毎月数万円の商品をネットで購入している私が、ネットで購入したレビュー、仕入れた情報などを掲載します。
    悪女と紳士の経済学

悪女と紳士の経済学

悪女と紳士の経済学

悪女と紳士の経済学ISBN:4062069806
出版社:講談社
Author:森永 卓郎
Media:単行本
価格:¥ 1,631



amazonで購入する amazonで購入する


カスタマーレビュー
女関係から見た経済学で、大変面白くためになる本です。
女関係から見た経済学で、大変面白くためになる本です。
何故若い人が子供を産まないのか、その影には日本の税制度があった、、というのですね。子供を産まずに二人で働いて生きてゆくほうが税制度では優遇され、楽しく優雅に暮らせるというこの事実をみんなどこかで知っていて、女性達が産まなくなっているのだということは、成るほどと納得できますね。

妻と子供は不良債権であるという、これもまた大きな事実です。家庭、仕事、恋愛の三権分立を説いて、またこれも納得。気持ち良いくらいに、言い切っていてそれがまたおもしろい。とにかく、成るほど成るほどと、目からうろこの一冊なのです。男女の事はお金がからむ。こと生活を共にする結婚となるともう、ほとんどそれが経済の仕組みの一部となっているわけで、そのことをほんとうによくわからないといけませんね。まあ、とにかく面白いので読んでみてください。

amazonで購入する amazonで購入する


類似の他の本
  「非婚」のすすめ 講談社