2年間で月刊売上1億円を達成。その後も数々のヒット商品を開発販売し、コンセプトからデザインネーミングにいたるまで直接開発した商品は30を超える。2000年に(株)ピクトシステムを設立。独立後は通信販売の経験を生かした実践コンサルティングと顧客管理向けのシステム開発を展開中。2001年より(株)ジモス取締役を兼任。ほぼ日刊のメールマガジンの執筆、全国各地での講演活動なども精力的に行っている

亀田 武嗣
(株)デジタルメディア研究所主任研究員、(株)アリスマジックおよび(株)アイトランスポート取締役。1959年生まれ。1983年、米国オレゴン大学科学部数学科卒業。ワークステーションの営業、家業の印刷会社の営業等を経験し、1995年よりインターネット業界に飛び込む。日本におけるインターネット・プロバイダー第1号を設立した故ロジャー・ボワベール氏に師事。その後、プロバイダー立ち上げからコンテンツ開発まで広い範囲のネットワークビジネスを経験。2000年よりモノを売ることを中心に調査研究を開始。通信販売の面白さにはまりこんでいった。ネット関連書籍の他、「日経MJ」での連載などマーケティング関連の執筆、講演活動も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


amazonで購入する amazonで購入する


カスタマーレビュー
情熱系ですが、真理ですね。
起業をしようと思いながら、サラリーマンを続けています。
「今度こそ」と思って、読み返しました。
回数を重ねるたびに、衝撃はなくなりますが、やはりいい本だと思います。
コンサルタントにない、リアルな凄みを感じます。

「俺もやろう」と「そんなにうまくいく?」という思いの半ばで、今度こそ、前者が上回りました。ありがとう。

それにしても岡崎さん。チラシつくるの上手いですね。
説得力のある文章。
デザイナー顔負けのレイアウト力。
このあたりのセンスも成功に大きく関わっているのでしょうね。
大変に参考になる事例でした。

プロの仕事振り
実際に経験したことに関するコンサルティングは説得力がある。
一つ一つのことに徹底的にこだわる。
通信販売の裏側ではこんな工夫がされていたのか。
と、感動さえ覚えるな。

チラシのコピー文句なども、文章そのものもそうだけれど。
その文字配列まで徹底的にこだわる。
神は細部に宿るというけれど、まさにそれだな。

やり遂げたのはビジネス的には優秀ですが・・
昔、若い頃、通販で儲けました、今はセミナーと本で儲けてます的な話に聞こえました。本気で商売をしようと思った人にとっては、著者のノウハウも自分の頭で考えて思いつくレベルを脱していないと思いますが、いかがでしょうか・・。健康食品やダイエットで稼ぐというのは、究極的には、そういう悩みをもつ方の弱みにいかにつけこんでやろうかというノウハウでしかない気がします。それをビジネスと割りきってノウハウを伝え、また誰かがそれをまねして稼ぐ。それで良いんでしょうか。私はそんなのはヤです。じゃあ読むなよって言われそうですが、読んだ後にそう思ったんです・・。すみません。

amazonで購入する amazonで購入する


類似の他の本
  通販成功マニュアル 日本経営合理化協会出版局
  「通販マーケ」を商売に活かせ! こうすれば劇的に売れるよ インデックス・コミュニケーションズ
  小さな会社が通販で売上をぐんぐん伸ばす法 日本実業出版社
  なぜ通販で買うのですか 集英社